内容へ

 聖書見方

サタンとは何者ですか 実在しますか

サタンとは何者ですか 実在しますか

現代​の​学​者​の​中​に​は,サタン​は​実在​者​で​は​ない​と​言う​人​が​い​ます。人間​の​想像​の​所産​に​すぎ​ない​と​主張​する​の​です。この​点​に​関する​論争​は​今​に​始まっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。19​世紀​の​詩人​シャルル‐ピエール​・​ボードレール​は​こう​書い​て​い​ます。「悪魔​の​最も​巧妙​な​策略​は,自分​が​存在​し​ない​と​思わ​せる​こと​だ」。

サタン​は​実在​者​です​か。実在​する​の​で​あれ​ば,どこ​から​来​た​の​でしょ​う​か。この​者​は​世界​の​諸​問題​の​背後​で​目​に​見え​ない​力​を​及ぼし​て​いる​の​でしょ​う​か。どう​すれ​ば​その​邪悪​な​影響​を​避け​られ​ます​か。

サタン​は​世界​の​諸​問題​の​背後​で​目​に​見え​ない​力​を​及ぼし​て​いる​の​だろ​う​か

聖書​が​述べ​て​いる​事柄

聖書​は​サタン​を,目​に​見え​ない​霊​の​領域​に​存在​する​実在​者​と​し​て​描い​て​い​ます。(ヨブ 1:6)サタン​の​悪らつ​で​残酷​な​特質​や,その​邪悪​な​行動​に​つい​て​も​述べ​て​い​ます。(ヨブ 1:13‐19; 2:7,8。テモテ​第​二 2:26)サタン​が​神​や​イエス​と​交わし​た​会話​さえ​記録​し​て​い​ます。―ヨブ 1:7‐12。マタイ 4:1‐11

この​邪悪​な​者​は​どこ​から​来​た​の​でしょ​う​か。神​は​人間​を​創造​する​より​も​ずっ​と​前​に,ご自分​の「初子」を​創造​さ​れ​まし​た。この​み子​は​後​に​イエス​と​し​て​知ら​れる​よう​に​なり​まし​た。(コロサイ 1:15)やがて​ほか​に​も,み使い​と​呼ば​れる「神​の​子​たち」が​創造​さ​れ​まし​た。(ヨブ 38:4‐7)これら​の​み使い​は​皆,完全​で​義​に​かなっ​て​い​まし​た。しかし,その​ひとり​が​後​に​サタン​と​なっ​た​の​です。

 サタン​と​いう​の​は,この​み使い​が​創造​さ​れ​た​時​に​与え​られ​た​名前​で​は​なく,この​者​の​特質​を​表わす​名称​で,「敵対​者,敵,訴える​者」を​意味​し​て​い​ます。神​に​敵対​する​生き方​を​選ん​だ​ゆえ​に,サタン​と​呼ば​れる​よう​に​なっ​た​の​です。

この​霊​の​被​造物​は,心​の​中​で​誇り​の​気持ち​と​神​へ​の​対抗​心​を​つのら​せ,他​の​者​たち​から​崇拝​さ​れ​たい​と​思う​よう​に​なり​まし​た。神​の​初子​で​ある​イエス​が​地上​に​おら​れ​た​時​に​は,イエス​を​誘惑​し,自分​に​対する「崇拝​の​行為​を」させ​よう​と​さえ​し​まし​た。―マタイ 4:9

サタン​は「真理​の​内​に​堅く​立ち​ませ​ん​でし​た」。(ヨハネ 8:44)神​が​偽り者​で​ある​か​の​よう​に​言い​まし​た​が,実際​に​は​自分​が​偽り者​でし​た。エバ​に​対し​て​神​の​よう​に​なれる​と​言い​まし​た​が,実際​に​は​自分​が​神​の​よう​に​なる​こと​を​望ん​で​い​まし​た。そして,欺まん​に​満ち​た​手口​を​使っ​て,自ら​の​利己​的​な​欲望​を​遂げ​まし​た。エバ​に​対し​て,自ら​を​神​より​も​高い​もの​と​し​た​の​です。エバ​は​サタン​に​従う​こと​に​よっ​て,サタン​を​自分​の​神​と​し​まし​た。―創世記 3:1‐7

かつて​は​信頼​さ​れ​て​い​た​この​み使い​は,反逆​を​扇動​する​こと​に​より,自ら​を​サタン,すなわち​神​と​人間​の​敵対​者​また​敵​と​し​まし​た。この​邪悪​な​者​の​特質​を​表わす​ため​に,「悪魔」(Devil)と​いう​名称​も​加え​られ​まし​た。これ​は「中傷​する​者」を​意味​し​ます。罪​の​首謀​者​で​ある​悪魔​サタン​は,やがて​他​の​み使い​たち​に​も​影響​を​及ぼし,神​に​背か​せ,反逆​に​加わら​せ​まし​た。(創世記 6:1,2。ペテロ​第​一 3:19,20)これら​の​み使い​が​人類​の​状況​を​よく​する​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。彼ら​は​サタン​の​利己​的​な​やり方​に​倣っ​た​ため,「地​は​暴虐​で​満ちる​よう​に​な(り)」まし​た。―創世記 6:11。マタイ 12:24

サタン​の​影響​は​どれ​ほど​強い​か

犯罪​者​は​身元​が​割れる​よう​な​もの​を​残さ​ない​よう​に​する​ため,犯行​現場​に​残っ​た​指紋​を​ふき取る​こと​が​あり​ます​が,現場​に​到着​し​た​警察​官​は,犯罪​が​発生​し​た​と​判断​できる​の​で​あれ​ば​必ず​犯人​が​いる,と​考え​ます。最初​の「人殺し」で​ある​サタン​も,身元​が​割れる​よう​な​もの​を​残す​まい​と​し​ます。(ヨハネ 8:44。ヘブライ 2:14)エバ​と​話し​た​時​は,蛇​を​使う​こと​に​よっ​て​自分​の​正体​を​隠し​まし​た。それ​は​今日​も​同じ​です。「不​信者​の​思い​を​くらまし」て,自分​が​どれ​ほど​強い​影響​を​及ぼし​て​いる​か​を​隠し​て​き​た​の​です。―コリント​第​二 4:4

しかし,イエス​は​サタン​を,現代​の​腐敗​し​た​世​の​背後​に​いる​黒幕​で​ある​と​し,「この​世​の​支配​者」と​呼び​まし​た。(ヨハネ 12:31; 16:11)また​使徒​ヨハネ​は,「全​世界​が​邪悪​な​者​の​配下​に​ある」と​書き​まし​た。(ヨハネ​第​一 5:19)サタン​は「肉​の​欲望​と​目​の​欲望,そして​自分​の​資力​を​見せびらかす​こと」を​巧み​に​利用​し​て,「人​の​住む​全地​を​惑わし​て」い​ます。(ヨハネ​第​一 2:16。啓示 12:9)人類​一般​が​従っ​て​いる​の​は​サタン​な​の​です。

エバ​の​場合​と​同様,サタン​に​従っ​て​いる​人​たち​は,サタン​を​自ら​の​神​と​し​て​いる​こと​に​なり​ます。ですから,サタン​は「この​事物​の​体制​の​神」で​ある​と​言え​ます。(コリント​第​二 4:4)偽善​や​うそ,戦争,拷問,破壊,犯罪,貪欲,腐敗​など​は,サタン​の​支配​が​もたらし​た​もの​な​の​です。

どう​すれ​ば​その​影響​を​避け​られる​か

聖書​は,「冷静​さ​を​保ち,油断​なく​見張っ​て​い​なさい」と​警告​し​て​い​ます。それ​は,「あなた方​の​敵対​者​で​ある​悪魔​が​ほえる​ライオン​の​よう​に​歩き回っ​て,だれ​か​を​むさぼり食お​う​と​し​て​い(る)」から​です。(ペテロ​第​一 5:8)この​聖句​に​は​身​の​引き締まる​思い​が​し​ます​が,励み​に​なる​点​も​あり​ます。冷静​さ​を​保ち,油断​なく​見張っ​て​いる​なら,「サタン​に​乗ぜ​られる」こと​は​ない​の​です。―コリント​第​二 2:11

サタン​が​実在​し​て​いる​こと​を​認め,神​に「確固​と​し​た​者,強い​者​と​し​て」いただく​こと​は​極めて​重要​です。その​よう​に​する​なら,「[サタン]に​立ち向かい」,神​の​側​に​立場​を​定める​こと​が​できる​の​です。―ペテロ​第​一 5:9,10