内容へ

目次へ

地上の平和―ついに実現!

地上の平和―ついに実現!

ある​人​たち​は,政治​的​な​自由​を​得,宗教​的​な​純粋​さ​を​達成​する​ため​の​方法​は​暴力​しか​ない​と​考え​ます。望ましく​ない​支配​者​を​追放​する​に​は​力​に​訴える​しか​ない​と​見​て​いる​の​です。さらに,政府​が​テロ​に​関与​する​こと​も​あり​ます。秩序​を​保ち,自国民​を​統制​する​ため​です。しかし,統治​を​行なう​手段​と​し​て,あるいは​社会​を​改革​する​手段​と​し​て​テロ​が​有効​で​あれ​ば,平和​や​繁栄​や​安定​が​見​られる​よう​に​なる​はず​です。やがて​暴力​行為​は​収まり,恐れ​は​消え​て​ゆく​はず​です。その​よう​な​結果​が​生じ​て​いる​でしょ​う​か。

事実​から​すれ​ば,テロ​は​命​に​対する​敬意​を​損ない,流血​や​残虐​行為​を​生み​ます。攻撃​を​受け​た​側​は​苦々しさ​を​募ら​せ,往々​に​し​て​報復​に​出​ます。すると​いっそう​弾圧​を​受け,結果​と​し​て​さらに​報復​行動​を​取る​の​です。

暴力​は​問題​の​解決​に​なら​ない

人間​は​幾千​年​に​も​わたっ​て,政治​的,宗教​的,社会​的​問題​を​自力​で​解決​し​よう​と​し​て​き​まし​た。しかし,どんな​に​努力​し​て​も​うまく​いっ​て​い​ませ​ん。聖書​が​述べ​て​いる​とおり​です。「エホバ​よ,地​の​人​の​道​は​その​人​に​属し​て​い​ない​こと​を​わたし​は​よく​知っ​て​い​ます。自分​の​歩み​を​導く​こと​さえ,歩ん​で​いる​その​人​に​属し​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん」。(エレミヤ 10:23)イエス​は,「知恵​の​正しさ​は,その​働き​に​よっ​て​証明​さ​れる」と​言わ​れ​まし​た。(マタイ 11:19,「新​共同​訳」,共同​訳​聖書​実行​委員​会)聖書​の​これら​の​原則​の​適用​を​広げる​なら,テロ​は​偽り​の​希望​で​ある​と​言え​ます。テロ​の​もたらし​た​結果​は​自由​や​幸福​で​は​なく,死​や​苦悩​や​荒廃​です。こう​し​た​悪い​結果​は​20​世紀​を​特色​づけ,21​世紀​に​入っ​た​今,すでに​顕著​に​なっ​て​い​ます。テロ​は​問題​を​解決​する​どころ​か​問題​の​原因​に​なっ​て​いる,と​いう​の​が​多く​の​人​の​見方​です。

「毎日,家族​や​友達​が​だれ​も​死に​ませ​ん​よう​に​と​思っ​て​い​ます。……奇跡​が​起き​て​ほしい​です」。これ​は,テロ​で​苦しめ​られ​て​いる​国​に​住む​一​少女​の​言葉​です。この​言葉​は,多く​の​人​が​達し​た​次​の​結論​と​相通じる​もの​が​あり​ます。人間​は​自分​たち​が​抱える​問題​を​解決​する​能力​を​持っ​て​い​ない,と​いう​結論​です。人間​を​創造​し​た​方​だけ​が,テロ​を​含む​地上​の​現在​の​問題​を​解決​できる​の​です。では,神​を​信頼​す​べき​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

神​を​信頼​できる​の​は​なぜか

一つ​の​理由​は,創造​者​で​ある​エホバ​は​人間​に​命​を​与え​た​方​で​あり,人間​が​平和​で​満足​の​ゆく​生活​を​楽しむ​よう​に​願っ​て​おら​れる,と​いう​点​です。神​の​預言​者​イザヤ​は,心​に​感じ​た​事柄​を​次​の​よう​に​つづっ​て​い​ます。「今,エホバ​よ,あなた​は​わたしたち​の​父​です。わたしたち​は​粘土​で,あなた​は​わたしたち​の​陶器​師​です。わたしたち​は​皆,あなた​の​み手​の​業​な​の​です」。(イザヤ 64:8)エホバ​神​は​人類​の​父​で​あり,その​方​に​とっ​て​は​すべて​の​国​の​人​が​貴重​です。テロ​を​生む​不​公正​や​憎しみ​に​関し​て,神​に​責任​は​あり​ませ​ん。かつて​賢王​ソロモン​は,「まこと​の​神​は​人間​を​廉直​な​者​と​し​て​造ら​れ​た​が,彼ら​自身​が​多く​の​計画​を​探り出し​た​の​で​ある」と​述べ​まし​た。(伝道​の​書 7:29)テロ​の​根底​に​ある​の​は,人間​の​邪悪​な​行ない​と​悪霊​たち​の​影響​です。神​に​能力​が​欠け​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。―エフェソス 6:11,12

エホバ​を​信頼​できる​別​の​理由​が​あり​ます。エホバ​は​人間​を​創造​さ​れ​た​の​で,人類​の​諸​問題​の​原因​や​解決​法​を​だれ​より​も​よく​知っ​て​おら​れる​の​です。聖書​は​この​真理​に​つい​て​箴言 3​章​19​節​で,「エホバ​は​知恵​を​もっ​て​自ら​地​の​基​を​据え​られ​た。識別​力​を​もっ​て​天​を​固く​定め​られ​た」と​述べ​て​い​ます。遠い​昔​に​生き​て​い​た​一​人​の​人​は,神​に​全幅​の​信頼​を​抱い​て​こう​書き​まし​た。「わたし​の​ 助け​は​どこ​から​来る​の​だろ​う​か。わたし​の​助け​は​エホバ​から,天​と​地​の​造り主​から​来る」。―詩編 121:1,2

神​を​信頼​す​べき​三​つ​目​の​理由​は,神​が​暴力​や​流血​行為​を​終わらせる​力​を​持っ​て​おら​れる​と​いう​点​です。ノア​の​時代​に,「地​は​暴虐​で​満ちる​よう​に​な(り)」まし​た。(創世記 6:11)神​の​裁き​は​突然​に​臨み,しかも​徹底​的​に​執行​さ​れ​まし​た。「[神​は]古代​の​世​を​罰する​こと​を​差し控え​ず,不​敬虔​な​人々​の​世​に​大​洪水​を​もたらし​た」の​です。―ペテロ​第​二 2:5

聖書​は,ノア​の​時代​の​大​洪水​から​どんな​教訓​が​得​られる​か​を​示し​て​い​ます。その​教訓​と​は,「エホバ​は,敬虔​な​専心​を​保つ​人々​を​どの​よう​に​試練​から​救い出す​か,一方,不義​の​人々……を,切り断つ​目的​で​裁き​の​日​の​ため​に​どの​よう​に​留め置く​か​を​知っ​て​おら​れる」と​いう​点​です。(ペテロ​第​二 2:9,10)神​は,より​良い​生活​を​誠実​に​望む​人​と,他人​を​不幸​に​陥れ​よう​と​する​人​を​区別​する​こと​が​でき​ます。神​は​後者​を,『不​敬虔​な​人々​の​滅び』に​値する​もの​と​定め​て​おら​れ​ます。一方,平和​を​切望​する​人々​の​ため​に,義​の​宿る​新しい​地​を​整え​て​おら​れ​ます。―ペテロ​第​二 3:7,13

永続​する​平和​が​地上​に​実現!

聖書​筆者​は​よく​人類​を​指し​て「地」と​いう​語​を​用い​て​い​ます。例えば,創世記 11​章​1​節​に​は「全地」,つまり​当時​生き​て​い​た​人々​が​同じ​言語​を​話し​て​い​た​と​述べ​られ​て​い​ます。「新しい​地」に​つい​て​記し​た​使徒​ペテロ​は,「地」と​いう​語​の​この​意味合い​を​念頭​に​置い​て​い​まし​た。エホバ​神​が​人間​社会​を​新しく​される​の​で,地上​で​は​義​や​公正​が​暴力​や​憎しみ​に​取って代わり,とこしえ​に『宿る』こと​に​なり​ます。聖書​の​ミカ 4​章​3​節​の​預言​に​は​こう​あり​ます。「神​は​多く​の​民​の​間​で​必ず​裁き​を​行ない,遠く​離れ​た​強大​な​国々​に​関し​て​事​を​正さ​れる。それ​で​彼ら​は​その​剣​を​すき​の​刃​に,その​槍​を​刈り込み​ばさみ​に​打ち変え​なけれ​ば​なら​なく​なる。国民​は​国民​に​向かっ​て​剣​を​上げ​ず,彼ら​は​もはや​戦い​を​学ば​ない」。

その​預言​が​実現​する​時,人々​は​どの​よう​な​生活​を​送る​の​でしょ​う​か。ミカ 4​章​4​節​は​こう​述べ​て​い​ます。「彼ら​は​まさに,各々​自分​の​ぶどう​の​木​の​下,自分​の​いちじく​の​木​の​下​に​座り,これ​を​おののか​せる​者​は​だれ​も​い​ない」。楽園​と​なっ​た​地上​で​は,次​の​テロ​が​いつ​起きる​か​と​いう​不安​に​駆ら​れ​て​生活​する​人​は​い​ませ​ん。その​約束​ は​信頼​できる​でしょ​う​か。確か​に​信頼​でき​ます。「万軍​の​エホバ​の​口​が​これ​を​語っ​た」から​です。―ミカ 4:4

テロ​の​脅威​が​増大​し,多く​の​国​の​人々​が​暴力​に​戦慄​を​覚える​世界​に​あっ​て,平和​を​愛する​人​たち​に​とっ​て​解決​策​と​なる​の​は,エホバ​を​信頼​する​こと​です。エホバ​が​解決​でき​ない​問題​は​あり​ませ​ん。身体​の​障害​や​けが,苦しみ,死​さえ​も​取り除い​て​くださる​の​です。「神​は​実際​に​死​を​永久​に​呑み込み,主権​者​なる​主​エホバ​は​すべて​の​顔​から​必ず​涙​を​ぬぐわ​れる」と​聖書​は​述べ​て​い​ます。(イザヤ 25:8)いま​多く​の​人​は,自分​の​住む​かけがえ​の​ない​土地​が​テロ​ゆえに​苦悩​や​恐れ​で​満たさ​れる​の​を​目​に​し​て​い​ます。しかし,その​よう​な​土地​に​も​間​も​なく​平和​が​みなぎる​よう​に​なり​ます。「偽る​こと​の​でき​ない」神​が​約束​し​て​おら​れる​その​平和​こそ,人類​が​切実​に​必要​と​し​て​いる​もの​な​の​です。―テトス 1:2。ヘブライ 6:17,18