内容へ

目次へ

医療分野の開拓者たち

医療分野の開拓者たち

 医療分野の開拓者たち

ウペイェという小さな町に住むベルギー人のジョゼは,61歳の時,肝臓移植が必要だと言われました。「目の前が真っ暗になりました」と,ジョゼは述べています。ほんの40年前までは,肝臓移植など考えられないことでした。1970年代でさえ,生存率はわずか30%ほどでした。しかし今日,肝臓移植はごく普通に行なわれており,成功率もはるかに高くなっています。

それでも,まだ大きな障害があります。肝臓移植は大量の出血を伴うことが多いため,医師たちは普通,手術中に輸血を施します。ジョゼは宗教上の信念ゆえに輸血を望みませんでした。しかし,肝臓移植は望んでいました。無理な話でしょうか。そう考える人もいるかもしれません。しかし外科医長は,自分のチームなら無輸血で手術を成功させることは十分可能だと考えました。そして,まさにその通りになりました。ジョゼは手術のわずか25日後に退院し,妻と娘のいる自宅に戻りました。 *

「医療分野のヒーローたち」とタイム誌(英語)が呼ぶ人々の技術のおかげで,無輸血治療(無輸血の医療と手術)は以前に比べて一般的になっています。しかし,なぜそれほど必要とされているのでしょうか。その答えを得るために,穏やかならぬ輸血の歴史について考えてみましょう。

[脚注]

^ 3節 エホバの証人は臓器移植を個人の良心上の問題とみなしています。

[3ページの図版]

現在,世界中の9万人を超える医師たちが,エホバの証人を無輸血で治療する意志のあることを公表している