内容へ

目次へ

心の健康

心の健康

聖書はネガティブな感情に注意し,ポジティブな感情を育むように勧めています。

怒り

聖書の言葉: 「すぐに怒らない人は力の強い人に勝[る]」。格言 16:32

意味: 感情をコントロールすることにはメリットがあります。怒るのがもっともな場合もありますが,怒りはコントロールしないと深刻な問題につながります。ある調査によると,激怒している人は大抵,後悔するような言動をしてしまいます。

どうすればいいか: 衝動的に行動する前に,怒りをコントロールできるようになりましょう。怒りを爆発させるのは強い人と見られがちですが,実際には弱さの表れです。「怒りを抑えられない人は,城壁のない打ち破られた町のようだ」と聖書が述べる通りです。(格言 25:28)行動する前に事実を確かめてください。「洞察力があればすぐに怒ることはない」のです。(格言 19:11)関係する全ての事実を把握しましょう。そうすれば,物事を洞察でき,冷静になれます。

感謝

聖書の言葉: 「感謝を表しましょう」。コロサイ 3:15

意味: 感謝の気持ちがあれば幸せになれます。これは,大きな喪失を経験した人たちにも当てはまります。そのような人たちによれば,立ち直る鍵は,失ったものに固執せず,残されたものに感謝する態度です。

どうすればいいか: 毎日,感謝できることをリストアップしましょう。目覚ましいことでなくても構いません。美しい日の出,家族との楽しい会話,次の日を迎えられる喜びなど,ささいな幸せについて振り返ってみましょう。ポジティブ なことに気付いて,じっくり考えるなら,心の健康が向上します。

家族や友達に感謝している理由を考えることにはたくさんのメリットがあります。どんなことに感謝しているのか分かったら,ぜひ伝えましょう。直接,あるいは手紙やメールなどで伝えられます。人間関係が豊かになり,与えることから喜びを味わえるでしょう。(使徒 20:35

プラスになる聖書の言葉

聖書の録音版をダウンロードできます。jw.orgで40ほどの言語で入手できます。

口論しない

「けんかの始まりは水門が開く時のようである。言い争いになってしまう前にそこを去れ」。格言 17:14

将来のことを心配し過ぎない

「次の日のことを決して心配してはなりません。次の日は次の日で心配する事があります。その日の問題は,その日だけで十分です」。マタイ 6:34

感情のままに行動せず,理性的に考える

「思考力があなたを見守り,識別力があなたを保護する」。格言 2:11