内容へ

目次へ

 聖書の見方

天使

天使

天使たちは,文学,美術,映画などにしばしば登場します。そもそも,天使とはだれで,どんな役割を果たしているのでしょうか。

天使とはだれのことですか

聖書は何と述べているか

 

神様は,宇宙や最初の人間を創造する前に,人間よりも高位の理知ある者たちをすでに創造しておられました。それらの者は,人間よりも強力で,神様の住んでおられる領域,つまり人類が近づくことも見ることもできない領域に住んでいます。(ヨブ 38:4,7)聖書はそれら上位の存在を「霊」,また「使い」つまり天使と呼んでいます。(詩編 104:4 *

どれほどの数の天使が存在するのでしょうか。数えきれないほどです。神の周りには「数万の数万倍,数千の数千倍」の天使がいます。(啓示 5:11)もしこの数が文字通りのものだとすれば,天使の数は何億にも上ることになります!

「わたしが見ると,み座……の周りにいる多くのみ使いたち……の数は数万の数万倍,数千の数千倍であ[った]」。啓示 5:11

古代において,天使はどんなことをしましたか

聖書は何と述べているか

 

多くの場合,天使は神の代弁者あるいは使者としての役割を果たしました。 * さらに,聖書の中で天使は,神の奇跡を遂行する者として描かれています。神は,アブラハムを祝福するときも,アブラハムが息子のイサクを犠牲としてささげるのを阻止するときも,天使を遣わしました。(創世記 22:11-18)また,天使は,燃える茂みの中からモーセに現われ,モーセの人生を変えることになるメッセージを伝えました。(出エジプト記 3:1,2)預言者ダニエルがライオンの穴に投げ込まれた時,「神はご自分の使いを送って,ライオンの口をふさがれました」。(ダニエル 6:22

「その時,エホバのみ使いが,いばらの茂みの中,火の炎のうちにあって[モーセ]に現われた」。出エジプト記 3:2

 天使は現在,何をしていますか

聖書は何と述べているか

 

天使が今の時代に何をしているかについて,すべてを知ることはできませんが,聖書によれば,天使は誠実な人々が神をもっと知るようになるのを助ける活動に携わっています。(使徒 8:26-35; 10:1-22。啓示 14:6,7

エホバは族長ヤコブに,天使たちが「はしご」を使って天と地の間を上ったり下ったりする夢を見せました。(創世記 28:10-12)その夢は,エホバ神が天使を地上に遣わし,ご自分の助けを必要としている忠節な人たちのために活動させておられる,ということを示しています。(創世記 24:40。出エジプト記 14:19。詩編 34:7

「地の上にはしごが立ててあり,その頂は天に達していた。そして,見よ,神のみ使いたちがそれを上ったり下ったりしているのであった」。創世記 28:12

^ 6節 聖書によれば,神の権威に逆らった霊者もおり,それら邪悪な天使は「悪霊」と呼ばれています。(ルカ 10:17-20

^ 11節 実際,聖書の中で「み使い」という言葉に用いられているヘブライ語とギリシャ語の原語は,どちらも「使者」を意味します。