内容へ

目次へ

5. つらいことはいつか終わるのか

5. つらいことはいつか終わるのか

もしそうであれば

苦しみが終わるという根拠があれば,自分の人生や神に対する見方が変わります。

考えてみてください

大勢の人が苦しみを取り除こうと努力していますが,できることには限界があります。現状を見てみましょう。

医学の進歩にかかわらず…

  • 心臓病は依然として世界の死因第1位です。

  • 毎年何百万もの人々ががんで亡くなっています。

  • デービッド・ブルーム博士は「免疫学の最前線」誌(英語)の中で「新興感染症や再興感染症は引き続き世界の脅威となっている」と書いています。

経済的に豊かな国があるにもかかわらず…

  • 毎年何百万もの子供たちが亡くなっています。その多くは貧しい国々に住む子供たちです。

  • 幾十億もの人々が衛生設備を使用できていません。

  • 数十億もの人々がきれいな水を手に入れることができません。

人権意識が高まってきたにもかかわらず…

  • 人身取引が多くの国々で行われています。国連によると,国が犯罪者を捕まえることができていないのは「問題に気付いていないか,有効な対策がない」からです。

    さらに詳しくは

    jw.orgで「神の王国とは何ですか」というビデオをご覧ください。

 聖書の答え

神は私たちを気に掛けている。

神は私たちの痛みや悲しみを感じ取っている。

「神は,虐げられている人の苦しみを軽んじたり無視したりせず,顔を背けなかった。助けを求めて叫ぶと,聞いてくださった」。詩編 22:24

「心配事を全て神に委ねましょう。神は優しく気遣ってくださるからです」。ペテロ第一 5:7

つらいことがいつまでも続くことはない。

神は私たちのために素晴らしい約束を実現させる。

「神は人々の目から全ての涙を拭い去ります。もはや死はなくなり,悲しみも嘆きも苦痛もなくなります」。啓示 21:4

神は人間の苦しみの原因を取り除く。

神の王国がこのことを実現させる。聖書はこの王国が現実に存在すると述べている。

「天の神は決して滅ぼされることのない王国を建てます。その王国はほかのどんな民にも渡されません。……その王国だけが永遠に存続します」。ダニエル 2:44