内容へ

目次へ

家族​の​ため​に | 若い​人

親を亡くしたとき

親を亡くしたとき

現実​の​問題

ダミー​は​6​歳​の​時,父親​を​脳​動脈​瘤​で​亡くし​まし​た。デリック​は​9​歳​の​時,父親​を​心臓​病​で​亡くし​まし​た。ジーニー​は​7​歳​の​時,母親​を​卵巣​ガン​で​亡くし​まし​た。1​年​に​及ぶ​闘病​の​末​の​こと​でし​た。 *

この​3​人​は,あまりに​も​幼い​時​に​愛する​家族​の​死​に​直面​し​まし​た。あなた​も​同じ​よう​な​経験​を​し​た​か​も​しれ​ませ​ん。もし​そう​なら,この​記事​は​あなた​が​その​喪失​感​を​乗り越える​助け​に​なる​でしょ​う。 * でも,まず​最初​に,悲しみ​と​いう​もの​に​つい​て​少し​考え​て​み​ましょ​う。

知っ​て​おき​たい​こと

悲しみ​の​表わし方​は​1​つ​で​は​ない。つまり,あなた​が​悲しみ​を​表わす​方法​は,ほか​の​人​と​は​違う​場合​も​ある,と​いう​こと​です。「10​代​の​若者​と​死」(英語)と​いう​本​は,「死​に​対処​する​の​に,決まっ​た​パターン​や​決まっ​た​規則​は​ない」と​述べ​て​い​ます。大切​な​の​は,悲しい​気持ち​を​無理​に​我慢​し​ない​こと​です。なぜなら……

悲しみ​を​我慢​する​と​害​に​なる。冒頭​に​登場​し​た​ジーニー​は,こう​語っ​て​い​ます。「妹​の​ため​に,わたし​が​しっかり​し​なく​ちゃ,と​思っ​て,自分​の​気持ち​を​押し殺し​て​い​まし​た。今​で​も,心​の​痛み​を​抑え​がち​に​なり​ます​が,それ​は​いい​こと​で​は​あり​ませ​ん」。

専門​家​も​同​意見​です。「悲しむ​10​代」(英語)と​いう​本​に​は​こう​あり​ます。「感情​は,否定​し​て​も​隠し​て​も,永遠​に​は​隠しきれ​ない​もの​だ。思わ​ぬ​時​に​戻っ​て​来​て,爆発​し​たり​体​の​不調​を​き​た​し​たり​する」。悲しみ​を​我慢​し​た​ため​に,苦痛​を​和らげ​よう​と​し​て,お酒​や​麻薬​に​頼る​こと​に​も​なり​かね​ませ​ん。

悲しみ​に​は​他​の​複雑​な​感情​が​伴う​こと​も​ある。例えば,亡くなっ​た​人​に“見捨て​られ​た”よう​に​感じ​て,怒り​を​覚える​人​が​い​ます。また,神様​なら​死​を​食い止め​られ​た​はず​なのに​と​考え,神​を​責める​人​も​い​ます。さらに,多く​の​人​は,亡くなっ​た​人​に​対し​て​自分​が​し​た​こと​や​言っ​た​こと​で​良心​の​呵責​を​感じ​て​い​ます。もう,取り返し​が​つか​ない​から​です。

この​よう​に,悲しみ​に​は​複雑​な​プロセス​が​関係​し​て​い​ます。では,悲しみ​を​和らげ,前​に​進む​ため​に​は,何​が​助け​に​なる​でしょ​う​か。

どう​すれ​ば​よい​か

だれ​か​に​話す。こう​いう​つらい​時期​に​は,独り​に​なり​たい​と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。でも,家族​や​友達​に​気持ち​を​打ち明ける​なら,様々​な​感情​に​対処​する​こと​が​でき,この​悲しい​出来事​に​打ちのめさ​れ​て​しまわ​ず​に​すむ​でしょ​う。聖書​の​原則: 箴言 18:24

記録​に​残す。亡くなっ​た​親​に​つい​て​書い​て​み​ましょ​う。例えば,親​と​の​1​番​大切​な​思い出​は​何​です​か。親​は​どんな​良い​特質​を​持っ​て​い​まし​た​か。あなた​は​どの​特質​に​見倣い​たい​です​か。

否定​的​な​考え​に​悩まさ​れ,親​が​亡くなる​前​に​自分​は​親​に​ひどい​こと​を​言っ​て​しまっ​た,と​いっ​た​考え​が​頭​を​離れ​ない​なら,自分​が​どう​感じ​て​いる​か,それ​は​なぜ​か​を​書き出し​て​み​ましょ​う。「父​が​亡くなる​前日​に,父​と​けんか​を​し​て​しまっ​た​の​で​自分​を​責め​て​いる」など​と​書け​ます。

次​に,自分​を​責める​の​は​正しい​こと​か​どう​か​を​考え​ます。「悲しむ​10​代」に​は​こう​書か​れ​て​い​ます。「謝る​チャンス​が​2​度​と​ない​こと​を​知ら​なかっ​た,と​いう​理由​で​自分​を​責める​こと​は​でき​ない。後​で​謝る​必要​が​生じる​よう​な​発言​や​行動​を​絶対​に​し​て​は​いけ​ない,と​いう​の​は​極めて​非​現実​的​で​ある」。聖書​の​原則: ヨブ 10:1

自分​の​体​を​大切​に​する。十分​な​休息​を​取り,適度​な​運動​を​し,きちんと​栄養​を​取り​ましょ​う。食べる​気​が​し​ない​なら,少なく​と​も​食欲​が​戻る​まで​は,3​度​の​食事​の​代わり​に​1​日​何​回​か​に​分け​て​健康​的​な​軽食​を​取り​ます。お酒​や​スナック​菓子​類​で​悲しみ​を​紛らわす​こと​が​ない​よう​に​し​て​ください。事態​は​悪く​なる​だけ​です。

神​に​祈る。聖書​に​は,「あなた​の​重荷​を​エホバ​ご自身​に​ゆだねよ。そうすれば,神​が​自ら​あなた​を​支え​て​くださる」と​あり​ます。(詩編 55:22)祈り​は,単なる​心​の​支え​で​は​あり​ませ​ん。「すべて​の​患難​に​おい​て​わたしたち​を​慰め​て​くださ」る​神​と​実際​に​会話​する​こと​な​の​です。(コリント​第​二 1:3,4

神​は​ご自分​の​言葉​で​ある​聖書​を​通し​て,嘆き悲しむ​人​を​慰め​て​ください​ます。死者​の​本当​の​状態​や​復活​の​希望​に​つい​て,聖書​が​何​と​述べ​て​いる​か​を​調べ​て​み​て​は​いかが​です​か。 * 聖書​の​原則: 詩編 94:19

^ 4節 ダミー,デリック,ジーニー​の​経験​談​は,続く​記事​に​掲載​さ​れ​ます。

^ 5節 この​記事​は,親​の​死​に​つい​て​述べ​て​い​ます​が,取り上げ​て​いる​原則​は​実​の​兄弟​姉妹​や​友達​の​死​に​も​当てはまり​ます。

^ 19節 「若い​人​が​尋ねる​質問 ― 実際​に​役立つ​答え」第​1​巻​の​16​章を​ご覧​ください。この​本​を​www.jw.org​から​無料​で​ダウンロード​で​き​ます。(ホーム > 出版​物)