内容へ

目次へ

その悲しみを乗り越えて

その悲しみを乗り越えて

あなた​は​家族​を​亡くし​て​悲しん​で​い​ます​か。もし​そう​なら,その​喪失​感​を​どう​し​たら​乗り越え​られる​でしょ​う​か。3​人​の​若者​が​この​問題​に​立ち向かう​の​に,聖書​が​どの​よう​に​助け​に​なっ​た​か​を​考え​て​み​ましょ​う。

ダミー​の​場合

ダミー

最初​は​ただ​の​頭痛​だ​と​思っ​て​い​まし​た。ところが,父​の​頭痛​が​だんだん​ひどく​なる​の​で,母​は​救急​車​を​呼び​まし​た。わたし​は​今​で​も,父​が​救急​車​で​運ば​れ​て​行く​ところ​を​覚え​て​い​ます。生き​て​いる​父​を​見る​の​が​それ​で​最後​に​なる​など​と​は,思っ​て​も​い​ませ​ん​でし​た。3​日​後,父​は​脳​動脈​瘤​で​亡くなり​まし​た。わたし​は​まだ​6​歳​でし​た。

その​後​何​年​も,父​が​亡くなっ​た​こと​で​自分​を​責め​まし​た。父​が​救急​車​で​運ば​れ​て​行く​場面​を​思い出し​て​は,「何​で​わたし​は,何​も​し​ない​で​突っ立っ​て​い​た​ん​だろ​う」と​考え​た​の​です。病気​を​抱える​お年寄り​を​見る​と,「どうして​この​人​たち​は​生き​て​いる​の​に,お父さん​は​死ん​じゃ​っ​たん​だ​ろう」と​思い​まし​た。やがて,母​の​おかげ​で​自分​の​気持ち​を​話せる​よう​に​なり​まし​た。それ​に,わたしたち​は​エホバ​の​証人​だっ​た​の​で,会衆​の​仲間​も​よく​支え​て​くれ​まし​た。

悲しい​の​は​悲劇​の​直後​だけ​で,その​うち​に​立ち直れる,と​考える​人​も​い​ます​が,わたし​の​場合​は​そう​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。わたし​が​本当​の​意味​で​悲しい​と​感じ​た​の​は,10​代​に​なっ​て​から​の​こと​です。

親​を​亡くし​た​若い​人​たち​へ​の,わたし​の​アドバイス​です。「自分​の​今​の​状況​を​だれ​か​に​話し​て​ください。気持ち​を​打ち明ける​の​が​早けれ​ば​早い​ほど,あなた​の​ため​に​なり​ます」。

確か​に,人生​の​様々​な​問題​を​乗り越える​の​も,父​が​い​ない​と​いう​事実​を​認める​の​も​容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん。でも,聖書​の​啓示 21​章​4​節​に​ある​約束​に​慰め​られ​て​い​ます。間​も​なく​神​が「[わたしたち]の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は​なく,嘆き​も​叫び​も​苦痛​も​もはや​ない」時​が​来る​の​です。

デリック​の​場合

デリック

特に​懐かしく​思い出す​の​は,父​と​釣り​を​し​たり​山​で​キャンプ​を​し​たり​し​た​こと​です。父​は​山​が​大好き​でし​た。

父​は​以前​から​心臓​病​を​抱え​て​い​まし​た。幼い​ころ,入院​し​て​いる​父​を​1,2​度,見舞っ​た​の​を​覚え​て​い​ます。でも,その​病気​が​どれ​ほど​深刻​か​は​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。父​が​心臓​病​で​亡くなっ​た​の​は,わたし​が​9​歳​の​時​でし​た。

父​の​死後​は,ずっ​と​泣い​て​い​まし​た。まるで,息​が​詰まる​よう​に​感じ​まし​た。だれ​と​も​話​し​たく​あり​ませ​ん​でし​た。あんな​に​つらい​思い​を​し​た​の​は​初めて​で,もう​何​を​する​気​に​も​なれ​ませ​ん​でし​た。所属​し​て​い​た​教会​の​青年​部​の​人​たち​は​気遣っ​て​くれ​まし​た​が,それ​も​最初​の​うち​だけ​でし​た。教会​の​人​たち​から​は,「お父さん​は​寿命​だっ​た」,「神様​に​召さ​れ​た」,「お父さん​は​今,天国​に​いる」など​と​言わ​れ​まし​た​が,納得​が​ゆき​ませ​ん​でし​た。でも,聖書​が​そう​し​た​こと​に​つい​て​本当​は​何​と​言っ​て​いる​の​かも,全く​知り​ませ​ん​でし​た。

そんな​時​に,母​がエホバ​の​証人​と​の​聖書​研究を​始め,後​に​兄​と​わたし​も​それ​に​加わり​まし​た。死者​の​状態や,死者​を​復活​さ​せると​いう,慰め​と​なる​神​の​約束​に​つい​て​学び​まし​た。(ヨハネ 5:28,29)でも,一番​助け​に​なっ​た​の​は​イザヤ​書 41​章​10​節​の​言葉​です。神​は​こう​言っ​て​おら​れ​ます。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある。周り​を​見回す​な。わたし​は​あなた​の​神​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​を​強く​する。わたし​は​あなた​を​本当​に​助ける」。悲嘆​に​暮れ​て​いる​時​に​神​が​共​に​い​て​くださる​と​いう​の​は,計り知れない​慰め​でし​た。そして,それ​は​今​も​同じ​です。

ジーニー​の​場合

ジーニー

わたし​が​7​歳​の​時,母​は​ガン​で​亡くなり​まし​た。その​日​は​悪い​夢​を​見​て​いる​よう​でし​た。母​は​自宅​で​亡くなり,その​場​に​は​祖父母​が​い​まし​た。みんな,落ち着い​て​い​まし​た。夕食​に​スクランブルエッグ​を​食べ​た​の​を​思い出し​ます。まるで,わたし​の​人生​が​ゆっくり​と​壊れ​て​ゆく​よう​でし​た。

その​時,そして​その​後​の​何​年​か​は,妹​の​ため​に,わたし​が​しっかり​し​なく​ちゃ,と​思っ​て,自分​の​気持ち​を​押し殺し​て​い​まし​た。今​で​も,心​の​痛み​を​抑え​がち​に​なり​ます​が,それ​は​いい​こと​で​は​あり​ませ​ん。

エホバ​の​証人​の​地元​の​会衆​が,愛情​深く​支え​て​くれ​まし​た。わたしたち​は​王国​会館​で​の​集会​に​行き​始め​た​ばかり​だっ​た​の​に,会衆​の​人​たち​は,まるで​ずっ​と​前​から​知っ​て​いる​仲間​で​ある​か​の​よう​に,みんな​で​助け​に​来​て​くれ​まし​た。父​は​丸​1​年,全く​料理​を​し​ない​で​済ん​だ​と​思い​ます。玄関​の​ドア​の​所​に​いつも,食事​が​置い​て​あっ​た​から​です。

わたし​に​とっ​て​特に​印象深い​聖書​の​言葉​は,詩編 25​編​16,17​節​です。詩編​作者​は​神​に​こう​嘆願​し​て​い​ます。「み顔​を​わたし​に​向け,わたし​に​恵み​を​示し​て​ください。わたし​は​独り​に​され,苦しん​で​いる​から​です。わたし​の​心​の​苦難​は​増し加わり​まし​た。わたし​に​加え​られる​圧迫​から,どうか​わたし​を​引き出し​て​ください」。悲しい​時​で​も​決して​独りぼっち​で​は​ない​と​思う​と,心​が​安らぎ​ます。神​が​いつも​そば​に​い​て​ください​ます。聖書​の​おかげ​で,前向き​に​生きる​こと​が​でき,いつも​積極​的​な​こと​を​考え​て​い​られる​よう​に​なり​まし​た。復活​と​いう​慰め​に​なる​聖書​の​約束​も​その​1​つ​です。楽園​に​なっ​た​地上​で,すっかり​元気​に​なっ​た​母​と​再会​する​の​を​楽しみ​に​し​て​い​ます。(ペテロ​第​二 3:13

愛する​人​を​亡くし​た​悲しみ​を​癒やす,聖書​の​メッセージ​に​つい​て​もっと​知り​たい​と​思い​ませ​ん​か。「愛する​家族​を​亡くし​た​とき」と​いう​冊子​を​www.jw.org​から​無料​で​ダウンロード​で​き​ます。(ホーム > 本​や​冊子