内容へ

目次へ

かんぜんかいけつほうほう

神の王国では「平和が行き渡る」

神の王国では「平和が行き渡る」

もうすぐかみおうこくせいきゅうぜんたいへいにします。へん 72へん7せつでは「へいわたる」とやくそくされています。かみおうこくはいつ,どのようにじょうおさめるのでしょうか。どうすればかみおうこくとうもとらすことができますか。

かみおうこくはいつじょうおさめますか

せいしょは,かみおうこくじょうおさめるまえきるいちれんごとこくしています。そのような「しるし」には,だいせんそうしょくりょうそくびょうしんはんざいぞうなどがふくまれます。(マタイ 24:3,7,12。ルカ 21:11。けい 6:2-8

せいしょはさらにこうげんしています。「わりのだいこんなんてきときになります。ひとびとぶんあいし,おかねあいし,……おやしたがわず,かんしゃせず,ちゅうじつになります。ぜんあいじょうたず,まったひとどうしようとせず,ちゅうしょうし,せいしんがなく,らんぼうで,いことをあいしません。……おもがり,かみではなくかいらくあいし[ます]」。(テモテだい 3:1-4)このようなひとたちはどのだいにもいましたが,いまほどおおくはありませんでした。

これらのげんは1914ねんじつげんはじめました。おおくのれきせいちょじゅつは,1914ねんこうかいおおきくわったとべています。デンマークのれきピーター・ムンクはこういています。「1914ねんにおけるせんそうぼっぱつじんるいじゅうだいてんかんてんとなった。われわれは……あかるいはってんだいから,けんきまとうさいがいきょうぞうだいとつにゅうした」。

しかし,こうしたわるじょうきょうがいつまでもつづくことはありません。このじょうきょうは,もうすぐかみおうこくぜんかいおさめるまえれとえます。イエスはわりのだいつぎのようなこともきるといました。「おうこくらせは,すべてのくにひとびとけるようにかいじゅうつたえられます。それからわりがます」。(マタイ 24:14

エホバのしょうにんはこのおうこくらせをつたえています。たとえば,エホバのしょうにんはっこうしているざっは「エホバのおうこくらせる ものみのとう」というまえです。このざっは,かみおうこくきゅうじんるいのためにおこならしいことがらせつめいしています。

かみおうこくはどのようにじょうおさめますか

つぎの4つのてんてみましょう。

  1. かみおうこくいまかいのどんなせいどうしゃたちともかんけいがありません。

  2. かいせいどうしゃたちはぶんたちのけんりょくにしがみつき,かみおうこくとうれません。(へん 2:2-9

  3. かみおうこくは,じんるいはいつづけようとするにんげんせいほろぼします。(ダニエル 2:44。けい 19:17-21)このきゅうたたかいはハルマゲドンばれています。(けい 16:14,16

  4. かみおうこくすすんでしたがひとたちはハルマゲドンのたたかいをのこり,へいあたらしいかいむかえます。せいしょはそのひとたちを,「だれかぞれないだいぐんしゅう」とんでいます。(けい 7:9,10,13,14

どうすればかみおうこくとうもとらすことができますか

かみおうこくらすためのさいしょのステップはきょういくけることです。イエスはエホバかみにこういのりました。「えいえんいのちるには,ゆいいつしんかみであるあなたと,あなたがつかわされたイエス・キリストのことをひつようがあります」。(ヨハネ 17:3

エホバかみのことをると,どんないことがあるでしょうか。まず,かみさまへのつよしんこうてるようになります。かみさましんじられるようになると,かみおうこくがもうすぐかいおさめることもしんじられるようになります。それははっきりとしたしょうもとづくしんこうです。(ヘブライ 11:1)また,かみさままわりのひとたちをもっとあいせるようになります。かみさまあいするひとすすんでかみさましたがいます。まわりのひとあいするひとは,「ひとからしてほしいとおもとおりに,ひとにもしなさい」というイエスのおしえのとおりにします。(ルカ 6:31

エホバはあいじょうぶかちちおやのようです。わたしたちに「しんいのち」をて,ほんとうまんぞくのいくせいかつおくってほしいとおもっています。(テモテだいいち 6:19)しかし,ほとんどのひとにとって,いまきるだけでせいいっぱいです。では,かみおうこくで「しんいのち」をると,せいかつはどのようにわるのでしょうか。

ひとびとかみおうこくで,けんあんのないせいかつおくり,ものにもこまらない。