内容へ

目次へ

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

女性にも自分にも敬意を払えるようになりました

女性にも自分にも敬意を払えるようになりました
  • 生ま​れ​た​年: 1960​年

  • 生ま​れ​た​国: フランス

  • かつて​は: 麻薬​を​常用​し,粗暴​で,女性​を​蔑視​し​て​い​た

過去​の​歩み:

わたし​は,フランス​北東​部​の​ミュルーズ​市​郊外​で​生ま​れ​まし​た。労働​者​階級​の​人​たち​が​多く​住む,暴力​事件​の​頻発​する​地区​でし​た。子ども​の​頃​は,あちこち​の​家庭​で​言い争い​が​あり,暴力​が​振るわ​れ​て​い​まし​た。我​が​家​で​は,女性​が​見下げ​られ​て​い​て,男性​から​意見​を​求め​られる​こと​は​まず​あり​ませ​ん​でし​た。わたし​は,女​は​台所​に​い​て​男​や​子ども​の​世話​を​し​て​いれ​ば​いい​の​だ,と​教え​られ​まし​た。

子ども​時代​は,平穏​な​もの​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。10​歳​の​時​に​父​が​アルコール​依存​症​で​死​に,その​5​年​後​に​兄​の​1​人​が​自殺​し​まし​た。また​その​同じ​年​に​親族​の​間​で​殺人​事件​が​起き,それ​を​目撃​し​て​大きな​ショック​を​受け​まし​た。身内​の​者​から​は,いざ​と​いう​時​に​ナイフ​や​銃​を​使っ​て​戦う​方法​を​教え​られ​まし​た。若く​て​精神​的​に​不​安定​だっ​た​わたし​は,体​に​タトゥー​を​入れ​たり​酒​を​飲ん​だり​する​よう​に​なり​まし​た。

16​歳​頃​に​は​ビール​を​毎日​10​本​から​15​本​も​飲み,麻薬​も​使っ​て​い​まし​た。そう​し​た​悪習​を​続ける​お金​を​得る​ため​に,金属​くず​を​売っ​たり​盗み​を​働い​たり​し,17​歳​頃​に​は​すでに​刑務​所​暮らし​も​経験​し​て​い​まし​た。窃盗​や​暴行​の​かど​で​合計​18​の​有罪​判決​を​受け​まし​た。

20​代​前半​に​なる​と,生活​は​ますます​堕落​し,マリファナ​たばこ​を​1​日​に​20​本​も​吸い,ヘロイン​その他​の​違法​薬物​も​使っ​て​い​まし​た。麻薬​の​過剰​摂取​で​死​に​かけ​た​こと​が​何​度​か​あり​ます。また,麻薬​の​売買​に​手​を​染め,常​に​ナイフ​や​銃​を​持ち歩く​よう​に​なり,ある​男性​を​銃​で​撃っ​た​こと​も​あり​ます。しかし​幸い​に​も,弾丸​が​ベルト​の​バックル​に​当たっ​て​跳ね返り,事なき​を​得​まし​た。24​歳​の​時​に​母​が​亡くなり,わたし​は​ますます​荒れる​よう​に​なり​まし​た。通行​人​たち​は,近づい​て​来る​わたし​を​見る​と,恐れ​を​なし,道​の​向こう​側​へ​逃げ​て​行き​まし​た。喧嘩​ばかり​し​て​い​た​の​で,週末​は,警察​署​に​留置​さ​れる​か​病院​で​傷口​を​縫っ​て​もらう​か​でし​た。

28​歳​の​時​に​結婚​し​まし​た。お察し​の​とおり,妻​に​敬意​を​払わ​ず,ののしっ​たり​殴っ​たり​し​まし​た。夫婦​で​何​か​を​一緒​に​する​と​いう​こと​も​あり​ませ​ん​でし​た。盗ん​で​き​た​宝石​を​たくさん​与え​て​さえ​いれ​ば​十分​だ,と​思っ​て​い​た​から​です。そんな​時,思い​も​寄ら​ない​事​が​起き​まし​た。妻​が​エホバ​の​証人​と​聖書​を​勉強​し​始め​た​の​です。一度​勉強​し​た​だけ​で,たばこ​を​ やめ,盗ん​で​き​た​お金​を​受け取ら​なく​なり,宝石​を​返し​て​き​まし​た。わたし​は​激怒​し​て,聖書​の​勉強​に​反対​し,妻​の​顔​に​たばこ​の​煙​を​吹きかけ​まし​た。そして,近所​中​で​妻​の​こと​を​悪く​言い​まし​た。

ある​夜,酔っ​て​前後​不覚​に​なり,住ん​で​い​た​アパート​を​火事​に​し​て​しまい​まし​た。炎​の​中​から​わたし​と​5​歳​の​娘​を​救い出し​て​くれ​た​の​は,妻​でし​た。しらふ​に​戻る​と,罪悪​感​に​さい​なまれ,心​の​奥底​で「自分​は​決して​神​に​許し​て​いただけ​ない」と​思い​まし​た。司祭​が「悪人​は​地獄​に​落ちる」と​言っ​て​い​た​の​を​思い出し​た​から​です。かかりつけ​の​精神​科​医​から​も,「君​は​もう​救い​よう​が​ない」と​言わ​れ​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

火事​の​後,家族​で​妻​の​実家​に​住む​よう​に​なり​まし​た。エホバ​の​証人​が​妻​を​訪ね​て​来​た​時,「これ​ほど​罪深い​わたし​を​神​は​許し​て​くださる​でしょ​う​か」と​尋ね​て​み​まし​た。すると,証人​たち​は​聖書​の​コリント​第​一 6​章​9‐11​節​を​見せ​て​くれ​まし​た。そこ​に​は,神​の​非​と​される​様々​な​行ない​が​列挙​さ​れ​て​おり,「あなた方​の​中​に​は​その​よう​な​人​たち​も​い​まし​た」と​述べ​られ​て​い​ます。わたし​は,「彼ら​も​変われ​た​の​だから,わたし​も​変われる」と​思い​まし​た。証人​たち​は,ヨハネ​第​一 4​章​8​節​から,神​が​わたし​を​愛し​て​くださっ​て​いる​こと​も​示し​て​くれ​まし​た。心強く​感じ​た​わたし​は,聖書​を​週​に​2​回​教え​て​ほしい​と​頼み,クリスチャン​の​集会​に​も​出席​し​始め​まし​た。そして,絶え​ず​エホバ​に​祈る​よう​に​なり​まし​た。

わたし​は​1​か月​も​たた​ない​うち​に,麻薬​と​酒​を​やめ​まし​た。すると​すぐ​に,体​の​中​で​戦い​が​始まり​まし​た。恐ろしい​悪夢​や,頭痛,けいれん​など​の​禁断​症状​が​出​た​の​です。しかし​同時​に,エホバ​が​わたし​の​手​を​取っ​て​強め​て​くださっ​て​いる​の​を​感じ,使徒​パウロ​と​同じ​よう​な​気持ち​に​なり​まし​た。パウロ​が,神​から​与え​られ​た​助け​に​関し​て,「自分​に​力​を​与え​て​くださる​方​の​おかげ​で,わたし​は​一切​の​事​に​対し​て​強く​なっ​て​いる」と​書い​た​とおり​です。(フィリピ 4:13)その​後,たばこ​を​やめる​こと​も​でき​まし​た。―コリント​第​二 7:1

聖書​の​おかげ​で,生活​を​律する​こと​や,家族​関係​を​改善​する​こと​が​でき​まし​た。妻​に​対する​態度​も​変わり,敬意​を​払っ​て,「悪い​けど,~​し​て​くれる?」と​か「ありがとう」など​と​言う​よう​に​なり​まし​た。娘​に​も,父親​らしい​こと​を​し​て​やれる​よう​に​なり​まし​た。そして,聖書​の​勉強​を​始め​て​1​年​後,妻​と​同じく,エホバ​に​献身​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

わたし​は,聖書​の​教え​に​救わ​れ​まし​た。エホバ​の​証人​で​は​ない​親族​たち​で​さえ,「聖書​を​勉強​し​て​い​なかっ​た​なら,お前​は​麻薬​か​喧嘩​で​死ん​で​い​た​だろ​う」と​言い​ます。

聖書​から​夫​また​父親​と​し​て​の​責務​に​つい​て​学び,わたし​の​家族​生活​は​一変​し​まし​た。(エフェソス 5:25; 6:4)いろいろ​な​こと​を​家族​で​一緒​に​行なう​よう​に​なり​まし​た。今​で​は,妻​を​台所​に“閉じ込め​たり”せ​ず,多く​の​時間​を​伝道​活動​に​充てる​妻​を​喜ん​で​支え​て​い​ます。また​妻​も,会衆​の​長老​と​し​て​の​務め​を​果たす​わたし​を​喜ん​で​支え​て​くれ​ます。

エホバ​神​の​愛​と​憐れみ​を​知っ​て,わたし​の​生き方​は​大きく​変わり​まし​た。わたし​は,周囲​から​見放さ​れ​て​いる​人​たち​に,ぜひとも​神​の​特質​に​つい​て​知らせ​たい,と​思っ​て​い​ます。わたし​も​かつて​は​見放さ​れ​て​い​た​から​です。聖書​の​力​を​もっ​て​すれ​ば,どんな​人​も​清く​て​目的​の​ある​人生​を​送れる​よう​に​なり​ます。わたし​は​聖書​の​おかげ​で,男性​に​も​女性​に​も​愛​と​敬意​を​示せる​よう​に​なり​まし​た。それ​だけ​で​なく,自尊​心​を​持てる​よう​に​も​なっ​た​の​です。