内容へ

目次へ

もう生きていけないと思ったとき

もう生きていけないと思ったとき

「こういう気持ちに何度も悩まされました」とブラジルのアドリアーナは打ち明けます。「死んだほうが楽になれる,と考えるようになりました」。

つらくてもう生きていけない,と思ったことがありますか。もしあれば,アドリアーナの気持ちが分かるかもしれません。アドリアーナは極度の不安や悲しみ,絶望感にいつも苦しめられていました。うつ病と診断されました。

病気がちな高齢の親を世話していた日本の馨は,こう話します。「そのころは仕事もとても忙しく,食欲を失い,ほとんど眠れなくなりました。死んだら楽になれるんだろうな,と考えるようになりました」。

ナイジェリアのオジェボデも,「いつも悲しくて泣いていました。どうやって死のうかと考えていました」と言います。幸い,アドリアーナ,馨,オジェボデが命を絶つことはありませんでしたが,自殺者は毎年幾十万人にも上ります。

どこに助けを求めたらよいか

自殺した人の多くは男性です。助けを求めるのは恥ずかしいと感じていたようです。でも,イエスは病気の人には医者が必要だと言いました。(ルカ 5:31)思いつめたときには,ためらわずに助けを求めてください。鬱を経験した多くの人たちは,治療を受けてよかったと感じています。アドリアーナ,馨,オジェボデは医師の助けを得て,今ではうまくやっています。

医師は,薬やトークセラピーといった治療を受けさせるかもしれません。また,家族や友人の辛抱強くて温かいサポートも大切です。何よりも,エホバ神が最高の友となり,聖書から素晴らしい助けを与えてくださいます。

治る日は来るか

鬱に苦しむ人たちは長期的な治療を受け,生活の仕方を変える必要があるかもしれません。鬱と闘っておられますか。もしそうなら,オジェボデのように,明るい将来をイメージしてみるのはいかがですか。こう言っています。「イザヤ 33章24節が実現する日を心待ちにしています。『わたしは病気だ』と言う人はいなくなるんです」。神様が約束している「新しい地」では「苦痛」がなくなります。(啓示 21:1,4)それには精神的,感情的な苦痛もすべてなくなることが含まれています。つらくなることはもうありません。将来,つらい気持ちが「思い出されることも,心の中に上ることも」なくなる日が来ます。(イザヤ 65:17