内容へ

目次へ

クリスチャンは特定の場所で崇拝するべきですか

クリスチャンは特定の場所で崇拝するべきですか

この​ところ​毎年,約​1000万​人​が,志摩​半島​の​静寂​な​杉​の​森​を​訪れ,伊勢​神宮​に​参拝​し​ます。そこ​に​は,太陽​の​女神​で​ある​天照大神​が​約​2000​年​に​わたっ​て​祭ら​れ​て​い​ます。参拝​者​は,まず​手水​舎​で​手​と​口​を​清め​ます。そして,内宮​の​拝殿​の​前​に​立ち,礼​を​し,拍手​を​打ち,祈り​を​ささげ​ます。 * 神道​は,他​の​宗教​の​慣行​に​対し​て​寛容​です。また,仏教​徒​や,いわゆる​クリスチャン​の​中​に​は,この​神社​で​神道​の​儀式​を​行なう​こと​に​違和感​を​持た​ない​人​も​い​ます。

世界​の​主要​宗教​で​は​大抵,特定​の​建造​物​ *で​崇拝​が​行なわ​れ​て​おり,そう​し​た​場所​を​訪れる​人​は​数​知れ​ませ​ん。キリスト​教​国​に​は,イエス​や​マリア​や​聖人​たち​に​献じ​られ​た​教会​や​聖堂​など​が​多く,聖書​の​故事​に​ゆかり​の​ある​場所,比較​的​最近​に“奇跡”が​起き​た​と​される​場所,宗教​上​の​遺物​が​保存​さ​れ​て​いる​場所​など​に​建て​られ​た​もの​も​あり​ます。多く​の​人​が​そう​し​た​場所​を​訪れる​の​は,神聖​な​場所​で​祈り​を​ささげれ​ば,もっと​祈り​が​聞か​れる​と​思っ​て​いる​から​です。中​に​は,その​場所​を​目指し​て​巡礼​の​旅​を​する​の​は​自分​の​信仰​の​証し​で​ある,と​考える​人​も​い​ます。

伊勢​神宮​と​フランス​の​ルルド​に​ある​マッサビエル​の​洞窟

では,聖地​や​霊場​など​で​祈り​を​ささげれ​ば,もっと​祈り​が​聞か​れる​の​でしょ​う​か。信仰​の​証し​と​し​て​巡礼​の​旅​を​行なう​よう​な​人​は,神​に​喜ば​れる​の​でしょ​う​か。また,クリスチャン​は​そう​し​た​場所​で​崇拝​を​行なう​べき​でしょ​う​か。こう​し​た​疑問​の​答え​が​分かれ​ば,特別​な​建造​物​で​崇拝​する​こと​を​どう​見る​べき​か,さらには,どの​よう​に​崇拝​すれ​ば​本当​の​意味​で​神​に​喜ん​で​いただける​か​を​理解​でき​ます。

「霊​と​真理​を​もっ​て」崇拝​する

イエス​は​どういう​意味​で,「霊​と​真理​を​もっ​て」崇拝​する​よう​命じ​た​の​です​か

イエス​と​サマリア​人​女性​と​の​会話​から,神聖​視​さ​れ​て​いる​場所​で​崇拝​を​行なう​こと​に​対する​神​の​見方​が​分かり​ます。イエス​は​サマリア​を​通っ​て​い​た​時​に,スカル​と​いう​都市​の​近く​の​井戸​で​休憩​を​取り,その​際,水​を​くみ​に​来​た​女性​と​話し​を​し​まし​た。女性​は,ユダヤ​人​と​サマリア​人​の​間​に​宗教​的​に​大きな​違い​が​ある​こと​に​触れ​て,こう​述べ​まし​た。「わたしたち​の​父祖​は​この​山​で​崇拝​し​まし​た。それなのに​あなた方​は,崇拝​する​べき​場所​は​エルサレム​だ​と​言い​ます」。―ヨハネ 4:5‐9,20

その​山​と​は,エルサレム​の​北​約​50​㌔​の​ところ​に​位置​する​ゲリジム​山​の​こと​でし​た。サマリア​人​は​一​時期,ゲリジム​山上​の​神殿​で​過ぎ越し​など​の​祭り​を​祝っ​て​い​まし​た。しかし,イエス​は​この​微妙​な​問題​に​注意​を​向ける​ の​で​は​なく,こう​言い​まし​た。「女​よ,わたし​の​言う​こと​を​信じ​なさい。あなた方​が,この​山​で​も,エルサレム​で​も​ない​ところ​で​父​を​崇拝​する​時​が​来​よう​と​し​て​い​ます」。(ヨハネ 4:21)何​と​いう​こと​でしょ​う。しかも​ユダヤ​人​で​ある​イエス​が​そう​述べ​た​の​です。エルサレム​に​ある​神​の​神殿​で​の​崇拝​は​終わろ​う​と​し​て​い​まし​た。どうして​でしょ​う​か。

イエス​は​続け​て​こう​述べ​まし​た。「真​の​崇拝​者​が​霊​と​真理​を​もっ​て​父​を​崇拝​する​時​が​来​よう​と​し​て​い​ます。それ​は​今​な​の​です。実際,父​は,ご自分​を​その​よう​に​崇拝​する​者​たち​を​求め​て​おら​れる​の​です」。(ヨハネ 4:23)ユダヤ​人​は​何​世紀​も​の​間,エルサレム​に​ある​壮麗​な​神殿​を​自分​たち​の​崇拝​の​中心​と​考え,年​に​3​回​は​そこ​へ​旅​を​し​て​エホバ​神​に​犠牲​を​ささげ​て​い​まし​た。(出エジプト​記 23:14‐17)しかし​イエス​に​よる​と,この​すべて​は​変化​し,「真​の​崇拝​者」は「霊​と​真理​を​もっ​て」崇拝​する​こと​に​なる​の​です。

ユダヤ​人​の​神殿​は,地上​の​特定​の​場所​に​建て​られ​た,有形​の​建造​物​でし​た。しかし,霊​と​真理​は​いずれ​も​物質​で​は​なく,目​に​見える​場所​に​限定​さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。ですから,イエス​の​説明​に​よれ​ば,真​の​キリスト​教​の​崇拝​は,何らか​の​建造​物​や​ゲリジム​山,エルサレム​の​神殿​と​いっ​た​特定​の​神聖​な​場所​を​中心​に​する​わけ​で​も,それら​に​依存​する​わけ​で​も​ない​の​です。

イエス​は,サマリア​人​の​女性​と​の​会話​の​中​で,神​の​崇拝​が​この​よう​に​変化​する「時​が​来​よう​と​し​て​い」る​とも​述べ​まし​た。それ​は​いつ​の​こと​でしょ​う​か。イエス​が​ご自分​の​犠牲​の​死​を​通し​て,モーセ​の​律法​に​基づく​ユダヤ​教​の​崇拝​の​体系​を​終わらせる​時​です。(ローマ 10:4)と​は​いえ​イエス​は,「それ​は​今​な​の​です」と​も​述べ​て​い​ます。なぜ​でしょ​う​か。イエス​の​弟子​たち​は,その​時​すでに,「神​は​霊​で​あら​れる​の​で,神​を​崇拝​する​者​も​霊​と​真理​を​もっ​て​崇拝​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん」と​いう​イエス​の​命令​に​従っ​て​い​た​から​です。(ヨハネ 4:24)では,霊​と​真理​を​もっ​て​崇拝​する​と​は​どう​いう​意味​でしょ​う​か。

イエス​に​よれ​ば,霊​を​もっ​て​崇拝​する​ため​に​は,神​の​聖霊​に​よっ​て,特に​聖書​を​理解​する​よう​導か​れる​こと​が​必要​です。(コリント​第​一 2:9‐12)また​真理​と​は,聖書​の​教え​に​関する​正確​な​知識​の​こと​です。ですから,わたしたち​の​崇拝​を​神​に​受け入れ​て​いただく​ため​に​必要​な​の​は,特別​な​場所​で​崇拝​する​こと​で​は​なく,聖書​の​教え​に​調和​し,聖霊​に​導か​れ​て​いる​こと​な​の​です。

 特定​の​場所​で​崇拝​する​こと​を​どう​見る​べき​か

では,クリスチャン​は​巡礼​を​行なう​こと​や​特定​の​場所​で​崇拝​する​こと​を​どう​見る​べき​でしょ​う​か。イエス​が​真​の​崇拝​者​たち​に​霊​と​真理​を​もっ​て​神​を​崇拝​する​よう​命じ​た​こと​から​する​と,特定​の​建造​物​や​神聖​視​さ​れ​て​いる​場所​で​ささげ​られる​崇拝​が​天​の​父​に​とっ​て​特に​価値​の​ある​もの​で​は​ない​と​いう​こと​は,明らか​です。さらに,聖書​は​崇拝​に​おける​像​の​使用​に​対する​神​の​見方​を​明らか​に​し,「偶像​礼拝​から​逃げ去り​なさい」,「自分​を​偶像​から​守り​なさい」と​述べ​て​い​ます。(コリント​第​一 10:14。ヨハネ​第​一 5:21)ですから,真​の​クリスチャン​は,神聖​視​さ​れ​て​いる​場所​や,偶像​礼拝​を​助長​する​場所​で​神​を​崇拝​する​こと​は​し​ませ​ん。そう​し​た​ところ​は,クリスチャン​が​崇拝​を​行なう​の​に​ふさわしい​場所​で​は​ない​の​です。

と​は​いえ,神​の​言葉​は,自分​の​好き​な​場所​で​祈っ​たり​研究​し​たり​黙想​し​たり​する​こと​を​禁じ​て​い​ませ​ん。整然​と​し​て​い​て​品位​の​ある​集会​場所​は,霊的​な​事柄​を​学ん​だり​話し合っ​たり​する​の​に​助け​と​なり​ます。また,亡くなっ​た​人​の​記念​と​し​て​墓石​など​を​作る​こと​も​間違い​で​は​あり​ませ​ん。それ​は,故人​を​偲ぶ​ため​の​もの,あるいは​故人​へ​の​愛情​の​表現​に​すぎ​ない,と​言える​でしょ​う。しかし,墓​を​神聖​な​場所​と​みなし​たり,そこ​に​ある像​や​遺物​を​崇め​たり​するの​は,イエス​の​言葉​に​反する​こと​です。

ですから,祈り​を​もっと​よく​聞い​て​いただける​と​考え​て,神聖​視​さ​れ​て​いる​場所​に​行く​必要​は​あり​ませ​ん。また,そこ​を​目指し​て​巡礼​の​旅​を​し​た​から​と​いっ​て,神​が​喜び,特別​な​祝福​を​与え​て​くださる​わけ​で​も​あり​ませ​ん。聖書​に​よる​と,エホバ​神​は「天地​の​主​で​あり,手​で​作っ​た​神殿​など​に​は​住」ん​では​おら​れ​ませ​ん。それでも,「神​は,わたしたち​ひとりひとり​から​遠く​離れ​て​おら​れる​わけ​で​は」ない​の​で,わたしたち​は​どこ​に​い​て​も​神​に​祈る​こと​が​でき,祈り​を​聞い​て​いただける​の​です。―使徒 17:24‐27

^ 2節 拝礼​の​仕方​は,神社​に​よっ​て​異なる​こと​が​あり​ます。

^ 3節 神聖​視​さ​れ​て​いる​場所」と​いう​囲み​を​ご覧​ください。