内容へ

目次へ

 特集​記事 | イエス​は​苦しん​で​死ん​だ なぜ​です​か

それは事実ですか

それは事実ですか

西暦​33​年​の​春,ナザレ​人​イエス​は​処刑​さ​れ​まし​た。不当​に​も​扇動​罪​に​問わ​れ,激しく​打ちたたか​れ,杭​に​くぎづけ​に​され​た​の​です。極度​の​苦しみ​を​伴う​死​に​方​でし​た。しかし​神​に​よっ​て​よみがえらさ​れ,40​日​後​に​昇天​し​まし​た。

この​衝撃​的​な​出来事​は,クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書(新約​聖書)の​四​福音​書​に​記さ​れ​て​い​ます。これ​は​実際​に​起き​た​こと​な​の​でしょ​う​か。そう​し​た​疑問​を​持つ​の​は​もっとも​な​こと​で​あり,大切​な​こと​です。もし​実際​に​起き​た​の​で​なけれ​ば,クリスチャン​の​信仰​は​無​価値​な​もの​に​なり​ます。また,楽園​で​永遠​に​生きる​と​いう​希望​も,単なる​夢​物語​に​なっ​て​しまい​ます。(コリント​第​一 15:14)一方,実際​に​起き​た​の​で​あれ​ば,人類​は​将来​に​大きな​希望​を​持つ​こと​が​でき​ます。あなた​も​無​関係​で​は​ない​の​です。では,四​福音​書​の​記述​は​事実​でしょ​う​か。それ​と​も​フィクション​でしょ​う​か。

事実​は​何​を​示し​て​いる​か

福音​書​は​架空​の​伝記​と​は​違い,記述​の​際​に​は,正確​さ​に​も​詳細​な​点​に​も​注意​が​払わ​れ​まし​た。例えば,福音​書​に​名前​が​出​て​くる​多く​の​場所​は,今日​で​も​訪れる​こと​が​でき​ます。登場​人物​に​つい​て​も,その​存在​は​一般​の​歴史​家​たち​に​よっ​て​確証​さ​れ​て​き​まし​た。―ルカ 3:1,2,23

 西暦​1​世紀​および​2​世紀​の​歴史​家​たち​も,イエス​に​つい​て​言及​し​て​い​ます。 * また,四​福音​書​に​記さ​れ​て​いる​イエス​の​処刑​法​は,当時​の​ローマ​の​慣行​と​一致​し​て​い​ます。さらに,様々​な​出来事​は​事実​に​基づい​て​率直​に​書か​れ​て​おり,イエス​の​何​人​か​の​弟子​たち​に​とっ​て​不利​な​こと​さえ​記さ​れ​て​い​ます。(マタイ 26:56。ルカ 22:24‐26。ヨハネ 18:10,11)これら​の​要素​すべて​は,四​福音​書​の​筆者​たち​が​正直​で​あり,イエス​に​つい​て​正確​に​書き記し​た​こと​の​強力​な​証拠​です。

イエス​の​復活​に​つい​て​は​どうか

この​よう​に,イエス​が​この​地上​で​生き,死ん​だ​こと​は​広く​認め​られ​て​い​ます。それでも,イエス​の​復活​を​疑う​人​たち​も​いる​でしょ​う。使徒​たち​で​さえ,イエス​が​生き返っ​た​と​いう​知らせ​を​最初​に​聞い​た​時​は,信じ​ませ​ん​でし​た。(ルカ 24:11)しかし,使徒​や​弟子​たち​の​疑い​は​消え去り​まし​た。復活​し​た​イエス​が​様々​な​機会​に​姿​を​現わす​の​を​見​た​から​です。ある​時​に​は,500​人​以上​の​人​たち​が​復活​し​た​イエス​を​見​まし​た。―コリント​第​一 15:6

弟子​たち​は,逮捕​され​殺さ​れる​危険​が​あっ​た​に​も​かかわら​ず,イエス​が​復活​し​た​こと​を​すべて​の​人​に​勇敢​に​伝え​まし​た。イエス​を​処刑​し​た​人​たち​に​も​そう​し​た​の​です。(使徒 4:1‐3,10,19,20; 5:27‐32)イエス​の​復活​に​対する​絶対​的​な​確信​が​なかっ​た​と​し​たら,それ​ほど​の​大胆​さ​を​示せ​た​でしょ​う​か。イエス​の​復活​が​事実​で​ある​から​こそ,キリスト​教​は​当時​から​今日​に​至る​まで​世界​に​大きな​影響​を​与え​て​き​た​の​です。

イエス​の​死​と​復活​に​関する​福音​書​の​記述​に​は,それ​が​歴史​の​事実​で​ある​こと​を​裏づける​十分​な​証拠​が​あり​ます。福音​書​を​注意深く​読む​なら,それら​の​出来事​が​実際​に​生じ​た​こと​を​確信​できる​でしょ​う。さらに,そう​し​た​こと​が​生じ​た​理由​を​理解​する​なら,確信​は​いっそう​強まる​はず​です。その​点​は​次​の​記事​で​取り上げ​ます。

^ 7節 西暦​55​年​に​生ま​れ​た​タキツス​は,こう​書い​て​い​ます。「その​名称[クリスチャン]の​起こり​と​なっ​た​クリストゥス[キリスト]は,ティベリウス​の​治世​中​に​我々​の​行政​長官​の​一​人,ポンティウス​・​ピーラートゥス​の​手​で,極刑​に​処せ​られ​た」。スエトニウス(1​世紀),ユダヤ​人​の​歴史​家​ヨセフス(1​世紀),ビチニア​の​総督​だっ​た​小​プリニウス(2​世紀​初頭)も​イエス​に​言及​し​て​い​ます。