内容へ

目次へ

ちょっとした誤解に過ぎませんか

ちょっとした誤解に過ぎませんか

ある​幼い​少女​は,工場​の​煙突​から​煙​が​立ち昇っ​て​広がり,綿​菓子​の​よう​な​雲​に​なる​の​を​見​て,雲​は​この​工場​で​作っ​て​いる​ん​だ,と​思い​まし​た。子ども​の​この​よう​な​ちょっと​し​た​誤解​は​ほほえましい​もの​です。しかし,大きな​誤解​は​わたしたち​の​命​を​左右​する​こと​が​あり​ます。例えば,薬​の​容器​に​貼っ​て​ある​ラベル​を​読み間違える​なら,重大​な​結果​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

聖書​に​関する​誤解​は,さらに​深刻​な​結末​を​招きかね​ませ​ん。一例​と​し​て,ある​人​たち​は,イエス​の​教え​に​つい​て​誤解​し​まし​た。(ヨハネ 6:48‐68)その​ため,それ​以上​学ぼ​う​と​せ​ず,イエス​の​教え​すべて​を​退け​た​の​です。何​と​残念​な​こと​でしょ​う。

あなた​は​導き​を​求め​て​聖書​を​読ん​で​い​ます​か。それ​は​たいへん​良い​こと​です。しかし,読ん​だ​こと​を​誤解​する​おそれ​は​ない​でしょ​う​か。誤解​し​て​しまっ​た​人​は​少なく​あり​ませ​ん。よく​ある​例​を​3​つ​取り上げ​ましょ​う。

  • ある​人​たち​は,「まこと​の​神​を​恐れ[よ]」と​いう​聖書​の​教え​を​誤解​し​て​い​ます。神​を​病的​に​恐れ​なけれ​ば​なら​ない,と​思い込ん​で​いる​の​です。(伝道​の​書 12:13)しかし,神​は​ご自分​を​崇拝​する​人​たち​から​その​よう​に​恐れ​られる​こと​を​望ん​で​は​い​ませ​ん。こう​述べ​て​おら​れ​ます。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある。周り​を​見回す​な。わたし​は​あなた​の​神​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​を​強く​する。わたし​は​あなた​を​本当​に​助ける」。(イザヤ 41:10)神​を​恐れる​と​は,神​に​対し​て​畏敬​の​念​と​深い​敬意​を​抱く​こと​な​の​です。

  • 地球​は​火​で​燃え​て​しまう​の​か

    また​ある​人​たち​は,「何事​に​も​定め​られ​た​時​が​ある。……誕生​の​ため​の​時​が​あり,死ぬ​の​に​時​が​ある」と​いう​聖書​の​言葉​を​誤解​し​て​い​ます。神​は​個々​の​人​が​死ぬ​時​を​定め​て​おら​れる,と​思い込ん​で​いる​の​です。(伝道​の​書 3:1,2)しかし​その​聖句​は,人​の​一生​に​つい​て​説明​し​て​おり,だれ​も​死​から​逃れ​られ​ない​と​いう​こと​を​示し​て​いる​に​すぎ​ませ​ん。神​の​言葉 聖書​は,わたしたち​の​下す​決定​が​寿命​に​影響​を​及ぼす​こと​も​教え​て​い​ます。例えば,こう​あり​ます。「エホバ​へ​の​恐れ​は​日​を​増し加える」。(箴言 10:27。詩編 90:10。イザヤ 55:3)どの​よう​に​でしょ​う​か。例​と​し​て,神​の​言葉​へ​の​敬意​が​あれ​ば,酩酊​や​不​道徳​など​の​不​健全​な​行ない​を​避ける​よう​動かさ​れ​ます。―コリント​第​一 6:9,10

  • 聖書​中​の,天​や​地​が「火​の​ため​に​蓄え置か​れ​て[いる]」と​いう​言葉​を​文字通り​に​受け取り,神​が​この​地球​を​滅ぼさ​れる​と​思い込ん​で​いる​人​も​い​ます。(ペテロ​第​二 3:7)しかし​神​は,この​地球​を​滅ぼす​こと​を​許さ​ない​と​約束​し​て​おら​れ​ます。神​は「地​の​基​を​その​定まっ​た​場所​に​置か​れ​まし​た。それ​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで,まさに​永久​に​よろめかさ​れる​こと​が​あり​ませ​ん」。(詩編 104:5。イザヤ 45:18)火​に​よっ​て​滅びる​か​の​よう​に​永遠​の​終わり​を​迎える​の​は,文字通り​の​地球​で​は​なく,この​腐敗​し​た​世界​の​体制​な​の​です。また,天​と​いう​語​は,文字通り​の​意味​で​使わ​れる​場合,空,星​の​輝く​宇宙,神​の​住ん​で​おら​れる​場所​など​を​指し​ます。その​どれ​も​滅ぼさ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。

聖書​が​しばしば​誤解​さ​れる​の​は​なぜか

これら​の​例​から​分かる​よう​に,人々​は​聖書​で​読ん​だ​言葉​を​よく​誤解​し​ます。神​は​なぜ​それ​を​許し​て​おら​れる​の​でしょ​う​か。ある​人​たち​は​こう​考える​か​も​しれ​ませ​ん。「神​が​全知​全能​で​ある​なら,だれ​も​が​理解​できる​よう​な,分かり​やすい​本​を​作れ​た​はず​だ。どうして​そう​し​なかっ​た​の​か」。では,聖書​が​よく​誤解​さ​れる​理由​を​3​つ​考え​て​み​ましょ​う。

  1. 聖書​は,謙遜​で​進ん​で​学ぼ​う​と​する​人​だけ​が​理解​できる​よう​に​書か​れ​て​いる。イエス​は​父​で​ある​神​に​こう​述べ​まし​た。「天​と​地​の​主​なる​父​よ,わたし​は​あなた​を​公​に​賛美​し​ます。あなた​は​これら​の​こと​を​賢く​て​知能​の​たけ​た​者​から​注意深く​隠し,それ​を​みどりご​たち​に​啓示​さ​れ​た​から​ です」。(ルカ 10:21)聖書​は,正しい​態度​を​持つ​人​だけ​が​その​メッセージ​を​理解​できる​よう​に​書か​れ​て​い​ます。「賢く​て​知能​の​たけ​た​者」に​よく​見​られる,高慢​な​態度​を​持つ​人​たち​は,聖書​を​誤解​し​がち​です。しかし,聖書​を​読む​際,「みどりご​たち」の​よう​に​謙遜​で​進ん​で​学ぶ​態度​を​示す​人​たち​は,神​から​の​メッセージ​を​より​良く​理解​できる​よう​に​なり​ます。神​は​なんと​巧み​に​聖書​を​書か​れ​た​の​でしょ​う。

  2. 聖書​は,理解​する​ため​に​神​の​助け​を​誠実​に​求める​人​たち​に​向け​て​書か​れ​た。イエス​に​よる​と,イエス​の​教え​を​十分​に​理解​する​ため​に​は​助け​が​必要​でし​た。その​助け​は​どの​よう​に​得​られる​の​でしょ​う​か。イエス​は​こう​説明​し​て​い​ます。「父​が​わたし​の​名​に​よっ​て​遣わし​て​くださる​助け手,つまり​聖霊​の​こと​です​が,その​者​は​あなた方​に​すべて​の​こと​を​教え……る​で​しょう」。(ヨハネ 14:26)ですから,神​は​ご自分​の​強力​な​活動​力​で​ある​聖霊​を​与える​こと​に​より,聖書​で​読ん​だ​こと​を​理解​できる​よう​に​し​て​ください​ます。と​は​いえ​神​は,助け​を​求め​て​ご自分​に​頼ら​ない​人​に​は​聖霊​を​お与え​に​なら​ない​の​で,そう​し​た​人​に​は​聖書​が​分かり​にくい​の​です。聖霊​は,理解​を​深め​たい​と​思っ​て​いる​人​を​援助​する​よう,聖書​に​通じ​て​いる​クリスチャン​を​動かす​こと​も​あり​ます。―使徒 8:26‐35

  3. 聖書​の​ある​部分​は,ふさわしい​時​が​来る​まで,人間​に​は​理解​でき​ない。例えば,預言​者​ダニエル​は,将来​に​関する​メッセージ​を​書き記す​よう​命じ​られ​まし​た。1​人​の​天使​から​こう​言わ​れ​た​の​です。「ダニエル​よ,あなた​は​終わり​の​時​まで​これら​の​言葉​を​秘し,この​書​を​封印​し​て​おく​よう​に」。何​世紀​に​も​わたっ​て,多く​の​人​が​聖書​の​ダニエル​書​を​読ん​で​き​まし​た​が,よく​理解​でき​ませ​ん​でし​た。実​の​ところ,ダニエル​自身​で​さえ,自分​の​書い​た​事柄​の​ある​部分​は​理解​でき​ませ​ん​でし​た。謙遜​に​こう​認め​て​い​ます。「わたし​は,自分​で​聞い​た​が,理解​する​こと​が​でき​なかっ​た」。やがて,人々​は​ダニエル​の​書い​た​神​の​預言​を​正しく​理解​する​よう​に​なり​ます​が,それ​に​は​神​の​選ん​だ​時​が​来る​の​を​待た​なけれ​ば​なり​ませ​ん。天使​は​こう​説明​し​て​い​ます。「行け,ダニエル​よ。これら​の​言葉​は​終わり​の​時​まで​秘め​られ,封印​し​て​おか​れる​から​で​ある」。だれ​が​神​から​の​メッセージ​を​理解​する​の​でしょ​う​か。「邪悪​な​者​は​一​人​と​し​て​理解​し​ない​で​あろ​う。しかし,洞察​力​の​ある​者​は​理解​する」と​あり​ます。(ダニエル 12:4,8‐10)ですから,神​は​ふさわしい​時​が​来る​まで,聖書​の​ある​箇所​の​意味​を​明らか​に​され​ない​の​です。

エホバ​の​証人​は,まだ​時​が​来​て​い​なかっ​た​ため​に​聖書​を​誤解​し​た​こと​が​あっ​た​でしょ​う​か。はい,あり​まし​た。しかし​彼ら​は,神​の​定め​た​時​が​来​て,物事​が​はっきり​する​と,すぐ​に​理解​を​調整​し​まし​た。そう​する​こと​は,キリスト​の​使徒​たち​に​倣う​こと​だ​と​信じ​て​いる​から​です。使徒​たち​は,イエス​に​正さ​れ​た​時​に​は​いつ​で​も,謙遜​に​考え​を​調整​し​まし​た。―使徒 1:6,7

雲​の​生ま​れる​場所​に​つい​て​の,幼い​少女​の​思い込み​は,ちょっと​し​た​誤解​に​すぎ​ない​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,聖書​が​教え​て​いる​こと​は,あなた​に​とっ​て​たいへん​重要​です。聖書​の​メッセージ​は​だれ​に​とっ​て​も​非常​に​重要​な​の​で,自分​で​読ん​で​自分​なり​に​理解​する​こと​は​でき​ませ​ん。ですから,読ん​で​いる​こと​を​理解​する​ため​の​助け​を​求め​て​ください。謙遜​な​態度​で​聖書​を​研究​し​て​いる​人々,神​の​聖霊​の​助け​に​よっ​て​聖書​を​理解​し​よう​と​し​て​いる​人々​を​探し​ましょ​う。今,神​は​わたしたち​が​聖書​を​理解​する​こと​を​かつて​なく​望ん​で​おら​れ​ます。その​こと​を​確信​し​て​いる​人々​を​探す​の​です。どうぞ​遠慮​なく​エホバ​の​証人​と​話し​て​ください。また​彼ら​が​注意深く​調べ​た​事柄​を​ウェブサイト​jw.org​で​ご覧​ください。聖書​は​こう​約束​し​て​い​ます。「理解​を​求め​て​呼​ば​わ……る​なら,……あなた​は……神​に​つい​て​の​知識​を​も​見いだす​こと​で​あろ​う」。―箴言 2:3‐5