内容へ

目次へ

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

死にたくありませんでした!

死にたくありませんでした!
  • 生ま​れ​た​年: 1964​年

  • 生ま​れ​た​国: 英国

  • かつて​は: 不良​少女​で,十​代​で​母親​に​なっ​た

過去​の​歩み

わたし​は,英国​ロンドン​の​人口​密集​地,パディントン​地区​で​生ま​れ​まし​た。母​と​3​人​の​姉​と​暮らし​て​い​まし​た。父​は​大酒​飲み​で,家​に​居着き​ませ​ん​でし​た。

子ども​の​ころ,母​から​毎晩​祈り​なさい​と​教え​られ​まし​た。詩編​だけ​の​小さな​聖書​を​持っ​て​い​た​の​で,その​詩編​に​メロディー​を​付け​て​歌っ​て​い​まし​た。ある​本​で​読ん​だ「いつか​死ぬ​日​が​やっ​て​来る」と​いう​フレーズ​が​頭​を​離れ​なかっ​た​の​を​思い出し​ます。その​言葉​を​思う​と​夜​も​眠れ​ず,将来​が​不安​に​なり​まし​た。「人生​に​は​絶対,もっと​意味​が​ある​はず。自分​は​なぜ​存在​し​て​いる​の​だろ​う」と​思い​まし​た。わたし​は​死​に​たく​あり​ませ​ん​でし​た!

わたし​は​オカルト​に​強く​引か​れる​よう​に​なり​まし​た。死者​と​交信​し​よう​と​し​たり,学校​の​友達​と​墓地​に​行っ​たり​ホラー​映画​を​見​たり​し​まし​た。わくわく​し​て​楽しかっ​た​です​が,恐ろしく​も​あり​まし​た。

わたし​が​ぐれ​始め​た​の​は,まだ​10​歳​の​時​です。たばこ​に​手​を​出し,すぐ​に​やめ​られ​なく​なり​まし​た。その​うち,マリファナ​を​吸う​よう​に​なり,11​歳​まで​に​は​お酒​も​飲み​始め​まし​た。味​は​好き​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,酔っ​た​気分​が​好き​でし​た。音楽​や​ダンス​も​大好き​で,チャンス​を​見つけ​て​は​パーティー​や​ナイトクラブ​に​出かけ​て​い​まし​た。夜中​に​家​を​こっそり​抜け​出し,夜明け​前​に​また​こっそり​帰っ​た​もの​です。そんな​日​は​疲れ​て​い​た​の​で,しょっちゅう​学校​を​さぼり​まし​た。行っ​たら​行っ​た​で,休み​時間​に​は​大抵,お酒​を​飲ん​で​い​まし​た。

学校​の​最終​学年​の​成績​は​最悪​でし​た。わたし​の​不良​ぶり​に​ほとんど​気づい​て​い​なかっ​た​母​は,とても​がっかり​し,腹​を​立て​まし​た。わたし​は​母​と​けんか​を​し,家​を​出​まし​た。しばらく​の​間,ボーイフレンド​の​トニー​の​所​に​転がり込み​まし​た。トニー​は​窃盗​や​麻薬​の​売人​を​し​て​おり,手​に​負え​ない​乱暴​者​と​いう​レッテル​を​張ら​れ​て​い​まし​た。わたし​は​間​も​なく​彼​の​子​を​身ごもり,まだ​16​歳​の​時​に​息子​を​出産​し​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か

エホバ​の​証人​に​最初​に​出会っ​た​の​は,未婚​の​母親​と​その​乳幼児​の​ 保護​施設​に​い​た​とき​の​こと​です。役所​から,そこ​に​部屋​を​1​つ​あてがわ​れ​て​い​まし​た。エホバ​の​証人​の​女性​2​人​が,ほか​の​若い​母親​たち​の​ところ​を​いつも​訪ね​て​来​て​い​まし​た。ある​日,わたし​は​その​話し合い​に​加わり​まし​た。エホバ​の​証人​の​間違い​を​証明​し​よう​と​思っ​た​の​です。ところ​が​証人​たち​は,わたし​の​山​の​よう​な​質問​1​つ​1​つ​に​穏やか​に,そして​聖書​から​はっきり​と​答え​て​くれ​まし​た。わたし​は​2​人​の​親切​な​態度​と​優しさ​に​とても​引き​付け​られ,自分​も​聖書​を​研究​する​こと​に​し​まし​た。

やがて​聖書​から​1​つ​の​事実​を​知り,それ​が​わたし​の​人生​を​変える​こと​に​なり​まし​た。若い​ころ​から​ずっ​と​死ぬ​こと​を​恐れ​て​い​た​わたし​が,復活​と​いう​イエス​の​教え​に​出会っ​た​の​です!(ヨハネ 5:28,29)そして,神​が​わたし​を​個人​と​し​て​気遣っ​て​くださる​こと​も​知り​まし​た。(ペテロ​第​一 5:7エレミヤ 29​章​11​節​の​言葉​に​特に​心​を​打た​れ​まし​た。こう​あり​ます。「『わたし​は,わたし​が​あなた方​に​対し​て​考え​て​いる​考え​を​よく​知っ​て​いる​から​で​ある』と,エホバ​は​お告げ​に​なる,『それ​は​平安​に​つい​て​の​考え​で​あり,災い​に​つい​て​で​は​ない。あなた方​に​将来​と​希望​を​与える​ため​で​ある』」。こう​し​て​わたし​は,地上​の​パラダイス​で​永遠​に​生きる​希望​を​自分​も​持てる,と​信じる​よう​に​なり​まし​た。―詩編 37:29

エホバ​の​証人​たち​は,わたし​に​純粋​な​愛​を​表わし​て​くれ​まし​た。初めて​行っ​た​集会​の​雰囲気​は,温かく​て​感じ​の​良い​もの​でし​た。とても​親しみ​やすい​人​ばかり​だっ​た​の​です。(ヨハネ 13:34,35)地元​の​教会​で​わたし​が​受け​た​扱い​と​は​大違い​でし​た。証人​たち​は,わたし​の​身​の​上​に​かかわり​なく​歓迎​し​て​くれ​まし​た。時間​を​取り,気遣い​や​関心​を​示し,実際​的​な​助け​も​たくさん​与え​て​くれ​まし​た。わたし​は,まるで​愛​に​あふれ​た​大​家族​の​一員​に​なっ​た​よう​に​感じ​まし​た。

聖書​研究を​通し​て,神​の​高い​道徳​規準​に​合わせる​ため​に​生き方​を​変え​なけれ​ば​なら​ない​こと​に​気づき​まし​た。たばこ​を​やめる​の​は​大変​でし​た。同時​に,ある​種​の​音楽​を​聴く​と​マリファナ​を​吸い​たい​気持ち​が​強く​なる​こと​に​気づき,聴く​音楽​を​変え​まし​た。パーティー​や​ナイトクラブ​に​行く​の​も​やめ​まし​た。行け​ば​誘惑​に​負け​て​酔っ払っ​て​しまう​から​です。そして,新しい​生き方​を​する​うえ​で​プラス​に​なる,新しい​友達​を​作る​よう​に​し​まし​た。―箴言 13:20

一方,トニー​も​エホバ​の​証人​と​聖書​を​研究​し​て​い​まし​た。証人​たち​が​質問​に​聖書​から​答え​て​くれる​の​で,トニー​も​学ん​で​いる​こと​を​真理​だ​と​確信​する​よう​に​なり​まし​た。トニー​は​生き方​を​大きく​変化​さ​せ​まし​た。乱暴​な​昔​の​仲間​たち​と​手​を​切り,盗み​も​マリファナ​も​やめ​た​の​です。トニー​と​わたし​は,エホバ​に​もっと​喜ん​で​いただける​よう,不​道徳​な​生き方​を​改め,息子​の​ため​に​きちんと​し​た​環境​を​作ら​ね​ば,と​考え​まし​た。それで,1982​年​に​正式​に​結婚​し​まし​た。

「将来​や​死ぬ​こと​が​心配​で​夜​も​眠れ​ない,と​いう​こと​は​もう​あり​ませ​ん」

わたし​は,「ものみの塔」や「目ざめよ!」 * から,わたし​の​望ん​で​いる​変化​を​上手​に​遂げ​た​人​たち​の​経験​を​必死​に​探し​た​もの​です。そう​し​た​模範​から​どれ​ほど​励み​を​得​た​こと​でしょ​う。あきらめ​ず​に​頑張ろ​う,と​いう​気持ち​に​なり​まし​た。わたし​を​見捨て​ない​で​ください,と​エホバ​に​祈り​続け​まし​た。1982​年​7​月,トニー​と​わたし​は​エホバ​の​証人​と​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か

エホバ​神と​の​友情​を​築い​た​こと​で,わたし​の​人生​は​救わ​れ​まし​た。トニー​と​わたし​は,難しい​時期​も​ずっ​と​エホバ​の​支え​を​経験​し​て​き​まし​た。さまざま​な​困難​を​通し​て​エホバ​に​依り頼む​こと​を​学び​まし​た。エホバ​が​いつも​わたしたち​家族​を​助け,支え​て​くださっ​て​いる​こと​を​実感​し​て​い​ます。―詩編 55:22

自分​が​エホバ​を​知っ​た​よう​に,息子​や​娘​が​エホバ​を​知る​よう​手助け​でき​た​の​は,本当​に​うれしい​こと​でし​た。今​で​は,孫​たち​が​神​に​つい​て​の​知識​を​深め​て​いる​の​を​見​て,同様​の​喜び​を​感じ​て​い​ます。

将来​や​死ぬ​こと​が​心配​で​夜​も​眠れ​ない,と​いう​こと​は​もう​あり​ませ​ん。トニー​と​わたし​は​毎週,エホバ​の​証人​の​会衆​を​回り,励ます​こと​に​専念​し​て​い​ます。会衆​と​一緒​に,イエス​に​信仰​を​働か​せる​なら​永遠​の​命​を​得​られる,と​いう​こと​を​人々​に​伝え​て​いる​の​です。

^ 19節 発行: エホバ​の​証人。