内容へ

目次へ

もう生きていけないと思ったとき

もう生きていけないと思ったとき

「こういうちにずっとなやまされました」とブラジルのアドリアーナはけます。「んだほうらくになれる,とかんがえるようになりました」。

アドリアーナのように,つらくてもうきていけないとおもったことがありますか。アドリアーナはきょくあんかなしみ,ぜつぼうかんくるしめられていました。うつびょうしんだんされました。

びょうがちなこうれいおやしていたほんかおるは,こうはなします。「そのころごともとてもいそがしく,しょくよくうしない,ほとんどねむれなくなりました。んだららくになれるんだろうな,とかんがえるようになりました」。

ナイジェリアのオジェボデも,「いつもかなしくていていました。どうやってのうかとかんがえていました」といます。さいわい,アドリアーナ,かおる,オジェボデがいのちつことはありませんでしたが,さつしゃまいとしいくじゅうまんにんにものぼります。

どこにたすけをもとめたらよいか

さつするひとおおくはだんせいです。たすけをもとめるのにていこうがあったひともいたようです。でも,イエスはびょうひとにはしゃひつようだといました。(ルカ 5:31)つらくなったときには,ためらわずにたすけをもとめてください。うつくるしんでいたおおくのひとたちは,りょうけてよかったとかんじています。アドリアーナ,かおる,オジェボデはそうだんし,ゆううつちにたいしょできるようになりました。

は,くすりやトークセラピーといったりょうすすめてくれるかもしれません。ぞくゆうじんしんぼうづよくてあたたかいサポートもたいせつです。なによりも,エホバかみさいこうともとなり,せいしょとおしてらしいたすけをあたえてくれます。

くるしみからかいほうされるるか

うつたたかっているなら,ちょうてきりょうけ,せいかつかたえるひつようがあるかもしれません。また,あかるいしょうらいがあることをるとなぐさめられます。オジェボデはこうっています。「イザヤ 33しょう24せつじつげんするこころちにしています。『わたしびょうだ』とひとはいなくなるんです」。かみさまやくそくしている「あたらしい」では「つう」がなくなります。(けい 21:1,4せいしんてきかんじょうてきつうからかいほうされます。つらいちが「おもされることも,こころかぶことも」なくなるるのです。(イザヤ 65:17