内容へ

目次へ

 ライフ​・​ストーリー

与える喜びを味わってきました

与える喜びを味わってきました

自分​は​価値​ある​もの​を​与える​こと​が​できる,と​いう​こと​に​気づい​た​の​は​12​歳​の​時​です。大会​中,ある​兄弟​から「伝道​に​行き​たい​です​か」と​尋ね​られ​まし​た。わたし​は​伝道​し​た​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,「はい」と​答え​まし​た。伝道​区域​に​行く​と,兄弟​は​神​の​王国​に​つい​て​の​冊子​を​何​冊​かくれ​まし​た。そして,「この​通り​の​あちら​側​を​訪問​し​て​ください。わたし​は​こちら​側​を​行き​ます​から」と​言い​まし​た。わたし​は​緊張​し​ながら​家​を​訪問​し​始め​まし​た。驚い​た​こと​に,あっと​いう​間​に​すべて​の​冊子​を​配布​し​て​しまい​まし​た。「ぼく​の​与える​もの​を​必要​と​し​て​いる​人​が​たくさん​いる​ん​だ」と​思い​まし​た。

わたし​は​1923​年​に​英国​ケント​州​の​チャタム​で​生ま​れ​まし​た。当時​の​人々​の​間​に​は​沈痛​な​空気​が​漂っ​て​い​まし​た。大戦​に​よっ​て​世​の​中​は​良く​なる,と​いう​期待​が​裏切ら​れ​て​い​た​から​です。わたし​の​両親​は,自分​の​昇進​の​こと​ばかり​考え​て​いる​バプテスト​教会​の​牧師​たち​に​失望​し​て​い​まし​た。母​は,わたし​が​9​歳​くらい​の​時,国際​聖書​研究​者​協会​の​会館​に​行く​よう​に​なり​まし​た。そこ​で​は,エホバ​の​証人​と​いう​名称​を​用いる​よう​に​なっ​た​人​たち​が​クラス​つまり​会衆​の​集会​を​開い​て​い​まし​た。また,姉妹​の​一​人​が​聖書​と「神​の​立琴」の​本​を​使っ​て,わたしたち​子ども​を​教え​て​くれ​まし​た。とても​楽しかっ​た​の​を​覚え​て​い​ます。

年上​の​兄弟​たち​から​学ぶ

十​代​に​なり,人々​に​聖書​の​希望​を​伝える​喜び​を​知り​まし​た。家​から​家​の​奉仕​を​1​人​で​行なう​こと​が​よく​あり​まし​た​が,他​の​人​と​一緒​に​奉仕​し​て​学ぶ​こと​も​たくさん​あり​まし​た。ある​日,年上​の​兄弟​と​一緒​に​自転​車​で​伝道​区域​に​向かう​途中,牧師​を​見かけ​た​わたし​は,「やぎ​が​い​ます​よ」と​言い​まし​た。すると​兄弟​は​自転​車​を​止め,「あそこ​の​丸太​に​座ろ​う」と​言い​まし​た。そして​こう​言い​まし​た。「だれ​が​やぎ​か​を​裁く​権威​なんて,わたしたち​に​ある​の​かな。裁く​の​は​エホバ​な​ん​だ。わたしたち​は​喜ん​で​良い​たより​を​伝え​よう」。こう​し​た​経験​を​通し​て,喜ん​で​与える​こと​の​大切​さ​を​学び​まし​た。―マタ 25:31‐33。使徒 20:35

別​の​年上​の​兄弟​から​学ん​だ​の​は,与える​喜び​を​味わう​に​は​辛抱強く​待た​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​こと​です。兄弟​の​奥さん​は​エホバ​の​証人​が​嫌い​でし​た。ある​日,兄弟​から​お茶​に​招か​れ​まし​た。奥さん​は​兄弟​が​伝道​に​ 行っ​た​こと​に​とても​腹​を​立て,お茶​の​袋​を​次々​と​投げつけ​て​き​まし​た。兄弟​は​奥さん​を​叱る​どころ​か,嫌​な​顔​一つ​せ​ず​に,お茶​の​袋​を​1​個​1​個​元​の​場所​に​戻し​まし​た。何​年​か​後,兄弟​の​辛抱​は​報わ​れ​まし​た。奥さん​が​バプテスマ​を​受け​た​の​です。

人々​に​将来​の​希望​を​伝え​たい​と​いう​わたし​の​願い​は,日​に​日​に​強く​なり​まし​た。そして,1940​年​3​月,母​と​わたし​は​ドーバー​で​バプテスマ​を​受け​まし​た。英国​が​ドイツ​に​宣戦​布告​し​た​の​は​1939​年​9​月,わたし​が​16​歳​の​時​です。1940​年​6​月,わたし​が​家​の​玄関​の​前​から​見​て​いる​と,負傷​兵​で​いっぱい​に​なっ​た​トラック​が​何​台​も​通り過ぎ​て​行き​まし​た。ダンケルク​の​戦い​を​生き残っ​た​兵士​たち​でし​た。うつろ​な​目​の​兵士​たち​を​見​て,神​の​王国​に​つい​て​伝え​たい,と​強く​思い​まし​た。同じ​年,英国​へ​の​爆撃​が​頻繁​に​なり,ドイツ​軍​の​爆撃​機​が​夜な夜な​上空​を​飛び交い​まし​た。爆弾​が​落下​する​ヒュー​と​いう​音​が​聞こえ,ぞっ​と​し​まし​た。翌朝,外​に​出​て​みる​と,辺り​の​家々​が​がれき​の​山​と​化し​て​い​まし​た。将来​の​希望​は​王国​に​しか​ない,と​いう​確信​は​いよいよ​強まり​まし​た。

与える​生き方​を​始める

1941​年,さらに​幸福​な​生活​が​始まり​まし​た。それ​まで​は,チャタム​の​王立​造船​所​で​造船​技師​の​見習い​を​し​て​い​まし​た。多く​の​人​が​うらやむ,割​の​良い​仕事​です。エホバ​の​僕​たち​は​長年,クリスチャン​は​国家​間​の​戦争​に​参加​す​べき​で​は​ない​と​いう​こと​を​理解​し​て​い​まし​た。そして,1941​年​ごろ​に​は,軍事​産業​で​働く​べき​で​は​ない​と​いう​こと​を​理解​する​よう​に​なり​まし​た。(ヨハ 18:36)造船​所​で​は​潜水​艦​を​造っ​て​い​た​の​で,わたし​は​仕事​を​辞め​て​全​時間​宣教​を​始める​こと​に​し​まし​た。最初​に​割り当て​られ​た​の​は,コツウォルド​丘陵​の​美しい​町​サイレンセスター​でし​た。

18​歳​の​時,兵役​を​拒否​し​た​ため​に​9​か月​間​投獄​さ​れ​まし​た。独房​の​扉​が​閉じ​られ,1​人​きり​に​なっ​た​時​に​は,とても​不安​に​なり​まし​た。しかし,その​後​すぐ​に​看守​や​囚人​たち​が,なぜ​投獄​さ​れ​た​の​か​を​尋ね​て​き​た​の​で,自分​の​信仰​に​つい​て​喜ん​で​話​し​まし​た。

釈放​さ​れ​た​後,レナード​・​スミス​ *と​共​に​故郷​の​ケント​州​に​ある​幾つ​か​の​町​で​伝道​する​よう​割り当て​られ​まし​た。1944​年​以来,爆弾​を​搭載​し​た​1000​機​以上​の​無人​飛行​機​が​ケント​州​を​攻撃​し​まし​た。わたしたち​は,ナチ​占領​下​の​ヨーロッパ​と​ロンドン​を​結ぶ​空路​の​真下​に​住ん​で​い​まし​た。人々​は​恐怖​に​震え​まし​た。エンジン​の​音​ が​止まっ​た​か​と​思う​と,数​秒​後​に​は​その​飛行​爆弾​が​落ち​て​き​て​爆発​する​の​です。わたしたち​も​そういう​こと​を​何​度​も​経験​し​まし​た。ある​5​人​家族​と​の​聖書​研究​の​時​に​は,よく​鉄製​の​テーブル​の​下​に​座り,家​が​壊れ​た​時​に​身​を​守れる​よう​に​し​まし​た。その​家族​は​全員,バプテスマ​を​受け​まし​た。

外国​で​良い​たより​を​伝える

アイルランド​で​開拓​奉仕​を​し​て​い​た​ころ。大会​を​宣伝​し​て​いる

戦後,南​アイルランド​で​2​年​間,開拓​奉仕​を​し​まし​た。アイルランド​が​イングランド​と​どれ​ほど​違う​か,知り​ませ​ん​でし​た。家​から​家​を​訪ね,自分​たち​が​宣教​者​で​泊まる​場所​を​探し​て​いる​こと​を​説明​し​まし​た。また,街路​で​雑誌​を​配布​し​まし​た。カトリック​の​国​で​何​と​大胆​な​こと​を​し​て​い​た​の​でしょ​う。ある​男性​に​殴ら​れ​そう​に​なっ​た​時,警官​に​相談​する​と,「で,どうして​ほしい​ん​だ」と​言わ​れ​まし​た。わたしたち​は,司祭​が​どれ​ほど​強い​力​を​持っ​て​いる​か​を​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。わたしたち​の​本​を​受け取る​人々​は​職​を​失い​まし​た。また,わたしたち​は​泊まっ​て​い​た​場所​から​追い出さ​れ​まし​た。

わたしたち​は​すぐ​に,新しい​区域​で​奉仕​する​時​に​は,泊まっ​て​いる​場所​から​できる​だけ​遠く​に​自転​車​で​行っ​て​奉仕​する​の​が​よい,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。その​地区​の​司祭​は​わたしたち​の​こと​を​知ら​ない​から​です。泊まっ​て​いる​場所​の​近く​は​最後​に​奉仕​し​ます。キルケニー​で​は,暴徒​たち​から​脅さ​れ​ながら​も,若い​男性​と​週​3​回​研究​し​まし​た。聖書​の​真理​を​教える​の​が​とても​楽しかっ​た​の​で,宣教​者​に​なる​訓練​を​受ける​ため,ものみの塔​ギレアデ​聖書​学校​へ​の​入校​を​申し込み​まし​た。

1948​年​から​1953​年​まで,帆船​シビア​号​は​わたしたち​の​宣教​者​ホーム​だっ​た

ニューヨーク​州​で​の​5​か月​の​課程​の​後,4​人​の​卒業​生​が​カリブ​海​の​小さな​島々​で​奉仕​する​よう​割り当て​られ​まし​た。1948​年​11​月,全長​18​㍍​の​帆船​シビア​号​に​乗っ​て​ニューヨーク​市​を​出発​し​まし​た。帆船​に​乗る​の​は​初めて​だっ​た​の​で,わくわく​し​まし​た。卒業​生​の​一​人​ガスト​・​マキ​は​経験​豊か​な​船長​で,基本​的​な​操船​術​を​教え​て​くれ​まし​た。それぞれ​の​帆​の​上げ下げ​の​仕方,コンパス​の​使い方,風上​に​向かっ​て​進む​方法​など​です。危険​な​嵐​に​何​度​か​遭い​まし​た​が,兄弟​は​上手​に​船​を​操り​まし​た。30​日​後,わたしたち​は​バハマ​に​着き​ます。

「遠く​の​島々​の​中​で​それ​を​告げ​て​言え」

わたしたち​は,バハマ​諸島​の​小さな​島々​で​数​か月​伝道​し​た​後,リーワード​諸島​と​ウィンドワード​諸島​に​向かい​まし​た。プエルトリコ​の​近く​の​バージン​諸島​から​トリニダード​島​まで,約​800​㌔​に​わたっ​て​連なる​島々​です。5​年​間,エホバ​の​証人​が​全く​い​ない​島々​で​主​に​伝道​し​まし​た。郵便​の​やり取り​が​何​週​間​も​でき​ない​こと​も​あり​まし​た。いろいろ​な​不便​は​あり​まし​た​が,島々​で​エホバ​の​言葉​を​告げ知らせる​の​は​大きな​喜び​でし​た。―エレ 31:10

シビア​号​で​旅行​し​た​宣教​者​たち(左​から​右​へ): ロナルド​・​パーキン,ディック​・​ライド,ガスト​・​マキ,スタンレー​・​カーター

わたしたち​の​船​が​島​に​到着​する​と,ちょっと​し​た​騒ぎ​に​なり​まし​た。どんな​人​たち​が​来​た​の​だろ​う​と,島​の​人​たち​が​船着き場​まで​見​に​来​た​の​です。帆船​や​白人​が​物珍しかっ​た​の​でしょ​う。みんな​友好​的​で​信仰​心​が​あり,聖書​の​内容​を​よく​知っ​て​い​まし​た。また,新鮮​な​魚​や​アボカド​や​ピーナッツ​を​くれる​こと​も​あり​まし​た。わたしたち​は​狭い​船内​で​料理​や​洗濯​を​し,何​と​か​寝泊まり​し​まし​た。

島​で​は​1​日​じゅう​人々​に​伝道​し,聖書​の​話​が​行なわ​れる​こと​を​伝え​まし​た。日​が​暮れる​ころ,船​の​鐘​を​鳴らし​まし​た。島​の​人​たち​が​集まっ​て​くる​光景​は​印象​的​でし​た。丘​を​下っ​て​来る​人々​の​手​に​し​て​い​た​ランプ​が,きらめく​ 星​の​よう​に​見え​まし​た。時​に​は​100​人​も​の​人​たち​が​集まり,夜遅く​まで​いろいろ​な​質問​を​し​て​き​まし​た。みんな​歌​が​好き​だっ​た​の​で,王国​の​歌​の​歌詞​を​タイプ​し​て​配り​まし​た。わたしたち​が​一生​懸命​歌う​と,人々​は​美しい​歌声​で​合唱​し​て​くれ​まし​た。幸せ​な​ひと時​でし​た。

研究​生​の​中​に​は,自分​の​聖書​研究​の​後,わたしたち​に​付い​て​来​て,次​の​聖書​研究​に​参加​する​人​たち​も​い​まし​た。わたしたち​が​とどまれる​の​は​数​週​間​だけ​だっ​た​の​で,特に​関心​を​示し​た​研究​生​たち​に,わたしたち​が​戻る​まで,代わり​に​研究​の​司会​を​し​て​ほしい​と​頼み​まし​た。その​割り当て​に​真剣​に​取り組む​姿​に​とても​励まさ​れ​まし​た。

今,これら​の​島々​は​観光​客​で​にぎわっ​て​い​ます​が,当時​は​紺碧​の​海,白い​砂浜,やし​の​木々​が​ある​だけ​の​静か​な​場所​でし​た。わたしたち​は​大抵,夜​の​時間​に​次​の​島​へ​船​で​移動​し​まし​た。イルカ​が​楽し​そう​に​船​の​そば​を​泳ぎ,聞こえ​て​くる​の​は​船​が​水​を​切っ​て​進む​音​ぐらい​でし​た。穏やか​な​海​に​映し出さ​れ​た​月​の​道​の​輝き​が,水平線​の​かなた​まで​続い​て​い​まし​た。

わたしたち​は​島々​で​5​年​間​伝道​し​た​後,プエルトリコ​に​行き​まし​た。帆船​を​エンジン​付き​の​船​に​交換​する​ため​です。プエルトリコ​で​マクシン​・​ボイド​と​いう​美しい​宣教​者​の​姉妹​に​会い,好き​に​なり​まし​た。姉妹​は​子ども​の​ころ​から​熱心​に​良い​たより​を​伝え​て​い​まし​た。ドミニカ​共和​国​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​し​て​い​まし​た​が,1950​年​に​カトリック​の​政権​下​で​国外​追放​さ​れ​まし​た。わたし​が​船​の​乗組​員​と​し​て​プエルトリコ​に​滞在​を​許可​さ​れ​て​い​た​期間​は​1​か月​だけ​でし​た。その​後​は​また​島々​へ​の​旅​が​始まり,戻っ​て​来​られる​の​は​数​年​先​でしょ​う。それ​で​自分​に​こう​言い​まし​た。「ロナルド,彼女​しか​い​ない​と​思う​なら,すぐ​行動​する​ん​だ」。3​週​間​後,彼女​に​プロポーズ​し,その​3​週​間​後,結婚​し​まし​た。わたしたち​夫婦​は​宣教​者​と​し​て​プエルトリコ​に​割り当て​られ​まし​た。それ​で​わたし​は,新しい​船​に​は​乗り​ませ​ん​でし​た。

1956​年,巡回​奉仕​を​始め​まし​た。わたしたち​は​兄弟​たち​を​訪問​する​の​が​大好き​でし​た。兄弟​たち​の​多く​は​貧しい​生活​を​し​て​い​まし​た。例えば,ポタラ​・​パスティリョ​村​に​は,たくさん​の​子ども​を​持つ,2​つ​の​クリスチャン​家族​が​い​まし​た。わたし​は​みんな​の​ため​に,よく​フルート​を​吹い​て​あげ​まし​た。子ども​たち​の​中​に​イルダ​と​いう​女​の​子​が​い​まし​た。わたし​が​イルダ​に​一緒​に​伝道​へ​行き​たい​か​尋ねる​と,「行き​たい​けど,靴​が​ない​から​行け​ませ​ん」と​言い​まし​た。わたしたち​が​靴​を​買っ​て​あげる​と,イルダ​は​一緒​に​伝道​に​行き​まし​た。それ​から​何​年​も​たっ​た​1972​年​に,マクシン​と​わたし​が​ブルックリン​・​ベテル​を​訪ね​て​い​た​時,ギレアデ​を​卒業​し​た​て​の​姉妹​が​近づい​て​き​まし​た。割り当て​られ​た​エクアドル​に​旅立と​う​と​し​て​いる​ところ​でし​た。姉妹​は​わたしたち​に,「わたし​の​こと​を​覚え​て​い​ます​か。パスティリョ​で​裸足​だっ​た​子​です」。あの​イルダ​だっ​た​の​です。わたしたち​は,うれしさ​の​あまり​泣い​て​しまい​まし​た。

1960​年,わたしたち​は​プエルトリコ​支部​で​奉仕​する​よう​割り当て​られ​まし​た。サンフアン​市​の​サントゥルーセ​に​ある​2​階​建て​の​小さな​家​でし​た。最初​の​ころ,レナート​・​ジョンソン​と​わたし​が​支部​の​ほとんど​の​仕事​を​し​て​い​まし​た。レナート​と​奥さん​は​ドミニカ​共和​国​で​最初​に​エホバ​の​証人​に​なっ​た​人​たち​で,1957​年​に​プエルトリコ​に​来​まし​た。マクシン​は​後​に,雑誌​の​予約​を​扱う​仕事​を​する​よう​に​なり​まし​た。週​に​1000​件​以上​の​予約​が​あり​まし​た。マクシン​は,霊的​な​食物​を​受け取る​人​たち​の​顔​を​思い浮かべ​ながら,楽しく​奉仕​し​て​い​まし​た。

わたし​は​ベテル​奉仕​が​大好き​です。与える​生き方​が​できる​から​です。でも,いつも​順調​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。例えば,1967​年​に​プエルトリコ​で​初めて​国際​大会​が​開か​れ​た​時,やる​べき​こと​が​山​の​よう​に​あり,責任​の​重さ​に​押しつぶさ​れ​そう​に​なり​まし​た。当時​エホバ​の​証人​の​活動​を​監督​し​て​い​た​ネイサン​・​ノア​が​大会​に​来​まし​た。兄弟​は,わたし​が​外国​から​来​た​宣教​者​たち​の​交通​手段​を​きちんと​取り決め​て​い​なかっ​た​と​誤解​し​まし​た。実際​に​は​取り決め​て​い​た​の​です。でも​兄弟​から,もっと​しっかり​組織​する​よう​に​と​強く​助言​さ​れ​まし​た。「あなた​に​は​がっかり​し​た」と​も​言わ​れ​まし​た。わたし​は​反論​し​よう​と​は​思い​ませ​ん​でし​た​が,誤解​さ​れ​て,しばらく​落ち込み​まし​た。でも,わたしたち​夫婦​が​次​に​ノア​兄弟​と​ 会っ​た​時,兄弟​は​わたしたち​を​部屋​に​招い​て​食事​を​振る​舞っ​て​くれ​まし​た。

プエルトリコ​に​いる​間,英国​の​実家​に​何​度​か​帰省​し​まし​た。母​と​わたし​が​エホバ​の​証人​に​なっ​た​ころ,父​は​まだ​真理​を​受け入れ​て​い​ませ​ん​でし​た。母​は​よく,ベテル​から​来​た​講演​者​に​家​に​泊まっ​て​もらっ​て​い​まし​た。父​は​その​兄弟​たち​の​謙遜​さ​に​感銘​を​受け​た​よう​です。嫌気​が​差し​て​い​た​牧師​たち​と​は​大違い​だっ​た​の​です。1962​年,父​は​ついに​バプテスマ​を​受け,エホバ​の​証人​に​なり​まし​た。

マクシン​と​共​に​プエルトリコ​で。新婚​当時​と,結婚​50​周年​を​迎え​た​2003​年

愛する​妻​マクシン​は,2011​年​に​亡くなり​まし​た。復活​し​て​くる​妻​に​会う​の​を​心待ち​に​し​て​い​ます。その​時​の​こと​を​想像​する​だけ​で​うれしく​なり​ます。2​人​で​奉仕​し​た​58​年​間​に,プエルトリコ​の​エホバ​の​民​は​約​650​人​から​2万6000​人​以上​に​増加​し​まし​た。2013​年,プエルトリコ​支部​は​米国​支部​に​統合​さ​れ,わたし​は​ニューヨーク​州​ウォールキル​に​割り当て​られ​まし​た。島​で​60​年​間​奉仕​し​た​わたし​は,プエルトリコ​の​よく​知ら​れ​た​カエル,コキー​と​同じ​くらい​プエルトリコ​に​なじん​で​い​まし​た。森​に​すむ​この​カエル​は,夕暮れ​時​に​なる​と​コキー,コキー​と​鳴く​の​です。わたし​は​後ろ髪​を​引か​れる​思い​で​プエルトリコ​を​後​に​し​まし​た。

「神​は​快く​与える​人​を​愛さ​れる」

わたし​は​今​も​ベテル​で​神​へ​の​奉仕​を​楽しん​で​い​ます。90​歳​を​超え​た​わたし​の​仕事​は,牧者​と​し​て​ベテル​家族​の​成員​を​励ます​こと​です。わたし​が​ウォールキル​に​来​て​から​牧羊​訪問​し​た​奉仕​者​は​600​人​以上​に​なる​そう​です。個人​的​な​問題​や​家族​の​問題​を​相談​し​に​くる​兄弟​姉妹​も​い​ます。ベテル​奉仕​を​成功​さ​せる​に​は​どう​し​たら​よい​か,尋ねる​人​も​い​ます。新婚​夫婦​が​結婚​に​関する​アドバイス​を​求める​こと​も​あり​ます。新た​に​野外​で​奉仕​する​割り当て​を​受け​た​人​たち​も​い​ます。兄弟​姉妹​の​話​を​よく​聞き,ふさわしい​時​に​は​こう​言い​ます。「『神​は​快く​与える​人​を​愛さ​れ』ます。どうぞ​奉仕​を​楽しん​で​ください。エホバ​へ​の​奉仕​です​から」。―コリ​二 9:7

ベテル​奉仕​で​あれ,他​の​奉仕​で​あれ,喜び​を​保つ​ため​の​秘訣​は​同じ​です。自分​の​し​て​いる​こと​が​なぜ​重要​か​を​よく​考える​こと​です。ベテル​で​の​仕事​は​どれ​も​神聖​な​奉仕​です。世界​中​の​兄弟​姉妹​に​霊的​な​食物​を​与える「忠実​で​思慮深い​奴隷」を​支援​し​て​いる​の​です。(マタ 24:45)どこ​で​エホバ​に​仕える​と​し​て​も,エホバ​を​賛美​する​こと​が​でき​ます。神​から​与え​られる​務め​を​喜ん​で​果たし​ましょ​う。「神​は​快く​与える​人​を​愛さ​れる」から​です。

^ 13節 レナード​・​スミス​の​ライフ​・​ストーリー​は,「ものみの塔」2012​年​4​月​15​日​号に​掲載​さ​れ​て​い​ます。