内容へ

目次へ

過分のご親切に関する良いたよりを伝える

過分のご親切に関する良いたよりを伝える

「神​の​過分​の​ご親切​に​関する​良い​たより​に​つい​て​徹底​的​に​証し​する」。―使徒 20:24

歌: 101,84

1,2. 使徒​パウロ​は​どの​よう​に,神​の​過分​の​ご親切​に​対する​感謝​を​示し​まし​た​か。

使徒​パウロ​は,「わたし​に​対する[神​の]過分​の​ご親切​は​無駄​に​なり​ませ​ん​でし​た」と​心​から​言う​こと​が​でき​まし​た。コリント​第​一 15:9,10を​読む。)かつて​クリスチャン​を​迫害​し​て​い​た​パウロ​は,自分​が​神​の​憐れみ​を​受ける​に​値し​なかっ​た​こと​を​知っ​て​い​まし​た。また,自分​の​努力​で​神​の​憐れみ​を​受け​た​と​も​考え​ませ​ん​でし​た。

2 パウロ​は​生涯​の​終わり​ごろ,仲間​の​奉仕​者​テモテ​に​こう​書き​まし​た。「わたし​は,自分​に​力​を​授け​て​くださっ​た​わたしたち​の​主​キリスト​・​イエス​に​感謝​し​て​い​ます。わたし​を​奉仕​の​務め​に​割り当て​て,忠実​な​者​と​みなし​て​くださっ​た​から​です」。(テモ​一 1:12‐14)この​奉仕​の​務め​と​は​何​の​こと​でし​た​か。パウロ​は​エフェソス​の​会衆​の​長老​たち​に​こう​述べ​まし​た。「自分​の​行程​と,主​イエス​から​受け​た​奉仕​の​務め,すなわち​神​の​過分​の​ご親切​に​関する​良い​たより​に​つい​て​徹底​的​に​証し​する​こと​と​を​全うでき​さえ​すれ​ば,わたし​は​自分​の​魂​を​少し​も​惜しい​と​は​思い​ませ​ん」。―使徒 20:24

3. パウロ​は​どんな​特別​な​奉仕​の​務め​を​与え​られ​まし​た​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

 3 パウロ​は,エホバ​の​過分​の​ご親切​を​際立た​せる​どんな「良い​たより」を​宣べ伝え​まし​た​か。パウロ​は​エフェソス​の​クリスチャン​に​対し​て,「あなた方​の​ため​に​わたし​に​ゆだね​られ​た,神​の​過分​の​ご親切​に​関する​家令​職​に​つい​て​あなた方[は]聞い​て​いる」と​述べ​まし​た。(エフェ 3:1,2)パウロ​は,ユダヤ​人​で​は​ない​人々​に​良い​たより​を​伝える​務め​を​与え​られ​て​い​まし​た。それら​の​人々​も​良い​たより​を​受け入れる​なら,メシア​の​王国​政府​で​キリスト​と​共​に​支配​する​見込み​が​あり​まし​た。エフェソス 3:5‐8を​読む。)パウロ​は​自分​の​奉仕​の​務め​を​熱心​に​果たし,今日​の​クリスチャン​に​優れ​た​手本​を​残し​まし​た。神​が​パウロ​に​示し​た​過分​の​ご親切​は「無駄​に」なり​ませ​ん​でし​た。

あなた​は​神​の​過分​の​ご親切​に​対する​感謝​を​示し​ます​か

4,5. 「王国​の​この​良い​たより」が「神​の​過分​の​ご親切」に​関する​良い​たより​と​も​言える​の​は​なぜ​です​か。

4 エホバ​の​民​は,終わり​の​時​に「王国​の​この​良い​たより[を]あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で」宣べ伝える,と​いう​務め​を​与え​られ​て​い​ます。(マタ 24:14)わたしたち​の​伝える​音信​は,「神​の​過分​の​ご親切​に​関する​良い​たより」でも​あり​ます。わたしたち​が​王国​の​支配​の​もと​で​受ける​祝福​すべて​は,キリスト​を​通し​て​表わさ​れる​神​の​親切​に​よっ​て​もたらさ​れる​から​です。(エフェ 1:3)あなた​は,パウロ​に​倣っ​て​熱心​に​奉仕​の​務め​を​果たす​こと​に​より,神​の​過分​の​ご親切​に​対する​感謝​を​示し​ます​か。―ローマ 1:14‐16を​読む。

5 前​の​記事​で​学ん​だ​とおり,罪人​で​ある​わたしたち​は,エホバ​の​過分​の​ご親切​から​さまざま​な​益​を​得​て​い​ます。それ​で​わたしたち​に​は,エホバ​が​どの​よう​に​愛​を​示し​て​おら​れる​か,また​その​愛​を​受ける​に​は​どう​すれ​ば​よい​か​を,すべて​の​人​に​知らせる​務め​が​あり​ます。では,人々​に​知らせる​べき​神​の​過分​の​ご親切​に​は​どんな​こと​が​含ま​れる​でしょ​う​か。

贖い​の​犠牲​に​関する​良い​たより

6,7. 贖い​に​つい​て​人々​に​説明​する​なら,神​の​過分​の​ご親切​に​関する​良い​たより​を​伝え​て​いる​こと​に​なり​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。

6 何​で​も​許容​する​この​世​で​は,罪​に​対する​意識​が​薄れ​て​いる​ため,多く​の​人​は​贖い​の​必要​性​に​気づい​て​い​ませ​ん。他方,自由奔放​な​生き方​を​し​て​も​幸せ​に​は​なれ​ない​こと​を​悟る​人​が​増え​て​い​ます。エホバ​の​証人​から​話​を​聞く​まで​は,罪​と​は​何​か,罪​が​人間​に​どんな​影響​を​与え​て​いる​か,罪​の​奴隷​状態​から​解放​さ​れる​ため​に​何​を​す​べき​か​を​知ら​なかっ​た,と​いう​人​が​少なく​あり​ませ​ん。誠実​な​人​たち​は,エホバ​が​大きな​愛​と​過分​の​ご親切​に​よっ​て​み子​を​地​に​遣わし​て​贖い​と​し,罪​と​その​結果​で​ある​死​から​自由​に​し​て​くださっ​た​こと​を​知り,感謝​し​て​い​ます。―ヨハ​一 4:9,10

7 パウロ​は​エホバ​の​愛する​み子​に​つい​て​こう​書い​て​い​ます。「わたしたち​は​この​方[イエス]に​より,その​血​を​通し​て​なさ​れ​た​贖い​に​よる​釈放,そう​です,わたしたち​の​罪過​の​許し​を,[エホバ]の​過分​の​ご親切​の​富​に​よっ​て​得​て​いる​の​です」。(エフェ 1:7)キリスト​の​贖い​の​犠牲​は,人類​に​対する​神​の​愛​の​最大​の​証拠​で​あり,神​の​過分​の​ご親切​が​どれ​ほど​豊か​な​もの​で​ある​か​を​示し​て​い​ます。イエス​の​流さ​れ​た​血​に​信仰​を​働か​せる​なら,わたしたち​の​罪​は​許さ​れ,清い​良心​を​持てる​の​です。本当​に​感謝​す​べき​こと​です。(ヘブ 9:14)確か​に,人々​に​知らせる​べき​良い​たより​と​言え​ます。

 神​と​の​関係​を​培う​よう​人々​を​助ける

8. 罪深い​人間​が​神​と​和解​する​必要​が​ある​の​は​なぜ​です​か。

8 わたしたち​は,神​の​友​に​なる​こと​が​可能​で​ある​こと​を​人々​に​知らせる​責任​が​あり​ます。イエス​の​犠牲​に​信仰​を​働か​せ​て​い​ない​人々​は,神​から​敵​と​みなさ​れ​て​い​ます。使徒​ヨハネ​は​こう​書き​まし​た。「み子​に​信仰​を​働か​せる​者​は​永遠​の​命​を​持っ​て​いる。み子​に​従わ​ない​者​は​命​を​見​ず,神​の​憤り​が​その​上​に​とどまっ​て​いる​の​で​ある」。(ヨハ 3:36)うれしい​こと​に,キリスト​の​犠牲​に​基づい​て​神​と​和解​する​こと​が​でき​ます。パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「思い​が​邪悪​な​業​に​向け​られ​て​い​た​ため​に​かつて​は​疎外​さ​れ,また​敵​と​なっ​て​い​た​あなた方​を,神​は​今や​この​方​の​肉​の​体​に​より,その​死​を​通し​て,再び​和解​さ​せ​て​くださっ​た​の​です」。―コロ 1:21,22

9,10. (イ)キリスト​は​油そそが​れ​た​兄弟​たち​に​どんな​責任​を​与え​まし​た​か。(ロ)「ほか​の​羊」は​どの​よう​に​油そそが​れ​た​兄弟​たち​を​助け​て​い​ます​か。

9 キリスト​は,地上​に​いる​油そそが​れ​た​兄弟​たち​に「和解​の​奉仕​の​務め」を​与え​て​おら​れ​ます。パウロ​は​1​世紀​に,油そそが​れ​た​クリスチャン​に​こう​書き​まし​た。「すべて​の​もの​は​神​から​出​て​おり,神​は​キリスト​を​通し​て​わたしたち​を​ご自分​と​和解​さ​せ,また,和解​の​奉仕​の​務め​を​わたしたち​に​与え​て​ください​まし​た。すなわち,神​は​キリスト​に​よっ​て​世​を​ご自分​と​和解​さ​せ​て,その​罪過​を​彼ら​に​帰さ​ず,わたしたち​に​和解​の​言葉​を​ゆだね​て​くださっ​た​の​です。それゆえ,わたしたち​は​キリスト​の​代理​を​する​大使​で​あり,それ​は​あたかも​神​が​わたしたち​を​通し​て​懇願​し​て​おら​れる​か​の​よう​です。わたしたち​は​キリスト​の​代理​と​し​て​こう​願い​ます。『神​と​和解​し​て​ください』」。―コリ​二 5:18‐20

10 「ほか​の​羊」は,この​奉仕​の​務め​に​携わる​油そそが​れ​た​兄弟​たち​を​援助​できる​こと​を​特権​と​考え​て​い​ます。(ヨハ 10:16)いわば​キリスト​の​公使​と​し​て​大きな​役割​を​担い,人々​に​真理​を​教え,エホバ​と​の​個人​的​な​関係​を​培う​よう​助け​て​い​ます。その​よう​に​し​て,神​の​過分​の​ご親切​に​関する​良い​たより​に​つい​て​徹底​的​に​証し​し​て​い​ます。

神​が​祈り​を​聞い​て​くださる​と​いう​良い​たより

11,12. エホバ​に​祈る​こと​が​できる,と​いう​こと​が​良い​たより​と​言える​の​は​なぜ​です​か。

11 多く​の​人​は,気持ち​が​落ち着く​と​いう​理由​で​祈り​ます​が,神​が​祈り​を​聞か​れる​こと​は​信じ​て​い​ませ​ん。ですから,エホバ​が「祈り​を​聞か​れる​方」で​ある​こと​を​知る​必要​が​あり​ます。詩編​作者​ダビデ​は​こう​書き​まし​た。「祈り​を​聞か​れる​方​よ,あなた​の​もと​に,すべて​の​肉​なる​者​は​来る​の​です。とが​の​事柄​は​わたし​より​も​力強い​もの​でし​た。わたしたち​の​違犯​に​つい​て​は,あなた​ご自身​が​これ​を​覆っ​て​くださる​の​です」。―詩 65:2,3

12 イエス​は​弟子​たち​に,「あなた方​が​わたし​の​名​に​よっ​て​何​か​求める​なら,わたし​は​それ​を​行ない​ます」と​言い​まし​た。(ヨハ 14:14)もちろん,「何​か」と​は​エホバ​の​ご意志​に​調和​し​た​事柄​です。ヨハネ​も​こう​言い​まし​た。「わたしたち​は​神​に​対し​て​この​よう​な​確信​を​抱い​て​い​ます。すなわち,何​で​あれ​わたしたち​が​その​ご意志​に​したがって​求める​こと​で​あれ​ば,神​は​聞い​て​くださる​と​いう​こと​です」。(ヨハ​一 5:14)祈り​が​単なる​気休め​で​は​なく,エホバ​の「過分​の​ご親切​の​み座」に​近づく​大切​な​手段​で​ある,と​いう​こと​を​人々​に​伝え​られる​の​は,本当​に​うれしい​こと​です。(ヘブ 4:16)だれ​に,何​を,どの​よう​に​祈る​べき​か​を​人々​に​教える​ こと​に​より,エホバ​に​近づき,苦難​の​時​に​慰め​を​見いだす​よう​助ける​こと​が​できる​の​です。―詩 4:1; 145:18

新しい​事物​の​体制​に​おける​過分​の​ご親切

13,14. (イ)油そそが​れ​た​者​たち​は​将来,どんな​特権​を​受け​ます​か。(ロ)油そそが​れ​た​者​たち​は,人類​の​ため​に​どんな​素晴らしい​こと​を​行ない​ます​か。

13 エホバ​は,現在​の​邪悪​な​事物​の​体制​が​終わっ​た​後​も,過分​の​ご親切​を​示さ​れ​ます。神​は,天​の​王国​で​キリスト​と​共​に​支配​する​よう​召さ​れ​た​14万4000​人​に​格別​な​特権​を​お与え​に​なり​ます。パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「神​は​憐れみ​に​富ん​で​おら​れ,わたしたち​を​愛し​て​くださっ​た​その​大いなる​愛​の​ゆえに,わたしたち​が​罪過​に​あっ​て​死ん​で​い​た​その​時​に​さえ,キリスト​と​共​に​生かし ― あなた方​は​過分​の​ご親切​に​よっ​て​救わ​れ​て​いる​の​です ― また,キリスト​・​イエス​と​の​結びつき​に​おい​て​わたしたち​を​共​に​よみがえらせ,天​の​場所​に​共​に​座ら​せ​て​くださっ​た​の​です。それ​は,キリスト​・​イエス​と​結ば​れ​た​わたしたち​に​対する​慈しみ​の​うち​に​ある​その​過分​の​ご親切​の​卓抜​し​た​富​が,来たら​ん​と​する​事物​の​諸​体制​に​おい​て​明らか​に​示さ​れる​ため​です」。―エフェ 2:4‐7

14 油そそが​れ​た​クリスチャン​は​天​で​キリスト​と​共​に​支配​する​ため​座​に​着く​時,想像​を​はるか​に​超え​た​祝福​を​エホバ​から​与え​られる​でしょ​う。(ルカ 22:28‐30。フィリ 3:20,21。ヨハ​一 3:2)エホバ​は​彼ら​に「過分​の​ご親切​の​卓抜​し​た​富[を]明らか​に​示さ​れ」ます。油そそが​れ​た​者​たち​は​キリスト​の​花嫁​と​なり,「新しい​エルサレム」を​構成​し​ます。(啓 3:12; 17:14; 21:2,9,10)そして​イエス​と​共​に「諸​国民​を​いや[し]」ます。罪​と​死​の​重荷​から​解放​さ​れる​ため​の​備え​を​活用​する​よう​従順​な​人々​を​助け,完全​さ​へ​と​引き上げる​の​です。―啓示 22:1,2,17を​読む。

15,16. エホバ​は​将来,「ほか​の​羊」に​どの​よう​に​過分​の​ご親切​を​示さ​れ​ます​か。

15 エフェソス 2​章​7​節​に​よる​と,神​は「来たら​ん​と​する​事物​の​諸​体制​に​おい​て」過分​の​ご親切​を​示さ​れ​ます。地上​の​新しい​事物​の​体制​に​おい​て,人々​は「過分​の​ご親切​の​卓抜​し​た​富」を​経験​する​でしょ​う。(ルカ 18:29,30)エホバ​は​人々​を「シェオル」つまり​墓​から​復活​さ​せる​こと​に​より,素晴らしい​親切​を​示さ​れ​ます。(ヨブ 14:13‐15。ヨハ 5:28,29)キリスト​の​犠牲​の​死​より​前​に​亡くなっ​た​忠実​な​人々,また​終わり​の​日​に​忠実​の​うち​に​亡くなっ​た「ほか​の​羊」は,再び​命​を​与え​られ,エホバ​に​仕え​続ける​の​です。

16 神​を​知ら​ず​に​亡くなっ​た​大勢​の​人々​も​復活​さ​せ​られ​ます。エホバ​の​主権​に​服する​機会​を​与え​られる​の​です。ヨハネ​は​こう​書い​て​い​ます。「わたし​は,死ん​だ​者​たち​が,大​なる​者​も​小​なる​者​も,その​み座​の​前​に​立っ​て​いる​の​を​見​た。そして,数々​の​巻き物​が​開か​れ​た。しかし,別​の​巻き物​が​開か​れ​た。それ​は​命​の​巻き物​で​ある。そして,死ん​だ​者​たち​は​それら​の​巻き物​に​書か​れ​て​いる​事柄​に​より,その​行ない​に​したがって​裁か​れ​た。そして,海​は​その​中​の​死者​を​出し,死​と​ハデス​も​その​中​の​死者​を​出し,彼ら​は​それぞれ​自分​の​行ない​に​したがって​裁か​れ​た」。(啓 20:12,13)復活​し​た​人々​は,聖書​に​ある​神​の​原則​を​どの​よう​に​適用​する​か​を​学ば​なけれ​ば​なり​ませ​ん。また,新しい​事物​の​体制​で​生活​する​ため​の​エホバ​の​ご要求​が​記さ​れ​た「巻き物」の​新た​な​指示​に​も​従わ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。それら​の​巻き物​の​内容​が​明らか​に​される​こと​ も,エホバ​の​過分​の​ご親切​の​表われ​です。

良い​たより​を​伝え​続ける

17. 証し​の​業​を​行なう​際,何​を​銘記​す​べき​です​か。

17 終わり​が​近づく​に​つれ,王国​の​良い​たより​を​宣べ伝える​務め​は,ますます​重要​な​もの​と​なっ​て​い​ます。(マル 13:10)確か​に,良い​たより​は​エホバ​の​過分​の​ご親切​を​際立た​せ​て​い​ます。わたしたち​は​証し​の​業​を​行なう​際,その​点​を​銘記​す​べき​です。宣べ伝える​際​の​目的​は,エホバ​に​誉れ​を​もたらす​こと​です。新しい​世​の​祝福​に​関する​約束​は​すべて​エホバ​の​素晴らしい​親切​の​表われ​で​ある​こと​を​人々​に​伝える​なら,その​目的​を​果たせ​ます。

「神​の​過分​の​ご親切​を​扱う​りっぱ​な​家令」と​し​て​熱心​に​奉仕​する。―ペテ​一 4:10(17‐19​節​を​参照)

18,19. どう​すれ​ば,エホバ​の​過分​の​ご親切​の​素晴らしさ​を​たたえる​こと​が​でき​ます​か。

18 人々​に​証し​を​行なう​際,人類​は​キリスト​の​王国​の​支配​の​もと​で​贖い​の​犠牲​の​益​を​十分​に​受け​て,徐々​に​完全​さ​へ​と​引き上げ​られる,と​いう​こと​を​説明​でき​ます。聖書​は,「創造​物​そのもの​が​腐朽​へ​の​奴隷​状態​から​自由​に​され,神​の​子供​の​栄光​ある​自由​を​持つ​よう​に​なる」と​述べ​て​い​ます。(ロマ 8:21)エホバ​の​格別​の​親切​に​よっ​て,この​こと​が​可能​に​なる​の​です。

19 わたしたち​に​は,啓示 21​章​4,5​節​に​ある,胸​の​躍る​次​の​約束​を​人々​に​伝える​特権​が​あり​ます。「神​は​彼ら​の​目​から​すべて​の​涙​を​ぬぐ​い​去っ​て​くださり,もはや​死​は​なく,嘆き​も​叫び​も​苦痛​も​もはや​ない。以前​の​もの​は​過ぎ去っ​た​の​で​ある」。そして,み座​に​座っ​て​おら​れる​エホバ​は​こう​言わ​れ​ます。「見よ! わたし​は​すべて​の​もの​を​新しく​する」。また,こう​言わ​れ​ます。「書き​なさい。これら​の​言葉​は​信頼​できる​真実​な​もの​だ​から​で​ある」。この​良い​たより​を​熱心​に​宣べ伝える​なら,エホバ​の​過分​の​ご親切​の​素晴らしさ​を​たたえる​こと​が​でき​ます。