内容へ

目次へ

「恐れてはならない。わたし自らあなたを助ける」

「恐れてはならない。わたし自らあなたを助ける」

1​人​で​夜道​を​歩い​て​いる​と,背後​に​気配​を​感じ​ます。だれ​か​に​後​を​つけ​られ​て​いる​よう​です。立ち止まる​と,足音​も​止まり​ます。足​を​速める​と,背後​の​足音​も​速まり​ます。あなた​は​走り出し,近く​の​友人​の​家​に​駆け込み​ます。友人​が​ドア​を​開け​て​迎え入れ​て​くれる​と,あなた​は​ほっ​と​し​て​深い​ため息​を​つき​ます。

これ​と​同じ​経験​を​し​た​こと​は​なく​て​も,生活​の​中​で​いろいろ​な​不安​を​感じる​こと​は​ある​でしょ​う。一生​懸命​努力​し​て​い​て​も​克服​でき​ない​弱さ​が​あり​ます​か。失業​し​て​かなり​たつ​の​に,なかなか​仕事​が​見つかり​ませ​ん​か。年​を​取っ​て​健康​上​の​問題​を​抱える​の​で​は​ない​か​と​不安​に​なり​ます​か。ほか​に​も​心配​な​こと​が​ある​でしょ​う​か。

どんな​問題​に​直面​し​て​いる​と​し​て​も,不安​を​打ち明け​られる​友,必要​な​助け​を​与え​て​くれる​友​が​いる​なら,心強く​感じる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。あなた​に​は​その​よう​な​友​が​い​ます​か。イザヤ 41​章​8‐13​節​に​よる​と,アブラハム​の​友​と​なっ​た​エホバ​は,あなた​の​友​に​も​なっ​て​ください​ます。10​節​と​13​節​で,エホバ​は​ご自分​の​僕​たち​に​こう​勧め​て​おら​れ​ます。「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​は​あなた​と​共​に​いる​から​で​ある。周り​を​見回す​な。わたし​は​あなた​の​神​だ​から​で​ある。わたし​は​あなた​を​強く​する。わたし​は​あなた​を​本当​に​助ける。わたし​は​わたし​の​義​の​右手​で​あなた​を​本当​に​しっかり​と​とらえ​て​おく……。わたし,あなた​の​神​エホバ​は,あなた​の​右手​を​つかん​で​いる。あなた​に,『恐れ​て​は​なら​ない。わたし​自ら​あなた​を​助ける』と​言う​その​方​が」。

「わたし​は……あなた​を​本当​に​しっかり​と​とらえ​て​おく」

安心​感​を​与える​言葉​で​は​あり​ませ​ん​か。エホバ​が​述べ​て​おら​れる​例え​を​思い描い​て​ください。あなた​は​エホバ​と​手​を​つない​で​歩い​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。そう​だ​と​すれ​ば,エホバ​の​右手​は​あなた​の​左手​を​握っ​て​いる​こと​に​なる​でしょ​う。しかし​実際​に​は,エホバ​は​あなた​を​難しい​状況​から​救い出す​か​の​よう​に,ご自分​の「義​の​右手」を​伸ばし​て「あなた​の​右手」を​つか​ん​で​ください​ます。そして,「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​自ら​あなた​を​助ける」と​いう​保証​の​言葉​を​述べ​て​力づけ​て​ください​ます。

あなた​に​とっ​て​エホバ​は,困難​な​時​に​助け​て​くれる​愛情​深い​父親​また​友​の​よう​な​方​です​か。エホバ​は​あなた​に​関心​を​払い,あなた​の​幸せ​を​願い,あなた​を​助け​たい​と​思っ​て​おら​れ​ます。難しい​問題​が​あっ​て​も​安心​し​て​ほしい​と​願っ​て​おら​れ​ます。あなた​を​深く​愛し​て​おら​れる​から​です。エホバ​は​確か​に,「苦難​の​とき​に​容易​に​見いださ​れる​助け」です。―詩 46:1

過去​の​過ち​に​罪悪​感​を​覚える​とき

過去​の​過ち​を​忘れ​られ​ず,神​は​許し​て​くださっ​て​いる​ の​だろ​う​か​と​悩む​こと​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​とき​は,「若い​時」に「とが」を​犯し​た​こと​を​認め​た​忠実​な​ヨブ​に​つい​て​考え​て​ください。(ヨブ 13:26)詩編​作者​ダビデ​も​過去​の​過ち​に​つい​て​悩み,「わたし​の​若い​時​の​罪​と​反抗​と​を,どうか​思い出さ​ない​で​ください」と​エホバ​に​懇願​し​まし​た。(詩 25:7)不​完全​な​わたしたち​は​皆,「罪​を​おかし​た​の​で​神​の​栄光​に​達し​ない」の​です。―ロマ 3:23

イザヤ 41​章​に​ある​言葉​は​元々,古代​イスラエル​人​に​対し​て​語ら​れ​た​もの​です。彼ら​は​重大​な​罪​を​犯し​た​ため,エホバ​に​よっ​て​裁か​れ,バビロン​へ​流刑​に​され​まし​た。(イザ 39:6,7)それでも​エホバ​は,イスラエル​人​が​悔い改め​て​ご自分​の​もと​に​帰る​なら​彼ら​を​救い出す,と​約束​さ​れ​まし​た。(イザ 41:8,9; 49:8)今日​も​エホバ​は,ご自分​の​恵み​を​得​たい​と​真剣​に​願う​人​に​広い​心​で​接し​て​ください​ます。―詩 51:1

拓哉​ *の​経験​を​考え​て​み​ましょ​う。彼​は​ポルノ​を​見​たり,マスターベーション​を​し​たり​する​汚れ​た​習慣​を​断と​う​と​努力​し​て​い​まし​た。しかし​何​度​も​誘惑​に​負け​て​しまい​まし​た。拓哉​は​どう​感じ​た​でしょ​う​か。こう​述べ​て​い​ます。「自分​は​本当​に​無​価値​な​人間​だ​と​思い​まし​た。でも,エホバ​に​許し​を​必死​に​祈り​求める​と,エホバ​は​わたし​を​泥沼​から​引き上げ​て​ください​まし​た」。エホバ​は​どの​よう​に​拓哉​を​助け​られ​まし​た​か。拓哉​の​会衆​の​長老​たち​は,誘惑​に​負け​て​しまっ​たら​いつ​で​も​電話​を​する​よう​に,と​言い​まし​た。「長老​に​電話​を​する​の​は​簡単​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。でも​そう​し​た​時,本当​に​強め​られ​まし​た」と​拓哉​は​言い​ます。長老​たち​は,拓哉​が​巡回​監督​の​牧羊​訪問​を​受け​られる​よう​取り決め​まし​た。巡回​監督​は,「今日​わたし​は​たまたま​ここ​に​来​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。長老​たち​が​兄弟​を​選​ん​で​牧羊​を​受ける​よう​に​され​た​の​です」と​言い​まし​た。拓哉​は​こう​述べ​て​い​ます。「罪​を​犯し​て​い​た​わたし​に,エホバ​は​ご自分​の​ほう​から,長老​たち​を​通し​て​助け​を​差し伸べ​て​くださっ​た​の​です」。拓哉​は​霊的​に​進歩​し​て​正規​開拓​者​に​なり,現在,支部​事務​所​で​奉仕​し​て​い​ます。神​は​罪悪​感​に​打ちひしが​れ​て​いる​人​に​手​を​差し伸べ,その​人​を​起き上がら​せ​て​くださる​の​です。

仕事​が​見つから​ない​とき

失業​し​て​次​の​仕事​が​なかなか​見つから​ない​ため​に,不安​を​感じ​て​いる​人​も​いる​でしょ​う。何​回​も​仕事​の​面接​に​行き,その​度​に​断わら​れる​と​し​たら,どう​感じる​でしょ​う​か。自尊​心​を​失っ​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。エホバ​は​どの​よう​に​助け​て​ください​ます​か。望む​よう​な​仕事​を​すぐ​に​与え​て​くださら​ない​と​し​て​も,ダビデ​王​の​次​の​言葉​を​思い出さ​せ​て​くださる​でしょ​う。「わたし​は​かつて​は​若者​で​あっ​た​が,わたし​も​また​年老い​た。だが,義​なる​者​が​完全​に​捨て​られる​の​を​見​た​こと​も,その​子孫​が​パン​を​捜し求める​の​を​見​た​こと​も​ない」。(詩 37:25)エホバ​は​あなた​を​貴重​な​もの​と​見​て​くださり,「義​の​右手」を​伸ばし​て,ご自分​に​仕え​続ける​の​に​必要​な​もの​を​与え​て​ください​ます。

仕事​を​失っ​た​とき,エホバ​は​どの​よう​に​助け​て​ください​ます​か

 コロンビア​に​住む​サラ​は,エホバ​から​の​助け​を​経験​し​まし​た。サラ​は​一流​企業​で​忙しく​働き,高い​給料​を​もらっ​て​い​まし​た。しかし,エホバ​に​もっと​お仕え​し​たい​と​思い,仕事​を​辞め​て​開拓​奉仕​を​始め​まし​た。でも​パートタイム​の​仕事​が​なかなか​見つかり​ませ​ん​でし​た。それ​で​小さな​アイスクリーム​店​を​始め​まし​た​が,徐々​に​資金​が​減っ​て​ゆき,店​を​閉め​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。「その​後​の​3​年​は​長く​感じ​られ​まし​た​が,エホバ​の​おかげ​で​頑張る​こと​が​でき​まし​た」と​述べ​て​い​ます。サラ​は,本当​に​必要​な​もの​で​満足​し,次​の​日​の​こと​を​思い煩わ​ない​よう​に​し​まし​た。(マタ 6:33,34)やがて,以前​の​雇い主​から​電話​が​あり,元​の​仕事​に​戻る​の​は​どうか​と​誘わ​れ​まし​た。サラ​は,パートタイム​で​働く​こと​や,宣教​や​集会​の​時間​を​優先​する​こと​を​条件​に,その​申し出​を​受け入れ​まし​た。以前​の​よう​な​収入​は​あり​ませ​ん​が,開拓​奉仕​を​続ける​こと​が​でき​て​い​ます。「エホバ​の​愛​ある​み手​の​働き​を​感じ​まし​た」と​サラ​は​語っ​て​い​ます。

年​を​取る​こと​に​不安​を​感じる​とき

多く​の​人​は​年​を​取る​こと​に​不安​を​感じる​か​も​しれ​ませ​ん。退職​間近​に​なり,「これ​から​先,経済​的​に​十分​やっ​て​いける​だろ​う​か」と​か「病気​に​なっ​たら​どう​し​よう​か」と​心配​し​ます。おそらく​ダビデ​と​思わ​れ​ます​が,詩編​作者​は​エホバ​に​こう​嘆願​し​まし​た。「老齢​の​時​に​わたし​を​見放さ​ない​で​ください。わたし​の​力​が​まさに​衰え​て​ゆく​とき​に,わたし​を​捨て​ない​で​ください」。―詩 71:9,18

年齢​を​重ね​て​も,どう​すれ​ば​安心​感​を​抱け​ます​か。神​へ​の​信仰​を​培い続け,必要​な​もの​は​与え​られる​と​いう​確信​を​持つ​こと​です。これ​まで​経済​的​に​豊か​な​生活​を​送っ​て​き​た​なら,生活​を​簡素​に​し,より​少ない​もの​で​満足​する​必要​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。「肥やし飼い​に​し​た​牛」を​食べる​より​も「野菜​の​料理」を​食べる​ほう​が​楽しく,健康​に​も​良い​こと​に​気づく​でしょ​う。(箴 15:17)エホバ​に​喜ん​で​いただける​よう​努力​する​なら,年​を​取っ​て​も,エホバ​は​必ず​養っ​て​ください​ます。

ホセ​と​ローズ​と​一緒​に​過ごす​トニー​と​ウェンディ

65​年​余り​全​時間​奉仕​に​携わっ​て​き​た​ホセ​と​ローズ​の​例​を​考え​て​み​ましょ​う。2​人​は​何​年​も​の​間,24​時間​の​介護​が​必要​な​ローズ​の​父親​を​世話​し​まし​た。また,ホセ​は​がん​の​手術​を​し,化学​療法​を​受け​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。エホバ​は​この​忠実​な​夫婦​に,どの​よう​に​ご自分​の​右手​を​伸ばさ​れ​た​でしょ​う​か。同じ​会衆​の​夫婦,トニー​と​ウェンディ​を​通し​て​そう​さ​れ​まし​た。この​夫婦​は​ホセ​と​ローズ​に​部屋​を​貸す​こと​を​申し出​まし​た。以前​から​開拓​者​に​部屋​を​無償​で​貸し​たい​と​思っ​て​い​た​の​です。何​年​も​前,高校​生​だっ​た​トニー​は​学校​の​窓​から,ホセ​と​ローズ​が​いつも​野外​奉仕​を​し​て​いる​様子​を​見​て​い​まし​た。熱心​に​奉仕​する​2​人​の​姿​を​忘れる​こと​は​でき​ませ​ん​でし​た。トニー​と​ウェンディ​は,エホバ​に​人生​を​ささげ​て​き​た​この​夫婦​に​ぜひ​部屋​を​貸し​たい​と​思っ​た​の​です。これ​まで​15​年​間,ホセ​と​ローズ​を​助け​て​い​ます。今​で​は​80​代​半ば​に​なる​この​老​夫婦​は,トニー​と​ウェンディ​を​エホバ​から​の​贈り物​と​感じ​て​い​ます。

エホバ​は​あなた​に​も「義​の​右手」を​差し伸べ​て​おら​れ​ます。あなた​は,「恐れ​て​は​なら​ない。わたし​自ら​あなた​を​助ける」と​約束​し​て​おら​れる​方​に​手​を​伸ばし​ます​か。

^ 11節 一部​の​名前​は​変え​て​あり​ます。