内容へ

目次へ

あなたは偉大な陶器師に形作っていただきますか

あなたは偉大な陶器師に形作っていただきますか

「見よ,……あなた方​は​陶器​師​の​手​の​中​に​ある​粘土​の​よう​に​わたし​の​手​の​中​に​ある」。―エレ 18:6

歌: 60,22

1,2. 神​が​ダニエル​を「大いに​望ましい​人」と​ご覧​に​なっ​た​の​は​なぜ​です​か。どう​すれ​ば​ダニエル​の​よう​に​従順​な​人​に​なれ​ます​か。

ユダヤ​人​の​流刑​囚​は​古代​バビロン​に​着い​た​時,至る所​で​偶像​を​目​に​し​まし​た。そこ​で​は​国民​全体​が​悪霊​の​強い​影響​を​受け​て​い​まし​た。しかし,ダニエル​と​3​人​の​友​など​忠実​な​ユダヤ​人​は,バビロン​の​世​に​形作ら​れる​こと​を​拒み​まし​た。(ダニ 1:6,8,12; 3:16‐18)ダニエル​たち​は,陶器​師​で​ある​エホバ​に​全き​専心​を​示す​こと​を​決意​し,その​決意​を​貫き​まし​た。ダニエル​は​生涯​の​ほとんど​を​バビロン​で​過ごし​まし​た​が,神​の​み使い​から「大いに​望ましい​人」と​呼ば​れ​まし​た。―ダニ 10:11,19

2 聖書​時代​の​陶器​師​は,粘土​を​型​に​押し込み,自分​の​望む​形​に​し​まし​た。今日,神​の​真​の​崇拝​者​たち​は,エホバ​が​宇宙​主権​者​で​あり,人々​や​国民​を​形作る​権限​を​お持ち​で​ある,と​いう​こと​を​認め​て​い​ます。エレミヤ 18:6を​読む。)神​は​わたしたち​個人​を​形作る​権限​も​お持ち​です。しかし​神​は,自由​意志​を​尊重​し,わたしたち​が​自ら​神​に​服する​こと​を​望ん​で​おら​れ​ます。では,神​の​手​の​中​で​軟らかい​粘土​の​よう​な​者​で​あり​続ける​ため,次​の​3​つ​の​点​を​考え​ましょ​う。(1)心​を​固く​し,神​の​助言​ を​受け入れ​にくく​する,どんな​傾向​を​避ける​べき​か,(2)どう​すれ​ば​形作ら​れ​やすい​従順​な​者​に​なれる​か,(3)クリスチャン​で​ある​親​は​子ども​を​形作る​際,どの​よう​に​神​に​服する​こと​が​できる​か,と​いっ​た​点​です。

心​を​固く​する​どんな​傾向​を​避ける​べき​か

3. どんな​もの​に​よっ​て​心​が​固く​なる​こと​が​あり​ます​か。例​を​挙げ​て​説明​し​て​ください。

3 箴言 4​章​23​節​に​は,「守る​べき​他​の​すべて​の​もの​に​勝っ​て​あなた​の​心​を​守れ。命​は​そこ​に​源​を​発し​て​いる​から​で​ある」と​あり​ます。心​を​どんな​もの​から​守る​べき​でしょ​う​か。不​適切​な​誇り,罪​を​習わし​に​する​こと,信仰​の​欠如​など​です。それら​は​不​従順​で​反抗​的​な​精神​を​育み,心​を​固く​しかね​ませ​ん。(ダニ 5:1,20。ヘブ 3:13,18,19)ユダ​の​ウジヤ​王​は​誇り​を​示し​まし​た。歴代​第​二 26:3‐5,16‐21を​読む。)ウジヤ​は​当初,「エホバ​の​目​に​正しい​こと」を​行ない,「絶え​ず​神​を​求め」て​い​まし​た。しかし,「強く​なる​や,その​心​は……ごう慢​に​な[り]」まし​た。神​の​おかげ​で​強く​なれ​た​こと​を​忘れ​て​しまっ​た​の​です。ウジヤ​は​神殿​で​香​を​たこ​う​と​さえ​し​まし​た。香​を​たく​こと​は​祭司​だけ​に​許さ​れ​て​い​まし​た。祭司​たち​が​ウジヤ​を​止め​よう​と​する​と,誇り高ぶっ​た​ウジヤ​は​激怒​し​まし​た。その​結果,どう​なり​まし​た​か。神​の​手​に​よっ​て​屈辱​的​な​仕方​で「崩壊」し,らい病​に​かかっ​て​死に​まし​た。―箴 16:18

4,5. 誇り​に​用心​し​ない​と,どう​なる​か​も​しれ​ませ​ん​か。例​を​挙げ​て​説明​し​て​ください。

4 誇り​に​用心​し​ない​と,わたしたち​も「自分​の​こと​を​必要​以上​に​考え​て」,聖書​に​基づく​助言​を​退け​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。(ロマ 12:3。箴 29:1)ジム​と​いう​長老​の​例​を​考え​ましょ​う。長老​の​集まり​で​会衆​の​事柄​を​話し合っ​て​い​た​際,ジム​は​他​の​長老​たち​の​意見​に​同意​でき​ませ​ん​でし​た。「わたし​は『兄弟​たち​は​冷たい​です​ね』と​言っ​て,その​場​を​去っ​て​しまい​まし​た」と​述べ​て​い​ます。約​半年​後,ジム​は​近く​の​会衆​に​移り​まし​た​が,長老​に​任命​さ​れ​ませ​ん​でし​た。「ショック​でし​た。自分​は​絶対​に​正しい​と​考え​て,真理​から​離れ​て​しまい​まし​た」と​述べ​て​い​ます。それ​から​10​年​間,霊的​に​不​活発​な​状態​が​続き​まし​た。「誇り​が​傷つけ​られ,こう​なっ​た​の​は​エホバ​の​せい​だ​と​考える​よう​に​なり​まし​た。兄弟​たち​は​何​年​も​の​間,わたし​を​訪ね,話し合お​う​と​し​て​くれ​まし​た​が,わたし​は​応じ​ませ​ん​でし​た」。

5 ジム​の​例​から​何​を​学べ​ます​か。人​は​誇り​を​抱く​と​自分​の​行動​を​正当​化​し,形作ら​れ​にくい​者​に​なっ​て​しまう​と​いう​こと​です。(エレ 17:9)ジム​は,「他​の​人​たち​の​悪い​点​ばかり​が​気​に​なり​まし​た」と​言い​ます。あなた​は​兄弟​姉妹​に​傷つけ​られ​たり,何​か​の​特権​を​失っ​て​落胆​し​たり​し​た​こと​が​あり​ます​か。その​よう​な​時,どう​し​まし​た​か。誇り​に​負け​て​しまい​まし​た​か。それとも,兄弟​姉妹​と​の​平和​な​関係​を​築き,エホバ​へ​の​忠誠​を​保つ​よう​努力​し​まし​た​か。―詩編 119:165; コロサイ 3:13を​読む。

6. 罪​を​習わし​に​する​と,どう​なる​こと​が​あり​ます​か。

6 罪​を​習わし​に​し,それ​を​隠す​こと​さえ​する​なら,神​の​助言​に​鈍感​に​なっ​て​しまい​ます。そして,罪​を​犯す​こと​が​だんだん​平気​に​なっ​て​ゆき​ます。ある​兄弟​は,悪行​を​続ける​うち​に,やがて​罪​の​意識​を​全く​感じ​なく​なっ​た,と​述べ​て​い​ます。(伝 8:11)ポルノ​を​見る​習慣​に​陥っ​て​い​た​別​の​兄弟​は,「長老​たち​に​対し​て​批判​的​な​見方​を​する​よう​に​なり​まし​た」と​言い​ます。エホバ​と​の​関係​が​損なわ​れ​て​い​た​の​です。やがて​その​習慣​が​明るみ​に​出,長老​たち​の​援助​を​受け​まし​た。わたしたち​は​みな​不​完全​で,罪​を​犯し​ます。と​は​いえ,神​の​許し​や​助け​を​求め​ず,批判​的​に​なっ​たり​悪行​の​言い訳​を​し​たり​し​ て​いる​なら,心​が​固く​なり​始め​て​いる​の​か​も​しれ​ませ​ん。

7,8. (イ)古代​イスラエル​人​は,信仰​の​欠如​に​よっ​て​どの​よう​に​心​が​固く​なっ​て​しまい​まし​た​か。(ロ)イスラエル​人​の​例​から​どんな​教訓​を​学べ​ます​か。

7 エジプト​から​救出​さ​れ​た​イスラエル​人​の​例​が​示す​よう​に,信仰​が​欠ける​と​心​が​固く​なっ​て​しまい​ます。彼ら​は,神​が​自分​たち​の​ため​に​行なわ​れ​た​数々​の​奇跡​を​目​に​し​まし​た。中​に​は​非常​に​驚く​べき​奇跡​も​あり​まし​た。それ​に​も​かかわら​ず,彼ら​は​約束​の​地​に​近づい​た​時,信仰​の​欠如​を​示し​まし​た。エホバ​に​頼る​の​で​は​なく,恐れ​を​抱き,モーセ​に​対し​て​つぶやい​た​の​です。自分​たち​が​奴隷​に​され​て​い​た​エジプト​に​戻り​たい​と​さえ​言い​まし​た。エホバ​は​大きな​心痛​を​覚え,「いつ​まで​この​民​は​わたし​に​対し​敬意​の​ない​振る舞い​を​する​の​か」と​言わ​れ​まし​た。(民 14:1‐4,11。詩 78:40,41)彼ら​は​固い​心​と​信仰​の​欠如​の​ゆえに,荒野​で​死​に​絶え​て​しまい​まし​た。

8 新しい​世​が​近づく​今,わたしたち​の​信仰​も​試さ​れ​て​い​ます。それで,自分​の​信仰​の​質​を​吟味​する​の​は​良い​こと​です。例えば,マタイ 6​章​33​節​に​ある​イエス​の​言葉​に​つい​て​考え​て​ください。こう​自問​でき​ます。「自分​の​優先​順位​や​決定​に​は,イエス​の​言葉​へ​の​信仰​が​表われ​て​いる​だろ​う​か。収入​を​増やす​ため​に​集会​や​野外​奉仕​を​休む​だろ​う​か。仕事​の​量​や​責任​が​増え​て​いっ​たら​どう​だろ​う​か。世​の​型​に​押し込め​られ​て​しまう​だろ​う​か。エホバ​に​仕える​の​を​やめ​て​しまう​だろ​う​か」。

9. 自分​が​信仰​に​ある​か​どう​か​を「絶え​ず​試」す​べき​な​の​は​なぜ​です​か。どの​よう​に​し​て​試す​こと​が​でき​ます​か。

9 別​の​例​も​考え​ましょ​う。兄弟​姉妹​の​中​に​は,交わり,排斥,娯楽​など​に​関する​聖書​の​規準​に​従い​にくい​と​感じる​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。「自分​は​どう​だろ​う​か」と​考え​て​ください。心​を​固く​する​そう​し​た​傾向​が​ある​こと​に​気づく​なら,すぐ​に​自分​の​信仰​を​吟味​する​必要​が​あり​ます。聖書​は,「自分​が​信仰​に​ある​か​どう​か​を​絶え​ず​試し​なさい。自分​自身​が​どんな​もの​で​ある​か​を​絶え​ず​吟味​し​なさい」と​勧め​て​い​ます。(コリ​二 13:5)神​の​言葉​に​照らし​て,正直​に​自己​吟味​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。定期​的​に​そう​する​必要​が​あり​ます。

形作ら​れ​やすい​者​と​なる

10. どう​すれ​ば,エホバ​の​手​の​中​で​軟らか​な​粘土​の​よう​な​者​に​なれ​ます​か。

10 神​は,わたしたち​が​軟らか​な​粘土​の​よう​な​者​と​なれる​よう,聖書,クリスチャン​会衆,野外​宣教​を​通し​て​助け​て​ください​ます。水​を​加える​と​粘土​が​軟らかく​なる​よう​に,わたしたち​も​毎日​聖書​を​読ん​で​黙想​する​なら,エホバ​の​手​の​中​で​形作ら​れ​やすい​者​と​なれ​ます。エホバ​は​イスラエル​の​王​に​対し​て,自分​の​ため​に​神​の​律法​の​写し​を​作り,それ​を​毎日​読む​よう​お命じ​に​なり​まし​た。(申 17:18,19)使徒​たち​は,宣教​を​行なう​うえ​で​聖書​を​読ん​で​黙想​する​こと​が​欠か​せ​ない,と​いう​こと​を​理解​し​て​い​まし​た。聖書​の​書​を​筆記​し​た​際,ヘブライ​語​聖書​を​何百​回​も​引用​し​たり,それ​に​言及​し​たり​し​まし​た。そして,自分​たち​が​伝道​し​た​人​たち​に​も,聖書​を​読ん​で​黙想​する​よう​勧め​まし​た。(使徒 17:11)わたしたち​に​とっ​て​も,聖書​を​毎日​読ん​で​祈り​の​うち​に​黙想​する​こと​は​大切​です。(テモ​一 4:15)謙遜​さ​を​保ち,エホバ​の​手​の​中​で​形作ら​れ​やすい​者​に​なる​こと​が​できる​から​です。

神​から​の​助け​を​活用​し​て​形作ら​れ​やすい​者​と​なる(10‐13​節​を​参照)

11,12. エホバ​は,わたしたち​を​一人一人​の​必要​に​応じ​て​形作る​ため,どの​よう​に​クリスチャン​会衆​を​お用い​に​なり​ます​か。例​を​挙げ​て​説明​し​て​ください。

11 エホバ​は​クリスチャン​会衆​を​通し​て,わたしたち​を​一人一人​の​必要​に​応じ​て​形作っ​て​ください​ます。先​ほど​の​ジム​は,ある​長老​から​個人​的​な​関心​を​示さ​れ,態度​を​和らげる​よう​に​ なり​まし​た。ジム​は​こう​言い​ます。「兄弟​は​わたし​の​こと​を​一度​も​責め​たり​批判​し​たり​し​ませ​ん​でし​た。むしろ,いつも​わたし​を​励まし,助け​に​なり​たい​と​いう​心​から​の​願い​を​言い表わし​て​くれ​まし​た」。約​3​か月​後,ジム​は​その​長老​から​集会​に​誘わ​れ​まし​た。ジム​は​言い​ます。「会衆​の​兄弟​姉妹​は​わたし​を​温かく​歓迎​し​て​ください​まし​た。兄弟​姉妹​から​愛​を​示さ​れ​た​こと​が,考え方​を​変える​きっかけ​に​なり​まし​た。自分​の​感情​に​とらわれ​て​大切​な​こと​を​見失う​べき​で​は​ない,と​いう​こと​に​気づき​まし​た。兄弟​たち​や,霊的​に​終始​確固​と​し​て​い​た​妻​の​支え​の​おかげ​で,霊的​な​力​を​徐々​に​取り戻す​こと​が​でき​まし​た。また,『ものみの塔』1992​年​11​月​15​日​号​の『エホバ​を​非難​し​て​は​なり​ませ​ん』と『エホバ​に​忠節​に​仕え​なさい』の​記事​も​大きな​励み​に​なり​まし​た」。

12 やがて​ジム​は​再び​長老​に​任命​さ​れ​まし​た。それ​以来,自分​と​同じ​よう​な​問題​を​抱える​兄弟​たち​が​霊的​に​回復​する​の​を​助け​て​い​ます。ジム​は​言い​ます。「わたし​は​エホバ​と​の​強い​関係​を​培っ​て​いる​と​思っ​て​い​まし​た​が,実際​に​は​そう​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。誇り​の​せい​で,より​重要​な​こと​を​見失い,他​の​人​の​欠点​ばかり​に​目​が​向い​て​い​まし​た。とても​後悔​し​て​い​ます」。―コリ​一 10:12

13. 野外​宣教​は​どんな​特質​を​培う​うえ​で​役立ち​ます​か。どんな​良い​結果​を​もたらし​ます​か。

13 わたしたち​は,野外​宣教​に​よっ​て​どの​よう​に​形作ら​れ​ます​か。良い​たより​を​人々​に​伝える​こと​は,謙遜​さ​や​神​の​霊​の​実​の​様々​な​面​を​培う​うえ​で​役立ち​ます。(ガラ 5:22,23)あなた​も​宣教​を​通し​て​様々​な​良い​特質​を​培っ​て​こら​れ​た​こと​でしょ​う。わたしたち​が​キリスト​の​よう​な​特質​を​示す​なら,音信​は​いっそう​魅力​的​な​もの​と​なり,家​の​人​は​良い​影響​を​受け​ます。 オーストラリア​の​2​人​の​エホバ​の​証人​は,家​の​人​が​とても​不​親切​な​話し方​を​し​た​に​も​かかわら​ず,敬意​を​こめ​て​耳​を​傾け​まし​た。後​に​その​女性​は​失礼​な​態度​を​取っ​た​こと​を​後悔​し​て,支部​事務​所​に​次​の​よう​な​手紙​を​書き​まし​た。「とても​辛抱強く​て​謙虚​な​お二人​に,おわび​の​気持ち​を​お伝え​し​たい​と​思い​ます。本当​に​失礼​で​尊大​な​態度​を​取っ​て​しまい​まし​た。聖書​の​教え​を​広め​て​おら​れる​お二人​を​あんな​態度​で​追い返す​なんて,どうか​し​て​い​まし​た」。訪問​し​た​奉仕​者​たち​が​少し​でも​怒り​を​表わし​て​い​た​なら,この​女性​は​この​よう​な​手紙​を​書い​た​でしょ​う​か。おそらく​書か​なかっ​た​でしょ​う。宣教​は​確か​に,わたしたち​に​とっ​て​も​家​の​人​に​とっ​て​も​有益​です。

子ども​を​形作る​際,神​に​服する

14. 子ども​を​形作る​ため​に,親​は​何​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​か。

14 子ども​は​学習​意欲​が​旺盛​で​謙遜​です。(マタ 18:1‐4)賢明​な​親​は,子ども​の​思い​と​心​に​真理​の​知識​と​真理​に​対する​愛​を​植え付け​よう​と​し​ます。(テモ​二 3:14,15)その​ため​に​は,まず​親​が​自分​の​心​に​真理​を​取り入れ,真理​に​沿っ​て​生活​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。そうすれば,子ども​は​真理​を​聞く​だけ​で​なく​見​て​学ぶ​こと​が​でき​ます。また,親​の​懲らしめ​を,親​の​愛​と​エホバ​の​愛​の​表われ​と​見る​よう​に​なり​ます。

15,16. 子ども​が​排斥​さ​れ​た​時,親​は​どの​よう​に​神​へ​の​信頼​を​示す​べき​です​か。

15 しかし,クリスチャン​の​親​に​育て​られ​て​も,真理​から​離れ​たり​排斥​さ​れ​たり​する​子ども​たち​も​い​ます。家族​は​深い​悲しみ​を​味わい​ます。南​アフリカ​の​一​姉妹​は​こう​言い​ます。「兄​が​排斥​さ​れ​た​時,兄​が​死ん​だ​か​の​よう​に​感じ​まし​た。つらかっ​た​です」。この​姉妹​と​両親​は​どう​し​た​でしょ​う​か。聖書​の​指示​に​従い​まし​た。コリント​第​一 5:11,13を​読む。)両親​は​こう​語っ​て​い​ます。「聖書​の​言葉​に​従う​よう​決意​し​まし​た。神​の​方法​で​物事​を​行なう​時,最善​の​結果​が​得​られる​から​です。わたしたち​は,排斥​を​神​から​の​懲らしめ​と​見る​よう​に​し​まし​た。エホバ​は​愛​の​気持ち​から,適度​に​懲らしめ​を​お与え​に​なり​ます。それ​で​わたしたち​は,家族​の​必要​な​事柄​を​扱う​時​以外​は,息子​と​接触​し​ませ​ん​でし​た」。

16 息子​は​どう​感じ​た​でしょ​う​か。こう​述べ​て​い​ます。「家族​が​僕​を​憎ん​で​いる​わけ​で​は​ない,と​いう​こと​は​分かっ​て​い​まし​た。エホバ​と​組織​に​従っ​て​い​た​の​です」。こう​も​言っ​て​い​ます。「エホバ​に​助け​と​許し​を​求める​しか​ない​状況​に​なる​と,自分​に​とっ​て​エホバ​が​どれ​ほど​必要​か​に​気づき​ます」。後​に​この​若者​は​復帰​し,家族​は​本当​に​喜び​まし​た。確か​に,すべて​の​道​に​おい​て​神​に​従う​時,最善​の​結果​が​得​られ​ます。―箴 3:5,6; 28:26

17. エホバ​に​服する​生き方​を​す​べき​な​の​は​なぜ​です​か。そう​する​なら,どんな​祝福​を​得​られ​ます​か。

17 バビロン​で​の​流刑​期間​の​終わり​ごろ,悔い改め​た​ユダヤ​人​が​次​の​よう​に​述べる​こと​を,イザヤ​は​予告​し​て​い​まし​た。「エホバ​よ,あなた​は​わたしたち​の​父​です。わたしたち​は​粘土​で,あなた​は​わたしたち​の​陶器​師​です。わたしたち​は​皆,あなた​の​み手​の​業​な​の​です」。そして,ユダヤ​人​は​こう​嘆願​し​ます。「永久​に​わたしたち​の​とが​を​覚え​て​おか​ない​で​ください。それで,どうか,ご覧​ください。わたしたち​が​皆​あなた​の​民​で​ある​と​いう​こと​を」。(イザ 64:8,9)わたしたち​も​エホバ​に​謙遜​に​服し,それ​を​生き方​と​する​なら,ダニエル​の​よう​に,神​から​大いに​望ましい​人​と​見​て​いただく​こと​が​でき​ます。エホバ​は​これ​から​も,聖書,聖霊,組織​に​よっ​て​形作っ​て​ください​ます。そして​将来,わたしたち​は​完全​な「神​の​子供」に​なる​こと​が​できる​の​です。―ロマ 8:21