内容へ

目次へ

「わたしたちの神エホバはただひとりのエホバである」

「わたしたちの神エホバはただひとりのエホバである」

「イスラエル​よ,聴き​なさい。わたしたち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​ある」。―申 6:4

歌: 138,112

1,2. (イ)申命記 6​章​4​節​の​言葉​が​よく​知ら​れ​て​いる​の​は​なぜ​です​か。(ロ)モーセ​が​この​言葉​を​語っ​た​の​は​なぜ​です​か。

ユダヤ​教徒​は​長年​に​わたり,申命記 6​章​4​節​に​ある​ヘブライ​語​の​6​つ​の​語​を​特別​な​祈り​の​一部​と​し​て​用い​て​き​まし​た。この​祈り​は,6​つ​の​語​の​最初​の​語​に​ちなん​で​シェマ​と​呼ば​れ​て​い​ます。多く​の​ユダヤ​教徒​は​毎日,朝​と​夕方​に​この​祈り​を​ささげ,神​へ​の​全き​専心​を​表明​し​ます。

2 西暦​前​1473​年,モーセ​は​モアブ​の​平原​で​イスラエル​国民​に​行なっ​た​最後​の​話​の​中​で,この​言葉​を​語り​まし​た。イスラエル​人​は​間​も​なく​ヨルダン​川​を​渡り,約束​の​地​を​取得​し​よう​と​し​て​い​まし​た。(申 6:1)それ​まで​40​年​の​あいだ​指導​者​と​し​て​仕え​て​き​た​モーセ​は,イスラエル​人​が​前途​の​困難​に​勇気​を​もっ​て​立ち向かう​こと​を​願っ​て​い​まし​た。彼ら​は​自分​たち​の​神​エホバ​に​頼り,忠実​で​ある​べき​でし​た。モーセ​の​最後​の​話​は,民​に​とっ​て​大きな​励まし​と​なっ​た​こと​でしょ​う。モーセ​は,エホバ​から​与え​られ​た​十戒​と​他​の​規定​に​言及​ し​た​後,申命記 6​章​4,5​節​に​ある​力強い​言葉​を​述べ​まし​た。(読む。)

3. この​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。

3 イスラエル​人​は,自分​たち​の​神​エホバ​が「ただ​ひとり​の​エホバ」で​ある​こと​を​知ら​なかっ​た​の​でしょ​う​か。もちろん​知っ​て​い​まし​た。忠実​な​イスラエル​人​は​ただ​ひとり​の​神,自分​たち​の​父祖​で​ある​アブラハム,イサク,ヤコブ​の​神​を​知っ​て​おり,崇拝​し​て​い​まし​た。では​なぜ​モーセ​は,彼ら​の​神​エホバ​が「ただ​ひとり​の​エホバ」で​ある​こと​に​注意​を​向け​た​の​でしょ​う​か。エホバ​が​ひとり​で​ある​こと​と,5​節に​述べ​られ​て​いる,心​と​魂​と​活力​を​つく​し​て​エホバ​を​愛する​こと​に​は,どんな​関係​が​あり​ます​か。また,申命記 6​章​4,5​節​は,今日​の​わたしたち​に​とっ​て​どんな​意味​が​ある​でしょ​う​か。

ただ​ひとり​の​エホバ

4,5. (イ)「ただ​ひとり​の​エホバ」と​いう​表現​に​は​どんな​意味​が​あり​ます​か。(ロ)エホバ​は​諸​国民​の​神々​と​どの​よう​に​異なり​まし​た​か。

4 唯一​無二。ヘブライ​語​や​他​の​多く​の​言語​に​おい​て,「1​つ」と​いう​語​に​は​単なる​数​以上​の​意味​が​あり​ます。例えば,特異​で​唯一​無二​と​いう​意味​が​あり​ます。モーセ​は​最後​の​話​の​中​で,三つ組​の​神​と​いう​偽り​の​教え​を​論ばく​し​て​い​た​わけ​で​は​ない​よう​です。エホバ​は​天地​の​造り主​で​あり,宇宙​主権​者​です。エホバ​以外​に​真​の​神​は​存在​し​ませ​ん。エホバ​の​よう​な​神​は​ほか​に​い​ない​の​です。(サム​二 7:22)ですから​モーセ​は​イスラエル​人​に,エホバ​だけ​を​崇拝​し​なけれ​ば​なら​ない​こと​を​思い起こさ​せ​て​い​まし​た。彼ら​は​様々​な​男神​や​女神​を​崇拝​し​て​い​た​周囲​の​諸​国民​に​倣う​べき​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。諸​国民​は,自然​界​の​ある​部分​を​支配​する​神​や,ひとり​の​神​で​あり​ながら​様々​な​形​で​存在​する​神​を​崇拝​し​て​い​まし​た。

5 例えば,エジプト​人​は​太陽​の​神​ラー,天空​の​女神​ヌート,大地​の​神​ゲブ,ナイル​の​神​ハピ,また​数多く​の​神聖​な​動物​を​崇拝​し​て​い​まし​た。こう​し​た​偽り​の​神々​の​多く​は,エホバ​から​の​十​の​災厄​に​よっ​て​致命​的​な​打撃​を​受け​まし​た。カナン​人​の​主要​な​神​は,豊饒​の​神​バアル​でし​た。バアル​は​空,雨,あらし​の​神​で​も​あり​まし​た。多く​の​土地​で​守護​神​と​も​され​て​い​まし​た。(民 25:3)イスラエル​人​は,自分​たち​の​神​が「まこと​の​神」で​あり,「ただ​ひとり​の​エホバ」で​ある​こと​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん​でし​た。―申 4:35,39

6,7. 「1​つ」と​いう​語​に​は​どんな​意味​も​あり​ます​か。エホバ​は​ご自分​が「1​つ」で​ある​こと​を​どの​よう​に​示さ​れ​まし​た​か。

6 不変​で​忠節。「1​つ」と​いう​語​に​は,目的​や​活動​に​おける​一致​と​いう​意味​も​あり​ます。エホバ​神​は​気まぐれ​な​方​で​は​あり​ませ​ん。常​に​忠実​で,不変​で,忠節​で,真実​な​方​です。エホバ​は​アブラハム​に,アブラハム​の​子孫​が​約束​の​地​を​受け継ぐ​こと​を​約束​し,それ​を​果たす​ため​に​強力​な​業​を​行なわ​れ​まし​た。約束​を​果たす​決意​は,430​年​たっ​て​も​揺らぎ​ませ​ん​でし​た。―創 12:1,2,7。出 12:40,41

7 何​世紀​も​後,エホバ​は​イスラエル​人​が​ご自分​の​証人​で​ある​こと​を​明らか​に​し​た​際,こう​言わ​れ​まし​た。「わたし[は]同じ​者……で​ある。わたし​の​前​に​形造ら​れ​た​神​は​なく,わたし​の​後​に​も​やはり​い​なかっ​た」。そして,ご自分​の​目的​が​変わら​ない​こと​を​強調​し,「わたし​は​いつ​で​も​同じ​者​で​ある」と​言わ​れ​まし​た。(イザ 43:10,13; 44:6; 48:12)変わる​こと​の​ない,忠節​な​神​エホバ​に​仕える​の​は,イスラエル​人​に​とっ​て​非常​に​大きな​特権​ でし​た。わたしたち​に​とっ​て​も​そう​です。―マラ 3:6。ヤコ 1:17

8,9. (イ)エホバ​は​ご自分​の​崇拝​者​に​何​を​求め​て​おら​れ​ます​か。(ロ)イエス​は,モーセ​の​言葉​の​重要​性​を​どの​よう​に​強調​し​まし​た​か。

8 モーセ​は​イスラエル​人​に,エホバ​が​いつも​変わら​ず​愛し​世話​し​て​くださる​こと​を​思い起こさ​せ​て​い​た​の​です。イスラエル​人​は,その​よう​な​神​に​全き​専心​を​示し,心​と​魂​と​活力​を​つく​し​て​神​を​愛する​べき​でし​た。子ども​も​エホバ​に​全き​専心​を​示さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。それで,親​は​あらゆる​機会​に​子ども​を​教える​務め​が​あり​まし​た。―申 6:6‐9

9 エホバ​の​ご意志​や​目的​は​変わら​ない​の​で,真​の​崇拝​者​たち​に​対する​基本​的​な​要求​は​今​も​変わっ​て​い​ませ​ん。エホバ​に​崇拝​を​受け入れ​て​いただく​に​は,全き​専心​を​示し,心​と​思い​と​力​を​こめ​て​神​を​愛さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。イエス​も​その​点​を​強調​し​まし​た。マルコ 12:28‐31を​読む。)では,「わたしたち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​ある」と​いう​認識​を,どの​よう​に​行動​で​示せる​でしょ​う​か。

エホバ​に​全き​専心​を​示す

10,11. (イ)エホバ​だけ​を​崇拝​する​と​は​どう​いう​意味​です​か。(ロ)ヘブライ​人​の​若者​たち​は,バビロン​で​どの​よう​に​エホバ​へ​の​全き​専心​を​示し​まし​た​か。

10 エホバ​だけ​を​神​と​する​に​は,エホバ​に​全き​専心​を​示す​必要​が​あり​ます。他​の​神々​を​崇拝​し​たり,他​の​宗教​の​考え​や​慣行​を​取り入れ​たり​す​べき​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​は​単に,多く​の​神々​の​中​の​ひとり​で​も,神々​の​中​で​最も​高位​で​強力​な​神​で​も​あり​ませ​ん。崇拝​を​受ける​べき​唯一​の​神​な​の​です。―啓示 4:11を​読む。

11 ダニエル​書​に​は,ダニエル,ハナニヤ,ミシャエル,アザリヤ​と​いう​ヘブライ​人​の​若者​の​こと​が​記さ​れ​て​い​ます。これら​の​若者​は,エホバ​の​崇拝​者​に​とっ​て​汚れ​た​食物​を​避ける​だけ​で​なく,ネブカドネザル​の​金​の​像​に​身​を​かがめ​ない​こと​に​よっ​て,エホバ​へ​の​全き​専心​を​示し​まし​た。彼ら​の​優先​順位​は​明らか​でし​た。崇拝​の​面​で​決して​妥協​し​なかっ​た​の​です。―ダニ 1:1–3:30

12. エホバ​に​全き​専心​を​示す​ため,何​に​警戒​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​か。

12 エホバ​に​全き​専心​を​示す​に​は,生活​の​中​で​エホバ​だけ​が​占める​べき​場所​に,他​の​もの​が​一切​入り込ま​ない​よう​注意​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。どんな​もの​が​入り込む​危険​が​あり​ます​か。エホバ​は​十戒​の​中​で,ご自分​以外​の​いかなる​もの​も​神​と​し​て​は​なら​ず,どんな​形​の​偶像​礼拝​も​し​て​は​なら​ない,と​命じ​られ​まし​た。(申 5:6‐10)今日,偶像​礼拝​に​は​様々​な​形​の​もの​が​あり,それ​と​は​気づき​にくい​もの​も​あり​ます。しかし,エホバ​の​ご要求​は​変わっ​て​い​ませ​ん。エホバ​は​今​も「ただ​ひとり​の​エホバ」な​の​です。では,どんな​形​の​偶像​礼拝​を​避ける​べき​でしょ​う​か。

13. エホバ​より​も​他​の​どんな​もの​を​愛し​て​しまう​可能​性​が​あり​ます​か。

13 コロサイ 3​章​5​節​に​は,エホバ​と​の​特別​な​関係​を​損なう​もの​に​つい​て​記さ​れ​て​い​ます。(読む。)強欲​が​偶像​礼拝​と​結び付け​られ​て​いる​こと​に​注目​し​て​ください。富​や​ぜいたく​品​など​に​対する​欲望​は​非常​に​大きく​なっ​て​生活​を​支配​し,強力​な​神​の​よう​な​存在​に​なり​かね​ない​から​です。しかし,この​聖句​で​挙げ​られ​て​いる​他​の​罪​も,強欲​つまり​偶像​礼拝​と​関係​し​て​い​ます。そう​し​た​罪​へ​の​渇望​は,神​へ​の​愛​より​も​強く​なる​こと​が​あり​ます。この​よう​な​罪​に​支配​さ​れ,エホバ​が​自分​に​とっ​て「ただ​ひとり​の​エホバ」で​なくなっ​て​しまう​ こと​など,あっ​て​よい​でしょ​う​か。いいえ,その​よう​な​こと​は​絶対​に​避け​たい​もの​です。

14. 使徒​ヨハネ​は​どんな​警告​を​与え​まし​た​か。

14 使徒​ヨハネ​も​同様​の​点​を​指摘​し,世​に​ある​もの,つまり「肉​の​欲望​と​目​の​欲望,そして​自分​の​資力​を​見せびらかす​こと」を​愛する​なら,「父​の​愛​は​その​人​の​うち​に​あり​ませ​ん」と​警告​し​まし​た。(ヨハ​一 2:15,16)ですから,世​の​娯楽,交わり,服装​に​引か​れ​て​い​ない​か,自分​の​心​を​いつも​調べる​必要​が​あり​ます。また,世​へ​の​愛​が​ある​と,高等​教育​を​受ける​など​し​て「大いなる​こと」を​し​よう​と​する​か​も​しれ​ませ​ん。(エレ 45:4,5)約束​さ​れ​た​新しい​世​は​間近​に​迫っ​て​い​ます。それで,モーセ​の​力強い​言葉​を​銘記​する​こと​は​非常​に​大切​です。「わたしたち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​ある」こと​を​認識​し​固く​信じ​て​いる​なら,最善​を​尽くし​て​エホバ​へ​の​全き​専心​を​示し,エホバ​に​喜ば​れる​仕方​で​仕える​こと​でしょ​う。―ヘブ 12:28,29

クリスチャン​の​一致​を​保つ

15. パウロ​が​クリスチャン​に,神​が「ただ​ひとり​の​エホバ」で​ある​こと​を​思い起こさ​せ​た​の​は​なぜ​です​か。

15 「ただ​ひとり​の​エホバ」と​いう​表現​から,エホバ​の​崇拝​者​たち​が​同じ​目的​を​持ち​一致​し​て​い​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​こと​も​分かり​ます。1​世紀​の​クリスチャン​会衆​は,ユダヤ​人,ギリシャ​人,ローマ​人​など​様々​な​国​の​人​たち​で​構成​さ​れ​て​い​まし​た。宗教​的​背景,習慣,感じ方​も​様々​でし​た。その​ため,ある​人​たち​に​とっ​て,新しい​崇拝​の​方法​を​受け入れ​たり,以前​の​習慣​を​やめ​たり​する​の​は​容易​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。それ​で​使徒​パウロ​は​クリスチャン​に,エホバ​が​ただ​ひとり​の​神​で​ある​ こと​を​思い起こさ​せ​まし​た。―コリント​第​一 8:5,6を​読む。

16,17. (イ)今日,どんな​預言​が​成就​し​て​い​ます​か。その​結果,どんな​状況​が​見​られ​ます​か。(ロ)どの​よう​に​し​て​一致​が​損なわ​れる​こと​が​あり​ます​か。

16 今日​の​クリスチャン​会衆​は​どう​です​か。預言​者​イザヤ​に​よれ​ば,「末​の​日​に」すべて​の​国​の​民​は,エホバ​の​高め​られ​た​真​の​崇拝​の​場所​に​集まっ​て​き​ます。彼ら​は​こう​言い​ます。「神​は​ご自分​の​道​に​つい​て​わたしたち​に​教え諭し​て​くださる。わたしたち​は​その​道筋​を​歩も​う」。(イザ 2:2,3)今日,この​預言​の​成就​を​目​に​する​こと​が​できる​の​は,本当​に​うれしい​こと​です。結果​と​し​て,多く​の​会衆​で​は,様々​な​人種​や​文化​や​言語​の​人々​が​共​に​エホバ​を​賛美​し​て​い​ます。しかし,この​よう​な​多様​性​に​よっ​て,難しい​問題​が​生じる​こと​も​あり​ます。

クリスチャン​会衆​の​一致​に​貢献​し​て​い​ます​か(16‐19​節​を​参照)

17 例えば,自分​と​は​文化​が​異なる​兄弟​姉妹​に​つい​て​どう​感じ​ます​か。母語,服装,習慣,食べ物​など​が​異なる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​兄弟​姉妹​を​敬遠​し,自分​と​文化​や​背景​が​似​た​人​たち​と​交わる​傾向​が​あり​ます​か。年下​の​兄弟​や,自分​と​は​人種​や​文化​が​異なる​兄弟​が,会衆​や​巡回​区​や​支部​の​区域​で​監督​と​し​て​任命​さ​れ​て​いる​場合​は​どう​です​か。気​を​つけ​ない​と,エホバ​の​民​の​一致​を​損なっ​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。

18,19. (イ)エフェソス 4​章​1‐3​節​に​は,どんな​助言​が​あり​ます​か。(ロ)会衆​の​一致​を​保つ​ため,何​が​でき​ます​か。

18 どう​すれ​ば​その​よう​な​こと​を​避け​られ​ます​か。パウロ​は,多様​性​に​富む​繁栄​し​た​都市​エフェソス​の​クリスチャン​に​実際​的​な​助言​を​与え​まし​た。エフェソス 4:1‐3を​読む。)パウロ​は​まず,へりくだっ​た​思い,温和,辛抱強さ,愛​と​いっ​た​特質​に​言及​し​て​い​ます。それら​の​特質​は,家​を​支える​柱​の​よう​な​もの​です。しかし,強い​柱​が​あっ​て​も,定期​的​に​メンテナンス​を​し​ない​と,家​は​傷ん​で​しまい​ます。それで,パウロ​は​エフェソス​の​クリスチャン​に,「霊​の​一致​を​守る」ため​真剣​に​励む​よう​勧め​まし​た。

19 会衆​の​一致​を​守る​ため,わたしたち​一人一人​に​は​果たす​べき​務め​が​あり​ます。まず,へりくだっ​た​思い,温和,辛抱強さ,愛​など,パウロ​の​述べ​た​特質​を​培い,表わす​必要​が​あり​ます。そして,「結合​の​きずな​で​ある​平和」を​促進​する​ため,真剣​に​努力​し​ます。兄弟​姉妹​と​の​関係​に​ひび​が​生じる​なら,修復​する​よう​努め​ます。その​よう​に​し​て,貴重​な​平和​と​一致​を​保つ​こと​に​貢献​でき​ます。

20. 「わたしたち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​ある」と​いう​認識​を,どの​よう​に​示せ​ます​か。

20 「わたしたち​の​神​エホバ​は​ただ​ひとり​の​エホバ​で​ある」。何​と​力強い​言葉​な​の​でしょ​う。この​言葉​は,イスラエル​人​に​とっ​て​大きな​励み​に​なり​まし​た。約束​の​地​に​入っ​て​その​地​を​取得​する​ため​に,様々​な​困難​に​直面​する​こと​に​なっ​て​い​た​から​です。わたしたち​も​この​言葉​から​力​を​得,近づく​大​患難​を​切り抜け,来たる​べき​パラダイス​の​平和​と​一致​に​貢献​する​こと​が​でき​ます。では,これ​から​も​エホバ​へ​の​全き​専心​を​示し​て​ゆき​ましょ​う。魂​を​こめ​て​エホバ​を​愛し,エホバ​に​仕え,兄弟​関係​の​一致​を​保つ​ため​真剣​に​努力​し​ましょ​う。そうすれば,イエス​に​よっ​て​羊​と​し​て​裁か​れ,次​の​祝福​に​あずかる​こと​が​でき​ます。「さあ,わたし​の​父​に​祝福​さ​れ​た​者​たち​よ,世​の​基​が​置か​れ​て​以来​あなた方​の​ため​に​備え​られ​て​いる​王国​を​受け継ぎ​なさい」。―マタ 25:34