内容へ

目次へ

エゼキエル​は​エルサレム​を​攻囲​する​場面​を​進ん​で​演じ​た

預言者たちの精神に倣いましょう

預言者たちの精神に倣いましょう

古代​の​預言​者​たち​と​わたしたち​に​は,何​か​共通​点​が​あり​ます​か。「聖書​に​対する​洞察」に​よる​と,預言​者​と​は「神​の​ご意志​や​目的​を​知らせる​手だて​と​なっ​た​人。……神​に​由来​する​と​される​音信​を​知らせる​者」の​こと​です。預言​者​は​神​の​代弁​者​と​し​て,将来​に​つい​て​予告​し​た​だけ​で​なく,神​の​教え​や​命令​や​裁き​も​伝え​まし​た。わたしたち​は​将来​に​つい​て​予告​する​こと​は​あり​ませ​ん​が,神​の​代弁​者​と​し​て,聖書​に​記さ​れ​て​いる​事柄​を​ふれ告げ​ます。―マタ 24:14

エホバ​神​に​つい​て​人々​に​語り,人類​に​関する​神​の​ご意志​を​伝える​の​は,実​に​素晴らしい​特権​です。しかも,「中天​を​飛ん​で​いる」み使い​と​共​に​この​活動​を​行なっ​て​いる​の​です。(啓 14:6)と​は​いえ,この​特権​の​価値​を​見失っ​て​しまう​こと​も​あり​ます。なぜ​でしょ​う​か。疲労,失意,自分​は​だめ​だ​と​いう​気持ち​など​の​ため​です。古代​の​忠実​な​預言​者​たち​も​その​よう​な​経験​を​し​まし​た​が,あきらめ​ませ​ん​でし​た。そして​エホバ​は,割り当て​を​果たせる​よう​彼ら​を​助け​まし​た。では,幾​人​か​の​預言​者​に​つい​て​調べ,どの​よう​に​倣える​か​を​考え​ましょ​う。

一生​懸命​打ち込ん​だ

わたしたち​は,日々​の​活動​で​疲れ果て,奉仕​に​出かける​気持ち​に​なれ​ない​こと​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。もちろん,時​に​は​休息​も​必要​です。イエス​と​使徒​たち​も​そう​でし​た。(マル 6:31)しかし,エゼキエル​に​与え​られ​た​務め​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。エゼキエル​は,エルサレム​から​バビロン​に​流刑​に​され​た​イスラエル​人​と​共​に​い​まし​た。ある​時,エゼキエル​は​神​から,1​つ​のれん​が​を​取っ​て​それ​に​エルサレム​の​絵​を​刻み,その​都市​の​ミニチュア​を​いわば​攻囲​する​よう​命じ​られ​ます。まず​体​の​左側​を​下​に​し​て​390​日​間,次い​で​右側​を​下​に​し​て​40​日​間,横たわる​の​です。エホバ​は​エゼキエル​に,「見よ,わたし​は​あなた​に​綱​を​掛け,あなた​が​攻囲​の​日数​を​完了​し​て​しまう​ まで,自分​の​向き​を​一方​の​側​から​他方​の​側​に​変える​こと​の​ない​よう​に​する」と​言わ​れ​まし​た。(エゼ 4:1‐8)その​姿​は​イスラエル​人​の​注目​を​浴び​た​に​違いあり​ませ​ん。エゼキエル​は,身体​的​に​過酷​な​この​務め​を​1​年​以上​続け​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。その​よう​な​割り当て​を​どうして​果たせ​た​の​でしょ​う​か。

エゼキエル​は,自分​が​預言​者​と​し​て​遣わさ​れ​た​理由​を​理解​し​て​い​まし​た。神​から​こう​言わ​れ​て​い​た​から​です。「[イスラエル​人]が​聞こ​う​が​聞く​まい​が……彼ら​は​預言​者​が​自分​たち​の​中​に​い​た​こと​を​も​必ず​知る​よう​に​なる」。(エゼ 2:5)エゼキエル​は​自分​が​遣わさ​れ​た​目的​を​思い​に​留め​て​い​た​の​で,エルサレム​を​攻囲​する​場面​を​進ん​で​演じ​まし​た。やがて,エゼキエル​が​真​の​預言​者​で​ある​こと​が​明らか​に​なり​まし​た。バビロン​に​いる​エゼキエル​たち​の​もと​に,「都​は​打ち倒さ​れ​まし​た!」と​いう​知らせ​が​届い​た​から​です。イスラエル​人​は,自分​たち​の​中​に​預言​者​が​い​た​こと​を​知っ​た​の​です。―エゼ 33:21,33

今日​わたしたち​は,サタン​の​事物​の​体制​全体​の​滅び​に​つい​て​人々​に​警告​し​て​い​ます。身体​的​な​疲れ​を​感じ​て​も,神​の​言葉​を​宣べ伝え,再​訪問​を​し,聖書​研究​を​司会​する​こと​に​エネルギー​を​注い​で​い​ます。この​体制​の​終わり​に​関する​預言​が​成就​し​て​いく​の​を​見​て,「神​の​ご意志​や​目的​を​知らせる​手だて​と​なっ​た」こと​に​満足​感​を​覚える​でしょ​う。

失意​に​負け​なかっ​た

エホバ​の​霊​の​助け​に​よっ​て​宣教​に​一生​懸命​打ち込ん​で​い​て​も,人々​の​反応​に​落胆​する​こと​が​ある​でしょ​う。その​よう​な​時​は,預言​者​エレミヤ​の​模範​を​思い起こし​ましょ​う。エレミヤ​は​神​から​の​音信​を​伝え​た​ため​に,イスラエル​人​から​嘲笑​さ​れ,あざけら​れ,そしら​れ​まし​た。それで,「わたし​は​この​方​の​こと​を​語り告げ​ない​こと​に​し​よう。もう​その​み名​に​よっ​て​は​何​も​話​す​まい」と​述べ​た​こと​さえ​あり​ます。エレミヤ​は​わたしたち​と​同じ​感情​を​抱く​人間​でし​た。しかし,神​の​音信​を​伝える​の​を​やめ​ませ​ん​でし​た。なぜ​でしょ​う​か。続け​て​こう​述べ​て​い​ます。「それ​は​わたし​の​心​の​中​に​あっ​て,わたし​の​骨​の​中​に​閉じ込め​られ​た​燃える​火​の​よう​に​なり​まし​た。わたし​は​抑える​の​に​疲れ,それ​に​耐える​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た」。―エレ 20:7‐9

わたしたち​も​人々​の​反応​に​落胆​し​た​時​に​は,伝え​て​いる​音信​に​つい​て​じっくり​考え​ましょ​う。そうすれば,熱意​を​取り戻せ​ます。その​音信​は「骨​の​中​に​閉じ込め​られ​た​燃える​火​の​よう​に」なる​でしょ​う。毎日​聖書​を​読む​こと​に​より,その​火​を​いつも​心​の​中​で​燃え立た​せる​こと​が​でき​ます。

消極​的​な​感情​を​克服​し​た

割り当て​を​与え​られ​た​理由​が​よく​分から​ず,戸惑い​を​覚え​た​クリスチャン​も​い​ます。預言​者​ホセア​も​その​よう​な​気持ち​に​なっ​た​か​も​しれ​ませ​ん。「行っ​て,淫行​の​妻​また​淫行​の​子供​ら​を​自分​の​ため​に​取れ」と​エホバ​から​命じ​られ​た​から​です。(ホセ 1:2)もし​あなた​が​神​から「結婚​相手​の​女性​は​将来,あなた​を​裏切る​で​あろ​う」と​言わ​れ​たら,どう​感じる​でしょ​う​か。ホセア​は​与え​られ​た​割り当て​を​受け入れ,ゴメル​を​めとり​まし​た。ゴメル​は​ホセア​に​男​の​子​を​産み​まし​た。その​後​ゴメル​は,女​の​子​を​1​人,次い​で​男​の​子​を​1​人​産み​ます。その​2​人​の​子ども​は,姦淫​の​結果​と​し​て​生ま​れ​た​よう​です。エホバ​は​ホセア​に,あなた​の​妻​と​なる​者​は「情夫​たち​の​後​を​追いかける」と​予告​し​て​おら​れ​まし​た。「情夫​たち」つまり​複数​の​男性​と​姦淫​を​犯す​の​です。しかし​その​後,ゴメル​は​ホセア​の​もと​に​帰る​こと​を​望む​よう​に​なり​ます。もし​あなた​が​ホセア​だっ​たら,その​よう​な​妻​を​受け入れる​でしょ​う​か。エホバ​は,そう​する​よう​お命じ​に​なり​まし​た。ホセア​は​ゴメル​を​買い戻す​ため​に,かなり​の​金額​を​支払う​こと​さえ​し​まし​た。―ホセ 2:7; 3:1‐5

「こんな​割り当て​を​果たし​た​から​と​いっ​て,いったい​何​に​なる​の​だろ​う」と​ホセア​は​思っ​た​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,ホセア​が​実生活​で​この​象徴​的​な​劇​を​演じ​た​の​で,この​記述​を​読む​わたしたち​は,イスラエル​に​裏切ら​れ​た​エホバ​の​悲しみ​を​理解​する​こと​が​でき​ます。実際,神​の​もと​に​帰っ​た​誠実​な​イスラエル​人​も​い​た​の​です。

今日,わたしたち​は,「淫行​の​妻」を​めとる​よう​命じ​られる​こと​は​ない​でしょ​う。しかし,進ん​で​割り当て​を​果たし​ た​ホセア​から​学べる​こと​が​あり​ます。王国​の​良い​たより​を「公​に​も​家​から​家​に​も」宣べ伝える​の​が​難しく​思える​と​し​て​も,進ん​で​行なう​べき​で​ある,と​いう​こと​です。(使徒 20:20)宣べ伝える​活動​の​中​に​は,自分​に​とっ​て​苦手​な​分野​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。また,聖書​研究​生​の​中​に​は,「聖書​を​学ぶ​の​は​楽しい​けれど,家​から​家​の​伝道​など​でき​ない」と​言う​人​も​い​ます。しかし,その​よう​な​人​の​多く​は,今​で​は​宣教​に​参加​し​て​い​ます。進ん​で​行なう​こと​の​大切​さ​が​分かる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

難しい​割り当て​を​受け入れ​た​ホセア​から,ほか​に​も​学べる​こと​が​あり​ます。ホセア​は,いろいろ​な​言い訳​を​し​て,この​割り当て​を​断わる​こと​も​でき​た​か​も​しれ​ませ​ん。ホセア​が​この​出来事​に​つい​て​記さ​なけれ​ば,ホセア​が​割り当て​を​受け​た​こと​は​だれ​に​も​分から​なかっ​た​でしょ​う。わたしたち​は​どう​でしょ​う​か。エホバ​に​つい​て​語る​機会​が​訪れ​た​もの​の,その​こと​は​ほか​の​だれ​に​も​分から​ない,と​いう​こと​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。アナ​と​いう​米国​の​高校​生​の​姉妹​は,その​よう​な​経験​を​し​まし​た。学校​の​授業​で,自分​の​信念​に​つい​て​作文​を​書き,クラス​の​生徒​たち​を​説得​する​よう​に,と​いう​課題​が​出さ​れ​た​の​です。アナ​は,証言​の​この​機会​を​見過ごす​こと​も​でき​まし​た​が,エホバ​から​与え​られ​た​機会​だ​と​感じ​まし​た。様々​な​反応​が​予想​さ​れ​た​の​で,エホバ​に​助け​を​祈り​求め​まし​た。すると,ぜひ​語り​たい​と​いう​気持ち​が​わき起こっ​て​き​まし​た。姉妹​は,「進化​は​本当​に​あっ​た​の​か」と​いう​題​で​作文​を​書き​まし​た。

エホバ​の​証人​の​若者​は,預言​者​たち​の​精神​に​倣い,勇気​を​もっ​て​創造​者​エホバ​に​つい​て​語っ​て​いる

アナ​が​クラス​の​前​で​作文​を​読む​と,進化​を​信じ​て​いる​1​人​の​女子​生徒​が​次々​と​質問​を​浴びせ​て​き​まし​た。先生​は,アナ​が​上手​に​質問​に​答える​の​を​見​て​感心​し​まし​た。アナ​の​作文​は,最も​説得​力​の​ある​作文​と​し​て​表彰​さ​れ​まし​た。アナ​に​反論​し​た​女子​生徒​に​は,創造​に​つい​て​話す​機会​が​その​後​も​何​度​か​あり​まし​た。エホバ​から​の​こう​し​た​割り当て​を​受け入れ​た​こと​に​つい​て,アナ​は​こう​述べ​て​い​ます。「今​で​は,恐れ​ず​に​自信​を​もっ​て​良い​たより​を​伝える​こと​が​でき​ます」。

わたしたち​は,将来​の​こと​を​予告​する​預言​者​で​は​あり​ませ​ん​が,エゼキエル,エレミヤ,ホセア​など​預言​者​たち​の​自己​犠牲​の​精神​に​倣う​なら,わたしたち​も​エホバ​の​ご意志​を​果たす​こと​が​でき​ます。家族​の​崇拝​や​個人​研究​の​際​に​古代​の​他​の​預言​者​に​つい​て​調べ,その​模範​に​どの​よう​に​倣える​か​を​考える​の​は​いかが​です​か。