内容へ

目次へ

若い皆さん バプテスマを受ける用意ができていますか

若い皆さん バプテスマを受ける用意ができていますか

「あなた方​の​うち​の​だれ​が,塔​を​建て​よう​と​思う​場合,まず​座っ​て​費用​を​計算​し,自分​が​それ​を​完成​する​だけ​の​もの​を​持っ​て​いる​か​どう​か​を​調べ​ない​でしょ​う​か」。―ルカ 14:28

歌: 120,64

この​記事​と​次​の​記事​は,バプテスマ​を​考え​て​いる​若い​人​たち​の​ため​に​用意​さ​れ​まし​た

1,2. (イ)今日,神​の​民​に​とっ​て​喜ばしい​の​は​どんな​こと​です​か。(ロ)親​や​長老​たち​は,若い​人​たち​が​バプテスマ​に​つい​て​理解​できる​よう,どの​よう​に​援助​でき​ます​か。

「君​の​こと​は​生ま​れ​た​時​から​知っ​て​いる​の​で,バプテスマ​を​受け​たい​と​いう​の​を​聞い​て,とても​うれしい​よ。ところで,どうして​バプテスマ​を​受け​たい​と​思っ​て​いる​の​かな」。長老​は​12​歳​の​クリストファー​に​そう​尋ね​まし​た。これ​は​もっとも​な​質問​でし​た。毎年,世界​中​で​大勢​の​若い​人​たち​が​バプテスマ​を​受け​て​いる​の​は,とても​うれしい​こと​です。(伝 12:1)しかし,クリスチャン​で​ある​親​や​会衆​の​長老​たち​に​は,確かめ​たい​こと​が​あり​ます。若い​人​たち​が​自分​の​意志​で,そして​十分​な​認識​に​基づい​て​バプテスマ​を​受ける​決定​を​下し​た​か,と​いう​こと​です。

 2 神​の​言葉​が​示し​て​いる​よう​に,献身​と​バプテスマ​は,エホバ​から​の​祝福​だけ​で​なく​サタン​から​の​反対​も​経験​する,新しい​生活​の​始まり​です。(箴 10:22。ペテ​一 5:8)ですから,クリスチャン​で​ある​親​は​子ども​に,キリスト​の​弟子​に​なる​と​は​どう​いう​こと​か,時間​を​取っ​て​教え​ます。親​が​クリスチャン​で​は​ない​場合,長老​たち​が,弟子​に​なる​こと​に​伴う​費用​を​計算​する​よう​優しく​助け​ます。ルカ 14:27‐30を​読む。)建物​を​完成​さ​せる​の​に​計画​が​必要​な​よう​に,「終わり​まで」エホバ​に​忠実​に​仕える​に​は​準備​が​必要​です。(マタ 24:13)では,どう​すれ​ば,エホバ​に​永遠​に​仕え​たい​と​いう​決意​を​固める​こと​が​できる​でしょ​う​か。

3. (イ)イエス​と​ペテロ​の​言葉​から,バプテスマ​の​重要​性​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。(マタ 28:19,20。ペテ​一 3:21)(ロ)これ​から​どんな​質問​に​つい​て​考え​ます​か。なぜ​です​か。

3 あなた​は​バプテスマ​を​受ける​こと​を​考え​て​い​ます​か。それ​は​素晴らしい​こと​です。バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​に​なる​の​は​大きな​特権​です。また,バプテスマ​は​クリスチャン​に​対する​要求​で​あり,救い​を​得る​ため​に​どうして​も​必要​な​段階​です。(マタ 28:19,20。ペテ​一 3:21)あなた​は​バプテスマ​を​受ける​時,エホバ​に​永遠​に​仕える​約束​を​し​た​こと​を​公​に​し​ます。あなた​は​その​約束​を​ぜひ​守り​たい​と​思う​はず​です。それで,バプテスマ​を​受ける​用意​が​でき​て​いる​か​どう​か​を​確かめる​ため,次​の​点​を​考える​と​よい​でしょ​う。(1)自分​は​バプテスマ​を​受ける​と​いう​決定​を​下せる​ほど​十分​に​成長​し​て​いる​だろ​う​か。(2)バプテスマ​を​受け​たい​と​心​から​願っ​て​いる​だろ​う​か。(3)エホバ​に​献身​する​と​は​どういう​こと​か​を​理解​し​て​いる​だろ​う​か。1​つ​ずつ​考え​ましょ​う。

十分​に​成長​し​て​いる​か​どう​か

4,5. (イ)バプテスマ​を​受け​られる​の​は,年長​の​人​だけ​で​は​あり​ませ​ん。なぜ​です​か。(ロ)クリスチャン​に​とっ​て,十分​に​成長​し​て​いる​と​は​どう​いう​意味​です​か。

4 聖書​は,バプテスマ​を​受ける​に​は​法律​で​何​か​の​権利​が​与え​られる​年齢​に​達し​て​い​なけれ​ ば​なら​ない,と​は​述べ​て​い​ませ​ん。箴言 20​章​11​節​に​は,「少年​は​まさに​その​行ない​に​よっ​て,その​行動​が​浄く,廉直​で​ある​か​どう​か​を​明らか​に​する」と​あり​ます。たとえ​若く​て​も,正しい​こと​を​行なう​と​は​どう​いう​こと​か,また​エホバ​へ​の​献身​が​何​を​意味​する​か​を​理解​する​こと​が​でき​ます。ですから,十分​に​成長​し​て​いる​こと​を​示し​て​エホバ​に​献身​し​た​若い​人​に​とっ​て,バプテスマ​を​受ける​の​は​正しい​こと​で​あり,大切​な​こと​です。―箴 20:7

5 十分​に​成長​し​て​いる​と​は,どう​いう​意味​でしょ​う​か。単に​体​が​成長​し​て​いる​と​いう​こと​で​は​あり​ませ​ん。聖書​に​よる​と,円熟​し​た​人々​つまり​十分​に​成長​し​た​人々​は,「自分​の​知覚​力​を​訓練​し,正しい​こと​も​悪い​こと​も​見分け​られる​よう​に​な​っ[て]」い​ます。(ヘブ 5:14)ですから,十分​に​成長​し​た​人​は,エホバ​から​見​て​何​が​正しい​こと​か​を​理解​し,その​規準​に​従う​決意​を​抱い​て​い​ます。すぐ​に​気持ち​が​ぐらつい​て​悪い​こと​を​行なっ​て​しまう​こと​は​あり​ませ​ん。正しい​こと​を​行なう​よう​に​他​の​人​から​いつも​促さ​れる​必要​も​あり​ませ​ん。バプテスマ​を​受ける​若い​人​は,親​や​他​の​大人​が​い​ない​ところ​で​も,神​の​規準​に​従う​はず​です。―フィリピ 2:12​と​比較。

6,7. (イ)ダニエル​は​バビロン​で,どんな​難しい​問題​に​直面​し​まし​た​か。(ロ)ダニエル​は​十分​に​成長​し​た​人​で​ある​こと​を​どの​よう​に​示し​まし​た​か。

6 若い​人​で​あっ​て​も,その​よう​な​意味​で​十分​に​成長​し​た​人​に​なれる​でしょ​う​か。聖書​に​出​て​くる​ダニエル​の​例​を​考え​ましょ​う。ダニエル​は​恐らく​十​代​前半​の​時​に​親​から​引き離さ​れ,バビロン​に​流刑​に​され​まし​た。何​が​正しく​て​何​が​悪い​か​の​規準​が​自分​と​は​全く​違う​人々​の​中​で​生活​する​こと​に​なっ​た​の​です。ほか​に​も​難しい​問題​が​あり​まし​た。バビロン​で​特別​な​扱い​を​受け,王​の​前​に​立つ​若者​の​一​人​に​選ば​れ​た​の​です。(ダニ 1:3‐5,13)イスラエル​で​は​決して​与え​られ​なかっ​た​よう​な​機会​が​差し伸べ​られ​まし​た。

7 若い​ダニエル​は​どう​し​た​でしょ​う​か。バビロン​の​華やか​な​生活​に​心​を​奪わ​れ​まし​た​か。新しい​環境​の​中​で,生き方​を​変え​たり​信仰​を​捨て​たり​し​た​でしょ​う​か。決して​その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。聖書​に​よる​と,ダニエル​は,バビロン​の​偽り​の​崇拝​に​関係​し​た​どんな​もの​に​よっ​て​も「自分​の​身​を​汚す​まい​と​心​の​うち​に​思い定め」て​い​まし​た。(ダニ 1:8)ダニエル​は​十分​に​成長​し​て​い​た​の​です。

十分​に​成長​し​た​人​で​あれ​ば,王国​会館​で​は​神​の​友​の​よう​に​振る舞い​ながら​学校​で​は​世​の​友​に​なる,と​いう​こと​は​ない(8​節​を​参照)

8. ダニエル​から​何​を​学べ​ます​か。

8 ダニエル​から​何​を​学べ​ます​か。十分​に​成長​し​た​若者​は​信念​を​しっかり​守る​と​いう​こと​です。周囲​の​環境​に​合わせ​て​体​の​色​を​変える​カメレオン​の​よう​で​は​あり​ませ​ん。王国​会館​で​は​神​の​友​の​よう​に​振る舞い​ながら​学校​で​は​世​の​友​に​なる,と​いう​こと​は​ない​の​です。信仰​の​試み​に​遭っ​て​も,振り回さ​れる​こと​なく​確固​と​し​た​態度​を​保ち​ます。―エフェソス 4:14,15を​読む。

9,10. (イ)最近​の​信仰​の​試み​に​どう​対処​し​た​か​を​考える​と​よい​の​は​なぜ​です​か。(ロ)バプテスマ​は​何​を​象徴​し​て​い​ます​か。

9 わたしたち​は​みな​不​完全​な​の​で,若い​人​も​大人​も​間違い​を​する​こと​が​あり​ます。(伝 7:20)それでも,バプテスマ​を​考え​て​いる​人​は,エホバ​の​規準​を​守る​と​いう​自分​の​決意​が​どれ​ほど​強い​か​を​考える​の​は​良い​こと​です。では,その​決意​の​強さ​は​どう​すれ​ば​分かる​でしょ​う​か。「自分​は​これ​まで​どの​よう​に​神​の​規準​を​守っ​て​き​た​だろ​う​か」と​自問​し​て​ください。最近,信仰​の​試み​に​遭っ​た​時,どう​ 対処​し​まし​た​か。正しい​こと​と​悪い​こと​を​見分ける​の​に​必要​な​識別​力​を​示し​まし​た​か。ダニエル​の​よう​に,サタン​の​世​で​特別​な​扱い​を​受け​たら​どう​し​ます​か。神​の​ご意志​に​反する​こと​を​行なう​よう​誘惑​さ​れ​た​と​し​て​も,「何​が​エホバ​の​ご意志​で​ある​か​を​見分け」る​こと​が​でき​ます​か。―エフェ 5:17

10 この​よう​な​こと​を​考える​べき​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。バプテスマ​に​つい​て​正しい​見方​を​する​助け​に​なる​から​です。先​ほど​述べ​た​とおり,バプテスマ​は,エホバ​に​重要​な​約束​を​し​た​こと​の​象徴​です。心​を​こめ​て​永遠​に​エホバ​を​愛し,エホバ​に​仕える​と​いう​約束​を​する​の​です。(マル 12:30)バプテスマ​を​受ける​人​は​皆,この​約束​を​守り通す​決意​を​抱い​て​いる​べき​です。―伝道​の​書 5:4,5を​読む。

心​から​願っ​て​いる​か

11,12. (イ)バプテスマ​を​考え​て​いる​人​は,何​を​確かめる​必要​が​あり​ます​か。(ロ)バプテスマ​と​いう​エホバ​の​取り決め​に​対し​て,どう​すれ​ば​正しい​見方​を​持て​ます​か。

11 聖書​に​は,若い​人​たち​を​含む​エホバ​の​民​が「進ん​で​自ら​を​ささげ」る,と​述べ​られ​て​い​ます。(詩 110:3)ですから,バプテスマ​を​考え​て​いる​人​は,それ​を​心​から​願っ​て​いる​か​どう​か​を​確かめる​必要​が​あり​ます。その​ため​に​は​自己​吟味​が​必要​でしょ​う。真理​の​うち​に​育て​られ​た​人​で​あれ​ば​特に​そう​です。

12 あなた​は​これ​まで,同​世代​の​友人​や​自分​の​きょうだい​など,大勢​の​人​が​バプテスマ​を​受ける​の​を​見​て​き​た​こと​でしょ​う。でも,バプテスマ​を,大人​に​なる​ため​に​いつか​必ず​行なう​儀式​の​よう​に​みなす​べき​で​は​あり​ませ​ん。では,どう​すれ​ば,バプテスマ​と​いう​エホバ​の​取り決め​に​対し​て​正しい​見方​を​持てる​でしょ​う​か。バプテスマ​を​受ける​こと​が​非常​に​重要​な​の​は​なぜか,その​理由​を​何​度​も​じっくり​考える​こと​です。この​記事​と​次​の​記事​で​は,その​理由​を​幾つ​か​取り上げ​ます。

13. バプテスマ​を​受け​たい​と​心​から​願っ​て​いる​か​どう​か,どう​すれ​ば​確かめ​られ​ます​か。

13 バプテスマ​を​受け​たい​と​心​から​願っ​て​いる​か​どう​か,どう​すれ​ば​確かめ​られる​でしょ​う​か。例えば,その​願い​は​自分​の​祈り​に​表われ​ます。どれ​ほど​頻繁​に,また​どれ​ほど​具体​的​に​祈っ​て​いる​か​は,エホバ​と​あなた​と​の​関係​が​どれ​ほど​親密​か​を​明らか​に​し​ます。(詩 25:4)エホバ​が​祈り​に​答え​て​くださる​重要​な​方法​の​一つ​は,わたしたち​の​注意​を​聖書​に​向け​させる​こと​です。ですから,聖書​を​学ぶ​よう​努力​する​こと​も,エホバ​に​いっそう​近づき,心​から​仕え​たい​と​願っ​て​いる​こと​の​表われ​です。(ヨシュ 1:8)それで,こう​自問​し​て​み​ましょ​う。「わたし​の​祈り​は​どれ​ほど​具体​的​だろ​う​か。わたし​は​聖書​の​個人​研究​を​きちんと​定期​的​に​行なっ​て​いる​だろ​う​か」。家​で​晩​の​家族​の​崇拝​が​行なわ​れ​て​いる​なら,「わたし​は​家族​の​崇拝​に​喜ん​で​参加​し​て​いる​だろ​う​か」と​自問​し​て​ください。こう​し​た​点​を​考える​こと​は,バプテスマ​を​受ける​こと​を​心​から​願っ​て​いる​か​どう​か​を​確かめる​うえ​で​役立ち​ます。

献身​と​は​何​か

14. 献身​と​バプテスマ​の​違い​を​説明​し​て​ください。

14 献身​と​バプテスマ​の​違い​を​よく​理解​し​て​い​ない​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。例えば,「自分​は​エホバ​に​献身​し​たけれ​ど,バプテスマ​を​受ける​に​は​まだ​早い」と​言う​人​が​い​ます。これ​は​筋​が​通っ​た​考え方​でしょ​う​か。献身​する​と​は,「あなた​に​永遠​に​仕え​ます」と​祈り​の​中​で​個人​的​に​エホバ​に​お伝え​する​こと​です。バプテスマ​を​受ける​と​は,エホバ​に​すでに​ 献身​し​て​いる​こと​を​他​の​人々​に​公​に​表明​する​こと​です。バプテスマ​を​受ける​前​に,献身​と​は​何​か​を​理解​し​て​い​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

15. 献身​と​は​何​です​か。

15 簡単​に​言う​と,エホバ​に​献身​する​と​は,自分​に​対する​所有​権​を​放棄​する​こと​です。「あなた​の​ご意志​を​生活​の​中​で​ほか​の​何​より​も​優先​さ​せ​ます」と​エホバ​に​約束​する​こと​です。マタイ 16:24を​読む。)約束​し​たら​果たす​の​が​当然​です。エホバ​神​に​対する​約束​で​あれ​ば,なおさら​です。(マタ 5:33)では,自分​を​本当​に​捨て,エホバ​の​もの​に​なっ​た​こと​を,どの​よう​に​示せる​でしょ​う​か。―ロマ 14:8

16,17. (イ)自分​を​捨てる​と​は​どう​いう​こと​か,例え​で​説明​し​て​ください。(ロ)献身​する​人​は​何​と​言っ​て​いる​こと​に​なり​ます​か。

16 例え​で​考え​ましょ​う。友達​から​車​を​プレゼント​され​た​と​し​ます。友達​は​必要​な​書類​を​あなた​に​渡し,「この​車​は​君​の​もの​だ」と​言い​ます。でも​その​後,「鍵​は​僕​が​預かっ​て​おく。運転​する​の​も,君​じゃ​なく​て​僕​だ」と​言い​ます。そんな“プレゼント”を​どう​思い​ます​か。友達​の​こと​を​どう​思う​でしょ​う​か。

17 では​エホバ​は​ご自分​に,「わたし​は​あなた​に​献身​し​ます。わたし​は​あなた​の​もの​です」と​言う​人​に,どんな​こと​を​期待​な​さる​でしょ​う​か。もし​その​人​が​裏表​の​ある​生き方​を​し,未​信者​と​ひそか​に​デート​する​と​し​たら,エホバ​は​どう​思わ​れる​でしょ​う​か。集会​へ​の​出席​や​宣教​に​支障​を​きたす​仕事​を​引き受ける​と​し​たら​どう​です​か。それ​は,車​の​鍵​を​渡さ​ない​の​と​同じ​で​は​ない​でしょ​う​か。エホバ​に​献身​する​人​は,こう​言っ​て​いる​こと​に​なる​から​です。「わたし​は​自分​の​もの​で​は​なく,あなた​の​もの​です。あなた​の​ご意志​が​わたし​の​願い​と​異なる​と​し​て​も,あなた​の​ご意志​を​いつも​優先​し​ます」。イエス​も​地上​に​い​た​時,こう​言い​まし​た。「わたし​は,自分​の​意志​で​は​なく,わたし​を​遣わし​た​方​の​ご意志​を​行なう​ため​に​天​から​下っ​て​来​た[の]です」。―ヨハ 6:38

18,19. (イ)バプテスマ​は​祝福​に​つながり​ます。ローズ​と​クリストファー​の​言葉​から,その​こと​が​どの​よう​に​分かり​ます​か。(ロ)あなた​は​バプテスマ​を​受ける​と​いう​特権​に​つい​て​どの​よう​に​感じ​て​い​ます​か。

18 バプテスマ​は​重要​な​段階​で​あり,軽く​考える​べき​もの​で​は​あり​ませ​ん。しかし,献身​し​て​バプテスマ​を​受ける​こと​は​大きな​特権​です。エホバ​を​愛し,献身​の​意味​を​理解​し​て​いる​若い​人​は,バプテスマ​を​受ける​の​を​ためらっ​たり​し​ませ​ん。また,自分​の​下し​た​決定​を​後悔​する​こと​も​あり​ませ​ん。バプテスマ​を​受け​た​十​代​の​ローズ​は​こう​言い​ます。「わたし​は​エホバ​を​愛し​て​い​ます。エホバ​に​奉仕​し​て​いる​時​が​どんな​時​より​も​幸せ​です。バプテスマ​を​受け​た​の​は,人生​で​最も​意義深い​決定​でし​た」。

19 この​記事​の​最初​に​出​て​き​た​クリストファー​は,12​歳​の​時​に​バプテスマ​を​受ける​決定​を​下し​まし​た。その​決定​は​十分​な​認識​に​基づい​て​い​た​と​言える​でしょ​う​か。クリストファー​は​当時​を​振り返り,本当​に​良い​決定​を​し​た​と​感じ​て​い​ます。17​歳​で​正規​開拓​奉仕​を​始め,18​歳​で​奉仕​の​僕​に​任命​さ​れ,今​は​ベテル​で​奉仕​し​て​い​ます。こう​言い​ます。「バプテスマ​を​受ける​決定​を​下し​た​の​は​正解​でし​た。エホバ​と​その​組織​の​ため​に​働く​こと​が​でき,深い​満足​感​を​味わっ​て​い​ます」。では,バプテスマ​を​考え​て​いる​人​は,それ​に​向け​て​どんな​こと​が​でき​ます​か。次​の​記事​で​考え​ましょ​う。