内容へ

目次へ

エホバへの忠節を示しなさい

エホバへの忠節を示しなさい

「エホバ​が​わたし​と​あなた​と​の​間,また​わたし​の​子孫​と​あなた​の​子孫​と​の​間​に​定め​の​ない​時​まで​も​おら​れ​ます​よう​に」。―サム​一 20:42

歌: 125,62

1,2. ヨナタン​は​友​と​し​て​ダビデ​に​忠節​を​保つ​点​で,どの​よう​に​優れ​た​模範​を​示し​まし​た​か。

ヨナタン​は,若い​ダビデ​が​巨人​ゴリアテ​に​立ち向かう​姿​を​見​て​驚嘆​し​た​に​違いあり​ませ​ん。ダビデ​は​今,「手​に​フィリスティア​人​の​首​を​持」ち,ヨナタン​の​父​で​ある​イスラエル​の​王​サウル​の​前​に​立っ​て​い​ます。(サム​一 17:57)ヨナタン​は​ダビデ​の​勇気​を​たたえ​た​こと​でしょ​う。神​が​ダビデ​と​共​に​おら​れる​こと​は​明らか​でし​た。そして「ヨナタン​の​魂​が​ダビデ​の​魂​と​結び付き」,2​人​は​固い​友情​で​結ば​れ​まし​た。こう​記さ​れ​て​い​ます。「ヨナタン​と​ダビデ​は​契約​を​結ん​だ。[ヨナタン​は​ダビデ]を​自分​の​魂​の​よう​に​愛し​て​い​た​ため​で​ある」。(サム​一 18:1‐3)ヨナタン​は​生涯​ずっ​と​ダビデ​に​忠節​でし​た。

2 神​が​イスラエル​の​次​の​王​と​し​て​選ん​だ​の​は​ヨナタン​で​は​なく​ダビデ​でし​た。しかし​ヨナタン​は,ダビデ​に​忠節​を​示し​続け​まし​た。サウル​が​ダビデ​を​殺そ​う​と​し​て​い​た​時,ヨナタン​は​ダビデ​の​身​を​案じ,ユダ​の​荒野​の​ホレシャ​まで​出かけ​て​ゆき​まし​た。ヨナタン​は「神​に​関し​て​彼​の​手​を​強め」,こう​言い​ます。「恐れ​て​は​なり​ませ​ん。……あなた​は​ イスラエル​の​王​と​なり,わたし​は​あなた​に​次ぐ​者​と​なる​の​です」。―サム​一 23:16,17

3. ヨナタン​に​とっ​て,ダビデ​に​対する​忠節​より​も​大切​だっ​た​の​は​何​でし​た​か。なぜ​そう​言え​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

3 忠節​と​いう​特質​は​大抵​の​場合,人々​から​称賛​さ​れ​ます。ダビデ​に​対する​ヨナタン​の​忠節​も​注目​に​値し​ます。しかし,ヨナタン​が​神​に​忠節​で​あっ​た​こと​を​忘れる​べき​で​は​あり​ませ​ん。ヨナタン​が​ダビデ​を​ライバル​で​は​なく​友​と​考え​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。自分​の​地位​より​重要​な​もの​が​あっ​た​から​に​違いあり​ませ​ん。ヨナタン​は「神​に​関し​て[ダビデ]の​手​を​強め」まし​た。ですから,ヨナタン​に​とっ​て​最も​大切​だっ​た​の​は,神​へ​の​忠節​でし​た。ダビデ​に​対する​忠節​は,エホバ​へ​の​忠節​に​基づい​て​い​た​の​です。2​人​は​次​の​誓い​を​守り通し​まし​た。「エホバ​が​わたし​と​あなた​と​の​間,また​わたし​の​子孫​と​あなた​の​子孫​と​の​間​に​定め​の​ない​時​まで​も​おら​れ​ます​よう​に」。―サム​一 20:42

4. (イ)どう​すれ​ば​真​の​幸福​と​満足​が​得​られ​ます​か。(ロ)この​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。

4 わたしたち​クリスチャン​は,他​の​人​の​忠節​を​称賛​する​だけ​で​は​なく,自分​自身​も​家族​や​友人​や​仲間​の​信者​に​忠節​を​示し​ます。(テサ​一 2:10,11)しかし,最も​大切​に​す​べき​な​の​は​だれ​に​対する​忠節​でしょ​う​か。命​を​与え​て​くださっ​た​方​に​対する​忠節​です。(啓 4:11)神​へ​の​忠節​を​保つ​なら,真​の​喜び​と​満足​が​得​られ​ます。しかし​その​ため​に​は,難しい​状況​の​もと​で​も​神​に​堅く​付か​なけれ​ば​なり​ませ​ん。この​記事​で​は,ヨナタン​の​模範​に​注目​し​ながら,次​の​よう​な​場合​に​どの​よう​に​エホバ​に​忠節​を​示せる​か​を​考え​ましょ​う。(1)権威​を​持つ​人​を​尊敬​でき​ない​場合,(2)忠節​に​関し​て​決定​を​迫ら​れる​場合,(3)誤解​さ​れ​た​場合,(4)忠節​と​自分​の​願い​が​相反する​場合​です。

権威​を​持つ​人​を​尊敬​でき​ない​場合

5. サウル​が​王​だっ​た​間,イスラエル​人​が​神​に​忠節​を​示す​の​が​難しかっ​た​の​は​なぜ​です​か。

5 神​は​ヨナタン​の​父​サウル​に​油​を​そそぎ​まし​た​が,後​に​サウル​は​不​従順​に​なり,神​から​退け​られ​まし​た。(サム​一 15:17‐23)神​は​サウル​の​王位​を​すぐ​に​剥奪​し​た​わけ​で​は​ない​の​で,民​や​サウル​の​身近​な​人々​は​神​へ​の​忠節​を​試み​られ​まし​た。「エホバ​の​王座」に​座す​王​が​誤っ​た​歩み​を​する​中​で,神​へ​の​忠節​を​保た​なけれ​ば​なら​なかっ​た​の​です。―代​一 29:23

6. ヨナタン​が​エホバ​に​忠節​を​保っ​た​こと​は,どんな​こと​から​分かり​ます​か。

6 サウル​が​初めて​不​従順​な​精神​を​表わし​た​時,息子​の​ヨナタン​は​エホバ​に​忠節​を​示し​まし​た。(サム​一 13:13,14)預言​者​サムエル​は​こう​述べ​て​い​まし​た。「エホバ​は​その​偉大​な​み名​の​ため​に​ご自分​の​民​を​捨て去る​こと​は​され​ない​の​です」。(サム​一 12:22)戦車​3万​を​装備​し​た​フィリスティア​の​大軍​が​イスラエル​に​攻め​て​来​た​時,ヨナタン​は​その​サムエル​の​言葉​へ​の​確信​を​示し​まし​た。サウル​と​共​に​い​た​の​は​600​人​の​男​たち​だけ​で,しかも​武器​を​持っ​て​い​た​の​は​サウル​と​ヨナタン​だけ​でし​た。それでも​ヨナタン​は,武具​持ち​の​従者​だけ​を​連れ​て​フィリスティア​人​の​前哨​部隊​の​方​へ​向かい​まし​た。ヨナタン​は,「多数​の​者​に​よる​の​で​あっ​て​も,少数​の​者​に​よる​の​で​あっ​て​も,エホバ​に​とっ​て​は​救う​の​に​何​の​妨げ​も​ない​から​です」と​言い​ます。2​人​は​前哨​部隊​の​およそ​20​人​を​討ち倒し​まし​た。その​時,「地​は​震い​動き​だ​し,それ​は​神​から​の​おののき​と」なり​まし​た。フィリスティア​人​は​混乱​し​て​同士討ち​を​始め​まし​た。神​に​対する​ヨナタン​の​信仰​は​勝利​を​もたらし​た​の​です。―サム​一 13:5,15,22; 14:1,2,6,14,15,20

7. ヨナタン​は​父親​に​どの​よう​に​接し​まし​た​か。

7 サウル​と​神​と​の​関係​は​悪化​し​て​ゆき​まし​ た​が,ヨナタン​は​できる​限り​父親​に​協力​し​まし​た。神​の​民​を​守る​ため​共​に​戦っ​た​こと​も​あり​ます。―サム​一 31:1,2

8,9. 権威​を​持つ​人​に​敬意​を​払う​なら,エホバ​へ​の​忠節​を​示す​こと​に​なり​ます。なぜ​そう​言え​ます​か。

8 ヨナタン​の​よう​に​わたしたち​も,神​の​ご要求​に​従っ​て​上位​の​権威​に​相対​的​な​服従​を​示す​こと​に​より,エホバ​へ​の​忠節​を​保て​ます。権威​を​持つ​人​が​尊敬​でき​ない​よう​に​思える​場合​も,例外​で​は​あり​ませ​ん。例えば,不正​を​働く​役人​で​あっ​て​も,その​人​の​立場​に​敬意​を​払い​ます。政府​の「上位​の​権威」に​相対​的​な​服従​を​示す​べき​だ​から​です。ローマ 13:1,2を​読む。)エホバ​から​権威​を​与え​られ​て​いる​人​たち​に​敬意​を​払う​こと​に​より,エホバ​へ​の​忠節​を​示せる​の​です。―コリ​一 11:3。ヘブ 13:17

未​信者​の​配偶​者​に​敬意​を​払う​こと​に​より,エホバ​へ​の​忠節​を​示せる(9​節​を​参照)

9 南​アメリカ​の​オルガ [1] は,難しい​状況​で​も​夫​に​敬意​を​払う​こと​に​よっ​て,神​へ​の​忠節​を​示し​まし​た。夫​は,オルガ​が​エホバ​の​証人​で​ある​こと​に​何​年​も​不快​感​を​あらわ​に​し​て​い​まし​た。オルガ​を​感情​的​に​虐待​し,侮辱​し,口​を​きか​なかっ​たり,子ども​たち​を​連れ​て​出​て​行く​と​言っ​て​脅し​たり​し​まし​た。それでも​オルガ​は​悪​に​悪​を​返し​たり​し​ませ​ん​でし​た。良い​妻​で​ある​ため​に​最善​を​尽くし,夫​の​食事​や​衣服​に​気​を​配り,家族​を​世話​し​まし​た。(ロマ 12:17)夫​が​家族​や​職場​の​人​たち​と​の​集まり​に​出かける​時​に​は,できる​だけ​一緒​に​行き​まし​た。例えば,夫​が​自分​の​父親​の​葬式​の​ため,別​の​町​に​行く​時​に​は,子ども​たち​に​支度​を​させ,旅行​の​準備​を​整え​まし​た。オルガ​は​葬儀​が​終わる​まで,教会​の​外​で​待ち​まし​た。何​年​も​たっ​て​から,夫​は​オルガ​の​辛抱強さ​や​敬意​に​心​を​動かさ​れ,態度​を​和らげる​よう​に​なり​まし​た。今​で​は​オルガ​を​王国​会館​に​送っ​て​くれ​ます。集会​に​行く​よう​オルガ​に​勧め​たり,自分​も​一緒​に​集会​に​出席​し​たり​する​こと​も​あり​ます。―ペテ​一 3:1,2

忠節​に​関し​て​決定​を​迫ら​れる​場合

10. ヨナタン​は​だれ​に​忠節​を​示す​べき​か​を​どの​よう​に​し​て​決定​し​まし​た​か。

10 サウル​は​ダビデ​を​殺す​こと​に​決め​て​い​た​の​で,ヨナタン​は​サウル​と​ダビデ​の​どちら​に​忠節​を​示す​べき​か,決定​を​迫ら​れ​まし​た。ヨナタン​は​ダビデ​と​契約​を​結ん​で​い​まし​た​が,父親​ に​も​服し​て​い​まし​た。しかし​ヨナタン​は,神​が​サウル​で​は​なく​ダビデ​と​共​に​おら​れる​こと​を​理解​し​て​い​た​の​で,ダビデ​に​対する​忠節​を​優先​し​まし​た。それで,ダビデ​に​身​を​隠す​よう​忠告​し,サウル​に​は​ダビデ​の​良い​点​を​述べ​まし​た。―サムエル​第​一 19:1‐6を​読む。

11,12. 神​に​忠節​を​示す​よう​決意​する​うえ​で,神​へ​の​愛​は​どの​よう​に​助け​に​なり​ます​か。

11 オーストラリア​の​アリス​と​いう​姉妹​は,だれ​に​忠節​を​示す​か​を​決め​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。アリス​は​聖書​を​学び​始める​と,学ん​だ​良い​事柄​を​家族​に​話す​よう​に​なり​まし​た。後​に,自分​は​クリスマス​を​一緒​に​祝え​ない,と​いう​こと​を​家族​に​伝え,その​理由​も​説明​し​まし​た。家族​は​最初​の​うち​少し​心配​する​程度​でし​た​が,徐々​に​強い​怒り​を​表わす​よう​に​なり​まし​た。アリス​に​見放さ​れ​た​と​思っ​た​の​です。アリス​は​こう​言い​ます。「母​は​親子​の​縁​を​切る​と​まで​言い​まし​た。わたし​は​ショック​を​受け,深く​傷つき​まし​た。家族​を​本当​に​愛し​て​い​た​から​です。それでも,エホバ​と​み子​を​第​一​に​する​よう​決意​し,次​の​大会​で​バプテスマ​を​受け​まし​た」。―マタ 10:37

12 注意​し​て​い​ない​と,国,学校,スポーツチーム​へ​の​愛着​が​強く​なっ​て,神​へ​の​忠節​が​わき​へ​押しやら​れる​こと​が​あり​ます。ヘンリー​の​例​を​考え​て​み​ましょ​う。ヘンリー​は​チェス​を​する​の​が​好き​です。通っ​て​い​た​学校​が​チェス​大会​で​いつも​優勝​し​て​い​た​の​で,自分​も​ベスト​を​尽くし​たい​と​思っ​て​い​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「だんだん​と,学校​へ​の​忠節​心​が​神​へ​の​忠節​心​を​上回る​よう​に​なっ​て​ゆき​まし​た。週末​に​チェス​の​試合​が​あっ​た​の​で,奉仕​を​休み​がち​に​なり​まし​た。それで,チェス​の​チーム​から​抜ける​こと​に​し​まし​た」。―マタ 6:33

13. 神​へ​の​忠節​は,家族​の​問題​に​対処​する​うえ​で​どの​よう​に​助け​に​なり​ます​か。

13 家族​の​中​で​だれ​に​対する​忠節​を​優先​す​べき​か,難しく​感じる​こと​も​ある​でしょ​う。ケン​は​こう​言い​ます。「わたし​は​高齢​の​母​を​定期​的​に​訪問​し​たい​と​思っ​て​い​まし​た。時おり​我​が​家​に​泊まり​に​来​て​ほしい​と​も​思い​まし​た。でも,母​と​妻​は​あまり​仲​が​良く​あり​ませ​ん​でし​た。どちら​か​一方​を​立てる​と,もう​一方​が​不機嫌​に​なる​の​で,最初​の​うち​は​大変​でし​た。でも,自分​が​堅く​付く​べき​な​の​は​妻​だ​と​いう​こと​に​気づき​まし​た。それで,母​に​配慮​し​つつ​も,妻​が​納得​できる​よう​な​方法​を​考え​まし​た」。ケン​は,神​に​忠節​を​示し​聖書​の​言葉​に​従い​たい​と​思っ​た​の​で,妻​に​は​母親​を​大切​に​す​べき​理由​を​説明​し,母親​に​は​妻​の​考え​を​尊重​す​べき​理由​を​説明​し​まし​た。―創世記 2:24; コリント​第​一 13:4,5を​読む。

誤解​さ​れ​た​場合

14. サウル​は​ヨナタン​を​どの​よう​に​不当​に​扱い​まし​た​か。

14 責任​ある​立場​の​人​から​誤解​さ​れる​と,エホバ​へ​の​忠節​が​試み​られる​か​も​しれ​ませ​ん。ヨナタン​は​その​よう​な​状況​に​直面​し​た​もの​と​思わ​れ​ます。神​に​よっ​て​油そそが​れ​た​サウル​王​は,息子​ヨナタン​が​ダビデ​と​友情​を​築い​て​いる​こと​を​知っ​て​い​まし​た​が,その​理由​を​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。サウル​は​怒り​に​任せ​て​ヨナタン​を​辱め​まし​た。しかし,ヨナタン​は​仕返し​し​ませ​ん​でし​た。神​に​対する​忠節​も,やがて​イスラエル​の​王​と​なる​ダビデ​に​対する​忠節​も,揺らぎ​ませ​ん​でし​た。―サム​一 20:30‐41

15. だれ​か​に​不当​に​扱わ​れ​た​と​し​て​も,どう​す​べき​です​か。

15 今日,エホバ​の​民​の​会衆​で​不当​に​扱わ​れる​こと​は,ほとんど​ない​でしょ​う。と​は​いえ,指導​の​任​に​当たっ​て​いる​兄弟​たち​も​不​完全​な​の​で,わたしたち​の​行動​を​誤解​する​こと​が​あり​ます。(サム​一 1:13‐17)ですから,誤解​さ​れる​こと​が​ある​と​し​て​も,エホバ​へ​の​忠節​を​保ち​ましょ​う。

 忠節​と​自分​の​願い​が​相反する​場合

16. 神​へ​の​忠節​を​保っ​て​利己​的​な​態度​を​避ける​べき,どんな​状況​が​あり​ます​か。

16 サウル​は​ヨナタン​に,自分​の​利益​を​求める​よう​勧め​まし​た。(サム​一 20:31)しかし,ヨナタン​は​神​に​忠節​だっ​た​の​で,自分​が​王​に​なろ​う​と​する​の​で​は​なく,友​と​し​て​ダビデ​を​助け​まし​た。わたしたち​も​ヨナタン​の​利他​的​な​精神​に​倣い​たい​と​思う​でしょ​う。聖書​は,エホバ​に​受け入れ​られる​人​に​つい​て,「自分​に​とっ​て​悪い​こと​を​誓い​まし​た​が,それでも​変え​ませ​ん」と​述べ​て​い​ます。(詩 15:4)ヨナタン​は​ダビデ​と​の「誓い」を​変え​ず,約束​を​守り​まし​た。わたしたち​も​約束​を​守る​べき​です。例えば,仕事​上​の​合意​事項​を​守る​の​が​予想​以上​に​難しく​なっ​て​も,神​へ​の​忠節​と​聖書​へ​の​敬意​が​あれ​ば,約束​を​守り​たい​と​思う​はず​です。また,結婚​生活​が​思っ​て​い​た​以上​に​大変​に​なっ​て​も,神​へ​の​愛​が​あれ​ば,配偶​者​へ​の​忠節​を​保ち​たい​と​思う​こと​でしょ​う。―マラキ 2:13‐16を​読む。

仕事​の​合意​事項​を​守る​の​が​難しい​とき,神​へ​の​忠節​と​聖書​へ​の​敬意​が​試み​られる(16​節​を​参照)

17. この​記事​から​どんな​点​を​学び​まし​た​か。

17 ヨナタン​の​模範​を​熟考​する​と,神​に​対する​ヨナタン​の​忠節​に​倣い​たい​と​思う​の​で​は​あり​ませ​ん​か。自分​の​利己​的​な​関心事​を​求め​ない​よう​に​し​ましょ​う。また,兄弟​姉妹​の​だれ​か​に​がっかり​さ​せ​られる​こと​が​あっ​て​も,神​の​民​に​忠節​で​ある​こと​に​よっ​て,エホバ​へ​の​忠節​を​示し​ましょ​う。難しい​状況​の​もと​で​も​エホバ​神​に​忠節​で​ある​なら,神​の​心​を​歓ばせる​こと​が​でき​ます。その​こと​を​知る​と,わたしたち​は​この​上​ない​満足​を​覚え​ます。(箴 27:11)神​へ​の​忠節​を​保つ​なら,エホバ​は​わたしたち​に​とっ​て​最終​的​に​最も​良い​結果​に​なる​よう,物事​を​導い​て​くださる​でしょ​う。次​の​記事​で​は,ダビデ​の​時代​の​忠節​な​人​たち​と​不​忠節​な​人​たち​の​行なっ​た​事柄​から​大切​な​教訓​を​学び​ます。

^ [1](9​節)一部​の​名前​は​変え​て​あり​ます。