内容へ

目次へ

あなたはエホバ神の書を重んじていますか

あなたはエホバ神の書を重んじていますか

「神​の​言葉​を​受け​た​時,あなた方​は​それ​を……事実​どおり​神​の​言葉​と​し​て​受け入れ​た​から​です」。―テサ​一 2:13

歌: 114,113

1‐3. ユウオデア​と​スントケ​の​間​の​問題​は,どの​よう​に​し​て​生じ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん​か。どう​すれ​ば​その​よう​な​問題​を​避け​られ​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

エホバ​の​僕​たち​は,神​の​書​で​ある​聖書​を​重んじ​て​い​ます。わたしたち​は​みな​不​完全​な​の​で,聖書​に​基づく​助言​を​受ける​こと​が​あり​ます。その​よう​な​時,あなた​は​どう​し​ます​か。1​世紀​の​クリスチャン,ユウオデア​と​スントケ​に​つい​て​考え​ましょ​う。この​2​人​の​油そそが​れ​た​女性​たち​の​間​で​深刻​な​問題​が​生じ​まし​た。それ​が​どんな​問題​だっ​た​の​か,聖書​は​述べ​て​い​ませ​ん。しかし,次​の​よう​な​状況​が​生じ​た​と​仮定​し​て,考え​て​み​ましょ​う。

2 ユウオデア​は​幾​人​か​の​兄弟​姉妹​を​家​に​招き,食事​と​交わり​を​楽しみ​まし​た。でも​スントケ​は​招か​れ​ませ​ん​でし​た。あと​で​その​交わり​の​こと​を​知り,こう​思っ​た​か​も​しれ​ませ​ん。「信じ​られ​ない。わたし​を​招待​し​ない​なんて。親友​だ​と​思っ​て​い​た​の​に」。裏切ら​れ​た​と​感じ​た​スントケ​は,ユウオデア​を​疑い​の​目​で​見る​よう​に​なり​ます。それ​で​自分​も​交わり​を​計画​し,ユウオデア​の​家​に​招か​れ​た​兄弟​姉妹​を​招き​ます。でも​ユウオデア​は​招き​ませ​ん。2​人​の​間​に​生じ​た​問題​は,会衆​の​ 平和​も​損なっ​て​い​た​か​も​しれ​ませ​ん。聖書​は​この​件​が​どう​なっ​た​か​を​述べ​て​い​ませ​ん​が,2​人​の​姉妹​たち​は​使徒​パウロ​の​愛​ある​助言​に​よく​従っ​た​もの​と​思わ​れ​ます。―フィリ 4:2,3

3 今日​の​会衆​に​おい​て​も,同じ​よう​な​問題​が​生じる​こと​が​あり​ます。しかし,聖書​の​助言​を​当てはめる​なら,そう​し​た​問題​を​解決​し​たり,未然​に​防い​だり​する​こと​が​でき​ます。エホバ​神​の​書​を​重んじる​人​は,その​教え​に​従っ​て​生活​し​ます。―詩 27:11

神​の​書​と​人間​の​感情

4,5. 神​の​言葉​は,感情​を​コントロール​する​こと​に​つい​て,どんな​助言​を​与え​て​い​ます​か。

4 だれ​か​に​ばか​に​され​たり​不当​に​扱わ​れ​たり​し​た​と​感じる​場合,自分​の​感情​を​コントロール​する​の​は​簡単​で​は​あり​ませ​ん。人種​の​違い​や,肌​の​色​など​の​身体​的​な​違い​の​ゆえに​見下さ​れる​の​は,非常​に​つらい​こと​です。相手​が​兄弟​姉妹​で​あれ​ば,なお​の​こと​でしょ​う。残念​な​こと​に,不​完全​な​人間​は​こう​し​た​醜い​特性​を​示す​こと​が​あり​ます。神​の​言葉​は,その​よう​な​状況​に​直面​し​た​時​に​役立つ​どんな​助言​を​与え​て​いる​でしょ​う​か。

5 エホバ​は​人類​史​の​初め​から,人間​同士​の​関係​を​見​て​こら​れ​まし​た。エホバ​は​わたしたち​の​感情​と​行動​に​注目​し​て​おら​れ​ます。わたしたち​は​感情​的​に​なる​と,あと​で​後悔​する​よう​な​こと​を​言っ​たり​行なっ​たり​し​がち​です。ですから,感情​を​抑え,すぐ​に​腹​を​立て​ない​よう​に,と​いう​聖書​の​助言​を​当てはめる​の​は​本当​に​賢明​な​こと​です。箴言 16:32; 伝道​の​書 7:9を​読む。)わたしたち​は​皆,過敏​な​人​で​は​なく,進ん​で​許す​人​に​なる​よう​努力​する​必要​が​ある​でしょ​う。エホバ​と​イエス​は,他​の​人​を​許す​こと​を​非常​に​重要​な​こと​と​見​て​おら​れ​ます。(マタ 6:14,15)あなた​は​人​を​もっと​許し​たり,感情​を​コントロール​し​たり​する​必要​が​あり​ます​か。

6. 苦々しい​気持ち​を​抱か​ない​よう​に​す​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

6 感情​を​コントロール​で​き​ない​人​は,怒り​や​苦々しい​気持ち​を​抱き​がち​です。そう​なる​と,周囲​の​人々​を​遠ざけ​て​しまう​でしょ​う。苦々しい​気持ち​を​抱く​と,会衆​に​も​悪​影響​を​与えかね​ませ​ん。怒り​や​憎しみ​を​表​に​出さ​ない​よう​に​し​て​も,心​に​潜む​良く​ない​考え​は,やがて「会衆​の​中​で​あらわ​に​され」ます。(箴 26:24‐26)長老​たち​は​その​よう​な​人​たち​に,怒り​や​憎しみ​や​恨み​が​神​の​組織​に​あっ​て​は​なら​ない,と​いう​こと​を​教える​こと​が​でき​ます。エホバ​の​貴重​な​書​は,この​点​に​つい​て​明快​な​助言​を​与え​て​い​ます。(レビ 19:17,18。ロマ 3:11‐18)あなた​も​聖書​と​同じ​見方​を​し​て​い​ます​か。

エホバ​は​わたしたち​を​どの​よう​に​導い​て​おら​れる​か

7,8. (イ)エホバ​は,ご自分​の​組織​の​地的​な​部分​を​どの​よう​に​導い​て​おら​れ​ます​か。(ロ)聖書​に​は​どんな​指示​が​収め​られ​て​い​ます​か。そう​し​た​指示​に​従う​べき​な​の​は​なぜ​です​か。

7 エホバ​は,ご自分​の​組織​の​地的​な​部分​を​どの​よう​に​導き,養っ​て​おら​れ​ます​か。「会衆​の​頭」キリスト​の​指導​の​下​に​ある「忠実​で​思慮深い​奴隷」を​用い​て​導い​て​おら​れ​ます。(エフェ 5:23。マタ 24:45‐47)この​奴隷​は​1​世紀​の​統治​体​と​同様,霊感​を​受け​た​神​の​言葉​つまり​神​から​の​音信​を​受け入れ,重んじ​て​い​ます。テサロニケ​第​一 2:13を​読む。)聖書​に​は,わたしたち​に​役立つ​どんな​指示​や​教え​が​収め​られ​て​いる​でしょ​う​か。

8 聖書​は,集会​に​定期​的​に​出席​する​よう​勧め​ て​い​ます。(ヘブ 10:24,25)教え​の​点​で​一致​する​よう​に​と​も​述べ​て​い​ます。(コリ​一 1:10)生活​の​中​で​王国​を​第​一​に​する​よう​教え​て​い​ます。(マタ 6:33)家​から​家​に,公​の​場所​で,非​公式​に​伝道​する​務め​と​特権​を​果たす​よう​に​と​も​勧め​て​い​ます。(マタ 28:19,20。使徒 5:42; 17:17; 20:20)長老​たち​に​対し​て​は,神​の​組織​を​清く​保つ​よう​指示​し​て​い​ます。(コリ​一 5:1‐5,13。テモ​一 5:19‐21)また,組織​内​の​すべて​の​人​に​対し​て,身体​的​に​も​霊的​に​も​清く​ある​よう​命じ​て​い​ます。―コリ​二 7:1

9. イエス​は,神​の​言葉​を​理解​する​ため​の​唯一​の​経路​と​し​て,だれ​を​用い​て​い​ます​か。

9 自分​で​聖書​を​理解​できる,と​考える​人​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,イエス​は「忠実[な]奴隷」を​任命​し,霊的​食物​を​分配​する​ため​の​唯一​の​経路​と​し​て​用い​て​い​ます。栄光​を​受け​た​イエス​・​キリスト​は​1919​年​以来,その​奴隷​を​用い​て,追随​者​たち​が​神​の​書​を​理解​し,その​指示​に​従える​よう​助け​て​おら​れ​ます。聖書​の​教え​に​従う​なら,会衆​の​清さ​と​平和​と​一致​を​促進​でき​ます。それで,こう​自問​する​と​よい​でしょ​う。「わたし​は,今日​イエス​が​経路​と​し​て​用い​て​いる​奴隷​に​忠節​だろ​う​か」。

エホバ​の​兵車​は​前進​し​て​いる!

10. エゼキエル​書​の​中​で,エホバ​の​組織​の​天的​な​部分​は​どの​よう​に​描写​さ​れ​て​い​ます​か。

10 エホバ​神​の​書​は,神​の​組織​の​天的​な​部分​に​つい​て​明らか​に​し​て​い​ます。例えば,預言​者​エゼキエル​が​見​た​幻​の​中​で​は,神​の​組織​の​天的​な​部分​が​天​の​兵車​と​し​て​描か​れ​て​い​ます。(エゼ 1:4‐28)その​乗り手​は​エホバ​で​あり,兵車​は​神​の​霊​が​駆り立てる​所​に​どこ​へ​で​も​行き​ます。そして,神​の​組織​の​天的​な​部分​は,地的​な​部分​に​影響​を​与え​ます。その​兵車​は​確か​に​前進​し​て​い​ます。過去​10​年​間​に​行なわ​れ​た,数々​の​組織​上​の​調整​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。そう​し​た​進展​の​背後​に​は​エホバ​が​おら​れる​の​です。キリスト​と​聖​なる​み使い​たち​が​この​邪悪​な​世​を​滅ぼそ​う​と​し​て​いる​今,エホバ​の​兵車​は​非常​に​速い​スピード​で​前進​し​て​い​ます。神​の​主権​の​正しさ​が​立証​さ​れ,神​の​み名​が​神聖​な​もの​と​される​時​に​向け​て​前進​し​続ける​の​です。

建設​プロジェクト​の​ため​熱心​に​働く​奉仕​者​たち​に​感謝​できる(11​節​を​参照)

11,12. エホバ​の​組織​は​どんな​事柄​を​成し遂げ​て​い​ます​か。

11 神​の​組織​の​地的​な​部分​が,この​終わり​の​日​に​成し遂げ​て​いる​事柄​に​つい​て​考え​て​み​ましょ​う。建設。米国​ニューヨーク​州​ウォーウィック​に​おい​て,エホバ​の​証人​の​新しい​本部​を​建設​する​ため,多く​の​奉仕​者​が​勤勉​に​奉仕​し​まし​た。また,国際​設計​建設​部門​の​指導​の​もと,王国​会館​の​建設​や​支部​施設​の​拡張​の​ため,世界​中​で​非常​に​大勢​の​奉仕​者​が​一生​懸命​に​働い​て​い​ます。わたしたち​は,そう​し​た​プロジェクト​の​ため​に​進ん​で​熱心​に​働く​奉仕​者​たち​に​感謝​できる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。エホバ​は,そう​し​た​プロジェクト​を​金銭​面​で​支援​する,世界​ 各地​の​謙遜​で​忠節​な​奉仕​者​たち​も​祝福​し​て​おら​れ​ます。―ルカ 21:1‐4

12 教育。神​から​の​教育​を​推し進める​種々​の​学校​に​つい​て​考え​ましょ​う。(イザ 2:2,3)例えば,開拓​奉仕​学校,王国​福音​宣明​者​の​ため​の​学校,ギレアデ​学校,ベテル​新入​者​学校,巡回​監督​と​妻​の​ため​の​学校,会衆​の​長老​の​ため​の​学校,王国​宣教​学校,支部​委員​と​妻​の​ため​の​学校​など​が​あり​ます。エホバ​は​確か​に,ご自分​の​民​を​教育​し​たい​と​強く​願っ​て​おら​れ​ます。聖書​教育​は,ウェブサイト​jw.org​に​よっ​て​も​推し進め​られ​て​い​ます。この​サイト​で​は​幾百​も​の​言語​で​記事​を​読む​こと​が​でき​ます。子ども​や​家族​の​ため​の​特別​な​セクション​や,ニュース​を​載せ​た​セクション​も​あり​ます。あなた​は​宣教​や​家族​の​崇拝​で​jw.org​を​活用​し​て​い​ます​か。

エホバ​に​忠節​を​示し,神​の​組織​を​支持​する

13. エホバ​の​忠節​な​崇拝​者​に​は​どんな​責任​が​あり​ます​か。

13 エホバ​の​組織​の​一員​で​ある​の​は,本当​に​素晴らしい​特権​です。神​の​ご要求​や​規準​を​知る​人​に​は,正しい​こと​を​行ない,神​の​主権​を​支持​する​責任​も​あり​ます。この​世​が​いよいよ​悪​に​進ん​で​いる​今,エホバ​に​倣っ​て「悪​を​憎[む]」必要​が​あり​ます。(詩 97:10)「善​は​悪​で​ある,悪​は​善​で​ある」と​言う​不​敬虔​な​人々​の​よう​に​なっ​て​は​なり​ませ​ん。(イザ 5:20)わたしたち​は​神​に​喜ば​れ​たい​と​願っ​て​いる​の​で,身体​的​に​も​道徳​的​に​も​霊的​に​も​清さ​を​保つ​よう​努力​し​ます。(コリ​一 6:9‐11)わたしたち​は​エホバ​を​愛し​信頼​し​て​い​ます。それで,神​の​貴重​な​書​に​記さ​れ​て​いる​規準​に​従っ​て​生き,エホバ​へ​の​忠節​を​示し​ます。家庭​で​も​会衆​で​も​職場​で​も​学校​で​も,その​規準​に​従う​よう​最善​を​尽くし​ます。(箴 15:3)神​へ​の​忠節​を​示す​方法​は​ほか​に​も​あり​ます。考え​て​み​ましょ​う。

14. クリスチャン​で​ある​親​は,どの​よう​に​神​へ​の​忠節​を​示し​ます​か。

14 子育て。クリスチャン​で​ある​親​は,神​の​言葉​に​従っ​て​子ども​を​訓練​する​こと​に​より,エホバ​へ​の​忠節​を​示し​ます。子育て​に​関する​地元​の​文化​や​考え方​に​過度​に​影響​さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。クリスチャン​の​家庭​に​世​の​霊​を​持ち込む​べき​で​は​ない​の​です。(エフェ 2:2)例えば,国​に​よっ​て​は「子ども​の​しつけ​は​女性​の​仕事​だ」と​いう​見方​が​一般​的​です。しかし,クリスチャン​で​ある​父親​は​その​よう​に​は​考え​ませ​ん。この​点​で​聖書​は​次​の​明確​な​指示​を​与え​て​い​ます。「父​たち​よ,あなた方​の​子供​を……エホバ​の​懲らしめ​と​精神​の​規整​と​を​もっ​て​育て​て​ゆき​なさい」。(エフェ 6:4)神​を​恐れる​父親​と​母親​は,子ども​が​サムエル​の​よう​に,エホバ​と​の​親しい​関係​を​培う​こと​を​願っ​て​い​ます。―サム​一 3:19

15. 大きな​決定​を​下す​際,どう​すれ​ば​エホバ​へ​の​忠節​を​示せ​ます​か。

15 決定​を​下す。生活​上​の​大きな​決定​を​下す​際,神​の​言葉​と​組織​の​助け​に​頼る​なら,神​へ​の​忠節​を​示せ​ます。この​こと​の​大切​さ​を​1​つ​の​例​から​考え​て​み​ましょ​う。多く​の​親​に​関係​する​微妙​な​問題​です。ある​国々​から​外国​に​移り住ん​だ​人​たち​の​間​で​は,生ま​れ​た​ばかり​の​子ども​を​故国​の​親族​に​預け​て​世話​し​て​もらう​こと​が​普通​に​なっ​て​い​ます。自分​たち​が​仕事​を​続け​て​お金​を​稼ぐ​ため​です。もちろん,これ​は​それぞれ​の​家族​が​決定​す​べき​事柄​です。と​は​いえ,その​決定​に​関し​て​神​の​み前​で​言い開き​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。ローマ 14:12を​読む。)家族​や​仕事​に​関し​て​重要​な​決定​を​下す​際​に​は,まず​聖書​の​指針​を​調べる​べき​で​は​ ない​でしょ​う​か。自分​の​歩み​を​導く​こと​さえ​でき​ない​わたしたち​に​は,天​の​父​の​助け​が​必要​な​の​です。―エレ 10:23

16. ある​女性​は,子ども​が​生ま​れ​た​時,どんな​選択​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た​か。正しい​決定​を​する​うえ​で​何​が​役立ち​まし​た​か。

16 ある​女性​は,外国​に​住ん​で​いる​間​に​男​の​子​が​生まれ,故国​の​両親​に​子ども​を​預け​て​世話​し​て​もらお​う​と​思っ​て​い​まし​た。その​ころ,エホバ​の​証人​と​聖書​研究​を​する​よう​に​なり​まし​た。霊的​に​進歩​する​に​つれ,エホバ​を​崇拝​する​よう​息子​を​教える​こと​は,神​から​与え​られ​た​自分​の​務め​だ​と​いう​こと​に​気づき​まし​た。(詩 127:3。箴 22:6)彼女​は,聖書​で​勧め​られ​て​いる​とおり,祈り​で​エホバ​に​心​を​注ぎ出し​まし​た。(詩 62:7,8)研究​司会​者​に​気持ち​を​打ち明け,会衆​の​人​たち​に​も​相談​し​まし​た。親族​や​友人​たち​から​は,子ども​を​両親​に​預ける​よう​に​と​いう​圧力​を​受け​まし​た​が,そう​する​の​は​正しく​ない,と​結論​し​まし​た。夫​は,会衆​の​人​たち​が​妻​と​子ども​を​親身​に​なっ​て​援助​し​て​くれ​て​いる​こと​に​心​を​打た​れ,聖書​研究​を​始め,妻​や​子ども​と​共​に​集会​に​出席​する​よう​に​なり​まし​た。この​女性​は,エホバ​が​自分​の​誠実​な​祈り​に​答え​て​くださっ​た​こと​を​知り,本当​に​うれしく​思い​まし​た。

17. 聖書​研究​の​司会​に​つい​て,どんな​指示​が​与え​られ​て​き​まし​た​か。

17 指示​に​従う。神​の​組織​の​指示​に​従う​こと​も,神​へ​の​忠節​を​示す​大切​な​方法​です。例えば,聖書​研究​の​司会​に​つい​て,どんな​提案​が​与え​られ​て​き​た​でしょ​う​か。「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」の​本​の​研究​が​始まっ​たら​すぐ​に,毎回​の​研究​後​に​数​分​を​用い,組織​に​つい​て​説明​する​こと​が​勧め​られ​て​い​ます。「王国​会館​に​おい​で​ください」の​ビデオ​や「今​の​時代​に​だれ​が​エホバ​の​ご意志​を​行なっ​て​い​ます​か」の​ブロシュアー​を​活用​でき​ます。進歩​的​な​研究​生​の​場合,『聖書​の​教え』の​本​を​学び​終え​た​後,「自分​を​神​の​愛​の​うち​に​保ち​なさい」の​本​を​研究​する​よう​提案​さ​れ​て​い​ます。2​冊​の​本​を​学び​終える​前​に​バプテスマ​を​受け​た​場合​に​も,この​提案​は​当てはまり​ます。組織​が​この​よう​な​指示​を​与え​て​いる​の​は,「信仰​に​おい​て​安定​し​た​者​と​な[る]」よう​新しい​弟子​を​助ける​ため​です。(コロ 2:7)あなた​は,エホバ​の​組織​から​与え​られる​こう​し​た​提案​に​従っ​て​い​ます​か。

18,19. エホバ​に​感謝​す​べき​どんな​理由​が​あり​ます​か。

18 エホバ​に​感謝​す​べき​理由​は​たくさん​あり​ます。まず,生き​て​い​られる​こと​に​感謝​でき​ます。エホバ​が​おら​れ​なけれ​ば,動く​こと​も​存在​する​こと​も​でき​なかっ​た​でしょ​う。(使徒 17:27,28)また,聖書​と​いう​非常​に​貴重​な​贈り物​に​も​感謝​でき​ます。テサロニケ​の​クリスチャン​が​神​の​言葉​を​受け入れ​た​の​と​同じ​よう​に,わたしたち​も​聖書​を​神​から​の​音信​と​し​て​受け入れ​ます。―テサ​一 2:13

19 わたしたち​は​神​の​言葉 聖書​の​おかげ​で​エホバ​に​近づく​こと​が​でき,エホバ​も​わたしたち​に​近づい​て​ください​まし​た。(ヤコ 4:8)天​の​父​は,神​の​組織​の​一員​に​なる​と​いう​素晴らしい​特権​も​与え​て​ください​まし​た。こう​し​た​数々​の​祝福​に​本当​に​感謝​でき​ます。詩編​作者​は,エホバ​へ​の​感謝​を​次​の​よう​に​美しく​表現​し​て​い​ます。「エホバ​に​感謝​せよ。神​は​善良​な​方​だ​から​で​ある。その​愛​ある​親切​は​定め​の​ない​時​に​まで​及ぶ​から​で​ある」。(詩 136:1詩編 136​編​に​は,「その​愛​ある​親切​は​定め​の​ない​時​に​まで​及ぶ」と​いう​表現​が​26​回​出​て​き​ます。エホバ​と​組織​に​忠節​で​あれ​ば,永遠​の​命​を​受け,この​言葉​の​真実​さ​を​実際​に​経験​できる​でしょ​う。