内容へ

目次へ

 ライフ​・​ストーリー

良い手本にしっかり倣うよう努力してきました

良い手本にしっかり倣うよう努力してきました

「わたし​の​年​を​ご存じ​です​か」と​尋ねる​と,「もちろん,よく​知っ​て​い​ます​よ」と​いう​答え​が​返っ​て​き​まし​た。ニューヨーク​の​パタソン​から​コロラド​に​電話​を​かけ​て​き​た​イーサク​・​マレー​と​の​会話​です。いきさつ​を​お話し​し​ましょ​う。

わたし​は​1936​年​12​月​10​日,米国​カンザス​州​ウィチタ​で​生ま​れ​まし​た。4​人​兄弟​の​1​番​上​です。父​の​ウィリアム​と​母​の​ジーン​は​熱心​な​エホバ​の​証人​で,父​は​会​の​僕​でし​た。当時,会衆​で​指導​の​任​に​当たる​兄弟​は​そう​呼ば​れ​て​い​まし​た。母​に​聖書​の​真理​を​教え​た​の​は​祖母​の​エマ​・​ワグナー​です。祖母​は​多く​の​人​に​聖書​の​真理​を​伝え​まし​た。その​一​人,ガートルード​・​スティール​は,長年,プエルトリコ​で​宣教​者​と​し​て​奉仕​し​まし​た。 * わたし​は​たくさん​の​良い​手本​に​囲ま​れ​て​い​まし​た。

忘れ​がたい​良い​手本

父​が​街角​で​通行​人​に​雑誌​を​紹介​し​て​いる

わたし​が​5​歳​の​時​の​こと​です​が,土曜​日​の​夕方,父​と​一緒​に​街路​で「ものみの塔」と「慰め」(現在​の「目ざめよ!」)を​配布​し​て​い​まし​た。当時,米国​は​第​二​次​世界​大戦​に​参戦​し​て​い​まし​た。酔っ払っ​た​医師​が​そば​を​通りかかり,「戦争​に​行か​ない​臆病​者​め!」と​父​を​罵倒​し​まし​た。父​は,クリスチャン​の​中立​の​立場​を​保ち,兵役​を​拒否​し​て​い​た​から​です。男性​は​父​に​顔​を​突きつけ​て,「かかっ​て​こい! この​腰抜け​野郎!」と​言い​まし​た。わたし​は​怖く​なり​まし​た。でも,父​の​態度​に​感銘​を​受け​まし​た。動揺​する​こと​なく,集まっ​て​来​た​大勢​の​人々​に​雑誌​を​配布​し​続け​た​から​です。そこ​に​1​人​の​兵士​が​通りかかり​まし​た。すると,先​ほど​の​男性​は「この​腰抜け​を​とっちめ​て​やっ​て​くれ」と​わめき​まし​た。男性​が​酔っ​て​いる​こと​に​気づい​た​兵士​は,「家​に​帰っ​て,頭​を​冷やせ!」と​言い​まし​た。2​人​は​その​場​を​立ち去り​まし​た。今​振り返る​と,エホバ​が​父​に​勇気​を​与え​て​くださっ​た​の​だ​と​思い​ます。父​は​ウィチタ​で​理髪​店​を​2​軒​経営​し​て​い​まし​た​が,酔っ払っ​た​男性​は​店​の​常連​客​だっ​た​の​です。

両親​と​一緒​に​ウィチタ​で​開か​れ​た​大会​に​向かう​ところ。1940​年代

わたし​が​8​歳​の​時,両親​は​自宅​と​店​を​売っ​て​小さな​トレーラー​・​ハウス​を​作り,コロラド​州​へ​引っ越し​まし​た。必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​ため​です。わたしたち​家族​は​グランド​・​ジャンクション​の​近く​に​住み,両親​は​パートタイム​ で​畑​仕事​や​牧畜​を​し​ながら,開拓​奉仕​を​行ない​まし​た。エホバ​は​両親​の​熱心​な​奉仕​を​祝福​し​て​くださり,その​地​に​新しい​会衆​が​誕生​し​まし​た。1948​年​6​月​20​日,わたし​は​山​の​小川​で​父​から​バプテスマ​を​受け​まし​た。その​土地​で​聖書​の​真理​を​受け入れ​た​ビリー​・​ニコルズ​と​奥さん​も​バプテスマ​を​受け​まし​た。後​に,お二人​と,お二人​の​息子​さん​夫婦​は,巡回​奉仕​を​し​まし​た。

王国​の​業​に​活発​に​携わる​人​たち​と​親しく​交わっ​た​こと​や,築き上げる​霊的​な​会話​を​楽しん​だ​こと​も,忘れ​がたい​思い出​です。特に​親しかっ​た​の​は​スティール​家​の​人​たち​です。ドン​と​アーリーン,デイブ​と​ジュリア,サイ​と​マーサ​は,わたし​の​人生​に​非常​に​大きな​影響​を​与え​まし​た。王国​を​第​一​に​する​なら​有意義​で​喜び​の​多い​人生​を​送れる,と​いう​こと​を​教え​て​くれ​た​の​です。

新た​な​区域​に​移動​する

19​歳​の​時,家族​ぐるみ​の​友人​だっ​た​バッド​・​ヘースティ​から,米国​南部​で​一緒​に​開拓​奉仕​を​し​よう​と​誘わ​れ​まし​た。巡回​監督​は,ルイジアナ​州​の​ラストン​に​移動​する​よう​勧め​て​くれ​まし​た。会衆​の​何​人​も​の​奉仕​者​が​不​活発​に​なっ​て​い​た​から​です。たとえ​出席​者​が​少なく​て​も​毎週​集会​を​開く​よう​に​と​言わ​れ​て​い​た​の​で,集会​場所​を​探し​て​ふさわしく​整え,毎週​集会​を​開く​よう​に​し​まし​た。でも,出席​者​は​しばらく,わたしたち​2​人​だけ​でし​た。わたしたち​は​交替​で​プログラム​を​扱い,プログラム​を​扱っ​て​い​ない​ほう​が​すべて​の​質問​に​答え​まし​た。2​人​で​実演​を​行なう​時​は,聴衆​席​に​だれ​も​い​ませ​ん​でし​た。やがて​1​人​の​年配​の​姉妹​が​再び​集会​に​出席​し​始め,しばらく​する​と​数​人​の​研究​生​と​不​活発​だっ​た​奉仕​者​たち​も​集会​に​来る​よう​に​なり​まし​た。ま​も​なく,会衆​は​活気​を​取り戻し​まし​た。

ある​日,わたし​と​バッド​は​チャーチ​・​オブ​・​クライスト​の​牧師​に​会い,わたし​の​よく​知ら​ない​聖句​に​つい​て​いろいろ​質問​さ​れ​まし​た。わたし​は​少し​焦り​まし​た。でも,それ​は​自分​の​信仰​を​見直す​良い​機会​に​なり​まし​た。それ​から​1​週​間,牧師​の​質問​に​対する​答え​を​調べる​ため​に​夜遅く​まで​勉強​し​まし​た。結果​と​し​て,真理​に​対する​確信​は​強まり,早く​また​あの​よう​な​牧師​に​会っ​て​話​を​し​たい,と​思い​まし​た。

その​後,巡回​監督​の​勧め​で,会衆​を​援助​する​ため​に​アーカンソー​州​エル​・​ドレード​へ​移動​し​まし​た。そこ​に​い​た​ころ,徴兵​委員​会​に​出頭​する​ため​コロラド​州​へ​何​度​も​旅行​し​まし​た。ある​時,数​人​の​開拓​者​たち​と​一緒​に​わたし​の​車​で​旅行​し​て​いる​途中,テキサス​州​で​事故​に​遭い, 車​が​だめ​に​なっ​て​しまい​まし​た。ある​兄弟​に​電話​を​かける​と,迎え​に​来​て​自宅​に​連れ​て​行っ​て​くれ​まし​た。それ​から,会衆​の​集会​に​も​出席​でき​まし​た。その​会衆​で,わたしたち​が​事故​に​遭っ​た​こと​が​発表​さ​れる​と,兄弟​たち​は​親切​に​金銭​面​で​援助​し​て​ください​まし​た。迎え​に​来​て​くれ​た​兄弟​は,わたし​の​車​を​25​㌦​で​売っ​て​くれ​まし​た。

その​後,車​に​乗せ​て​もらっ​て​ウィチタ​へ​行き​まし​た。そこ​に​は,家族​同士​で​親しく​し​て​い​た​開拓​者​の​E​・​F​・​マッカートニー​が​い​まし​た。彼​は​ドック​と​いう​愛称​で​呼ば​れ​て​い​まし​た。ドック​の​双子​の​息子​たち​フランク​と​フランシス​は,今​で​も​わたし​の​親友​です。その​家族​は​持っ​て​い​た​古い​車​を​25​㌦​で​譲っ​て​くれ​まし​た。壊れ​た​車​を​買い取っ​て​もらっ​た​値段​と​同じ​でし​た。エホバ​は​王国​を​第​一​に​し​て​いる​人​に​必要​な​物​を​与え​て​くださる,と​いう​こと​を​初めて​実感​し​まし​た。ウィチタ​に​いる​間,マッカートニー​家​の​人​たち​から​愛らしい​姉妹​を​紹介​さ​れ​まし​た。ベテル​・​クレーン​です。彼女​の​母親​の​ルース​は,カンザス​州​ウェリントン​の​熱心​な​エホバ​の​証人​で,90​代​まで​開拓​奉仕​を​続け​た​人​です。わたし​と​ベテル​は,それ​から​1​年​ほど​後​の​1958​年​に​結婚​し,エル​・​ドレード​で​一緒​に​開拓​奉仕​を​する​よう​に​なり​まし​た。

胸​の​躍る​招待​を​受ける

わたしたち​は​2​人​と​も​良い​手本​に​囲ま​れ​て​成長​し​まし​た。それ​で​自分​たち​も,エホバ​の​組織​から​与え​られる​どんな​割り当て​も​喜ん​で​果たそ​う​と​決意​し​て​い​まし​た。後​に,わたしたち​は​特別​開拓​者​と​し​て​アーカンソー​州​ウォールナット​・​リッジ​に​割り当て​られ​まし​た。そして​1962​年,胸​の​躍る​招待​を​受け​ます。ギレアデ​第​37​期​に​招か​れ​た​の​です。うれしい​こと​に,ドン​・​スティール​も​同じ​クラス​でし​た。卒業​後,わたしたち​夫婦​は​ケニア​の​ナイロビ​に​割り当て​られ​まし​た。ニューヨーク​を​出発​する​時,寂しさ​が​込み上げ​て​き​まし​た​が,ナイロビ​の​空港​で​兄弟​姉妹​に​会っ​た​とたん,寂しさ​は​どこ​か​へ​吹き飛ん​で​しまい​まし​た。

ナイロビ​で​の​宣教。メアリー​・​カナイヤ​と​クリス​・​カナイヤ​と​共​に

すぐ​に,ケニア​も​ケニア​で​の​宣教​も​大好き​に​なり​まし​た。最初​の​進歩​的​な​研究​生​は​クリス​・​カナイヤ​と​メアリー​・​カナイヤ​です。2​人​は​今​も​ケニア​で​忠実​に​全​時間​奉仕​を​続け​て​い​ます。翌年,わたしたち​は​ウガンダ​の​カンパラ​に​割り当て​られ​まし​た。ウガンダ​に​宣教​者​が​派遣​さ​れ​た​の​は​わたしたち​が​初めて​でし​た。そこ​で​の​奉仕​も​忘れ​がたい​もの​です。大勢​の​人​たち​が​聖書​の​真理​を​知り​たい​と​強く​願い,エホバ​の​証人​に​なっ​た​から​です。しかし,アフリカ​へ​行っ​て​3​年​半​後,子ども​が​でき​た​の​で,米国​に​戻る​こと​に​なり​まし​た。アフリカ​を​去る​日,ニューヨーク​を​出発​し​た​時​より​も​ずっ​と​大きな​寂しさ​が​込み上げ​て​き​まし​た。アフリカ​の​人​たち​を​深く​愛し​て​い​た​から​です。いつか​また​戻っ​て​来​たい​と​思い​まし​た。

新た​な​割り当て​に​取り組む

帰国​後​は,わたし​の​両親​が​住ん​で​い​た​コロラド​州​西部​で​暮らし​始め​まし​た。やがて​娘​の​キンバリー​が,そして​1​年​5​か月​後​に​は​ステファニー​が​生ま​れ​まし​た。わたしたち​は​子育て​と​いう​大切​な​割り当て​に​一生​懸命​取り組み,かわいい​娘​たち​に​真理​を​教え込む​よう​に​努力​し​まし​た。自分​たち​が​それ​まで​見​て​き​た​良い​手本​に​しっかり​倣い​たい​と​思い​まし​た。しかし,不安​も​あり​まし​た。良い​手本​が​子ども​たち​に​大きな​影響​を​与える​と​は​いえ,子ども​たち​が​エホバ​に​必ず​仕える​よう​に​なる,と​いう​保証​は​あり​ませ​ん。実際,わたし​の​弟​と​妹​は​真理​から​離れ​て​しまい​ まし​た。いつか​2​人​が​これ​まで​見​て​き​た​良い​手本​に​再び​倣う​よう​に​と​願っ​て​い​ます。

わたしたち​は​子育て​を​本当​に​楽しみ,家族​で​一緒​に​過ごす​時間​を​大切​に​し​まし​た。コロラド​州​アスペン​の​近く​に​住ん​で​い​た​の​で,親子​で​スキー​を​始め,時々​一緒​に​滑り​に​行き​まし​た。一緒​に​リフト​に​乗っ​て​いる​時​など​は,娘​たち​と​会話​する​絶好​の​機会​に​なり​まし​た。家族​で​キャンプ​に​も​出かけ​まし​た。たき火​を​囲ん​で​よく​楽しく​おしゃべり​し​た​もの​です。まだ​幼かっ​た​娘​たち​から,「大きく​なっ​たら​どんな​こと​を​し​よう​か​な」と​か,「どんな​人​と​結婚​し​たら​いい​と​思う?」と​聞か​れ​まし​た。わたしたち​は,娘​たち​の​思い​と​心​に​神​の​規準​を​植え込む​よう​努力​し​まし​た。全​時間​奉仕​を​目標​に​する​よう​励まし,同じ​目標​を​持つ​人​と​結婚​する​よう​に​勧め​まし​た。あまり​若い​うち​に​結婚​し​ない​ほう​が​よい,と​いう​こと​も​教え​まし​た。「23​歳​まで​は​自由​で​い​よう」と​いう​の​が​親子​の​合い言葉​でし​た。

わたしたち​は,親​が​し​て​くれ​た​よう​に,家族​で​一緒​に​集会​に​出席​し,定期​的​に​野外​奉仕​に​参加​する​よう​に​努力​し​まし​た。全​時間​奉仕​者​に​家​に​泊まっ​て​いただく​よう​に​も​し​まし​た。よく​子ども​たち​に,宣教​者​時代​の​楽しい​思い出​を​話し​て​あげ​た​もの​です。「いつか​家族​みんな​で​アフリカ​旅行​へ​行き​たい​ね」と​言う​と,娘​たち​も「行き​たい!」と​言い​まし​た。

いつも​定期​的​に​家族​研究​を​行なう​よう​に​し​まし​た。学校​で​起き​そう​な​状況​を​想定​し,先生​や​友達​の​質問​に​答える​役​を​娘​たち​に​させ​まし​た。娘​たち​は​楽しく​学び,自信​を​持てる​よう​に​なり​まし​た。でも,成長​する​に​つれ,家族​研究​を​嫌がる​こと​も​あり​まし​た。ある​時,わたし​は​失望​の​あまり,「自分​の​部屋​に​行き​なさい。もう​家族​研究​は​し​ない」と​言っ​て​しまい​まし​た。娘​たち​は​びっくり​し​て​泣き出し,「や​だ,研究​し​たい」と​言い​まし​た。霊的​な​事柄​を​慕う​気持ち​が​娘​たち​の​心​に​培わ​れ​て​い​た​の​です。やがて​娘​たち​は,家族​研究​が​大好き​に​なり,思っ​て​いる​こと​を​何​で​も​話​し​て​くれる​よう​に​なり​まし​た。と​は​いえ,納得​でき​ない​聖書​の​教え​が​ある,と​言わ​れ​て​どきっ​と​し​た​こと​も​何​度​か​あり​ます。でも,娘​たち​の​本当​の​気持ち​を​知る​こと​が​でき​た​の​で,一緒​に​よく​話し合う​よう​に​し​まし​た。そう​する​と,娘​たち​は​エホバ​の​お考え​が​正しい​こと​を​納得​し​まし​た。

その​後​も​変化​に​順応​する

振り返っ​て​みる​と,子育て​の​期間​は​あっと​いう​間​に​過ぎ​て​しまい​まし​た。その​間,子ども​が​エホバ​へ​の​愛​を​培える​よう,神​の​組織​の​助け​と​導き​に​頼っ​て​最善​を​尽くし​まし​た。うれしい​こと​に,娘​たち​は​2​人​と​も​高校​卒業​後​に​開拓​奉仕​を​始め,自活​する​の​に​必要​な​仕事​の​技術​も​身​に​着け​まし​た。その​後,必要​の​大きな​所​で​奉仕​する​ため,他​の​2​人​の​姉妹​たち​と​一緒​に​テネシー​州​クリーブランド​に​移動​し​まし​た。娘​たち​と​別れる​の​は​とても​寂しかっ​た​の​です​が,全​時間​奉仕​に​打ち込む​姿​を​見​て​うれしく​思い​まし​た。わたしたち​夫婦​は​開拓​奉仕​を​再開​し,代理​の​巡回​奉仕​や​大会​関係​の​仕事​など,様々​な​奉仕​の​特権​を​楽しみ​まし​た。

娘​たち​は​テネシー​に​引っ越す​前​に​イギリス​の​ロンドン​へ​旅行​し,支部​事務​所​を​訪問​し​まし​た。その​際,当時​19​歳​だっ​た​ステファニー​は,ポール​・​ノートン​と​いう​若い​ベテル​奉仕​者​に​出会い​まし​た。その​後​キンバリー​は,ポール​の​仕事​仲間​の​ブライアン​・​ルウェリン​と​知り合い​まし​た。ステファニー​は​23​歳​に​なっ​て​から​ポール​と​結婚​し,翌年,キンバリー​は​25​歳​の​時​に​ブライアン​と​結婚​し​まし​た。2​人​と​も,23​歳​まで​は​自由​で​い​た​の​です。親​と​し​て,娘​たち​は​良い​結婚​相手​を​選ん​だ​と​心​から​思っ​て​い​ます。

2002​年,マラウイ​の​支部​事務​所​で。ポール,ステファニー,キンバリー,ブライアン​と​共​に

娘​たち​は,経済​的​に​大変​な​時​に​も「王国……を​いつも​第​一​に​求め」る​うえ​で​親​や​祖父母​の​手本​が​役立っ​た,と​言っ​て​くれ​ます。(マタ 6:33)1998​年​4​月,ポール​と​ステファニー​は​ギレアデ​第​105​期​に​招待​さ​れ,卒業​後​は​アフリカ​の​マラウイ​に​割り当て​られ​まし​た。ブライアン​と​キンバリー​は​ロンドン​・​ベテル​に​招か​れ,後​に​マラウイ​・​ベテル​で​奉仕​する​こと​に​なり​まし​た。そう​いう​娘​たち​の​姿​を​見​て​本当​に​うれしく​思い​ます。若い​人​たち​に​とっ​て​最善​の​生き方​だ​から​です。

胸​の​躍る​別​の​招待​を​受ける

冒頭​で​述べ​た​電話​が​かかっ​て​き​た​の​は,2001​年​1​月​ の​こと​です。翻訳​サービス​部門​の​監督​で​ある​マレー​兄弟​から​の​電話​でし​た。兄弟​の​説明​に​よれ​ば,世界​中​の​翻訳​者​たち​の​英語​理解​力​を​強化​する​ため​の​課程​が​計画​さ​れ​て​おり,教訓​者​の​一​人​と​し​て​訓練​を​受ける​の​は​どうか,と​の​こと​でし​た。当時,わたし​は​64​歳​でし​た。夫婦​で​この​件​に​つい​て​祈り,年老い​た​母​たち​に​も​相談​し​まし​た。母​たち​は​どちら​も,自分​たち​は​大丈夫​な​の​で​行っ​て​き​て​ほしい,と​言い​まし​た。それ​で​マレー​兄弟​に​電話​を​かけ,この​素晴らしい​奉仕​の​割り当て​を​喜ん​で​受け入れ​たい​と​伝え​まし​た。

その​後,わたし​の​母​が​がん​と​診断​さ​れ​まし​た。それ​で​母​に,わたしたち​も​ここ​に​残っ​て​妹​の​リンダ​と​一緒​に​母​の​世話​を​し​たい​と​言い​まし​た。しかし​母​は,「心配​し​なく​て​も​いい​の​よ。行っ​て​くれ​ない​と,もっと​具合​が​悪く​なっ​て​しまう​わ」と​言い​まし​た。リンダ​も​同じ​気持ち​でし​た。母​と​妹​の​自己​犠牲​の​精神​と​地元​の​友人​たち​の​援助​に​心​から​感謝​し​て​い​ます。わたしたち​が​パタソン​の​ものみの塔​教育​センター​に​向け​て​出発​し​た​翌日,リンダ​から​電話​が​あり,母​が​亡くなっ​た​こと​を​知らさ​れ​まし​た。わたしたち​は​新た​な​割り当て​に​一生​懸命​に​取り組み​まし​た。母​も​それ​を​願っ​て​い​た​と​思い​ます。

うれしい​こと​に,教訓​者​と​し​て​最初​に​割り当て​られ​た​の​は,娘​たち​夫婦​が​働く​マラウイ​支部​でし​た。一緒​に​奉仕​できる​なんて​夢​の​よう​でし​た。その​後,ジンバブエ​と​ザンビア​に​も​割り当て​られ​まし​た。3​年​半​ほど​教訓​者​と​し​て​奉仕​し​た​後,マラウイ​に​戻っ​て,クリスチャン​の​中立​ゆえに​迫害​さ​れ​た​証人​たち​の​経験​を​まとめる​割り当て​を​受け​まし​た。 *

孫娘​たち​と​一緒​に​野外​奉仕​を​し​て​いる

2005​年,コロラド​州​ベソルト​に​戻る​こと​に​なっ​た​時,また​寂しさ​が​込み上げ​て​き​まし​た。わたしたち​は​今​も​ベソルト​で​開拓​奉仕​を​続け​て​い​ます。2006​年​に​は​ブライアン​と​キンバリー​が​すぐ​隣​に​越し​て​き​て,娘​の​マッケンジー​と​エリザベス​を​育て​て​い​ます。ポール​と​ステファニー​は​今​も​マラウイ​に​おり,ポール​は​支部​委員​会​で​奉仕​し​て​い​ます。わたし​は​もう​すぐ​80​歳​です。これ​まで​一緒​に​奉仕​し​て​き​た​若い​兄弟​たち​が​様々​な​責任​を​担う​よう​に​なり,頼もしく​思っ​て​い​ます。わたしたち​は​子ども​や​孫​たち​を​助ける​ため,周囲​の​人​たち​の​良い​手本​に​しっかり​倣っ​て​き​まし​た。今,喜び​を​味わう​こと​が​でき​て​いる​の​は,そう​し​た​良い​手本​の​おかげ​な​の​です。

^ 5節 スティール​家​の​兄弟​姉妹​の​宣教​者​奉仕​に​つい​て​は,「ものみの塔」1956​年​9​月​1​日​号​336‐337,339​ページ​と「ものみの塔」1971​年​7​月​1​日​号​410‐413​ページを​参照。

^ 30節 一例​と​し​て,「ものみの塔」2015​年​4​月​15​日​号​14‐18​ページ​の​トロフィム​・​ンソンバ​の​ライフ​・​ストーリー​を​参照。