内容へ

目次へ

エホバの約束に信仰を働かせなさい

エホバの約束に信仰を働かせなさい

「信仰​と​は,……見え​ない​実体​に​つい​て​の​納得​さ​せる​証拠​です」。―ヘブ 11:1,脚注。

歌: 54,125

1. クリスチャン​の​信仰​が​貴重​な​特質​と​言える​の​は​なぜ​です​か。

クリスチャン​の​信仰​は​貴重​な​特質​です。すべて​の​人​が​信仰​を​持っ​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(テサ​二 3:2)信仰​は,エホバ​が​ご自分​の​崇拝​者「各々​に……分け与え」た​もの​です。(ロマ 12:3。ガラ 5:22)信仰​を​持つ​人​すべて​は,その​こと​を​深く​感謝​す​べき​です。

2,3. (イ)信仰​を​持つ​人​に​は​どんな​祝福​が​あり​ます​か。(ロ)これ​から​どんな​点​を​考え​ます​か。

2 イエス​・​キリスト​が​述べ​た​よう​に,天​の​父​は​み子​を​通し​て​人々​を​ご自分​に​引き寄せ​て​おら​れ​ます。(ヨハ 6:44,65)イエス​に​信仰​を​持つ​なら,罪​の​許し​が​得​られ​ます。それ​に​より,エホバ​と​の​友情​を​永遠​に​楽しむ​機会​が​開か​れ​ます。(ロマ 6:23)わたしたち​は,その​よう​な​素晴らしい​祝福​に​値する​こと​を​し​た​の​でしょ​う​か。いいえ,罪人​で​ある​わたしたち​は​本来,死​に​値する​者​でし​た。(詩 103:10)しかし,エホバ​は,わたしたち​が​良い​こと​を​行なう​可能​性​に​目​を​留め​て​ください​ まし​た。過分​の​ご親切​に​より,わたしたち​が​心​を​開い​て​良い​たより​を​受け入れ​られる​よう​に​し​て​くださっ​た​の​です。その​結果,わたしたち​は​イエス​に​信仰​を​働か​せる​よう​に​なり,永遠​の​命​を​目指し​て​歩み​始め​まし​た。―ヨハネ​第​一 4:9,10を​読む。

3 では,信仰​と​は​何​でしょ​う​か。神​が​将来​与え​て​くださる​祝福​を​頭​で​理解​し​て​いれ​ば,信仰​を​持っ​て​いる​こと​に​なる​の​でしょ​う​か。さらに​重要​な​点​と​し​て,わたしたち​は​どの​よう​に​し​て​信仰​を​働か​せる​必要​が​あり​ます​か。

「心​の​中​で​信仰​を​働か​せる」

4. 信仰​は,神​の​目的​を​頭​で​理解​する​だけ​の​こと​で​は​あり​ませ​ん。なぜ​そう​言え​ます​か。

4 信仰​は,神​の​目的​を​頭​で​理解​する​だけ​の​こと​で​は​あり​ませ​ん。信仰​に​は,神​の​ご意志​に​沿っ​て​行動​する​よう​人​を​動かす​強い​力​が​あり​ます。神​の​救い​の​手段​に​対する​信仰​が​あれ​ば,良い​たより​を​他​の​人​に​伝える​よう​動かさ​れ​ます。使徒​パウロ​は​こう​説明​し​まし​た。「イエス​は​主​で​ある​と​いう​こと​を​公​に​宣言​し,神​は​彼​を​死人​の​中​から​よみがえらせ​た​と​心​の​中​で​信仰​を​働か​せる​なら,あなた​は​救わ​れる​の​です。人​は,義​の​ため​に​心​で​信仰​を​働かせ,救い​の​ため​に​口​で​公​の​宣言​を​する​から​です」。―ロマ 10:9,10。コリ​二 4:13

5. 信仰​が​重要​な​の​は​なぜ​です​か。どう​すれ​ば​強い​信仰​を​保て​ます​か。例え​で​説明​し​て​ください。

5 神​の​新しい​世​で​永遠​に​生きる​ため​に​は,信仰​を​持ち,強く​保た​なけれ​ば​なり​ませ​ん。信仰​は​植物​に​似​て​い​ます。植物​は​定期​的​に​水​を​やれ​ば​生き生き​と​し​た​状態​を​保ち​ます​が,水​を​きちんと​やら​ない​と,元気​だっ​た​植物​も​やがて​死ん​で​しまい​ます。信仰​も​同じ​です。信仰​を​保つ​努力​を​怠る​なら,枯れ​て​死ん​で​しまう​の​です。(ルカ 22:32。ヘブ 3:12)しかし,努力​し​続ける​なら,信仰​は​生き生き​と​し​た​状態​を​保ち,「成長​し」続け​ます。わたしたち​は「信仰……の​点​で​健全​で​ある」こと​が​できる​の​です。―テサ​二 1:3。テト 2:2

聖書​が​信仰​に​つい​て​述べ​て​いる​事柄

6. ヘブライ 11​章​1​節​は,信仰​に​つい​て​どんな​2​つ​の​事柄​を​述べ​て​い​ます​か。

6 ヘブライ 11​章​1​節​は​信仰​に​つい​て​説明​し​て​い​ます。(読む。)信仰​は,目​に​見え​ない​次​の​2​つ​の​事柄​と​関係​し​て​い​ます。(1)「望ん​で​いる​事柄」。これ​に​は,すべて​の​悪​の​終わり​や​新しい​世​の​到来​など,将来​起きる​と​約束​さ​れ​て​いる​もの​の,まだ​起き​て​い​ない​事柄​が​含ま​れ​ます。(2)「見え​ない​実体」。この​文脈​の​中​で,「明白​な​論証」と​訳さ​れ​て​いる​ギリシャ​語​に​は,見え​なく​て​も​実在​する​もの​に​つい​て​の「納得​さ​せる​証拠」と​いう​意味​が​あり​ます。見え​なく​て​も​実在​する​もの​に​は,エホバ​神,イエス​・​キリスト,み使い,天​の​王国​など​が​あり​ます。(ヘブ 11:3)わたしたち​の​希望​が​生き​た​もの​で​ある​こと,また​聖書​に​記さ​れ​て​いる​目​に​見え​ない​事柄​を​信じ​て​いる​こと​を,どの​よう​に​実証​できる​でしょ​う​か。言葉​と​行ない​に​よっ​て​です。それら​が​伴わ​なけれ​ば,本当​の​信仰​と​は​言え​ませ​ん。

7. 本当​の​信仰​と​は​何​か​を​理解​する​うえ​で,ノア​の​手本​は​どの​よう​に​役立ち​ます​か。(冒頭​の​挿絵​を​参照。)

7 パウロ​は​ヘブライ 11​章​7​節​で,ノア​の​信仰​に​つい​て​述べ​て​い​ます。ノア​は「まだ​見​て​い​ない​事柄​に​つい​て​神​の​警告​を​与え​られ​た​後,敬虔​な​恐れ​を​示し,自分​の​家​の​者​たち​を​救う​ため​に​箱船​を​建造​し​まし​た」。ノア​は​巨大​な​箱船​を​建造​する​こと​に​よっ​て,信仰​を​働か​せ​まし​た。周囲​の​人々​は,「どうして​そんな​に​大きな​もの​を​作っ​て​いる​の​か」と​尋ね​た​こと​でしょ​う。ノア​は​黙っ​て​い​た​でしょ​う​か。あるいは, 「あなたたち​に​は​関係​ない」と​述べ​た​でしょ​う​か。そんな​はず​は​あり​ませ​ん。ノア​は​信仰​に​動かさ​れ​て,大胆​に​証し​し,神​の​裁き​が​近い​こと​を​警告​し​まし​た。エホバ​から​告げ​られ​た​次​の​言葉​を​その​とおり​に​何​度​も​伝え​た​こと​でしょ​う。「すべて​の​肉​なる​もの​の​終わり​が​わたし​の​前​に​到来​し​た。彼ら​の​ゆえに​地​は​暴虐​で​満ち​て​いる​から​で​ある。……わたし​は​いま,地​に​大​洪水​を​もたらし​て,その​内​に​命​の​力​が​活動​し​て​いる​すべて​の​肉​なる​もの​を​天​の​下​から​滅ぼし去ろ​う​と​し​て​いる。地​に​ある​もの​は​すべて​息絶える​で​あろ​う」。また​ノア​は,生き残る​ため​の​唯一​の​方法​を​教える​ため,「あなた​は​箱船​に​入ら​ね​ば​なら​ない」と​いう​神​の​命令​を​繰り返し​伝え​た​こと​でしょ​う。ノア​は​この​よう​に「義​の​伝道​者」と​し​て​の​務め​を​果たす​こと​に​よっ​て​も,信仰​を​働か​せ​まし​た。―創 6:13,17,18。ペテ​二 2:5

8. 弟子​ヤコブ​は,真​の​信仰​と​は​何​か​を​どの​よう​に​説明​し​て​い​ます​か。

8 ヘブライ​人​へ​の​手紙​が​書か​れ​た​少し​後,ヤコブ​の​手紙​が​書か​れ​た​もの​と​思わ​れ​ます。ヤコブ​も​パウロ​と​同様,真​の​信仰​は​単に​信じる​こと​で​は​なく,行動​を​伴う​もの​で​ある​と​説明​し​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「業​を​別​に​し​た​あなた​の​信仰​を​わたし​に​見せ​て​ください。そうすれば, わたし​は​自分​の​信仰​を​自分​の​業​に​よっ​て​あなた​に​見せ​て​あげ​ましょ​う」。(ヤコ 2:18)そして,単に​信じる​こと​と,信仰​を​働か​せる​こと​の​違い​を​説明​し​ます。悪霊​たち​は​神​の​存在​を​信じ​て​い​ます​が,真​の​信仰​は​持っ​て​い​ませ​ん。むしろ,不​信仰​に​も,神​の​目的​の​成就​を​阻も​う​と​し​て​い​ます。(ヤコ 2:19,20)次い​で,対照​的​な​例​と​し​て​古代​の​信仰​の​人​に​言及​し,こう​述べ​て​い​ます。「わたしたち​の​父​アブラハム​は,自分​の​息子​イサク​を​祭壇​の​上​に​ささげ​た​後​に​業​に​よっ​て​義​と​宣せ​られ​た​の​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​か。あなた方​は,彼​の​信仰​が​その​業​と​共​に​働き,彼​の​業​に​よっ​て​その​信仰​が​完全​に​され​た​の​を​見​て​い​ます」。それ​から,信仰​を​業​に​よっ​て​示さ​なけれ​ば​なら​ない​と​いう​点​を​強調​し,こう​書い​て​い​ます。「霊​の​ない​体​が​死ん​だ​もの​で​ある​よう​に,業​の​ない​信仰​も​死ん​だ​もの​な​の​です」。―ヤコ 2:21‐23,26

9,10. 使徒​ヨハネ​は,信仰​を​働か​せる​こと​の​大切​さ​を​どの​よう​に​強調​し​まし​た​か。

9 使徒​ヨハネ​は​30​年​以上​後​に,福音​書​と​3​通​の​手紙​を​書き​まし​た。ヨハネ​は,他​の​聖書​筆者​たち​が​真​の​信仰​に​つい​て​説明​し​た​事柄​を​よく​理解​し​て​い​た​はず​です。「信仰​を​働か​せる」と​訳さ​れる​ギリシャ​語​動詞​を,聖書​筆者​の​中​で​最も​多く​用い​て​い​ます。

10 例えば,ヨハネ​は​こう​述べ​まし​た。「み子​に​信仰​を​働か​せる​者​は​永遠​の​命​を​持っ​て​いる。み子​に​従わ​ない​者​は​命​を​見​ず,神​の​憤り​が​その​上​に​とどまっ​て​いる​の​で​ある」。(ヨハ 3:36)クリスチャン​の​信仰​に​は,イエス​の​命令​に​従う​こと​が​含ま​れる​の​です。ヨハネ​が​引用​し​た​イエス​の​言葉​から,信仰​を​働かせ​続ける​こと​の​大切​さ​が​分かり​ます。―ヨハ 3:16; 6:29,40; 11:25,26; 14:1,12

11. 真理​を​知っ​て​いる​こと​へ​の​感謝​を​どの​よう​に​表わせ​ます​か。

11 感謝​す​べき​こと​に,エホバ​は​聖霊​を​用い​て,真理​を​啓示​し,良い​たより​に​信仰​を​働か​せる​こと​が​できる​よう​に​し​て​ください​まし​た。ルカ 10:21を​読む。)また,「わたしたち​の​信仰​の​主要​な​代理​者​また​完成​者」で​ある​イエス​を​通し​て,ご自分​に​引き寄せ​て​ください​まし​た。(ヘブ 12:2)わたしたち​は​その​よう​な​過分​の​ご親切​に​対する​感謝​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。感謝​を​表わす​ため​に​は,祈り​と​聖書​の​研究​に​よっ​て​信仰​を​強め​続ける​必要​が​あり​ます。―エフェ 6:18。ペテ​一 2:2

あらゆる​機会​に​良い​たより​を​伝える​こと​に​よっ​て​信仰​を​働か​せる(12​節​を​参照)

12. どの​よう​に​し​て​信仰​を​働か​せる​必要​が​あり​ます​か。

12 わたしたち​は,エホバ​の​約束​に​対する​信仰​を​働かせ​続ける​べき​です。他​の​人​に​も​はっきり​分かる​仕方​で​そう​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。例えば,神​の​王国​を​宣べ伝え​て​弟子​を​作る​活動​を​続け​ます。また,「すべて​の​人,こと​に​信仰​に​おい​て​結ば​れ​て​いる​人​たち​に​対し​て,良い​こと​を​行な」い​続け​ます。(ガラ 6:10)そして,「古い​人格​を​その​習わし​と​共​に​脱ぎ捨て」,霊性​を​弱める​もの​を​すべて​退ける​よう​努力​し​ます。―コロ 3:5,8‐10

神​に​対する​信仰​は​土台​の​一部

13. 「神​に​対する​信仰」は​どれ​ほど​重要​です​か。それ​は​何​に​例え​られ​て​い​ます​か。なぜ​です​か。

13 聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「信仰​が​なけれ​ば,神​を​十分​に​喜ばせる​こと​は​でき​ませ​ん。神​に​近づく​者​は,神​が​おら​れる​こと,また,ご自分​を​切​に​求める​者​に​報い​て​くださる​こと​を​信じ​なけれ​ば​なら​ない​から​です」。(ヘブ 11:6)聖書​に​よれ​ば,「神​に​対する​信仰」は,人​が​真​の​クリスチャン​に​なり,真​の​クリスチャン​で​あり​続ける​ため​に​必要​な「土台」の​一部​です。(ヘブ 6:1,2)「信仰​に」他​の​様々​な​重要​ な​特質​を「加え」る​なら,「自分​を​神​の​愛​の​うち​に​保[つ]」こと​が​でき​ます。―ペテロ​第​二 1:5‐7を​読む。ユダ 20,21

14,15. 信仰​だけ​で​は​なく,愛​が​重要​な​の​は​なぜ​です​か。

14 クリスチャン​の​聖書​筆者​たち​は​信仰​に​何百​回​も​言及​し,その​重要​性​を​強調​し​まし​た。信仰​は​聖書​に​最も​多く​出​て​くる​クリスチャン​の​特質​です。では,信仰​が​最も​重要​な​特質​な​の​でしょ​う​か。

15 パウロ​は​信仰​と​愛​を​比較​し,こう​述べ​まし​た。「たとえ​山​を​移す​ほど​の​全き​信仰​を​持っ​て​い​て​も,愛​が​なけれ​ば,何​の​価値​も​あり​ませ​ん」。(コリ​一 13:2)イエス​は,「律法​の​中​で​最大​の​おきて​は​どれ​です​か」と​尋ね​られ​た​時,神​へ​の​愛​が​最も​重要​な​特質​で​ある​こと​を​強調​し​まし​た。(マタ 22:35‐40)愛​は,信仰​など​数多く​の​肝要​な​特質​を​包含​し​て​い​ます。聖書​に​よれ​ば,「愛​は……すべて​の​事​を​信じ……ます」。真理​の​み言葉​の​中​で​神​が​述べ​て​おら​れる​事柄​に​信仰​を​持つ​の​です。―コリ​一 13:4,7

16,17. 聖書​は​信仰​と​愛​を​どの​よう​に​取り上げ​て​い​ます​か。最大​の​もの​は​どちら​です​か。なぜ​です​か。

16 信仰​と​愛​は​非常​に​重要​な​の​で,クリスチャン​の​聖書​筆者​たち​は,2​つ​の​特質​を​しばしば​1​つ​の​文章​や​句​の​中​で​挙げ​て​い​ます。パウロ​は​兄弟​たち​に,「信仰​と​愛​の​胸当て​を……身​に​着け」る​よう​勧め​まし​た。(テサ​一 5:8)ペテロ​は​こう​書き​まし​た。「あなた方​は[イエス]を​見​た​こと​は​あり​ませ​ん​が,彼​を​愛し​て​い​ます。現在​彼​を​見​て​い​ませ​ん​が,彼​に​信仰​を​働かせ[て]い​ます」。(ペテ​一 1:8)ヤコブ​は​油そそが​れ​た​兄弟​たち​に​こう​述べ​まし​た。「神​は,世​に​関し​て​は​貧しい​者​を​選​ん​で​信仰​に​富ま​せ,ご自分​を​愛する​者​たち​に​約束​さ​れ​た​王国​の​相続​者​と​され​た​の​で​は​あり​ませ​ん​か」。(ヤコ 2:5)ヨハネ​は​こう​記し​まし​た。「これ​が​神​の​おきて​です。すなわち,わたしたち​が​その​み子​イエス​・​キリスト​の​名​に​信仰​を​持ち,……互い​に​愛し合う​こと​です」。―ヨハ​一 3:23

17 信仰​は​肝要​な​特質​です​が,神​の​約束​が​成就​し,クリスチャン​の​希望​が​実現​する​時,信仰​は​そこで​終わり​ます。しかし,神​と​隣人​へ​の​愛​は​ずっ​と​成長​さ​せ​て​ゆく​必要​が​あり​ます。それ​で​パウロ​は​こう​書き​まし​た。「しかし​今,信仰,希望,愛,これら​三つ​は​残り​ます。しかし,この​うち​最大​の​もの​は​愛​です」。―コリ​一 13:13

信仰​の​強力​な​証拠

18,19. 今日,信仰​の​どんな​強力​な​証拠​を​見る​こと​が​でき​ます​か。それ​は​だれ​に​よっ​て​成し遂げ​られ​て​いる​事柄​です​か。

18 現代​の​エホバ​の​民​は,設立​さ​れ​た​神​の​王国​に​対する​信仰​を​働か​せ​て​き​まし​た。その​結果,霊的​パラダイス​が​世界​中​に​広がり,800万​人​以上​の​居住​者​が​い​ます。そこ​は,神​の​霊​の​実​が​豊か​に​示さ​れ​て​いる​場所​です。(ガラ 5:22,23)真​の​信仰​と​愛​の​何​と​強力​な​証拠​でしょ​う。

19 と​は​いえ,これ​は​人間​の​努力​に​よる​もの​で​は​あり​ませ​ん。神​に​よっ​て​成し遂げ​られ​て​いる​事柄​です。この​素晴らしい​霊的​パラダイス​は,「エホバ​に​とっ​て​必ず​名高い​もの,定め​の​ない​時​に​至る​まで​存続​する,切り断た​れる​こと​の​ない​しるし​と​な[り]」ます。(イザ 55:13)わたしたち​が「信仰​に​よっ​て​救わ​れ」る​の​は,「神​の​賜物」です。(エフェ 2:8)霊的​パラダイス​は​これ​から​も​拡大​と​繁栄​を​続け,ついに​は​完全​で​義​に​かなっ​た​幸福​な​人々​が​全地​を​満たし,エホバ​の​み名​に​永遠​に​賛美​が​もたらさ​れる​こと​でしょ​う。わたしたち​すべて​が,エホバ​の​約束​に​信仰​を​働かせ​続ける​こと​が​でき​ます​よう​に。