内容へ

目次へ

「言いつくしえぬ無償の賜物」への感謝にあふれて行動する

「言いつくしえぬ無償の賜物」への感謝にあふれて行動する

「その​言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物​の​ゆえに,神​に​感謝​が​ささげ​られ​ます​よう​に」。―コリ​二 9:15

歌: 121,63

1,2. (イ)神​の「言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物」に​は​何​が​含ま​れ​ます​か。(ロ)この​記事​で​は​どんな​点​を​考え​ます​か。

エホバ​は​ご自分​の​独り子​を​地​に​遣わさ​れ​まし​た。それ​は​神​の​愛​の​最大​の​表明​と​言える​贈り物​でし​た。(ヨハ 3:16。ヨハ​一 4:9,10)使徒​パウロ​は​その​贈り物​を「言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物」と​呼び​まし​た。(コリ​二 9:15)そう​述べ​た​の​は​なぜ​です​か。

2 パウロ​は,神​の​壮大​な​約束​すべて​が,キリスト​の​完全​な​犠牲​に​よっ​て​果たさ​れる​こと​を​知っ​て​い​まし​た。コリント​第​二 1:20を​読む。)「言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物」に​は,エホバ​が​イエス​を​通し​て​わたしたち​に​示さ​れる​すべて​の​善良​さ​と​忠節​な​愛​が​含ま​れ​ます。その​賜物​は,言葉​で​十分​に​表現​でき​ない​ほど​すばらしい​もの​です。その​よう​な​特別​な​贈り物​を​受け取っ​た​わたしたち​は,どの​よう​に​感じる​はず​です​か。2016​年​3​月​23​日​水曜​日​の​キリスト​の​死​の​記念​式​を​控え​た​今,何​を​す​べき​です​か。

 神​から​の​特別​な​贈り物

3,4. (イ)贈り物​を​もらう​と​どの​よう​に​感じ​ます​か。(ロ)特別​な​贈り物​は,人​の​生き方​を​どの​よう​に​変える​こと​が​あり​ます​か。

3 贈り物​を​もらう​の​は​うれしい​もの​です。中​に​は​人生​を​変える​ほど​特別​な​贈り物​も​あり​ます。次​の​よう​な​例え​で​考え​て​み​ましょ​う。あなた​は​犯罪​を​犯し,死刑​に​処さ​れ​よう​と​し​て​い​ます。その​とき​突然,群衆​の​中​から​見知ら​ぬ​人​が​現われ,あなた​の​代わり​に​罰​を​受ける​と​申し出​ます。あなた​の​代わり​に​死の​う​と​いう​の​です。この​よう​な​特別​な​贈り物​と​も​言える​申し出​を​受け​たら,あなた​は​どの​よう​に​感じる​でしょ​う​か。

4 これ​ほど​の​無私​の​愛​を​示さ​れ​たら,自分​の​行動​に​つい​て​考え直す​だけ​で​なく,生き方​を​改め​たい​と​さえ​思う​に​違いあり​ませ​ん。もっと​寛大​さ​や​愛​を​示し,自分​に​ひどい​こと​を​し​た​人​を​許し​たい​と​思う​でしょ​う。進ん​で​命​を​なげうっ​て​くれ​た​人​に,一​生涯,恩義​を​感じる​はず​です。

5. 神​から​の​贖い​と​いう​贈り物​に​は​他​の​どんな​贈り物​より​も​価値​が​ある,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

5 と​は​いえ,エホバ​が​キリスト​を​通し​て​与え​て​くださっ​た​贈り物​に​は,はるか​に​大きな​価値​が​あり​ます。(ペテ​一 3:18)なぜ​そう​言える​でしょ​う​か。受け継い​だ​罪​の​ため,わたしたち​は​みな​死刑​宣告​を​受け​て​い​ます。(ロマ 5:12)しかし,エホバ​は​愛情​深く​も,イエス​が​地​に​来​て「すべて​の​人​の​ため​に​死​を​味わう」よう​に​され​まし​た。(ヘブ 2:9)先​ほど​の​例え​の​よう​に​単に​今​の​命​を​救う​だけ​で​なく,死​の​原因​を​永遠​に​取り除く​ため​の​基盤​を​据え​られ​た​の​です。(イザ 25:7,8。コリ​一 15:22,26)イエス​に​信仰​を​働か​せる​人​は​みな​永遠​の​命​を​受け,平和​で​幸福​な​生活​を​楽しみ​ます。大​多数​の​人​は​キリスト​が​治める​神​の​王国​の​地上​の​臣民​に,油そそが​れ​た​人​たち​は​王国​の​共同​支配​者​に​なる​の​です。(ロマ 6:23。啓 5:9,10)エホバ​から​の​この​贈り物​に​は,他​の​祝福​も​含ま​れ​ます。

6. (イ)エホバ​から​の​贈り物​の​中​で,あなた​が​楽しみ​に​し​て​いる​の​は​どんな​こと​です​か。(ロ)神​の​贈り物​に​感謝​し​て​いる​こと​を​どんな​3​つ​の​方法​で​示せ​ます​か。

6 エホバ​から​の​贈り物​に​は,すべて​の​病気​が​いやさ​れる​こと,地​が​楽園​に​変え​られる​こと,死者​が​復活​する​こと​など​が​含ま​れ​ます。(イザ 33:24; 35:5,6。ヨハ 5:28,29)わたしたち​は,「言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物」を​与え​て​くださっ​た​エホバ​と​み子​を​心​から​愛し​て​い​ます。では,神​の​愛​に​感謝​し​て​いる​こと​を​行動​で​示し​て​いる​でしょ​う​か。これ​から,(1)キリスト​・​イエス​の​歩み​に​しっかり​付い​て​行く,(2)兄弟​たち​に​愛​を​示す,(3)他​の​人​を​心​から​許す​と​いう​点​で,その​感謝​を​どの​よう​に​表わせる​か​を​考え​ましょ​う。

「キリスト​の​持た​れる​愛​が​わたしたち​に​迫る」

7,8. わたしたち​は,キリスト​の​愛​に​つい​て​どの​よう​に​感じる​はず​です​か。その​愛​に​こたえ​て​どの​よう​に​行動​し​たい​と​思う​はず​です​か。

7 1​つ​目​の​点​を​考え​ましょ​う。神​の​愛​に​感謝​し​て​いる​なら,キリスト​・​イエス​の​ため​に​生き​たい​と​強く​願う​に​違いあり​ませ​ん。使徒​パウロ​は,「キリスト​の​持た​れる​愛​が​わたしたち​に​迫る​の​です」と​述べ​まし​た。コリント​第​二 5:14,15を​読む。)キリスト​の​大きな​愛​を​受ける​と,何​と​し​て​も​キリスト​の​ため​に​生き​たい,と​心​から​願う​よう​に​なる​の​です。エホバ​が​わたしたち​の​ため​に​行なっ​て​くださっ​た​こと​を​十分​に​理解​し,神​の​愛​に​対する​感謝​が​心​に​満ちあふれる​と,キリスト​・​イエス​の​ため​に​精一杯​生き​たい​と​願う​よう​に​なり​ます。では,その​願い​を​どの​よう​に​示せる​でしょ​う​か。

8 エホバ​を​愛し​て​いる​人​は,キリスト​の​手本​に​倣い,キリスト​が​歩ま​れ​た​とおり​に​歩み,その​ 歩み​に​しっかり​付い​て​行き​たい​と​強く​願い​ます。(ペテ​一 2:21。ヨハ​一 2:6)わたしたち​は,従順​で​ある​こと​に​より,神​と​キリスト​へ​の​愛​を​実証​でき​ます。イエス​は​こう​述べ​まし​た。「わたし​の​おきて​を​持っ​て​それ​を​守り行なう​人,その​人​は​わたし​を​愛する​人​です。さらに,わたし​を​愛する​人​は​わたし​の​父​に​愛さ​れ​ます。そして​わたし​は​その​人​を​愛し​て,自分​を​はっきり​示し​ます」。―ヨハ 14:21。ヨハ​一 5:3

9. わたしたち​は​どんな​圧力​を​受け​て​い​ます​か。

9 記念​式​の​時期​に,自分​の​生き方​に​つい​て​熟考​する​の​は​良い​こと​です。こう​自問​でき​ます。「キリスト​・​イエス​の​歩み​に​従う​点​で,どの​よう​に​進歩​し​て​き​た​だろ​う​か。どの​よう​に​改善​できる​だろ​う​か」。この​よう​な​自己​吟味​は​非常​に​大切​です。わたしたち​は,この​世​の​やり方​に​従わせ​よう​と​する​圧力​を​いつも​受け​て​いる​から​です。(ロマ 12:2)注意​し​て​い​ない​と,世​の​哲学​者​や​有名​人​や​スポーツ​選手​など​に​倣っ​て​しまう​か​も​しれ​ませ​ん。(コロ 2:8。ヨハ​一 2:15‐17)そう​し​た​圧力​に​どの​よう​に​抵抗​できる​でしょ​う​か。

10. 記念​式​の​時期​に,どんな​こと​を​自問​でき​ます​か。その​よう​な​自問​を​する​と,どんな​行動​を​取り​たい​と​思う​はず​です​か。(冒頭​の​挿絵​と​写真​を​参照。)

10 記念​式​の​時期​に,自分​の​持っ​て​いる​服,映画​や​音楽​の​コレクション​を​調べ​て​みる​こと​が​でき​ます。コンピューター​や​スマートフォン​や​タブレット​に​保存​し​て​いる​もの​に​つい​て​も​そう​し​ます。自分​の​持っ​て​いる​服​を​見​ながら,こう​自問​し​て​ください。「イエス​の​おら​れる​所​に​この​服​で​出かけ​て​行く​と​し​たら,恥ずかしく​思う​だろ​う​か」。テモテ​第​一 2:9,10を​読む。)「この​服​を​着​たら,人々​は​わたし​の​こと​を​クリスチャン​だ​と​本当​に​思う​だろ​う​か」。映画​や​音楽​に​つい​て​も​こう​考え​ます。「イエス​だっ​たら,この​映画​を​見​たり,この​音楽​を​聞い​たり​する​だろ​う​か。イエス​が​わたし​の​携帯​電話​や​タブレット​の​中身​を​ご覧​に​なっ​たら,わたし​は​恥ずかしく​思う​だろ​う​か」。ビデオゲーム​に​つい​て​も,「自分​が​この​ゲーム​を​楽しん​で​いる​理由​を​イエス​に​説明​し​にくく​思う​だろ​う​か」と​自問​し​ます。エホバ​へ​の​愛​が​あれ​ば,キリスト​の​弟子​と​し​て​不​適切​な​もの​は,どんな​に​高価​な​もの​で​も​処分​し​たい​と​思う​はず​です。(使徒 19:19,20)わたしたち​は​献身​し​た​時,もはや​自分​の​ため​で​は​なく,キリスト​の​ため​に​生きる​こと​を​約束​し​まし​た。ですから,キリスト​の​歩み​に​しっかり​付い​て​行く​こと​を​妨げる​どんな​もの​に​も​執着​す​べき​で​は​あり​ませ​ん。―マタ 5:29,30。フィリ 4:8

11. (イ)エホバ​と​イエス​へ​の​愛​は,わたしたち​の​宣教​奉仕​に​どの​よう​に​表われ​ます​か。(ロ)愛​の​気持ち​から,会衆​の​仲間​を​どの​よう​に​援助​でき​ます​か。

11 また,イエス​に​対する​愛​が​あれ​ば,宣べ伝え​て​弟子​を​作る​業​を​魂​を​こめ​て​行ない​たい​と​願う​はず​です。(マタ 28:19,20。ルカ 4:43)記念​式​の​時期​に​は,補助​開拓​者​と​し​て​30​時間​または​50​時間,宣教​に​携わる​機会​が​あり​ます。事情​を​調整​し​て​この​奉仕​を​行なえ​ます​か。妻​を​亡くし​た​84​歳​の​兄弟​は,自分​の​年齢​や​健康​から​し​て​補助​開拓​奉仕​は​でき​ない​と​思っ​て​い​まし​た。しかし,幾​人​か​の​開拓​者​たち​が​協力​し​て​兄弟​を​援助​し​まし​た。交通​手段​を​備え,兄弟​が​奉仕​できる​区域​を​選び​まし​た。その​結果,兄弟​は​30​時間​の​目標​を​達成​でき​まし​た。あなた​も​記念​式​の​時期,会衆​の​仲間​が​補助​開拓​奉仕​の​喜び​を​味わえる​よう​援助​でき​ます​か。もちろん,すべて​の​人​が​補助​開拓​を​行なえる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それでも,エホバ​へ​の​賛美​の​犠牲​を​増し加える​ため,自分​の​時間​や​エネルギー​を​できる​限り​用いる​こと​が​でき​ます。そうすれば,パウロ​と​同様,わたしたち​も​キリスト​の​愛​に​感謝​し​て​いる​こと​を​行動​で​示せ​ます。 その​よう​な​感謝​を,ほか​に​も​どんな​方法​で​示せ​ます​か。

互い​に​愛し合う​務め​が​ある

12. 神​の​愛​へ​の​感謝​が​あれ​ば,どんな​こと​を​し​たい​と​願う​はず​です​か。

12 2​つ​目​の​点​と​し​て,神​の​愛​へ​の​感謝​が​あれ​ば,兄弟​たち​に​愛​を​示し​たい​と​願う​こと​でしょ​う。この​点​に​つい​て​使徒​ヨハネ​は​こう​述べ​まし​た。「愛する​者​たち​よ,神​が​わたしたち​を​この​よう​に​愛し​て​くださっ​た​の​で​あれ​ば,わたしたち​も​互い​に​愛し合う​務め​が​あり​ます」。(ヨハ​一 4:7‐11)神​に​愛し​て​いただく​ため​に​は,兄弟​たち​を​愛する​務め​が​ある​こと​を​認め​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(ヨハ​一 3:16)では,兄弟​たち​へ​の​愛​を​どんな​方法​で​示せる​でしょ​う​か。

13. 人​を​愛する​点​で,イエス​は​どんな​模範​を​示し​まし​た​か。

13 イエス​の​模範​に​つい​て​考え​ましょ​う。イエス​は​地上​で​の​宣教​期間​中,立場​の​低い​人​たち​に​特別​な​関心​を​示し​まし​た。足​の​なえ​た​人,目​の​見え​ない​人,耳​の​聞こえ​ない​人,話せ​ない​人​など,体​の​不​自由​な​人々​を​助け​た​の​です。(マタ 11:4,5)イエス​は,ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​から「のろわ​れ​た​者​たち」と​みなさ​れ​て​い​た,霊的​に​飢え​た​人​たち​を​喜ん​で​教え​まし​た。(ヨハ 7:49)それら​立場​の​低い​人々​を​愛し,熱心​に​助け​た​の​です。―マタ 20:28

あなた​は​宣教​で​年配​の​兄弟​姉妹​を​援助​でき​ます​か(14​節​を​参照)

14. 兄弟​姉妹​に​愛​を​示す​ため,あなた​は​何​を​し​たい​と​思い​ます​か。

14 記念​式​の​時期​は,イエス​に​倣い,会衆​の​兄弟​姉妹​に​つい​て​じっくり​考える​機会​に​なり​ます。きっと​あなた​の​愛​を​必要​と​し​て​いる​人​が​いる​こと​でしょ​う。助け​の​必要​な​年配​の​兄弟​姉妹​が​いる​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​兄弟​姉妹​を​訪問​できる​でしょ​う​か。食事​を​届け​たり,家事​を​手伝っ​たり,集会​の​送迎​を​し​たり,一緒​に​宣教​を​行なう​よう​誘っ​たり​する​こと​は​でき​ます​か。ルカ 14:12‐14を​読む。)神​の​愛​に​感謝​し​て​いる​なら,兄弟​たち​に​助け​を​差し伸べ,愛​を​示し​たい​と​思う​はず​です。

兄弟​姉妹​に​憐れみ​を​示す

15. わたしたち​は,どんな​こと​を​認め​なけれ​ば​なり​ませ​ん​か。

15 3​つ​目​に,エホバ​の​愛​に​つい​て​考える​と,兄弟​姉妹​を​許し​たい​と​願う​はず​です。最初​の​人間​アダム​の​子孫​で​ある​わたしたち​は​皆,罪​と​その​結果​で​ある​死​を​受け継い​で​い​ます。「わたし​に​贖い​は​必要​な​い」と​言える​人​は​一​人​も​ い​ませ​ん。どんな​に​忠実​な​神​の​僕​も,エホバ​が​過分​の​ご親切​に​よっ​て​備え​られ​た​キリスト​の​贖い​を​必要​と​し​て​い​ます。わたしたち​各自​は,罪​と​いう​莫大​な​負債​を​帳消し​に​し​て​いただい​た​こと​を​忘れ​て​は​なり​ませ​ん。なぜ​でしょ​う​か。イエス​の​たとえ​話​の​中​に​その​答え​が​あり​ます。

16,17. (イ)王​と​奴隷​たち​に​関する​イエス​の​たとえ​話​から,何​を​学べ​ます​か。(ロ)あなた​は​イエス​の​たとえ​話​を​熟考​し,どの​よう​に​行動​し​たい​と​思い​ます​か。

16 その​たとえ​話​に​出​て​くる​王​は,憐れみ深く​も,自分​の​奴隷​が​抱え​て​い​た​1万​タラント​つまり​6000万​デナリ​と​いう​巨額​の​負債​を​帳消し​に​し​まし​た。しかし,それ​ほど​の​負債​を​帳消し​に​し​て​もらっ​た​奴隷​は,仲間​の​奴隷​の​100​デナリ​と​いう​はるか​に​少額​の​負債​を​帳消し​に​し​ませ​ん​でし​た。王​は,その​よう​な​無情​な​態度​を​知っ​て​激怒​し,こう​言い​ます。「邪悪​な​奴隷​よ,あなた​が​わたし​に​懇願​し​た​とき,わたし​は​あの​負債​を​すべて​取り消し​て​あげ​た。わたし​が​あなた​に​憐れみ​を​かけ​た​よう​に,今度​は​あなた​が​仲間​の​奴隷​に​憐れみ​を​かける​べき​で​は​なかっ​た​の​か」。(マタ 18:23‐35)王​から​並外れ​た​憐れみ​を​示さ​れ​た​奴隷​は,その​こと​に​心​を​動かさ​れ​て​仲間​の​奴隷​を​許す​べき​でし​た。では,エホバ​から​愛​と​憐れみ​を​示さ​れ​た​わたしたち​は,どう​す​べき​でしょ​う​か。

17 記念​式​の​時期​は,自分​が​兄弟​姉妹​の​だれ​か​に​憤り​を​抱い​て​い​ない​か​どう​か,考える​機会​に​も​なり​ます。もし​憤り​を​抱い​て​いる​なら,「進ん​で​許」す​エホバ​に​倣う​べき​です。(詩 86:5。ネヘ 9:17)エホバ​から​莫大​な​負債​を​取り消し​て​いただい​た​こと​に​感謝​し​て​いる​なら,他​の​人​を​心​から​許し​たい​と​思う​こと​でしょ​う。他​の​人​を​愛し,許さ​ない​なら,神​の​愛​と​許し​を​受ける​こと​は​でき​ませ​ん。(マタ 6:14,15)他​の​人​を​許し​て​も​過去​は​変え​られ​ませ​ん​が,将来​を​良い​方向​に​向かわ​せる​こと​は​でき​ます。

18. ある​姉妹​は​他​の​姉妹​の​不​完全​さ​を​どの​よう​に​忍び​まし​た​か。

18 兄弟​姉妹​の​不​完全​さ​を​日々「忍[ぶ]」の​は​容易​で​は​あり​ませ​ん。コロサイ 3:13,14; エフェソス 4:32を​読む。)例えば,リリー​と​いう​独身​の​姉妹​は,会衆​内​の​キャロル​と​いう​やもめ​の​姉妹​を​進ん​で​援助​し​まし​た。 [1] 送り迎え​を​し​たり,買い物​や​雑用​を​行なっ​たり​と,様々​な​方法​で​親切​を​示し​まし​た。キャロル​は​その​よう​に​親切​に​され​た​に​も​かかわら​ず,いつも​批判​的​で,気難しい​態度​を​示し​まし​た。それでも,リリー​は​キャロル​の​良い​特質​に​注目​する​よう​努め​まし​た。そして,キャロル​が​重い​病気​に​かかっ​て​亡くなる​まで​何​年​も​援助​し​続け​まし​た。リリー​は​こう​言い​ます。「復活​し​て​くる​キャロル​に​会える​の​を​楽しみ​に​し​て​い​ます。完全​に​なっ​た​キャロル​の​こと​を​知り​たい​です」。確か​に,神​の​愛​に​対する​感謝​が​あれ​ば,兄弟​姉妹​の​こと​を​忍び,人間​の​不​完全​さ​が​永遠​に​なくなる​時​を​待つ​こと​が​でき​ます。

19. あなた​は,神​から​の「言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物」へ​の​感謝​を​どの​よう​に​示し​たい​と​思い​ます​か。

19 わたしたち​は,エホバ​から​確か​に「言いつく​し​え​ぬ​無償​の​賜物」を​いただい​て​い​ます。この​貴重​な​贈り物​を​決して​当たり前​の​もの​と​考え​て​は​なり​ませ​ん。特に​記念​式​の​この​時期,エホバ​と​イエス​が​わたしたち​の​ため​に​行なっ​て​くださっ​た​すべて​の​こと​を,感謝​の​思い​で​黙想​し​ましょ​う。お二方​の​愛​へ​の​感謝​に​あふれ​て,イエス​の​歩み​に​しっかり​付い​て​行き,兄弟​たち​に​助け​を​差し伸べ​て​愛​を​示し,兄弟​たち​を​心​から​許す​こと​が​でき​ます​よう​に。

^ [1](18​節)この​記事​に​出​て​くる​一部​の​名前​は​変え​て​あり​ます。