詩編 27:1-14

  • エホバ,私の命のとりで

    • 神の神殿を感嘆して眺める4

    • たとえ親に見捨てられても,エホバが世話してくださる10

    • 「希望を抱いてエホバを待て」14

ダビデによる。 27  エホバは私の光+,私の救い。誰を恐れる必要があるだろうか+エホバは私の命のとりで+誰におびえる必要があるだろうか。   悪を行う人が私を襲って食い尽くそうとした+その時,私の敵はつまずいて倒れた。   軍隊が私に対して陣営を張ろうとも,私の心は恐れない+攻撃を仕掛けてきても,神への信頼を失わない。   私は1つのことをエホバに願い求めた。今も強く願っている。一生涯エホバの家に住んで+エホバの麗しさを見つめ,神の神殿*を感嘆して眺める*ことを+   神は災難の日に私を避難所に隠してくださる+隠れがである天幕にかくまい+岩の上の高い所に置いてくださる+   今,私を取り囲む敵に,私は勝利する*神の天幕で歓声を上げながら犠牲を捧げ,エホバを賛美して歌う*   エホバ,私が声を上げて呼ぶ時,聞いてください+親切を示し,答えてください+   私の心は語った。「あなたはこう命じました。『私の好意を得ようと*努めなさい』」。エホバ,私はあなたの好意を得ようと努めます+   顔を隠さないでください+私を怒りのうちに退けないでください。あなたは私を助ける方+私の救いの神,見捨てないでください。放っておかないでください。 10  たとえ父と母に捨てられても+エホバが迎えてくださる+ 11  エホバ,あなたの道を教えてください+正しい道に*導いてください。私には敵がいるからです。 12  敵対者の手に私を渡さないでください+偽りを語る証人が立ち上がり+私を激しく脅してきます。 13  もし私に信仰がなかったなら,私はどうなっていただろう。この地上でエホバの善い行いを見ることを信じていないなら*+ 14  希望を抱いてエホバを待て+勇気を出し,心を強くせよ+そうだ,希望を抱いてエホバを待て。

脚注

または,「聖なる所」。
または,「を思い巡らしながら見る」。
直訳,「私の頭は,私を取り囲む敵よりも高く上がる」。
または,「のために音楽を奏でる」。
直訳,「顔を求めようと」。
または,「正しく生きられるよう」。
もしかすると,「私は,この地上でエホバの善い行いを見るという信仰を確かに持っている」。