詩編 127:1-5

  • 神がいてくださらなければ,何をしても無駄

    • 「エホバが家を建てるのでなければ」1

    • 子供は神からの贈り物3

都へ上る時の歌。ソロモンによる。 127  エホバが家を建てるのでなければ,建てる人の労働は無駄である+エホバが町を守るのでなければ+見張りの番は無駄である。   早く起きるのも,遅く寝るのも,食べ物を得る苦労も無駄である。神は愛する人を世話し,眠りを与える+   子供はエホバからの財産+子は神からの贈り物+   若かりし時の子供は,強靱な人の手にある矢のようだ+   矢筒が満たされた強靱な人は幸せだ+恥をかくことはない。子供が町の門で敵と渡り合うから。

脚注