格言​の​書 13:1-25

  • 助言を求める人は賢い10

  • 希望がなかなか実現しないと落ち込む12

  • 忠実な使節は癒やしを与える17

  • 賢い人たちと共に歩むと賢くなる20

  • 懲らしめは愛の表れ24

13  賢い子は父親のしつけ*を受け入れ+あざける人は叱責*を聞かない+   人は発する言葉によって良いものを受ける+不誠実な人たちの欲望は暴力に向かう。   自分の口*を見張る人は自分の命を守り+唇を大きく開く人は破滅する+   怠け者は欲しがるが何も得ず+勤勉な人は十分に満たされる*+   正しい人はうそを憎み+悪人たちの行動は恥と不名誉をもたらす。   正義は無実の人を保護し+悪は罪人を倒す。   裕福であるように見せ掛けて,何も持っていない人がいる+貧しいように見せ掛けて,多くの富を持っている人がいる。   裕福な人は命のために身代金*を支払うが+貧しい人は脅されることもない*+   正しい人の光は明るく輝き+悪人のランプは消される+ 10  出過ぎたことをすると,争いが起きるだけである+助言を求める*人たちには知恵がある+ 11  手っ取り早く得た*財産は減っていき+少しずつためる人の財産は増えていく。 12  期待がなかなか実現しないと落ち込むが+かなえられた望みは命の木である+ 13  指示*を軽く見る人は罰を受け+おきてを尊重する人は報われる+ 14  賢い人の教え*は命の源であり+人を死のわなから遠ざける。 15  鋭い洞察力は好感を持たれる。不誠実な人の道は過酷である。 16  聡明な人は知識によって行動し+愚かな人は愚かさをさらけ出す+ 17  悪い使者は問題に陥る+忠実な使節は癒やしを与える+ 18  指導を軽視する人は貧困と不名誉を経験し,矯正*を受け入れる人は称賛される+ 19  人は望みがかなうと喜びを感じ+愚かな人は悪から遠ざかるのを嫌がる+ 20  賢い人たちと共に歩むと賢くなり+愚かな人たちと関わり合うと苦しい目に遭う+ 21  罪人は災いに追われ+正しい人は報われて繁栄する+ 22  善い人は孫の代にまで財産を残し,罪人の富は正しい人のために蓄えられる+ 23  貧しい人たちの耕作地は多くの食物を生み出すが,不公正によって奪い去られることがある。 24  むち*を控える人は子供を憎んでいる+子供を愛する人は懲らしめを怠らない*+ 25  正しい人は満足するまで食べるが+悪人たちは空腹である+

脚注

または,「訓練」。
または,「矯正」。
または,「言うこと」。
直訳,「太らされる」。
または,「贖い」。
直訳,「叱責を聞かない」。
または,「協議する」。
または,「むなしいものから生じる」。
または,「言葉」。
または,「律法」。
または,「戒め」。
または,「懲らしめ」,「罰」。
もしかすると,「すぐに懲らしめる」。