ルカ​に​よる​福音​書 8:1-56

  • イエスに同行した女性たち1-3

  • 種をまく人の例え4-8

  • イエスが例えを使った理由9,10

  • 種をまく人の例えの説明11-15

  • ランプを覆わない16-18

  • イエスの母親と弟たち19-21

  • イエスは嵐を静める22-25

  • イエスは邪悪な天使たちを豚の中に送り込む26-39

  • ヤイロの娘。イエスの外衣に触った女性40-56

8  そのあとすぐ,イエスはまちからまちへ,むらからむらへとたびをし,かみおうこくらせをひろめた+。12にんいっしょにいた。  じゃあくてん使からかいほうされびょうやされたじょせいたちもいた。じゃあくてん使7にんしてもらった,マグダレネとばれるマリア,  また,ヘロデかんにんクーザのつまヨハンナ+,スザンナ,そのおおくのじょせいたちである。このじょせいたちは,ぶんもの使つかってイエスと使たちにつかえていた+  さて,あちこちのまちからひとたちをふくおおぜいひとあつまったとき,イエスはたとえを使つかってはなした+  「ひとたねをまきにけました。まいていると,いくらかはみちばたちてみつけられ,とりべてしまいました+  いくらかはいわうえち,えたあとみずがないのでからびてしまいました+  いくらかはいばらのあいだち,いっしょせいちょうするいばらにふさがれてしまいました+  しかし,いくらかはつちち,えたあと,100ばいしました+」。イエスはそうべたあとおおごえった。「みみのあるひときなさい+」。  たちは,このたとえがどういうかをたずねた+ 10  イエスはった。「あなたたちは,かみおうこくしんせいみつかいすることをゆるされていますが,ひとたちにはたとえのままです+。それで,そのひとたちはていてもいていてもさとりません+ 11  さて,たとえのはこうです。たねかみことです+ 12  みちばたのものとはいたひとのことですが,そのしんじてすくわれることがないよう,あくがやってて,そのこころからかみことります+ 13  いわうえのものとは,かみことくとよろこんでれるひとのことですが,がありません。しばらくはしんじますが,れんはなってしまいます+ 14  いばらのあいだちたもの,これはかみこといたひとですが,せいかつじょうしんぱいごととみ+かいらくによってらされて+せいちょうがすっかりまり,なにみのらせることができません+ 15  つちうえのもの,これはじょうこころかみこといたあと+,それをしっかりたもち,しのんでむすひとです+ 16  ランプをともしたあと,それをうつわおおったりベッドのしたいたりするひとはいません。だいうえいて,はいってくるひとにそのひかりえるようにします+ 17  かくされているものはすべあきらかになり,ちゅうぶかめられているものはすべかならられておおやけになります+ 18  ですから,どのようにくかにちゅうはらいなさい。っているひとにはさらにあたえられますが+っていないひとっているとおもうものまでげられるのです+」。 19  さて,イエスのははおやおとうとたち+がやってたが,ひとだかりでそばにけなかった+ 20  それでイエスに,「おかあさんときょうだいたちがそとにいて,いたがっています」とつたえられた。 21  それにたいしてイエスはった。「わたしははまたきょうだいたちとは,かみこといてじっこうするこのひとたちのことです+」。 22  あるのこと,イエスはたちとふねり,「みずうみこうがわわたりましょう」とった。それでしゅっぱんした+ 23  しかし,はんそうしているあいだにイエスはねむんだ。はげしいぼうふうみずうみろし,ふねみずをいっぱいかぶってけんじょうたいになってきた+ 24  たちはイエスのところってこし,「せんせいせんせいわたしたちはんでしまいそうです!」とった。そこでイエスはがり,かぜくるなみしかりつけた。するとぼうふうおさまり,めんおだやかになった+ 25  イエスはった。「あなたたちのしんこうはどこにあるのですか」。たちはおそれをいだき,たいへんおどろいて,「いったいどういうかたなのだろう。かぜなみにさえめいじ,それらはしたがうのだ」とたがいにった+ 26  いっこうはゲラサのひとたちのいききしいた+。ガリラヤほうかいがわである。 27  イエスがりくがると,そこのまちひとで,じゃあくてん使りつかれたおとこがイエスにった。おとこはかなりながいことふくたことがなく,いえではなくはか*いていた+ 28  イエスをるとさけび,そのまえでひれして,おおごえった。「こうかみイエス,なにをしにたのですか。おねがいします。わたしばっしないでください+」。 29  (というのは,イエスがそのじゃあくてん使おとこからるようにとめいじていたからである。じゃあくてん使がそのおとこなんりついた*ので+おとこかえあしかせとくさりしばられ,かんされていた。しかし,それらをり,じゃあくてん使によってへんぴなしょいやられるのだった。) 30  イエスは,「あなたのまえなんですか」とたずねた。おとこは,「レギオン*です」とった。おおくのじゃあくてん使かれはいんでいたのである。 31  じゃあくてん使たちは,そこれぬふかみにっていけとはめいじないでください+,とたんがんつづけた。 32  ところで,そこのやまぶた+たいぐんくさべていた。じゃあくてん使たちが,ぶたなかはいることをゆるしてくださいとたんがんすると,イエスはそれをゆるした+ 33  じゃあくてん使たちはおとこからてきてぶたなかはいった。すると,れはとっしんしてがけからみずうみち,おぼんだ。 34  ぶたっていたひとたちはきたことをげていき,まち田舎いなかでそのことをらせた。 35  ひとびとなにきたのかをようとしててきた。イエスのところると,じゃあくてん使りつかれていたおとこふくて,しょうになってイエスのあしもとすわっていた。それでおそろしくなった。 36  もくげきしていたひとたちは,じゃあくてん使りつかれたおとこがどのようにしてくなったかをひとびとらせた。 37  それで,しゅうへんのゲラサのひとたちのいきからおおぜいひとは,ぶんたちのところからるようイエスにもとめた。じょうおそれにとらわれていたのである。それからイエスはふねり,ていこうとした。 38  じゃあくてん使おとこは,いっしょにいさせてほしいとたのつづけた。しかしイエスはこうっておとこらせた+ 39  「いえかえり,かみがしてくださったことかたつづけなさい」。おとこっていき,イエスがしてくれたことまちじゅうひろめた。 40  イエスがもどると,ぐんしゅうしんせつむかえた。みなイエスをけていたのである+ 41  すると,ヤイロというだんせいがやってた。かいどうやくいんだった。そしてイエスのあしもとにひれし,いえてくれるようたんがんはじめた+ 42  12さいぐらいの一人ひとりむすめにそうだったのである。 イエスがすすんでいくと,ひとびとむらがった。 43  ところで,12ねんかんしゅっけつつづ+だれにもなおしてもらえずにいるじょせいがいた+ 44  じょせいうしろからちかづき,イエスのがいすそ+さわった。するとしゅっけつはすぐにまった。 45  イエスは,「さわったのはだれですか」とった。みなぶんではないとこたえていると,ペテロがった。「せんせいひとびとがあなたをかこんでむらがっているのです+」。 46  それでもイエスはった。「だれかがわたしさわったのです。わたしからちから+ていきました」。 47  じょせいは,かれていたとかり,ふるえながらすすて,イエスのまえでひれし,イエスにさわったゆうとすぐにやされたようみなまえせつめいした。 48  イエスはった。「あなた*くなったのはしんこうがあったからです。あんしんしてらしなさい+」。 49  イエスがはなしているうちに,かいどうやくいんいえからひとて,「むすめさんはくなりました。もうせんせいわずらわすことはありません」とった+ 50  これをいてイエスはやくいんった。「しんぱいりません。ただしんこうちなさい。そうすればむすめさんはすくわれます+」。 51  そのいえくと,イエスは,ペテロ,ヨハネ,ヤコブ,むすめちちおやははおやがいは,だれいっしょなかはいらせなかった。 52  いっぽうひとびとみなき,むすめのためにむねをたたいてかなしんでいた。イエスはった。「くのをやめなさい+しょうじょんだのではなく,ねむっているのです+」。 53  ひとびとはイエスのことをあざわらいだした。しょうじょんだことをっていたからである。 54  しかしイエスはしょうじょってけ,「きなさい*!」とった+ 55  するとしょうじょかえ*+,すぐにがった+。イエスは,しょうじょなにべさせてあげるようめいじた。 56  りょうしんはわれをわすれたようになったが,イエスはきたことだれにもはなさないようにとした+

脚注

または,「記念の墓」。
もしかすると,「を長い間しっかり捕らえてきた」。
古代ローマの軍団のこと。ここでは,多数という意味。
直訳,「娘よ,あなた」。
直訳,「子供よ,起きなさい」。
または,「に生命力が戻り」。