ルカ​に​よる​福音​書 5:1-39

  • 奇跡による大漁,最初の弟子たち1-11

  • 重い皮膚病の人が癒やされる12-16

  • イエスは,まひした人を癒やす17-26

  • イエスはレビを招く27-32

  • 断食に関する質問33-39

5  ひとびとがイエスにむらがってきてかみこといていたときのこと,イエスはゲネサレ*のほとりにっていた+  はんに2そうのふねめてあるのがえ,りょうたちがふねからりて,あみあらっていた+  イエスはそのうちの1そう,シモンのふねり,りくからすこはなすようもとめた。それからこしろし,ふねからぐんしゅうおしはじめた。  はなえると,シモンにった。「おきし,あみろしてりょうをしなさい」。  しかしシモンはこたえた。「せんせいひとばんじゅうはたらいてなにれませんでした+。それでも,おっしゃるとおり,あみろしてみます」。  ろしてみると,じょうおおくのさかなかった。あみはじめるほどだった+  それで,もういっぽうふねにいるなかたちにあいをし,たすけにてもらった。りょうほうふねさかなでいっぱいになり,しずみかけた。  シモン・ペテロはこれをてイエスのまえにひれし,「わたしからはなれてください,しゅよ。わたしつみぶかおとこなのです」とった。  たいりょうだったので,シモンもいっしょにいたひとじょうおどろき,あっとうされてしまったのである。 10  シモンのなかであるゼベダイの息子むすこたち,ヤコブとヨハネ+どうようだった。しかしイエスはシモンにった。「おそれることはありません。こん,あなたはひときたままるのです+」。 11  このひとたちはふねりくもどし,いっさいのものをててイエスのあとしたがった+ 12  イエスがあるまちにいたべつときのこと,ぜんしんおもびょうだんせいがいた。そのだんせいはイエスをけると,ひれしてこうねがった。「しゅよ,あなたは,おのぞみになるだけで,わたしやすことができます+」。 13  イエスはばしてだんせいさわり,「そうのぞみます。くなりなさい」とった。すぐにびょうえた+ 14  イエスはだんせいに,だれにもはなさないようにとめいじ,こうった。「ただぶんさいせにき,モーセがしたとおりにささものをしなさい+やされたしょうとしてです+」。 15  それでもイエスにかんするはなしひろまっていくばかりで,おおぜいひとが,イエスのことくため,またびょうなおしてもらうために,あつまってくるのだった+ 16  しかしイエスはひとけのないしょってはいのっていた。 17  そうしたあるのこと,イエスはおしえており,ガリラヤとユダヤのすべてのむらおよびエルサレムからたパリサイひとりっぽうきょうたちもそこにすわっていた。イエスには,やしをおこなうためのエホバ*ちからがあった+ 18  すると,おとこたちが,からだがまひしただんせいたんはこんできた。なかれてはいってイエスのまえこうとしていた+ 19  おおぜいひとがいてはいっていけなかったので,おとこたちはのぼってかわらがし,そのだんせいたんせたまま,イエスのまえにいたひとびとあいだろした。 20  イエスはかれらのしんこうて,そのだんせいに,「あなたのつみゆるされています」とった+ 21  すると,りっぽうがくしゃとパリサイひとたちはかんがはじめ,こうった。「ぼうとくことくこのおとこなにものか。かみがいだれつみゆるせるのか+」。 22  しかしイエスはそのかんがえをさとり,こうった。「こころなかなにかんがえているのですか。 23  『あなたのつみゆるされている』とうのと,『がってあるきなさい』とうのとでは,どちらがかんたんですか。 24  しかし,ひと*つみゆるけんじょうっていることをあなたがたるために―」。イエスはまひしただんせいった。「さあ,がってたんち,いえかえりなさい+」。 25  すると,だんせいひとびとまえがり,たんって,かみをたたえながらいえもどっていった。 26  ひとびと一人ひとりのこらずきょうたんして,かみをたたえるようになり,またおそれにたされて,「今日きょうなことをた」とった。 27  こうしたことのあと,イエスはそとて,レビ*というちょうぜいにんちょうぜいしょすわっているのをて,「わたしになり*なさい」とった+ 28  レビはいっさいのものをあとのこしてがり,イエスのあとしたがうようになった。 29  そしてイエスのためにぶんいえせいだいえんかいもうけた。おおぜいちょうぜいにんそのひとたちもいっしょしょくをして*いた+ 30  パリサイひとやそのりっぽうがくしゃたちがイエスのたちにかってまんくちにしはじめ,「ちょうぜいにんつみびとたちとべたりんだりするのはどうしてか」とった+ 31  イエスはこたえた。「けんこうひとしゃひつようではなく,びょうひとひつようなのです+ 32  わたしは,ただしいひとではなくつみびとあらためにみちびくためにました+」。 33  あるひとたちがイエスにった。「ヨハネのはたびたびだんじきをしてがんささげ,パリサイもそうするのに,あなたのべたりんだりします+」。 34  イエスはった。「はな婿むこいっしょにいるあいだはな婿むこゆうじんたちにだんじきをさせることができますか。 35  しかし,はな婿むこ+がまさにられるときます。そのときには,だんじきをします+」。 36  さらにイエスはつぎたとえをはなした。「ふるふくつくろうために,あたらしいがいって使つかひとはいません。もしそうしたら,そのあたらしいぬのれのせいでふるふくやぶれてしまいますし,そのぬのれはふるいものにいません+ 37  また,あたらしいぶどうしゅふるかわぶくろれるひとはいません。もしそうしたら,あたらしいぶどうしゅのせいでかわぶくろれつし,ぶどうしゅはこぼれて,かわぶくろになってしまいます。 38  やはり,あたらしいぶどうしゅあたらしいかわぶくろれなければなりません。 39  ふるいぶどうしゅんだあとは,だれあたらしいものをしがりません。『ふるいのはうまい』とうのです」。

脚注

ガリラヤ湖のこと。
付録A5参照。
イエスのこと。用語集参照。
マタイとも呼ばれる。
または,「私の後に従い」。
または,「食卓で横になって」。