ルカ​に​よる​福音​書 23:1-56

  • イエスはピラトとヘロデの前に立つ1-25

  • イエスと2人の犯罪者は杭に掛けられる26-43

    • 「あなたは私と共にパラダイスにいることになります」43

  • イエスの死44-49

  • イエスは葬られる50-56

23  おおぜいひとみながり,イエスをピラトのもとにいていった+  そしてイエスのことをうったはじ+,こうった。「このおとこわたしたちのたみせんどうし,カエサルにぜいはらうことをきん+ぶんおうキリストだとっていました+」。  ピラトはイエスにしつもんした。「あなたはユダヤじんおうなのか」。イエスは,「そのとおりです*」とこたえた+  ピラトはさいちょうたちとぐんしゅうった。「このおとこはんざいなどおかしてはいない+」。  しかしかれらはった。「かれはユダヤぜんおしえてたみをあおっています。ガリラヤからはじめてここまでたのです」。  ピラトはこれをくと,このおとこがガリラヤじんかどうかをたずねた。  そして,ヘロデのかんかつ+ものであることをたしかめたあと,ヘロデのもとにおくった。そのころヘロデもエルサレムにいたのである。  ヘロデはイエスをると,たいへんよろこんだ。イエスのことをいろいろいて+,かなりまえからってみたいとおもっていたのである。イエスがおこなせき*たいとおもっていた。  そこで,あれこれしつもんはじめたが,イエスはなにこたえなかった+ 10  さいちょうりっぽうがくしゃたちがつぎつぎがり,イエスのことをはげしくうったえた。 11  そこでヘロデはへいたちといっしょになってイエスをじょく+,きらびやかなふくせてあざけってから+,ピラトのもとにおくかえした。 12  そのさかいに,それまでたいりつしていたヘロデとピラトはしたしいかんけいになった。 13  ピラトはさいちょうはいしゃたち,またたみあつめて, 14  こうった。「あなたがたは,たみはんらんこさせるものだとってこのおとこれてきた。それであなたがたまえ調しらべたが,あなたがたうったえているようなつみまったつからなかった+ 15  それはヘロデもおなじだ。かれわたしたちにおくかえしてきた。かれあたいすることはなにもしていないのだ。 16  それで,かれらしめてから+しゃくほうする」。 17 * ― 18  しかしぐんしゅうみなこうさけんだ。「そのおとこころせ。バラバをしゃくほうしろ+!」 19  (バラバはまちきたぼうどうさつじんつみろうれられていた。) 20  ピラトはイエスをしゃくほうしたいとおもって,ふたたぐんしゅうけた+ 21  ぐんしゅうは,「くいけろ*くいけろ!」とわめきだした+ 22  ピラトは3にこうった。「このおとこがどんなあくをしたというのか。あたいすることはなにつからなかった。それで,かれらしめてからしゃくほうする」。 23  それでもぐんしゅうがらず,イエスをしょけい*するようおおごえようきゅうした。そしてそのこえうわまわった+ 24  それでピラトはかれらのようきゅうどおりにすることをけっていした。 25  ぼうどうさつじんつみろうれられていたおとこかれらがようきゅうしていたものしゃくほうし,イエスのほうかれらのこう沿ってしょけいのためにわたしたのである。 26  へいたちはイエスをいていくとき田舎いなかからていたキレネのシモンというだんせいつかまえてくるしみのくい*かつがせ,イエスのうしろをかせた+ 27  おおぜいひとびとがそのあとき,じょせいたちもむねをたたいてかなしみ,さけびながらいていった。 28  イエスはじょせいたちのほういてった。「エルサレムのじょせいたち,わたしのためにくのをやめなさい。むしろ,ぶんぶんどもたちのためにきなさい+ 29  ひとびとが,『どもができないじょせい,またどもまなかったじょせいちちませなかったじょせいしあわせだ!』とときるからです+ 30  そのときひとびとは,やまかって,『われわれにかぶさってくれ!』とい,おかかって,『われわれをおおってくれ!』といだします+ 31  せいがあるときにこうしたことがなされるのであれば,れたときにはなにきるでしょうか」。 32  ほかにも2人ふたりはんざいしゃが,イエスといっしょしょけいされるためにかれていった+ 33  へいたちは,どくろとばれるところいたとき+,イエスをくいにくぎけにし,そのゆうはんざいしゃたちを1人ひとりずつくぎけにした+ 34  しかしイエスはった。「ちちよ,かれらをおゆるしください。ぶんたちがなにをしているのからないのです」。さらにかれらは,くじをいてイエスのふくぶんぱいした+ 35  たみってつめていた。しかしはいしゃたちはれいしょうしながらった。「ほかのひとすくったのだ。かみのキリスト,えらばれたものであるなら,ぶんすくったらいい+」。 36  へいたちもイエスをあざけり,ちかづいてさんつよいぶどうしゅ+ 37  「ユダヤじんおうなら,ぶんすくってみろ」とった。 38  またイエスのうえほうには,「これはユダヤじんおう」としるされていた+ 39  くいけられたはんざいしゃ1人ひとりがイエスにぼうげんはじ+,「キリストだろ。ぶんとわれわれをすくってみろ」とった。 40  それにたいしてもう1人ひとりが,かれしかった。「かみすこしもおそれないのか。おなしょばつけているのに。 41  われわれのあいとうぜんだ。ぶんがしたことのむくいをけているのだから。しかしこのひとなにわるいことはしていない」。 42  さらにった。「イエス,おうこくはいとき+わたしおもしてください」。 43  イエスはった。「今日きょうあなたにいます。あなたはわたしともにパラダイスにいることになります+」。 44  ところで,すでにひるの12ごろになっていたが,やみぜんめて,3にまでおよんだ+ 45  ひかりがなくなったのである。そのときせいなるところまく*+なかけた+ 46  イエスはおおごえさけんだ。「ちちよ,わたしいのち*をあなたのたくします+」。こうってから,いきった+ 47  かんきたことがらかみをたたえるようになり,「ほんとうに,このひとただしいひとだった」とった+ 48  しょけいあつまっていたぐんしゅうみなきたことがらて,かなしんでむねをたたきながらいえかえった。 49  イエスのじんたちはみなはなれたところっていた。ガリラヤからイエスにどうこうしてきたじょせいたちもいて,これらのことを+ 50  さて,ヨセフというだんせいがいた。さいこうほうてい*いちいんで,ただしくてひとだった+ 51  (このだんせいほうていひとたちがたくらんだこうするとうひょうをしなかった。)ユダヤじんまちアリマタヤのひとで,かみおうこくっていた。 52  このだんせいがピラトのまえき,イエスのからだいただきたいとねがた。 53  そしてそのからだろして+じょうとうぬのつつみ,いわったはか*ほうむった+。そこにはまだだれほうむられたことがなかった。 54  それはじゅん+あんそく+はじまろうとしていた。 55  イエスといっしょにガリラヤからていたじょせいたちはあといていってそのはか*たいほうむられるよう+ 56  それからこうりょうこうじゅんしにもどった。しかしうまでもなく,あんそくにはおきてどおやすんだ+

脚注

直訳,「あなた自身が言っています」。肯定を意味する慣用表現。
直訳,「しるし」。
付録A3参照。
または,「杭に掛けて処刑しろ」。
または,「杭に掛けて処刑」。
用語集参照。
用語集参照。
または,「生命力」。
または,「サンヘドリン」。
または,「記念の墓」。
または,「記念の墓」。