ヨハネ​に​よる​福音​書 14:1-31

  • イエスは,父に近づく唯一の道1-14

    • 「私は道であり,真理であり,命です」6

  • イエスは聖なる力が与えられることを約束する15-31

    • 「父は私より偉大」28

14  「動揺してはなりません+。神に信仰を抱き+,私にも信仰を抱きなさい。  私の父の家には住む所がたくさんあります。そうでなかったなら,そのことを告げたことでしょう。私はあなたたちのために場所を整えに行こうとしているのです+  行って場所を整えたら,再び来てあなたたちを私の所に迎えます。私がいる所にあなたたちもいるようにするのです+  私の行こうとしている所,そこへの道をあなたたちは知っています」。  トマス+が言った。「主よ,あなたの行こうとしている所が分からないのに,どうしてその道が分かるでしょうか」。  イエスは言った。「私は道+であり,真理+であり,命+です。私を通してでなければ,誰も父のもとに行くことはできません+  あなたたちが私を知っていたなら,私の父をも知っていたでしょう。あなたたちは今から父を知りますが,実際にはすでに見ていました+」。  フィリポが言った。「主よ,私たちに父を見せてください。それで十分です」。  イエスは言った。「こんなに長い間一緒に過ごしてきたのに,フィリポ,あなたはまだ私を知らないのですか。私を見た人は,父をも見たのです+。どうして,『父を見せてください』と言うのですか。 10  私と父が結び付いていることを信じていないのですか+。あなたたちに言うことは,独自の考えで言っているのではありません+。私とずっと結び付いている父が私を通して行動しているのです。 11  私と父が結び付いていると言う私を信じなさい。それが難しければ,行動そのものを見て信じなさい+ 12  はっきり言っておきますが,私に信仰を抱く人も,私がしていることを行います。しかも,もっと大きなことを行います+。私が父のもとに行くからです+ 13  また,あなたたちが私の名によって願い求めることが何であっても,私はそれを行います。父が子に関して称賛を受けるためです+ 14  あなたたちが私の名によって何か願い求めるなら,私はそれを行います。 15  あなたたちは,私を愛しているなら,私のおきてを守ります+ 16  私は天の父にお願いします。父は別の援助者*を与えて,あなたたちと共に永久にいるようにしてくださいます+ 17  それは真理を伝える聖なる力です+。世の人々はそれを受けることができません。それを見ることも知ることもないからです+。あなたたちはそれを知っています。それはあなたたちのもとにとどまり,あなたたちの内にあるからです。 18  私はあなたたちを取り残された*ままにはしません。あなたたちのもとに来ます+ 19  もうしばらくすれば,世の人々は私を見なくなります。しかしあなたたちは見ます+。私は生きていて,あなたたちも生きるからです。 20  その日にあなたたちは,私が父と結び付いていて,あなたたちと私が結び付いていることを知ります+ 21  私のおきてを受け入れてそれに従う人は私を愛しています。さらに,私を愛する人は父に愛されます。そして私はその人を愛して,自分のことをはっきり知らせます」。 22  イスカリオテでないユダ+が言った。「主よ,私たちには自分のことをはっきり知らせようとし,世の人々にはそうしようとしない,というのはどういうことですか」。 23  イエスは答えた。「私を愛する人は私の言葉を守ります+。私の父はその人を愛し,私たちはその人の所に行って一緒にいます+ 24  私を愛さない人は私の言葉を守りません。あなたたちが聞いている言葉は私のものではなく,私を遣わした父のものです+ 25  私は,あなたたちと一緒にいる間にこうしたことを話しました。 26  しかし,父が私の名によって遣わす援助者つまり聖なる力が,あなたたちに,全てのことを教えるとともに,私が話した全てのことを思い起こさせます+ 27  私はあなたたちが受けている平和をこれからも与えます+。それは世が与える平和とは違います。動揺してはならず,弱気になってもなりません。 28  あなたたちは,『私は去っていき,また戻って来る』と私が言ったのを聞きました。私を愛しているなら,私が父のもとに行こうとしていることを喜ぶはずです。父は私より偉大だからです+ 29  今,そうなる前に私はあなたたちに告げました。実際にそうなった時にあなたたちが信じるためです+ 30  私はもうあなたたちと多くは語りません。世の支配者+が来ようとしているからです。もっとも,その者は私に対して何の力もありません+ 31  しかし,私が父を愛していることを世の人々が知るために,父が命じた通りにしています+。立ちなさい。出掛けましょう。

脚注

または,「慰める者」。
または,「孤児の」。