マタイ​に​よる​福音​書 13:1-58

  • 王国に関する例え1-52

    • 種をまく人1-9

    • イエスが例えを使った理由10-17

    • 種をまく人の例えの説明18-23

    • 小麦と雑草24-30

    • からしの種とパン種31-33

    • 例えを使うという預言が実現する34,35

    • 小麦と雑草の例えの説明36-43

    • 隠された宝と立派な真珠44-46

    • 引き網47-50

    • 新しい宝と古い宝51,52

  • イエスは郷里で受け入れられない53-58

13  その日,イエスは家を出て,湖のほとりに座っていた。  すると,非常に大勢の人が集まってきたので,イエスは舟に乗って腰を下ろした。群衆は皆,浜辺に立っていた+  イエスは多くのことを例えで話し+,こう言った。「さて,人が種をまきに出掛けました+  まいていると,幾らかは道端に落ち,鳥が来て食べてしまいました+  幾らかは土が少ない岩地に落ち,土が深くないのですぐに芽を出しました+  しかし,太陽が昇ると日に焼けて,根がないので枯れてしまいました。  幾らかはいばらの間に落ち,伸びてきたいばらにふさがれてしまいました+  さらに,幾らかは良い土に落ち,実を付け始め,ある種は100倍,ある種は60倍,ある種は30倍の実を付けました+  耳のある人は聞きなさい+」。 10  弟子たちが来て,イエスに言った。「例えを使って話すのはどうしてですか+」。 11  イエスは答えた。「あなたたちは,天の王国の神聖な秘密+を理解することを許されていますが,あの人たちは許されていません。 12  持っている人は,さらに与えられて満ちあふれるほどにされます。しかし,持っていない人は,持っているものまで取り去られます+ 13  ですから,例えを使って話すのです。あの人たちは見ていても無駄に見,聞いていても無駄に聞き,意味を悟らないからです+ 14  この人たちについて,イザヤの次の預言が実現しています。『「あなたたちは確かに聞くが,決して意味を悟らず,確かに目を向けるが,決して見えない+」。 15  この民は心が鈍くなり,よく耳を傾けず,目を閉じてしまったからである。これは,彼らが決して,目で見ず,耳で聞かず,心で意味を悟らず,私のもとに帰らず,私が彼らを癒やすことのないためである+』。 16  しかし,あなたたちの目は見るので,また耳は聞くので,幸せです+ 17  はっきり言いますが,多くの預言者や正しい人は,あなたたちが見ているものを見たいと願いながら見ず+,あなたたちが聞いていることを聞きたいと願いながら聞かなかったのです。 18  では,種をまいた人の例えを聞きなさい+ 19  人が王国に関する言葉を聞いても意味を悟らない場合,邪悪な者*+やって来て,心にまかれたものをさらっていきます。これが道端にまかれたものです+ 20  岩地にまかれたもの,これは王国に関する言葉を聞き,喜んですぐに受け入れる人です+ 21  けれども自分の内に根がなく,一時は続きますが,その言葉のために苦難や迫害が生じると,すぐに信仰を捨ててしまいます。 22  いばらの間にまかれたもの,これは王国に関する言葉を聞く人ですが,今の体制*での心配事+や富の誘惑によってその言葉がふさがれ,実らなくなります+ 23  良い土にまかれたもの,これは王国に関する言葉を聞いて,意味を悟る人です。その人たちは本当に実を結び,ある人は100倍,ある人は60倍,ある人は30倍の実を生み出します+」。 24  イエスは別の例えを用いてこう言った。「天の王国は畑に良い種をまいた人のようです。 25  人々が眠っている間に,敵がやって来て,小麦の間に雑草をまいて去りました。 26  茎が伸びて実を生み出すと,その時に雑草も現れました。 27  それで,奴隷たちが来て家の主人に言いました。『ご主人さま,畑にまいたのは良い種ではありませんでしたか。それなのに,どうして雑草が生えるのでしょうか』。 28  主人は言いました。『敵の仕業です+』。奴隷たちは言いました。『では,行ってそれを抜きましょうか』。 29  主人は言いました。『いいえ,雑草を抜く時に小麦も一緒に引き抜くといけません。 30  収穫まで両方とも一緒に成長させておきなさい。収穫の季節になったら,刈り取る者たちにこう言います。まず雑草を抜き,焼くために縛って束にし,それから小麦を倉に集めなさい,と+』」。 31  イエスは別の例えを用いてこう言った。「天の王国はからしの種のようです。人がそれを畑に植えました+ 32  それはあらゆる種の中で一番小さなものですが,成長すると,野菜のうちで一番大きく,木のようになるので,鳥が来て枝の間に巣を作ります」。 33  イエスは別の例えを話した。「天の王国はパン種のようです。女性がそれを取って麦粉3杯分*と混ぜると,やがて全体が発酵しました+」。 34  イエスはこれら全てを例えで群衆に話した。実際,例えを使わずに話そうとはしなかった+ 35  預言者を通してこう語られたことが実現するためである。「私は口を開いて例えを語り,始め*から隠されてきた事柄を言い広める+」。 36  それから,イエスは群衆を解散させた後,家に入った。弟子たちが来て,「畑の雑草の例えを説明してください」と言った。 37  それでイエスは言った。「良い種をまく人は人の子*です。 38  畑は世界です+。良い種は王国の子たち,雑草は邪悪な者*の子たち+ 39  雑草をまいた敵は悪魔です。収穫は体制*の終結で,刈り取る者は天使たちです。 40  それで,体制*の終結の時には,雑草が抜かれて火で焼かれるようなことが生じます+ 41  人の子は天使たちを遣わし,天使たちは,人に罪を犯させる*人たちと不法なことを行う人たちを王国から取り除き, 42  火の燃える炉に投げ込みます+。彼らはそこで泣き悲しんだり歯ぎしりしたりします。 43  その時,正しい人たちは父の王国で太陽のように明るく輝きます+。耳のある人は聞きなさい。 44  天の王国は野原に隠された宝のようです。ある人がそれを見つけて再び隠しました。そして,喜びのあまり,行って持ち物を全て売り,その野原を買います+ 45  また,天の王国は立派な真珠を探し求める旅商人のようです。 46  高価な真珠1つを見つけると,行って持ち物全てを即座に売り,その真珠を買いました+ 47  また,天の王国は,海に下ろされてあらゆる種類の魚を集める引き網のようです。 48  網がいっぱいになると,人々は浜辺に網を引き上げ,腰を下ろして,良いものを入れ物に集め+,良くないもの+を投げ捨てました。 49  体制*の終結の時にもそのようになります。天使たちは出ていって,正しい人の中から邪悪な人をより分け, 50  火の燃える炉に放り込みます。彼らはそこで泣き悲しんだり歯ぎしりしたりします。 51  これら全ての意味を悟りましたか」。弟子たちは,「はい」と言った。 52  イエスは言った。「では次のことを覚えておきなさい。天の王国について教えられた教師は皆,宝物庫から新しい物と古い物を取り出す家の主人のようです」。 53  イエスはこれらの例えを話し終えると,そこを去った。 54  そして郷里に入り+,会堂で教え始めた。そのため,人々は大変驚いて言った。「この人は,このような知恵と強力な行い*をする力をどこで得たのか+ 55  この人は大工の息子ではないか+。母親はマリアといい,弟はヤコブ,ヨセフ,シモン,ユダではないか+ 56  妹たちも皆,私たちと一緒にいる。では,この全てをどこで得たのか+」。 57  こうして人々はイエスを信じようとしなかった+。しかしイエスは言った。「預言者は,郷里や自分の家以外であれば敬われます+」。 58  そして,人々の信仰がなかったので,そこで強力な行いをあまりしなかった。

脚注

サタンのこと。
または,「時代」。用語集参照。
22リットル。
もしかすると,「世が始まって」。
イエスのこと。用語集参照。
サタンのこと。
または,「時代」。用語集参照。
または,「時代」。用語集参照。
直訳,「つまずきのもとになる」。
または,「時代」。用語集参照。
または,「奇跡」。