サムエル​記​第​二 5:1-25

  • ダビデはイスラエル全体の王になる1-5

  • エルサレムの攻略6-16

    • ダビデの都市シオン7

  • ダビデはフィリスティア人を打ち破る17-25

5  やがてイスラエルのぜんぞくがヘブロンのダビデのもとに+った。「わたしたちはあなたのにくしん*です+  かつてサウルがわたしたちのおうだったとき,あなたはイスラエルをひきいてたたかいにきました+。それにエホバは,『あなたはぼくしゃとしてわたしたみイスラエルをし,イスラエルのどうしゃになる』とあなたにいました+」。  イスラエルのちょうろうぜんいんがヘブロンにいるおうのもとにた。ヘブロンでダビデおうはエホバのまえかれらとけいやくむす+かれらはダビデにあぶらそそいで*イスラエルのおうとした+  ダビデは30さいおうになり,40ねんおさめた+  ヘブロンで7ねん6カげつユダをおさめ,エルサレム+で33ねんイスラエルぜんたいとユダをおさめた。  おうたちはエルサレムにかい,そこにむエブスじん+めようとした。エブスじんは,「おまえはここにはいれやしない! あしゆうひとはらわれるだろう」とダビデをあざけった。「ダビデはここにはけっしてはいれない」とおもっていたのである+  それでもダビデはシオンのとりでをった。そこがげんざいの「ダビデのまち+」である。  そのダビデは,「エブスじんこうげきするひとは,すいどうとおって,『あしゆうひと』もちなさい! わたしにくものたちなのだ」とった。そのため,「あしゆうひといえはいれない」というかたがある。  そのダビデはそのとりでにむようになり,そこは「ダビデのまち」とばれた*。そしてダビデはつか*うえ+なか+じょうへきなどをきずはじめた。 10  こうしてダビデはますますつよくなっていった+たいぐんひきいるかみエホバがかれともにいた+ 11  ティルスのヒラムおう+がダビデのもとに使しゃたちをつかわし,すぎざい+だいじょうへききずいしおくってきた。かれらはダビデのためにいえ*はじめた+ 12  ダビデはイスラエルでのおうけんをエホバがかくりつしてくださり+かみたみイスラエルのために+おうこくきょうしてくださった+ことをかくしんした。 13  ヘブロンからあと,ダビデはエルサレムでさらにそくしつ+つまたちをむかえ,息子むすこむすめたちがまれた+ 14  エルサレムでダビデにまれたまえつぎとおりである。シャムア,ショバブ,ナタン+,ソロモン+ 15  イブハル,エリシュア,ネフェグ,ヤフィア, 16  エリシャマ,エルヤダ,エリフェレト。 17  フィリスティアじんは,ダビデがあぶらそそがれてイスラエルのおうになったことを+,ダビデをさがしにのぼってきた+。それをいたダビデはかくれがにかった+ 18  フィリスティアじんはやってて,レファイムのたに*+じんった。 19  ダビデはエホバにたずねた+。「フィリスティアじんめるとよいでしょうか。あなたはわたしたせてくださいますか」。エホバはダビデにった。「きなさい。わたしかならずあなたをフィリスティアじんたせる+」。 20  そこでダビデはバアル・ペラツィムにき,フィリスティアじんった。ダビデはった。「みずかべけっかいさせるように,エホバがわたしまえてきかいめつさせた+」。それでダビデはそのしょをバアル・ペラツィム*+けた。 21  フィリスティアじんぐうぞうをそこにのこしていったので,ダビデとたちはそれをしょぶんした。 22  その,フィリスティアじんふたたのぼってきて,レファイムのたに*+じんった。 23  ダビデがたずねるとエホバはこうった。「っすぐかっていってはいけない。かれらのこうほうまわり,バカのしげみのまえしゅつげきしなさい。 24  バカのしげみのじょうからこうしんのようなおとこえたら,まよわずこうどうこしなさい。そのとき,エホバが,フィリスティアぐんつため,あなたのまえすすんだのである」。 25  そこでダビデはエホバにめいじられたとおりにし,ゲバ+からゲゼル+にかけてフィリスティアじんった+

脚注

直訳,「骨と肉」。
用語集の「油を注ぐ」参照。
もしかすると,「そこを『ダビデの町』と呼んだ」。
または,「ミロ」。「満たす」という意味のヘブライ語。
または,「宮殿」。
または,「谷あいの平原」。
意味,「破壊の主人」。
または,「谷あいの平原」。