サムエル​記​第​一 2:1-36

  • ハンナの祈り1-11

  • エリの2人の息子の罪12-26

  • エリの家系へのエホバの処罰27-36

2  ハンナは祈った。 「私の心はエホバのゆえに喜び+私の角*はエホバによって高く上げられ*ます。私の口は敵に向かって大きく開きます。あなたによる救いを喜ぶからです。   エホバのように聖なる方はいません。あなたのほかにはいないのです+私たちの神のような岩はありません+   傲慢に語ってはなりません。横柄な言葉を口から出してもなりません。エホバは知識の神であり+人々の行いを正しく評価なさるからです。   強い人の弓は砕かれますが,つまずく人は力を得ます+   十分に食べていた人はパンのために働かなければならなくなり,飢えていた人はもう飢えることがありません+子供がたくさんできた人は産めなくなり,子供ができなかった人は7人も産みます+   エホバは殺すことも生かす*こともします。*に下らせることも,そこから引き上げることもします+   エホバは貧しくすることも裕福にすることもします+卑しめることも重んじることもします+   立場が低い人を地面から起き上がらせます。貧しい人を灰の山*から引き上げて+高官たちと共に座らせ,栄誉ある席を与えます。大地の土台はエホバのもので+神はその上に土地を据えます。   神はご自分に尽くす*人の一歩一歩を守りますが+悪い人は闇の中で沈黙させられます+人は力によって勝利することはできないのです+ 10  エホバは逆らう人を砕き*ます+彼らの上に天から雷を落とします+エホバは地の果てまで裁きます+任命した王に力を与え+選んだ*者の角*を高く上げ*ます+」。 11  エルカナはラマの家に帰った。少年サムエルは祭司エリの前でエホバの奉仕者になった*+ 12  さて,エリの息子たちは悪く+,エホバへの敬意がなかった。 13  民から受け取る祭司の分+に満足せず,次のようにしていた。誰かが犠牲を捧げていると,肉を煮ている間にいつも祭司の従者が大きな肉刺しを持ってやって来て, 14  それを釜,両手鍋,大釜,片手鍋などに突き入れた。祭司は,肉刺しに刺さった物をどれも自分のために取った。彼らは,シロに来る全てのイスラエル人に対してこのようにしていた。 15  また,犠牲を捧げる人が脂肪を焼いて煙にする前に+,祭司の従者が来て,こう言っていた。「祭司のために焼く肉を渡しなさい。祭司は,煮た肉はお受け取りにならない。生の肉でなければならない」。 16  その人が,「どうか,まず脂肪を焼いて煙にさせてください+。それから,お望みの物を何でもお取りください」と言うと,従者は,「駄目だ。今よこせ。さもないと,力ずくで取るぞ」と言った。 17  このように,従者たちはエホバの前で非常に重大な罪を犯した+。エホバへの捧げ物を不敬に扱ったのである。 18  さて,サムエルは少年だったが,亜麻布のエフォドを着て+エホバの前で奉仕していた+ 19  母親はサムエルのために小さな袖なしの上着を作り,夫と一緒に年ごとの犠牲を捧げに来る時,毎年それを持ってきた+ 20  エリはエルカナと妻のために祝福を願い求め,こう言った。「あなたがエホバに渡した*子供の代わりに,エホバがあなたと妻の間に子供を与えてくださいますように+」。そして彼らは家に帰った。 21  エホバがハンナに注意を向けたので,ハンナは妊娠し+,さらに3人の息子と2人の娘を産んだ。少年サムエルはエホバの前で成長していった+ 22  エリは非常に年を取っていた。彼は息子たちがイスラエル全体に対してしていた全てのことを聞いていた+。会見の天幕*の入り口で仕える女性たちと寝ていたことについても聞いていた+ 23  息子たちにこう言っていた。「なぜそのようなことをしているのだ。民の皆から,あなたたちについて悪いことを聞いている。 24  息子たち,それはいけないことだ。エホバの民の間に良くないうわさが広まっている。私もそれを聞いた。 25  人に対して罪を犯すなら,誰かがその人のためにエホバに懇願してくれる*。だが,エホバに対して罪を犯すなら+,いったい誰がその人のために祈ってくれるだろうか」。ところが,息子たちは父親の言うことを聞こうとしなかった。エホバは彼らを死に至らせることにしていた+ 26  その間,少年サムエルはすくすくと成長していき,エホバからも人からもますます好まれるようになった+ 27  神に遣わされた人がエリの所に来て,言った。「エホバはこう言っています。『あなたの父祖の一家がエジプトでファラオの奴隷だった時,私は父祖たちに私のことをはっきり知らせたではないか+ 28  あなたの父祖がイスラエルの全部族の中から選ばれた+。祭司として私に仕え,祭壇に上って+犠牲を捧げ,香を捧げ*,私の前でエフォドを身に着けるためである。私は,イスラエル人の火による捧げ物全てをあなたの父祖とその子孫に与えた+ 29  あなたたちは,私が私の住まいのために命じた犠牲と捧げ物をなぜ軽く扱うのか+。なぜあなたは私よりも息子たちを尊んでいるのか。あなたたちは,私の民イスラエルのどの捧げ物からも最良の部分を奪って私腹を肥やしているではないか+ 30  それでイスラエルの神エホバは言う。「私は確かに,あなたの家系の人とあなたの父祖の家系の人はいつまでも私に仕える*,と言った+」。しかし今,エホバは宣言する。「もうそのようにはならない。私を敬う人は私に尊ばれ+,私を侮る人は軽んじられるからだ」。 31  私があなたの力とあなたの父祖の家系の力を奪う時が来て,あなたの家系の人は誰も寿命を全うしなくなる+ 32  イスラエルがあらゆる良いことを経験する中,あなたは私の住まいで敵対者を見+,あなたの家系に年を重ねた人はいなくなる。 33  私が祭壇での奉仕をやめさせずに残しておく人が,あなたの目を衰えさせ,悲嘆に暮れさせる。あなたの家系の大多数は剣によって死ぬ+ 34  あなたの2人の息子ホフニとピネハスに起きることがしるしとなる。1日のうちに2人は死ぬのである+ 35  私は1人の忠実な祭司を私のために立てる+。彼は私の心の願いに沿って行動する。私は彼の家系がずっと続くようにし,彼は私が選んだ*者のために奉仕する。 36  あなたの家系の生き残っている人は,賃金と1個のパンを求めてその祭司の所に来てひれ伏し,「どうか私を祭司の職に就けて,1切れでもパンを食べられるようにしてください」と言う+』」。

脚注

用語集参照。
または,「私の力はエホバによって強められ」。
または,「生き返らせる」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
もしかすると,「ごみ捨て場」。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
もしかすると,「エホバに敵対する人は恐れ」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
用語集参照。
または,「選んだ者の力を強め」。
または,「に仕えていた」。
直訳,「貸した」。
用語集参照。
もしかすると,「神がその人のために仲裁してくださる」。
もしかすると,「犠牲の煙を立ち上らせ」。
直訳,「の前で歩む」。
直訳,「油を注いだ」。