コリント​の​クリスチャン​へ​の​第​二​の​手紙 3:1-18

  • 推薦の手紙1-3

  • 新しい契約の奉仕者4-6

  • 新しい契約の栄光はいっそう大きい7-18

3  私たちはあらためて自分を推薦しようとしているのでしょうか。それとも,ある人たちのように,皆さんへの,または皆さんからの推薦の手紙が必要なのでしょうか。  皆さんこそ私たちの推薦の手紙であり+,私たちの心に書き込まれ,全ての人に知られて読まれています。  皆さんは明らかに,奉仕者である私たちによって書かれた,キリストからの手紙です+。インクではなく,生きている神の聖なる力により,石の板ではなく+人の心という板に書き込まれています+  私たちはキリストを通し,神の前でこのような確信を抱いています。  私たちは自分の力で十分な資格を得ているわけではなく,自分で何かを成し遂げていると考えることはできません。十分な資格は神から与えられているのです+  神は私たちに,新しい契約の奉仕者としての十分な資格を与えてくださいました+。書かれた法典+の奉仕者ではなく,聖なる力の奉仕者です。書かれた法典は死を宣告しますが+,聖なる力は命を与えます+  死をもたらす法典,石に文字が彫り込まれた法典+は栄光と共に与えられ,イスラエル人は栄光に輝くモーセの顔を見つめることができませんでした+。それは除き去られることになっていた栄光です。そうであれば,  聖なる力をもたらすこと+には,いっそう大きな栄光が伴うはずではないでしょうか+  有罪宣告をもたらす法典+に栄光があったのであれば+,正しさをもたらすこと+にはなおさら栄光があるはずです。 10  かつては栄光があるとされていたものが,それに勝る栄光のゆえに,栄光を奪い去られたのです+ 11  除き去られることになっていたものが栄光と共に与えられたのであれば+,存続するものの栄光はなおさら大きいはずです+ 12  このような希望があるので+,私たちは決して気後れすることなく語っています。 13  そして,モーセのようなことはしていません。モーセは顔にベールを掛けました+。それでイスラエル人は,除き去られることになっていたもの*の終わり*を見つめることはありませんでした。 14  彼らの思考は鈍っていました+。今日でも,古い契約が読まれる時に,同じベールが掛かったままになっています+。それはキリストによってのみ取り除かれるからです+ 15  今日に至るまで,モーセの書が読まれる時にはいつも+,彼らの心にベールが掛かっています+ 16  しかし,エホバ*の方に向き直るなら,ベールは取り除かれます+ 17  エホバ*は目に見えない方*であり+,エホバ*の聖なる力*がある所には自由があります+ 18  私たちは皆,ベールをしていない顔で鏡のようにエホバ*の栄光を反映させながら,変化して神に似た者になっていきます。目に見えない方*であるエホバ*によって*変化し,ますます栄光に輝くようになるのです+

脚注

法典のこと。
または,「結果」。
付録A5参照。
付録A5参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
付録A5参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
付録A5参照。
ギリシャ語,プネウマ。用語集参照。
付録A5参照。
もしかすると,「エホバの聖なる力によって」。