エレミヤ​書 48:1-47

  • モアブに対する預言1-47

48  モアブについて+。イスラエルの神,大軍を率いるエホバはこう言う。 「災いだ! ネボ+は滅ぼされた。キルヤタイム+は恥をかかされ,攻め取られた。安全な避難所*は恥をかかされ,壊された+   人々はもはやモアブを褒めたたえない。ヘシュボン+で彼女*の没落を企てた。『さあ,この国を滅ぼそう』と。マドメンよ,あなたも黙っているべきである。剣が迫っているからだ。   ホロナイム+から叫び声が聞こえる。破壊と大々的な崩壊の音も。   モアブは打ち壊された。彼女の小さな子たちは叫び声を上げる。   人々はルヒトの上り坂を泣きながら上る。ホロナイムの下り坂では,惨事を嘆く声を聞く+   逃げて,自分たちの命を守れ!荒野の低木*のようになれ。   あなた*は自分の行いや財宝に頼るので,やはり攻め取られることになる。ケモシュ+は捕囚の身となる。自分に仕える祭司や高官と共に。   滅ぼす者が全ての町を襲い,逃れる町は一つもない+*は滅び,平地*は滅ぼし尽くされる。エホバが言った通りに。   モアブのために標識を立てよ。荒れ果てた彼女は逃げるからである。彼女の町々は恐怖の光景となり,誰も住まなくなる+ 10  エホバからの任務をいいかげんに行う者は災いを受ける!剣で血を流そうとしない者は災いを受ける! 11  モアブ人は若い時から穏やかに暮らしてきた。おりの上に寝かせられたぶどう酒のように。器から別の器へ注がれたことはなく,捕囚の身になったこともない。そのため,味はそのまま保たれ,香りも変わっていない。 12  エホバはこう宣言する。『私が人々を遣わし,彼らを覆す時が来る。人々は彼らをひっくり返して器を空にし,大きなつぼを粉々に砕く。 13  イスラエル国民が,頼みにしていたベテルについて恥じているように+,モアブ人はケモシュについて恥じることになる。 14  あなた方はよくも言えたものだ。「われわれは強い戦士であり,戦う用意ができている」と+』。 15  『モアブは滅ぼされ,彼女の町々は攻め込まれた+えり抜きの若者たちが殺された』と+大軍を率いるエホバという名の王が宣言する+ 16  間もなくモアブ人に災難が降り掛かる。彼らの没落は非常に近い+ 17  彼らの名を知っている周りの者は皆,彼らに同情しなければならなくなる。『強い棒が,美しいつえが折られてしまった!』と言え。 18  ディボン+に住む人々*よ,栄光の座から降り,喉が渇いたまま*座れ。モアブを滅ぼす者があなたを攻め,防備された場所を荒廃させる+ 19  アロエル+に住む者よ,道のそばに立って見張れ。逃げる男性と,避難する女性に,『何が起こったのか』と尋ねよ。 20  モアブは恥をかき,恐怖に襲われた。泣き叫び,声を上げよ。モアブが滅ぼされたことを,アルノン+で広めよ。 21  平地*は処罰されることになる+。ホロン,ヤハツ+,メファアト+ 22  ディボン+,ネボ+,ベト・ディブラタイム, 23  キルヤタイム+,ベト・ガムル,ベト・メオン+ 24  ケリヨト+,ボツラが処罰される。モアブの全ての町が,遠いものも近いものも処罰される。 25  エホバはこう宣言する。『モアブの角は切り落とされ*腕は折られた。 26  彼を酔わせよ+。エホバに対して高ぶったからである+モアブは吐いた物にまみれ,あざけりの的となっている。 27  あなたはイスラエルをあざけったのではなかったか+彼が泥棒の仲間でもあるかのように,彼に向かって頭を振り,非難したではないか。 28  モアブの住民よ,町々を去り,大岩の上に住め。峡谷の岩壁に巣を作るハトのようになれ』」。 29  「私たちはモアブの誇りについて聞いた。彼は非常に傲慢である。彼の高慢さ,誇り,傲慢さ,おごり高ぶった心について聞いた+」。 30  「エホバはこう宣言する。『私は彼の激怒を知っている。しかし,彼の中身のない話は無駄に終わる。何も成し遂げられない。 31  それで,私はモアブのことで泣き,モアブ全体のために声を上げる。キル・ヘレス+の人たちのために嘆く。 32  シブマ+のブドウの木よ,私はヤゼル+のために泣き悲しむ以上に,あなたのために泣き悲しむ。あなたのたくさんの若枝は海を渡った。海を越え,ヤゼルに達した。あなたの夏の果物と収穫されたブドウを,滅ぼす者が襲った+ 33  喜びと楽しみが果樹園から,モアブの土地から取り去られた+私はブドウ搾り場からぶどう酒を絶やした。歓声を上げながらブドウを踏む人はいなくなる。歓声は別の叫び声に変わる+』」。 34  「『ヘシュボン+から叫び声が上がり,エルアレ+まで届いた。人々の声はヤハツ+まで届き,ゾアルからホロナイム+まで,エグラト・シェリシヤまで届いた。ニムリムの水さえ枯れ果てる+ 35  高い場所に捧げ物を持ってくる人や,自分の神に犠牲を捧げる人を,私はモアブから絶やす』と,エホバは宣言する。 36  『そのため,私の心は笛*のように,モアブのために嘆く*+私の心は笛*のように,キル・ヘレスの人たちのために嘆く*築かれた富が滅びるからだ。 37  全ての頭はそられ+全ての顎ひげは切り落とされている。全ての手に切り傷があり+腰には粗布が巻かれている+!』」 38  「エホバはこう宣言する。『モアブの全ての屋上と全ての広場で,人々はただ泣き叫ぶ。私がモアブを捨てられたつぼのように砕いたからである。 39  彼女*はおびえている! 泣き叫べ!モアブは恥じて背を向けた!モアブはあざけりの的となり,周りの皆にとって恐ろしいものとなった』」。 40  「エホバはこう言う。『見なさい! 襲い掛かるワシのように+敵がモアブの上に翼を広げる+ 41  町々は攻め取られ,彼女のとりでは奪われる。その日,モアブの戦士たちの心は,出産で苦しむ女性の心のようになる』」。 42  「『モアブは滅ぼし尽くされ,存在しなくなる*+エホバに対して高ぶったからである+ 43  モアブの住民よ,恐怖と落とし穴とわなが,あなたを待ち受けている』と,エホバは宣言する。 44  『恐怖から逃げる者は穴に落ち,穴からはい上がる者はわなに掛かる』。エホバはこう宣言する。『私はモアブに処罰の年が来るようにする。 45  逃げてきた者たちが,ヘシュボンの陰に力なく立ち尽くす。火がヘシュボンから,炎がシホンの中から出る+それはモアブの額と,荒々しい戦士たちの頭蓋骨を焼き尽くす+』。 46  『モアブよ,あなたには災いがある!ケモシュ+の民は滅びた。あなたの息子たちは捕らわれ,娘たちは捕囚の身となった+ 47  しかし,私は最後の日々に,捕らわれているモアブの人々を集める』と,エホバは宣言する。『ここまでがモアブに対する裁きの言葉である+』」。

脚注

または,「高台」。
モアブのこと。
ビャクシン属の低木かもしれない。
モアブのこと。
または,「谷あいの平原」。
または,「台地」,「高原」。
直訳,「娘」。
もしかすると,「乾いた地面に」。
または,「台地」,「高原」。
または,「力は奪われ」。
葬儀で哀悼のために吹かれる笛のこと。
または,「ざわめく」。
葬儀で哀悼のために吹かれる笛のこと。
または,「ざわめく」。
モアブのこと。
または,「民ではなくなる」。