エレミヤ​書 31:1-40

  • イスラエルの残りの者は再び自分たちの土地に住む1-30

    • ラケルが子供たちのことで泣く15

  • 新しい契約31-40

31  「その時,私はイスラエルの全ての家族の神となり,彼らは私の民となる」と,エホバは宣言する+   エホバはこう言う。「剣から逃れて生き残った人たちは,荒野で恵みを受けた。イスラエルが休み場に向かって歩いていた時に」。   遠くからエホバが私に現れて言った。「私は永遠の愛をもってあなたを愛してきた。そのため,揺るぎない愛をもってあなたを引き寄せた*のである+   私はあなたを建て直し,あなたは建て直される+イスラエルの乙女よ,あなたは再びタンバリンを手に取り,喜びにあふれて踊る*+   あなたは再びサマリアの山々にブドウ園を造る+栽培人たちは植えて,実を味わう+   エフライムの山々にいる見張りたちが呼び掛ける日が来る。『立って,シオンに,私たちの神エホバのもとに上っていこう』と+」。   エホバはこう言う。「喜びにあふれてヤコブに向かって叫びなさい。国々の上に立っているゆえに喜んで叫びなさい+このことを広く知らせ,神を賛美して言いなさい。『エホバ,あなたの民を,イスラエルの残りの者を救ってください』と+   私は北の土地から彼らを連れ戻す+地の果てから彼らを集める+その中には,目が見えない人や足が不自由な人+妊娠している女性や出産が間近い女性もいる。彼らは大きな会衆となってここに戻ってくる+   彼らは泣きながら来る+私は,恵みを求める彼らを導く。つまずくことがない平らな道を歩かせて,水が流れる所*に連れていく+私はイスラエルの父であり,エフライムは私の初子なのである+」。 10  国々よ,エホバの言葉を聞き,遠くの島々に知らせよ+「イスラエルを散らした者が彼を集め,群れを見守る羊飼いのように彼を見守る+ 11  エホバはヤコブを救い*+彼より強い者の手から助け出す*+ 12  人々は来て,シオンの山で歓声を上げ+エホバからの良いもの*のゆえに顔を輝かせる。穀物,新しいぶどう酒+,油,若い羊や牛+について喜ぶ。彼らはよく潤っている庭園のようになり+二度と弱り果てることはない+」。 13  「その時,乙女は喜びにあふれて踊り,若者も老人も+共に踊る。私は彼らの悲しみを歓喜に変える+彼らを慰め,悲嘆の代わりに喜びを与える+ 14  私は祭司たちを豊かな物*で満足させ,私の民は私からの良いもの*に満足する+」と,エホバは宣言する。 15  「エホバはこう言う。『ラマ+で声が聞こえる。嘆きと悲痛な泣き声が。ラケルが子供たちのことで泣き悲しんでいる+彼女は慰められるのを拒んだ。子供たちがもういないからである+』」。 16  エホバはこう言う。「『泣くのをやめ,涙を拭いなさい。あなたの行いは報われるからだ。子供たちは敵の土地から戻ってくる+』と,エホバは宣言する。 17  『あなたの将来には希望がある+子供たちは自分たちの領地に戻ってくる+』と,エホバは宣言する」。 18  「私はエフライムがこう嘆くのを確かに聞いた。『あなたは私を正し,私は正されました。訓練されていない子牛のように。私を連れ戻してください。私はあなたのもとに戻ります。あなたは私の神エホバなのです。 19  私はあなたのもとに戻った後,自分を責めました+教えられて理解した後,悲嘆してももをたたきました。私は恥じ,自分が嫌になりました+若い時に非難されるようなことを行ったからです』」。 20  「エフライムは私の大切な子,愛する子ではないか+私は彼を叱責するたびに,彼のことを心に留める。そのために感情*が揺さぶられている+彼を本当に哀れに思う」と,エホバは宣言する+ 21  「自分のために標識を置き,道しるべを立てなさい+街道に,通らなければならない道に,注意を払いなさい+イスラエルの乙女よ,戻りなさい。あなたの町々に戻りなさい。 22  不忠実な娘よ,いつまでふらつくのか。エホバは地上に新しいことを創造した。女性が男性を一心に追い求めるのである」。 23  イスラエルの神,大軍を率いるエホバはこう言う。「捕らわれている人々を私が集めて戻す時,彼らはユダの土地と町々で再びこう言う。『正しさに満ちる住まいよ+,聖なる山よ+,エホバから祝福されますように』。 24  そこに,ユダとその全ての町の人々が共に住む。農業をする人たちも,家畜の世話をする人たちもである+ 25  私は疲れている人を元気づけ*,弱り果てている人を強くする*+」。 26  ここで私は起きて,目を開けた。心地よい眠りだった。 27  「私がイスラエルの土地とユダの土地で,人や家畜の子孫を増やす時が来る+」と,エホバは宣言する。 28  エホバはこう宣言する。「私は,引き抜き,取り壊し,打ち壊し,滅ぼし,害を加えるために彼らを見張ったように+,建てて植えるために彼らを見守る+ 29  その時,彼らはもう,『父たちが酸っぱいブドウを食べたのに,子たちの歯が浮いた*』とは言わなくなる+ 30  人はそれぞれ自分の過ちのために死ぬのである。酸っぱいブドウを食べる人は,自分の歯が浮く」。 31  エホバはこう宣言する。「私がイスラエル国民およびユダ国民と新しい契約を結ぶ時が来る+ 32  その契約は,私が彼らの父祖たちの手を取ってエジプトから連れ出した日に,その父祖たちと結んだ契約のようなものではない+。『私は確かに彼らの主人*だったのに,彼らは私との契約を破った+』と,エホバは言う」。 33  エホバはこう宣言する。「これが,そうした時代の後に私がイスラエル国民と結ぶ契約である。私は,私の律法を彼らの奥深くに入れ+,彼らの心の中に書き記す+。そして,私は彼らの神となり,彼らは私の民となる+」。 34  エホバはこう宣言する。「彼らがそれぞれ,隣人や兄弟を教えて,『エホバを知りなさい+!』と言うことはもうなくなる。最も小さな者から最も大きな者まで,皆が私を知るようになるからだ+。私は彼らの過ちを許し,彼らの罪をもはや思い出さない+」。 35  エホバは太陽を与えて昼の光とし,月や星の法則*を定めて夜の光とし,海をかき回して波を荒立たせる。大軍を率いるエホバという名を持つその方+はこう言う。 36  「『これらの規定が無効になることはないため,イスラエルの子孫は私の前で常に国民であり続ける+』と,エホバは宣言する」。 37  エホバはこう言う。「『天を測ることはできず,地の土台を調べ尽くすこともできないように,私がイスラエルの子孫のあらゆる行いのゆえに彼ら全てを退けることはない』と,エホバは宣言する+」。 38  エホバはこう宣言する。「『ハナヌエルの塔+』から『隅の門+』に至るまで,この都市がエホバのために建て直される時が来る+ 39  測り綱+はガレブの丘まで真っすぐに伸び,ゴアの方に向かう。 40  死体と灰*の谷*全体,またキデロンの谷+に至る段丘,東を向く『馬の門+』の隅までの全ての段丘は,エホバにとって聖なるものとなる+。二度と引き抜かれることも打ち壊されることもない」。

脚注

または,「あなたに揺るぎない愛を示し続けてきた」。
または,「笑っている人たちの踊りに加わる」。
または,「ワジ」。
直訳,「買い戻し」。
または,「取り戻す」。
または,「エホバの善い行い」。
直訳,「肥えた物」。
または,「私の善い行い」。
直訳,「腸」。
または,「満足させ」。
または,「満たす」。
直訳,「なまった」。
もしかすると,「夫」。
または,「法令」。
犠牲にした動物の脂が染み込んだ灰のこと。
または,「谷あいの平原」。