エレミヤ​書 10:1-25

  • 異国の神々と,生きている神1-16

  • 間もなく滅ぼされ,捕囚にされる17,18

  • エレミヤは悲嘆する19-22

  • エレミヤの祈り23-25

    • 人は自分の歩みを導けない23

10  イスラエル国民よ,エホバがあなたたちに対して語った言葉を聞きなさい。  エホバはこう言う。 「異国の人々の生き方に倣ってはならない+天のしるしにおびえてはならない。異国の人々がそれにおびえるからといって+   その人々の習慣はむなしいもの*である。森の中のただの木が切り倒され,職人が道具*を使って削る+   そして銀や金で飾り付け+倒れないように金づちとくぎで固定する+   それはキュウリ畑のかかしのように,話すことができない+歩くことができないので,運ばれなければならない+それを恐れてはならない。害を及ぼすことも,善いことを行うこともできないからだ+」。   エホバ,あなたのような方はいません+あなたは偉大な方,あなたの名は力強く,偉大です。   国々を治める王よ+,誰があなたを畏れないでしょうか。あなたは畏れられるべき方です。国々の全ての賢い者たちの中にも,どの王国にも,あなたのような方は誰もいないからです+   彼らは皆,愚かで分別がない+木が与える教えは全くむなしい*+   銀の板がタルシシュから+,金がウファズから運ばれてくる。職人や金属細工人がそれらで木を覆う。偶像の服は青糸と紫の羊毛でできている。偶像は全て熟練工によって作られた。 10  しかし,エホバは本当に神である。生きている神+,永遠の王+その方の憤りによって大地は震え+どの国民もその方の糾弾に耐えられない。 11 * あなたたちは彼らにこう言うべきである。「天も地も造らなかった神々は,地からも天の下からも滅びる+」。 12  神はご自分の力によって地を造った方,ご自分の知恵によって大地を据えた方+ご自分の理解によって天を広げた方+ 13  神が声を発すると,天の水が騒ぎ立つ+神は地の果てから雲*を生じさせる+稲妻を放って*雨を降らせる。ご自分の倉から風を送り出す+ 14  全ての人は無分別で無知な行動を取る。全ての金属細工人は彫刻像のせいで恥をかく+作った金属像*は偽りであり,*がないからである+ 15  それらの像はむなしいもの*であり,あざけられる+処罰の日に滅びることになる。 16  ヤコブの神*はそのようなものではない。全てのものを造った方であり,イスラエルはその方の財産*である+その方の名は,大軍を率いるエホバ+ 17  包囲されている女*よ,あなたの荷物を拾い集めよ。 18  エホバはこう言う。「私は今,この土地から住民を放り出す+彼らに苦難を味わわせる」。 19  災いだ! 私は弱り果てた*+私の傷は癒えない。私は言った。「これは私が耐えなければならない病だ。 20  私の天幕は破壊され,天幕の綱は全て引きちぎられた+私の子たちは出ていって,もういない+私の天幕を張ったり,天幕の布を広げたりする人は誰も残っていない。 21  牧者たちは無分別に振る舞い+エホバに尋ねなかった+そのため,洞察力をもって行動できず,彼らの群れは全て散らされた+」。 22  聞け! 知らせだ! 敵が来る!北の土地から,大きな地響きを立てながら+ユダの町々を荒廃させ,ジャッカルのすみかとするために+ 23  エホバ,私はよく知っています。人は自分の道*を定めることができません。自分で自分の歩みを導くことができないのです+ 24  エホバ,私を裁き,正してください。とはいえ,怒りのうちに正さないでください+私が除き去られてしまわないように+ 25  あなたを無視する国々に,あなたの名を呼ぼうとしない民に,激しい怒りを浴びせてください+彼らはヤコブを食い尽くしたからです+食い尽くして根絶やしにし+ヤコブの故郷を荒廃させました+

脚注

または,「偽り」。
または,「なた」。
または,「全くの偽り」。
11節はアラム語で書かれた。
または,「水蒸気」。
もしかすると,「水路をつくって」。
または,「鋳造された像」。
または,「息」。
または,「偽り」。
直訳,「分」。
または,「その方が持つつえ」。
エルサレムのことと考えられる。
または,「傷を負った」。
または,「生き方」。