イザヤ​書 59:1-21

  • イスラエルは罪のせいで神から引き離された1-8

  • 罪の告白9-15前半

  • エホバは悔い改めた人たちのために介入する15後半-21

59  エホバの腕が短過ぎて救えないということはない+その方の耳が遠くて聞こえないということもない+   あなたたちは自らの過ちによって神から引き離されたのだ+あなたたちの罪のせいで神は顔を隠したのであり+耳を傾けようとしないのである。   あなたたちの手のひらは血で汚れ+指は過ちで汚れている。あなたたちの唇はうそを語り+,舌は正しくないことをささやく。   誰も正義を擁護せず+法廷で正直であろうとしない。人々はむなしいものに頼り+,無価値なことを語る。災難を宿し,有害なことを産む+   彼らは毒蛇の卵をかえし,クモの巣を張る+その卵を食べる者は死に,砕かれた卵からは毒蛇がかえる。   そのクモの巣は衣服にはならず,彼らは自分で作ったもので身を覆うことができない+有害なことを行い,暴力を振るう+   彼ら*は悪を行うために走り,無実の人を殺そうと急ぐ+彼らの考えは有害であり,彼らの道には破滅と不幸がある+   彼らは平和の道を知らず,彼らが進む道に公正はない+彼らは自分の道を曲げる。その道を歩む者は平和を知ることがない+   そのため,公正は私たちから遠く離れており,正義は私たちに近づかない。私たちは光を待ち望むが,闇がある。明るさを待ち望むが,暗がりの中を歩き続ける+ 10  目が見えないかのように手探りで壁を伝い,目がないかのように手探りし続ける+真昼なのに夕闇の中にいるかのようにつまずく。強健な人たちの中で,まるで死人のようだ。 11  私たちは皆,熊のようにうなり続け,ハトのように悲しげに鳴き続ける。公正を待ち望むが,それはない。救いを待ち望むが,それは程遠い。 12  私たちは何度もあなたに反抗しました+一つ一つの罪が,私たちに不利な証言をしています+私たちは反抗したことを自覚しており,自分たちの過ちをよく知っています+ 13  私たちは違反を犯し,エホバを拒んだ。私たちの神に背を向けた。圧迫と反抗について語り+心の中でうそを考え,偽りの言葉をささやいた+ 14  公正は追い返され+正義は遠くに立っている+真実*は広場でつまずき,正直さは入ってくることができない。 15  真実*は消えうせた+悪から離れる人は物を奪われる。エホバはこれを見て不快に思った。公正が見られなかったからである+ 16  神は誰もいないのを見て,誰も仲裁しないことに驚いた。それで,ご自分の正義に促され,ご自分の腕で救った* 17  そして正義をよろいのように身に着け,救い*のかぶとをかぶった+復讐の衣服を着て+熱意を上着*のようにまとった。 18  神は人々の行いに対して報いる+反対者に憤りを表し,敵に報復する+島々に当然の返報をする。 19  人々は日が沈む方でエホバの名を畏れ,日が昇る方で神の栄光を畏れる。神は激しく流れる川のようにやって来るからだ。エホバの聖なる力にあおられた川のように。 20  「救う*+はシオンに来る+ヤコブの子孫の,違反から離れる人たちの所に来る+」と,エホバは宣言する。 21  「これが,私が彼らと結ぶ契約である+」と,エホバは言う。「あなたの上にある私の聖なる力と,私があなたの口に入れた私の言葉は,あなたの口からも,あなたの子供*の口からも,あなたの孫*の口からも,取り除かれることはない。今もこれからもずっと」と,エホバは言う。

脚注

直訳,「彼らの足」。
または,「誠実さ」。
または,「誠実さ」。
または,「勝利した」。
または,「勝利」。
または,「袖なしの上着」。
直訳,「買い戻す」。
または,「子孫」。
または,「子孫の子孫」。