イザヤ​書 38:1-22

  • ヒゼキヤの病気と回復1-22

    • 感謝の歌10-20

38  その頃,ヒゼキヤは病気になり,死にそうになっていた+。アモツの子である預言者イザヤ+が来て言った。「エホバはこう言っています。『家の人たちに指示を出しなさい。あなたは回復せず,死ぬからだ+』」。  それでヒゼキヤは顔を壁に向け,エホバに祈り始めた。  「エホバ,お願いです。どうか,思い出してください+。私が心を尽くして忠実にあなたに仕え*+,あなたから見て良いことを行ったのを」。そしてヒゼキヤは激しく泣きだした。  エホバがイザヤに語り掛けてこう言った。  「戻って,ヒゼキヤにこう言いなさい+。『あなたの父祖ダビデの神エホバはこう言っている。「私はあなたの祈りを聞いた+。あなたの涙を見た+。あなたの寿命を15年延ばそう+  そして,アッシリアの王の手からあなたとこの都市を救い,この都市を守る+  エホバは語ったことを実行する。エホバからのしるしは,こうである+  私は,太陽によりアハズの階段*を下った影を,10段戻す+」』」。すると,階段を下った影が10段上に戻った。  ユダのヒゼキヤ王が病気になり,回復した時に書いた詩。 10  私は言った。「人生の半ばで,私は墓*の門を入っていかなければならない。残りの年月を奪い去られる」。 11  私は言った。「私はヤハ*を,地上でヤハを見ることはない+何もかもが絶える場所の住民と共になる時,もう人を目にすることはなくなる。 12  私の住まいは引き抜かれ,私から取り去られた+羊飼いの天幕のように。私は機織りのように自分の命を巻き上げた。神は私を縦糸のように断ち切る。夜明けから日暮れまで,あなたは私の命を終わらせようとする+ 13  私は朝になるまで自分を落ち着かせる。神はライオンのように,私の骨を残らず砕き続ける。夜明けから日暮れまで,あなたは私の命を終わらせようとする+ 14  私はアマツバメやツグミ*のようにさえずり続ける+ハトのようにクークーと鳴き続ける+私の目は天を仰いで疲れ果てた+『エホバ,私はとても苦しんでいます。私を支えて*ください+!』 15  何と言えばよいのだろう。神は私に語り掛け,行動してくださった。私は生涯,謙遜に*歩む。ひどい苦しみを味わったからだ。 16  『エホバ,人は皆これらのもの*によって生きます。それは私にも生きる力を与えてくれます。あなたは私を再び健康にし,生き続けさせてくださいます+ 17  ご覧ください,私は平和の代わりにひどい苦難を味わいました。しかし,あなたは優しくしてくださり,私を滅びの穴から守ってくださいました+私の全ての罪をご自分の後ろに投げ捨てて*くださいました+ 18  墓*はあなたをたたえることができず+死はあなたを賛美することができません+墓穴に下る人は,あなたの真実さに希望を抱けません+ 19  生きている人こそあなたを賛美できます。私が今日そうできているようにです。父親はあなたの真実さについて子たちに教えることができます+ 20  エホバ,私を救ってください。私たちは弦楽器で私の歌を演奏します+生きている限り,エホバの家で+』」。 21  イザヤは言った。「干しいちじくの菓子を持ってきて,腫れ物に当てなさい。そうすれば彼は回復します+」。 22  ヒゼキヤはこう尋ねていた。「私がエホバの家に上っていけるというしるしがありますか+」。

脚注

直訳,「の前で歩み」。
日時計のように,時間を計測するのに使われていた階段のことかもしれない。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
エホバの短縮形。
もしかすると,「鶴」。
直訳,「私の保証人になって」。
または,「厳粛に」。
神の言葉と行いのこと。
または,「視界から取り除いて」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。