イザヤ​書 11:1-16

  • エッサイの小枝による正しい統治1-10

    • オオカミと子羊が共に過ごす6

    • エホバについての知識が地上に満ちる9

  • 残りの者が帰還する11-16

11  エッサイの切り株+から小枝+が生え出る。彼の根から出る芽+は実を結ぶ。   その者の上にエホバの聖なる力*がとどまる+それにより知恵+と理解を示し,助言を与え,強くなり+知識を得て,エホバを畏れる。   彼は喜んでエホバを畏れる+見える事柄だけに基づいて裁くことをせず,聞いた事柄だけに基づいて戒めることもしない+   立場が低い人たちを公平に*裁き,地上の温厚な人たちのために公正に戒めを与える。口から出る棒で地上を打ち+唇から出る息で邪悪な人々を死に至らせる+   正しさが帯として胴に巻かれ,忠実さも腰の帯となる+   オオカミが子羊と共に過ごし+ヒョウが子ヤギと共に寝そべる。子牛とライオンと肥えた動物が皆一緒にいて*+小さな子供に導かれる。   雌牛と熊が一緒に食べ,子牛と子熊も共に寝そべる。ライオンが雄牛のようにわらを食べる+   乳児がコブラの巣の上で遊び,乳離れした子が毒蛇の巣穴の上に手を置く。   私の聖なる山のどこにも+荒らしたり危害を加えたりするものはいない+水が海を覆っているように,エホバについての知識が必ず地上に満ちるからである+ 10  その日,エッサイの根+が立ち上がり,国々のための旗印*となる+人々は彼に導きを求め*+彼の休み場は栄光に輝く。 11  その日,エホバは再び手を差し伸べて,ご自分の民の残りの者を取り戻す。アッシリア+,エジプト+,パトロス+,クシュ+,エラム+,シナル*,ハマト,海の島々+から,残っている人々を取り戻すのである。 12  国々のために旗印*を掲げ,イスラエルの追いやられた人たちを集め+,ユダの散らされた人たちを地上の四方から集める+ 13  エフライムの嫉妬はなくなり+ユダに敵意を示す者たちは滅ぼされる。エフライムはユダに嫉妬せず,ユダはエフライムに敵意を示さない+ 14  彼らは西のフィリスティア人の丘*に襲い掛かり,共に東の人々から物を奪い取る。エドム+とモアブ+に対して勢力を振るい,アンモン人を服従させる+ 15  エホバはエジプトの海の湾を2つに分け*+*の上で手を振りかざす+灼熱の息を川の7つの流れに吹き掛け*民がサンダルを履いたまま渡れるようにする。 16  神の民の残りの者のために+,アッシリアから出る街道が備えられる+イスラエルがエジプトから出てきた日に道が備えられたように。

脚注

用語集参照。
または,「正しく」。
もしかすると,「子牛とライオンが一緒に食べ」。
または,「合図のさお」。
または,「彼を探し求め」。
バビロニアのこと。
または,「合図のさお」。
直訳,「肩」。
もしかすると,「干上がらせ」。
ユーフラテス川のこと。
もしかすると,「息で川を7つの流れに分け」。