内容へ

目次へ

 A7-E

イエスの生涯中の主な出来事 ガリラヤでの宣教(3)とユダヤでの宣教

場所

出来事

マタイ

マルコ

ルカ

ヨハネ

32年の過ぎ越しの後

ガリラヤ湖,ベツサイダ

ベツサイダに向かう舟の上で,イエスはパリサイ派のパン種について警告する。目が見えない男性を癒やす。

16:5-12

8:13-26

   

カエサレア・フィリピ地方

王国の鍵。自分の死と復活を予告する。

16:13-28

8:27–9:1

9:18-27

 

おそらくヘルモン山

イエスの姿が変わる。エホバが話す。

17:1-13

9:2-13

9:28-36

 

カエサレア・フィリピ地方

邪悪な天使に取りつかれた少年を癒やす。

17:14-20

9:14-29

9:37-43

 

ガリラヤ

自分の死を再び予告する。

17:22,23

9:30-32

9:43-45

 

カペルナウム

魚の口にある硬貨で税を払う。

17:24-27

     

王国で一番偉い者。迷い出た羊の例え,許そうとしない奴隷の例え。

18:1-35

9:33-50

9:46-50

 

ガリラヤ - サマリア

エルサレムへの道中,どんなものよりも王国のことを優先するよう弟子たちに教える。

8:19-22

 

9:51-62

7:2-10

ユダヤでの後期の宣教

場所

出来事

マタイ

マルコ

ルカ

ヨハネ

32年の幕屋の祭り(仮小屋の祭り)

エルサレム

祭りの時に教える。イエスを捕まえるために下役たちが遣わされる。

     

7:11-52

「私は世の光です」と言う。生まれつき目が見えない男性を癒やす。

     

8:12–9:41

おそらくユダヤ

70人を遣わす。70人は喜びながら帰ってくる。

   

10:1-24

 

ユダヤ,ベタニヤ

親切なサマリア人の例え。マリアとマルタの家を訪ねる。

   

10:25-42

 

おそらくユダヤ

模範的な祈りを再び教える。しつこく頼む友人の例え。

   

11:1-13

 

邪悪な天使を神の力によって追い出す。再度ヨナのしるししか与えない。

   

11:14-36

 

パリサイ派の人と食事をする。パリサイ派の人たちの偽善をとがめる。

   

11:37-54

 

裕福で無分別な人の例え,忠実な管理人の例え。

   

12:1-59

 

体が不自由な女性を安息日に癒やす。からしの種の例え,パン種の例え。

   

13:1-21

 

32年の献納の祭り

エルサレム

立派な羊飼いと羊の囲いの例え。ユダヤ人はイエスを石打ちにしようとする。ヨルダン川の向こうのベタニヤに向かう。

     

10:1-39