詩編 98:1-9

調べ* 98  エホバに新しい歌を歌え+その行なわれたことはくすしいからである+その右手,その聖なる腕がご自分のために救い*を遂げた+   エホバはその救いを知らせ+諸国民の目にその義を現わされた+   []はイスラエルの家に対するその愛ある親切*と忠実さを思い出された+地の果ては皆わたしたちのによる救いを見た+   地のすべて[の者*]よ,エホバに向かって勝利の叫びを上げよ+快活になり,喜び叫び,調べを奏でよ+   たて琴をもってエホバに調べを奏でよ+たて琴と歌の調べをもって+   ラッパ*と角笛*の音をもって+エホバのみ前で勝利の叫びを上げよ。   海とそこに満ちるものは鳴りとどろけ+産出的な地*とそこに住むものも+   川も手をたたけ*山々もエホバのみ前でこぞって喜び叫べ+   []は地を裁くために来られたからだ+産出的な地を義をもって裁き+もろもろの民を廉直さをもって[裁かれる+]。

脚注

「ダビデの詩」,七十訳。
または,「勝利」。
または,「その忠節な愛」。
96:1,「者」の脚注参照。
すなわち,まっすぐなラッパ。民 10:2の脚注参照。
または,「ショファル」。動物の湾曲した角。
「産出的な地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人の住む地」; ラ語,オルビス テッラールム,「全地の円」。
字義,「たなごころをたたけ」。