詩編 93:1-5

93 * エホバ自ら王となられた+[]は卓逸性を身に着けておられる+エホバは身に着けておられる ― 力をご自分の帯とされた+産出的な地*も堅く立てられているので,よろめかされることはありえない+   あなたの王座は昔から堅く立てられており+あなたは定めのない時からおられます+   川は上げました,エホバよ,川はその声を上げました+川はそのたぎる音を上げつづけます+   広大な水,海の威光ある砕け波の音にまさって+エホバは高みにおいて威光を帯びておられます+   あなたご自身の諭しは非常に信頼できるものでした+エホバよ,神聖さは長い日々にわたり+,あなたご自身の家にふさわしいのです+

脚注

七十訳には次の表題が付されている。「安息日の前日のために。その時,地に人が定住した(住んだ)。ダビデによる歌の賛美」; ウル訳も同様。
「産出的な地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人の住む地」; ラ語,オルベム テッラエ,「地の円」。