詩編 90:1-17

[まことの]の人+,モーセの祈り。 90  エホバ*よ,あなたは代々にわたって+わたしたちのための真の住みかとなってくださいました+   山々が生まれる前から+また,あなたが地+と産出的な土地+を産みの苦しみによるかのように生み出される*[前から],実に,定めのない時から定めのない時に至るまで,あなたは*です+   あなたは,死すべき人間*を打ち砕かれた物*に帰らせ+「帰れ,人*の子らよ」と言われます+   あなたの目には千年もまるで過ぎ去った昨日のようであり+夜の間の一区切り+のようなものだからです。   あなたは彼らを一掃されました+。彼らは単なる眠りとなります+朝には,[彼らは]移り変わる青草のようです+   朝に花を咲かせ,そして必ず移り変わります+夕べには枯れて,必ず干からびます+   わたしたちはあなたの怒りによって終わりを迎え+あなたの激しい怒りによってかき乱されたからです+   あなたはわたしたちのとがをご自分の前に+わたしたちの隠された事柄を輝くみ顔*の前に置かれました+   わたしたちの日はあなたの憤怒のうちにことごとく衰えてゆき+わたしたちはまるでささやきのように自分の年を終えたからです+ 10  わたしたちの年の日数そのものは七十年です+そして,特別の力強さのために,たとえそれが八十年であっても+ただ難儀と有害なことが付きまとうだけです+それは必ず速やかに過ぎ去り,わたしたちは飛び去ってしまいます+ 11  一体だれが,あなたの怒りの強さと+あなたの激しい怒りを,あなたへの恐れにしたがって知っているでしょうか+ 12  自分の日を数えることを[わたしたち]に示してください+わたしたちが知恵の心をもたらすことができるために+ 13  エホバよ,どうか帰って来てください+。いつまでなのですか+そして,ご自分の僕たちのことを悔やんでください+ 14  朝にあなたの愛ある親切*をもってわたしたちを満ち足らせてください+わたしたちが喜び叫び,すべての日々にわたって歓ぶためです+ 15  あなたがわたしたちを苦しみに遭わせたその日々に応じて,わたしたちが災難を見たその年々+[に応じて]わたしたちを歓ばせてくださいますように+ 16  あなたの働きがあなたの僕たちに+あなたの光輝が彼らの子らの上に現われますように+ 17  そして,わたしたちのエホバ*の快さがわたしたちの上にありますように+また,わたしたちの手の業をわたしたちの上に堅く立ててください+そうです,わたしたちの手の業を,どうか堅く立ててください+

脚注

書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
または,「また,地と産出的な土地が産みの苦しみをもって生み出される」,母音符号の打ち方を変えることにより。
または,「神たる者」。ヘ語,エール; シ語,アラーハー; ラ語,デウス
「死すべき人間」。ヘ語,エノーシュ。
「打ち砕かれた物」。または,「塵」,打ち砕かれた,あるいは粉砕された土としての。
字義,「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「輝くみ顔」。字義,「あなたの顔の明かり」。
または,「あなたの忠節な愛」。
1節の脚注参照。