詩編 75:1-10

指揮者へ。「滅ぼすな*」。調べ。アサフによる+。歌。 75  よ,わたしたちはあなたに感謝し,あなたに感謝をささげます+あなたのみ名は近くにあります+人々はあなたの驚くべきみ業を告げ知らせなければなりません+   「わたしは定めの時を決めたからである+わたしが自ら廉直に裁きはじめた+   地とそこに住むすべての者は溶解し+その柱を調整したのはわたしである+」。セラ。   わたしは愚かな者たちに言いました,「愚かであってはならない」と+また邪悪な者たちに,「角を上げるな+   あなた方の角を高く上げるな。尊大な首で話すな+   高められることは,東から*でも,西からでも,また南*から来るのでもない。   が裁き主だからである+[]はこの者を卑しめ,かの者を高められる+   エホバのみ手には杯があり+そのぶどう酒は泡立っており,混ぜ合わせたもので満ちているからだ。そして,[]はまさしくその滓をそれから注ぎ出される。地の邪悪な者たちは皆,[それを]飲み干し,[それを]飲むであろう+」。   しかしわたしは,定めのない時に至るまで[それについて]告げるのです。わたしはヤコブのに調べを奏でます+ 10  そして,邪悪な者たちのすべての角を切り倒します+義なる者の角は高められるのです+

脚注

字義,「出て行くこと(ところ)から」,すなわち,太陽の。
字義,「荒野」,すなわち,南の方。